2022年08月29日

石川県能美市小長野町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9647.jpg

7月21日は 石川県能美市小長野町で
トラスト住建鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9643.jpg
IMG_9646.jpg

南面の掃き出し窓から
明るい光が差し込んでいました。

IMG_9655.jpg

2階は部屋の真ん中に
吹き抜けがある仕様でしょうか?

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_9674.jpg

サッシ周りは気密テープと
コーキングにより気密処理。

IMG_9652.jpg

断熱材は屋根、壁、床ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_9649.jpg

剛床のジョイント
柱の立ち上がりは
気密テープによる気密処理。

IMG_9687.jpg

玄関周りの基礎と土台の取り合いは
気密パッキンを覆うように
気密テープが貼られていました。

IMG_9648.jpg


さて、気になる
気密測定の結果は...。


IMG_9664.jpg


C値 = 0.17cm2/m2 の超高気密でした。 

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_9665.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

定番の玄関ドアの
下端から漏気あり。
コーキングを充填しました。

IMG_9659.jpg

玄関ドア周りの気密処理が
されていませんでした。
コーキングで気密処理。

窓周りの気密処理は
かなりの確率でされていますが
玄関ドア周りは忘れられることが
多いです。

IMG_9661.jpg

床から生えた電気配線。
コーキングで気密強化。

IMG_9663.jpg

ユニットバス手前の
床と大引きの取り合い部分を
気密テープで気密処理。

IMG_9678.jpg

剛床の気密処理が忘れられた
箇所を発見。

IMG_9679.jpg

ここも定番になりますが
床と柱の取り合い部分。

IMG_9680.jpg

ウレタンを充填して
気密処理。

ここの気密処理は
数値に表れることが多い。
コスパがいい?!

IMG_9668.jpg

木材の取り合いに
隙間があるのがわかりますか?

IMG_9669.jpg

気密に拘るなら
ここも攻めたい。

取り合いに気密テープを
貼っていきます。

IMG_9673.jpg

黒い気密テープだと
施工場所が分かりやすい。

柱、間柱、窓台など
徹底的に貼りました。

IMG_9667.jpg

ここまで来たら
部屋の入隅も攻めます。
ここも効果があります。

IMG_9671.jpg

私も負けずにテープ貼り
まくりますよ〜。

IMG_9672.jpg

こんな感じで
どうでしょう。

IMG_9685.jpg

写真の奥はウレタンが
吹かれた下屋部分です。

梁に気密処理した箇所は
隙間からの伝い漏れを
防ぐための処置。

IMG_9684.jpg

外周部にも同様に気密処理。
返しを極力入れて
伝い漏れを防ぐ。

この時点で水をかぶった
ように汗まみれ。

さてさて、C値改善後の
結果はいかに...。

IMG_9682.jpg


C値 = 0.12cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9683.jpg

監督さんと大工さんは
測定結果にとても喜び
撮影されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
25cm2 → 18cm2 と
7cm2 の隙間を埋めました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.29 → 1.07 と 隙間風が
入りにくい状態に大幅改善。

IMG_9646.jpg

真夏に家を密閉して
気密処理するのはホントヤバい。

でも今回のように
大幅改善すると報われます。
でも皆さん、まだまだ暑いので
熱中症に注意しましょう(^^)/


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック