2022年08月23日

石川県かほく市松浜で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9340.jpg

7月7日は 石川県かほく市松浜で
活タ藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

どうやらケーキ屋さんのようです。

IMG_9341.jpg

監督さんが外で一生懸命に
目貼りしてました。

大きなフードだなぁと思ったら
調理室側の換気フードのようです。

IMG_9342.jpg
IMG_9343.jpg

1階は店舗の設計。
店側と調理室に
分かれている模様。

IMG_9345.jpg

2階は住居スペース。
勾配天井に吹き抜けがある設計。

IMG_9347.jpg

断熱材は屋根・壁・床ともに
旭ファイバーグラスの
アクリアα36kg (グラスウール)。

室内側に気密シートを
貼られています。

大きな空間なので気密シートの
施行が大変だったと容易に
想像できます。

IMG_9348.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_9349.jpg

サッシ周りはユラソール(気密テープ)
にて気密処理。

IMG_9346.jpg

梁、胴差、柱周り...
取り合いの気密処理が
徹底してます。

IMG_9355.jpg

これらは伝い漏れを
なくすための処置。(特に床と梁の取り合い)
木材どうしが密着していても
伝い漏れする可能性はあります

どれだけストイックに
気密処理するか... が
超高気密化のカギです。

IMG_9350.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに ...。


IMG_9360.jpg


C値 = 0.065cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9351.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

店舗用のドアはスニッカルペール。
木製玄関ドアのイメージでしたが
こんなプレーンなタイプも
あったのですね。

IMG_9361.jpg

その店舗用ドアから
若干の漏気あり。

今は調整できないので
後にガチガチにしてもらおう。

IMG_9357.jpg

ロフトにあがってチェック。

主に気密テープの浮きや
テープの貼り忘れをつぶして
いくのですがなかなか見つからない。

IMG_9365.jpg

柱の根元に気密処理の
甘い箇所発見。

IMG_9366.jpg

気密テープを貼って
もらいました。

IMG_9354.jpg

絵が地味ですが
気密テープの浮きを
探して探して
押さえていきます。

IMG_9353.jpg

気密シート貼りの仕様で
「どうしたら超高気密がでますか?」と
質問されることがあります。

気密テープをできれば2度以上は
押さえて回ると効果的です。

IMG_9369.jpg

シートにシワがある
部分わかりますか?
気道ができやすく
そこから漏気しやすい。

写真は気道を押さえて
つぶした後ですがシワが深いと
気道が復活してしまうケースもあります。

シワの上からコーキングを入れたり
テープを貼ってもいい。
突き詰めるとそんな作業の繰り返しです。

IMG_7063.jpg

おっと! 大きな幅で
テープの貼り忘れを発見。
この上にしっかりテープを貼りました。

さてさて、再測定。
気になるC値改善後の結果は...。


IMG_9370.jpg


C値 = 0.054cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9371.jpg

立ち合いされた監督さんは
測定結果を喜んでいました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
12cm2 → 10cm2 と
2cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.27 → 1.13 と隙間風が入りにくい
特性に大きく改善。

IMG_9357.jpg

汗だくだくのC値改善でしたが
高い気密レベルから
さらに改善出来て良かったです。
頑張っても数値に表れないことが
ありますので。

それにしてもこんな
超高気密のケーキ屋さんって
他にあるのかな。
すごく面白いですね(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック