2022年09月30日

福井県鯖江市平井町で気密測定


稜です。

写真 2022-09-02 8 34 53 (1).jpg

9月2日は福井県鯖江市平井町で
樺広地所さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-09-02 8 46 25.jpg

写真 2022-09-02 8 36 19.jpg

中に上がります。
現場はパネル工法と
なっています。

写真 2022-09-02 8 36 30.jpg

屋根の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-09-02 8 35 45.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂ペアガラスです。

写真 2022-09-02 8 35 58.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りはコーキングで
気密処理してあります。

写真 2022-09-02 8 38 05.jpg

パネルの取り合いは、
丁寧にコーキングで
気密処理されています。

写真 2022-09-02 8 37 44.jpg

ホールダウン金物。
ウレタンで覆うように
処理してありますね。
気密だけでなく、
熱橋の対策としても大切です。

写真 2022-09-02 8 56 54.jpg

玄関ドア横の配線貫通部
とても丁寧にコーキングが
打ってありますね。

写真 2022-09-02 8 30 10.jpg

現場は基礎断熱です。
換気システムの基礎貫通部、
周りをウレタンで
気密処理してあります。

写真 2022-09-02 8 30 29.jpg

こちらはお風呂の配線貫通部。
管と管の隙間まで、
丁寧にコーキングを
詰めてありますね。

写真 2022-09-02 8 48 29.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-09-02 9 05 44.jpg

C値=0.18cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

写真 2022-09-02 9 04 35.jpg

C値改善作業(隙間埋め)
少しだけをします。
こちらは下屋部分。
梁より奥の方までウレタンを
吹き付けてある状態ですね。
しかし、このままでは
梁と合板の取り合いから
漏気してしまいます。

写真 2022-09-02 9 12 36.jpg

取り合いをコーキングで
気密処理しました。
下屋部分の気密ラインが
低めの場合は要注意です。
ウレタンだけでなく、
ボード状断熱材であっても、
気密シートでもあっても。

パッと見では判断が難しい
箇所ではあるんですが、
気密測定の際には
漏気の有無が分かるので
しっかりチェックしておきたいですね。

再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-09-02 9 28 22.jpg

C値=0.11cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
24cm2 → 14cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.36 → 1.03
となっています。

写真 2022-09-02 9 28 00.jpg

この結果に、
立ち合いされた監督さんは
満足されたご様子でした。

下屋部分の取り合いのみの
改善処理となりましたが、
改善前と比較して、
αA (家全体の隙間面積)が
10cm2 埋まっていますね。

素晴らしい気密。
完成状態の気密測定も
楽しみです。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月29日

梯川上流の道歩き、彼岸花、栗


20日ほど前に石川県小松市の梯川の道歩きを能美大橋までしましたが、歩いたことがないその上流の道歩きをしました。
スタートは能美大橋から上流の荒木田の橋を渡る周遊の道です。

IMG_4791.JPG


まず山に向かって右の川沿いの道からあるくと、なんと河原に真っ赤な彼岸花が咲いています。

IMG_4797.JPG


IMG_4800.JPG


どんどん堤防の道を歩くと一面の彼岸花街道でした。

IMG_4804.JPG


IMG_4806.JPG


上流の荒木田の橋を渡り橋の上からはよく登った遣水観音山が見えます。

IMG_4809.JPG

IMG_4810.JPG

IMG_4811.JPG


川沿いの広い道には何とたわわに実った栗の木の下を通りました。

IMG_4815.JPG

IMG_4813.JPG


もう栗の実が地面に沢山転がってます。

IMG_4814.JPG


川を渡り左の道を歩くと大きな神社前を通りました。

IMG_4816.JPG


梯川から分かれる鍋谷川の堤防の道にも見事な彼岸花の群生です。

IMG_4818.JPG

そしてもう一度梯川の橋を渡り、止めた車に戻り時計を見ると1時間50分余りのウーキングです。

梯川、鍋谷川の河原にこんなに見事な彼岸花が見れるとは感激です。

そして秋の味覚、たわわに実った栗に季節の秋を楽しみながらの歩きでした。





posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年09月28日

富山県南砺市専勝寺で気密測定


稜です。

写真 2022-09-14 12 19 10.jpg

9月15日は富山県南砺市専勝寺で
すぎはら建築工房さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-09-14 12 22 21.jpg

写真 2022-09-14 12 22 54.jpg

中に上がります。

写真 2022-09-14 12 23 31.jpg

壁の断熱材はグラスウール。
外壁側にフェノバボードを
施工した付加断熱仕様です。
気密は外壁側で確保しているようです。

天井の断熱材は、
セルロースファイバーと
なっています。

写真 2022-09-14 12 21 59.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂ペアガラスです。

写真 2022-09-14 14 00 51.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
ウレタンやコーキングで
気密処理されています。

写真 2022-09-14 12 56 23.jpg

現場は基礎断熱ですので、
配管の貫通部や水抜きの穴の
気密処理が必要です。
丁寧にコーキングで
処理してありますね。

写真 2022-09-14 12 56 14.jpg

お風呂の給湯給水配管等の貫通部。
こちらもコーキングで
気密処理されています。
配管が束になると、
その間に隙間が出来やすいので
要注意なポイントですが、
それを思慮した丁寧な施工が
してありますね。

写真 2022-09-14 13 06 55.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-09-14 13 44 32.jpg

C値=0.23cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

写真 2022-09-14 13 43 48.jpg

C値改善作業(隙間埋め)
をします。
玄関下端のモルタルから
光が見えていますね。

写真 2022-09-14 13 47 13.jpg

ウレタンで気密処理をします。
隙間が出来やすく、
漏気量の多くなりやすい
要チェックポイントです。

写真 2022-09-14 13 47 40.jpg

こちらは勝手口。
同じように下端の隅から
漏気しているようです。

写真 2022-09-14 13 48 26.jpg

こちらもウレタンで
気密処理します。
中間時点での正しい数値を
測定するためにも、
キチンと埋める必要がありますね。

写真 2022-09-14 14 12 37.jpg

天井は上からテープを貼って
気密処理をしているそうですが、
二階の天井の隅から
少し漏気しているのを確認。

写真 2022-09-14 14 15 56.jpg

コーキングで取り合いを
気密処理します。
丁寧にテープが貼ってあっても、
どこか少しでも隙間があれば
色んな箇所から伝い漏れしてしまう
のが気密処理の怖いところですね。

写真 2022-09-14 13 53 39.jpg

こちらも隅っこ。
反対側は下屋部分となっていて、
天井に貼ってある気密シートは
こちらより低い位置。
ですので、こういった箇所は
漏気してしまいます。

写真 2022-09-14 13 56 47.jpg

画像だけでは伝わりにくい
かも知れませんが、
こんな感じで少し下がっています。
取り合いにウレタンを吹き付けて
気密処理をします。

下屋部分の取り合いって
結構厄介ですよね。
一見問題無さそうな箇所でも
意外と漏れていたりしますので、
気を付けたいですね。

それでは再度測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-09-14 14 24 18.jpg

C値=0.16cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
30cm2 → 21cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.53 → 1.26
となっています。

写真 2022-09-14 14 26 04.jpg

この結果に、
立ち合いされた社長は
納得されたご様子でした。

改善前の気密と比較して、
αA (家全体の隙間面積)が
9cm2 も良くなっていますね。

気密がとても良くて、
Ua値0.28のG2グレード。
耐震等級3で地震にも強い。
住みやすく、快適なお家になりますね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月27日

京都府宮津市宮村で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0757.jpg

9月8日は 京都府宮津市宮村で
レクサスホームさま(大立工業梶jの
現場の気密測定を行いました。

お施主さまの要望により
遠征です(^^♪

IMG_0759.jpg

おっと、玄関ドアが
リクシルの片引き戸(エルムーブ)。
漏気が少ない戸でありますように。

IMG_0761.jpg

IMG_0760.jpg

正面の掃き出し窓から
光が差し込む明るい室内。

IMG_0768.jpg

その上空は吹き抜けになっており
足場が組まれていました。

IMG_0763.jpg

サッシは リクシルのEW。
樹脂トリプルガラス。

IMG_0764.jpg

サッシ周りはコーキングに
より気密処理。

ビス穴までコーキングは
すごっ!!

IMG_0797.jpg

窓まぐさと柱の取り合いも
気密処理されていました。

IMG_0767.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_0765.jpg

びっくりしたのが
床の気密処理。

剛床のジョイントに100ミリ幅の
気密テープが貼られていました。
この幅の気密処理は珍しい。

ちなみにその下の大引き間の
断熱ラインでも
気密処理されています。

IMG_0774.jpg

おっと ...
玄関ドア周りの気密処理が
忘れられており
監督さんにコーキングを
打ってもらいました。

窓周りは処理してあるけど
玄関ドア周りは 忘れられることが
多いので注意です。

IMG_0791.jpg

換気システムは
日本住環境鰍フ ルフロ。

IMG_0770.jpg

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_0777.jpg


C値 = 0.18cm/m2  の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_0775.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

玄関ドアの下端から漏気あり。
コーキングで埋めました。

IMG_0771.jpg

吹き抜け上空の ...

IMG_0779.jpg

入隅から少し多めの
漏気あり。

IMG_0795.jpg

ウレタンを充填しました。

IMG_0781.jpg

... ということで
家中の入隅にウレタンを
入れて気密処理。

IMG_0787.jpg

監督さんが何やら
コーキングを入れてますね。

IMG_0788.jpg

柱と間柱の取り合い部分です。
柱・間柱が接触する場合
裏で気道が出来やすい。

ここまでくるとなかなか
マニアックな気密処理です。

IMG_0786.jpg

最近、おすすめしている
梁と2階の床の取り合いにも
ウレタンを入れました。

縦ラインの返しが
あるのがポイント。

IMG_0792.jpg

あとは、2階の間仕切り壁内の
筋違い周りにもウレタンを入れ

IMG_0793.jpg

フローリングが施工されてましたが
出隅の隙間にウレタンを入れました。

さて、気になるC値改善後の
結果はいかに...。

IMG_0790.jpg


C値 = 0.14cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_0789.jpg

測定に立ち合いされたお施主さまは
とても喜び、結果を確認されていました。

0.14cm2/m2 はレクサスホームさまで
新記録のようです。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
21cm2 → 17cm2 と
4cm2の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.35 → 1.25 と隙間風が入り難い
特性に大きく改善。

IMG_0759.jpg

なんと言っても玄関ドアが
片引き戸で0.14cm2/m2はすごい。

IMG_0898.jpg

あと、監督さんが当社の
気密チェック写真集(無料)をもとに
気密処理をかなり頑張られていました。
それが結果に繋がったと思います。

本当にお疲れさまでした(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月26日

福井県鯖江市丸山町で気密測定


稜です。

写真 2022-09-15 8 44 24.jpg

9月15日は福井県鯖江市丸山町で
竃枕L建設さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-09-15 9 05 28.jpg

写真 2022-09-15 9 04 32.jpg

中に上がります。

写真 2022-09-15 9 03 00.jpg

写真 2022-09-15 9 02 56.jpg

屋根・壁の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-09-15 9 06 56.jpg

現場は基礎断熱で、
根太工法となっているようですね。
合板を貼っていない箇所が
ありましたので、
そこから基礎に吹き付けた
ウレタンが見えました。
丁寧に吹いてありますね。

写真 2022-09-15 9 03 56.jpg

サッシは三協アルミのアルジオ。
アルミ樹脂複合のサッシです。

写真 2022-09-15 9 05 02.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りはテープで
気密処理してあります。

写真 2022-09-15 9 44 02.jpg

お風呂の配管基礎貫通部。
モルタルで隙間を丁寧に
埋めてありますね。

写真 2022-09-15 9 22 01.jpg

こちらの現場は、
ファース工法の住宅と
なっています。

写真 2022-09-15 9 22 13.jpg

小屋裏に設置した熱交換式換気扇と
エレメントボックスによる
ダブル熱交換によって、
外気を室温に近づけて取り込みます。
そこから先程のダクトを通じて
サイクルファンユニットで
床下に空気を送ります。
小屋裏にエアコンを設置することで
暖気や冷気を流すことも
出来るようですね。

送られてきた空気は、
床下の調湿性のシリカゲルで
湿気や臭気を吸収吸着し、
空気の浄化を行います。

写真 2022-09-15 9 08 20.jpg

そこから外壁側の断熱内側の空気層や
居室の給排気口を通り
天井へと昇ります。

こうして空気を循環させる事で、
室内の空気を清潔な状態に保ちつつ、
夏は涼しく、冬は暖かな
快適空間を作り出せる仕組みと
なっているようですね。

詳しく知りたい方は、
『ファース工法』で検索
してみてくださいね。

写真 2022-09-15 9 02 28.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-09-15 9 18 24.jpg

C値=0.095cm2/m2の
ウルトラ気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2022-09-15 9 22 49.jpg

この結果に、
立ち合いされた監督さんは
満足されたご様子でした。

折角の快適空間であっても
気密が良くないと、
計画的に空気を回すことが
出来なくなってしまう
可能性がありますからね。

こんな素晴らしい気密であれば、
問題なく快適な室内環境が
構築できるでしょうね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月25日

切り戻し 妻のつぶやき


あんなにきれいだったお花も…。

IMG_8882.jpg
IMG_8884.jpg

3ヶ月もすると茎が伸び切って形も花の付きも悪くなりました。

IMG_9087.jpg

そこで、自己流に切り戻しをしました。

IMG_9085.jpg
IMG_9230.jpg

自分なりに思い切って切ったつもりなのですが…、

お花屋さんの切り戻しをした『インパチェンス』を見てびっくり!!

IMG_9090.jpg

ここまで切って本当に復活するの??

IMG_9422.jpg

7月中ごろに切り戻しした私のインパチェンスは

2ヶ月でここまできれいに復活しました♪

私が正解??



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年09月24日

台 風 妻のつぶやき


このところ毎週のように台風が来ます。

先日の大型の台風14号は石川県を直撃する…と発生時から言われていました。

IMG_9456.jpg

台風は予想通りの進路を進んできたのですが、

18日の時点では中心気圧が935ヘクトパスカルだったのですが、

19日の昼頃には980ヘクトパスカルになりました。

IMG_9457.jpg

これだったら心配することもないのでは…と思い、

植木鉢は片付けず下におろしただけにしました。

IMG_9451.jpg

20日の朝2時ごろ起きたらものすごい風が吹いていましたが

明るくなってみると銀杏が大量に落ちたくらいで大きな被害もなくホッとしました。

IMG_9459.jpg

お花たちにも影響がなかったで〜す♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年09月23日

石川県金沢市中村町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0394.jpg

8月22日は 石川県金沢市中村町で
活タ藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0401.jpg

監督さんが清掃されていました。
現場がきれいだと気持ちいいし
施行もしやすいです(^^♪

IMG_0402.jpg

柱は4寸。
1階は柱や筋交いが
多い印象。

IMG_0447.jpg

2階リビングの設計。
吹き抜けや勾配天井がある
開放的な空間。

IMG_0418.jpg

大屋根がロフトになっています。
なかなか広いロフトでした。

IMG_0417.jpg

断熱材は屋根、壁、床ともに
旭ファイバーグラスの
アクリアα36kg (グラスウール)。

断熱材の充填後、室内側に
気密シートを貼った仕様。

IMG_0434.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_0435.jpg

サッシ周りはユラソール(気密テープ)
にて気密処理。

IMG_0400.jpg

剛床の取り合い、柱周りも
ユラソールで気密処理。

IMG_0403.jpg

玄関周りや...

IMG_0409.jpg

お風呂周りの取り合いも
ユラソール。

IMG_0428.jpg

気密シートのジョイントはもちろん
梁や胴差、柱周りの取り合いも
ユラソール。

IMG_0406.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0422.jpg


C値 = 0.076cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_0425.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

ここは玄関ドアの下端。
こんなにテープが貼ってありますが
微細な漏気を確認しました。
追加で気密テープをはりました。

IMG_0432.jpg

お風呂の配管まわりから
漏気を確認。

ウレタンの量が多くても
隙間があれば漏れるので
こればっかりは測定器で
減圧してみないとわからない。

IMG_0408.jpg

あれ、めずらしく梁と天井の取り合いに
気密テープが貼られていない。
と思ったら... どうやら化粧梁の模様。

IMG_0429.jpg

そんな梁に手で当てると
若干だが漏気を感じる。
悔しいですがここは触れない(このままの仕上げだから)。

IMG_0427.jpg

「ちょっと漏れとるわ...」
掃き出し窓からも漏気あり。
引き渡し前に調整してもらうことに。

IMG_0443.jpg

あとはひたすら
テープの浮きを押さえて
まわりました。

IMG_0446.jpg

とくにシートとシートの
ジョイント部分の浮きは
漏気に繋がる可能性があります。

IMG_0438.jpg

浮きはシートのシワに
出来やすいのでシワがある部分を
チェックするのも良いでしょう。

IMG_0440.jpg

浮きを押さえても
のちに不陸すれば意味がありません。
その場合は上からテープで
押さえましょう。

IMG_0445.jpg

見えますか?
梁下のテープが浮いているのが。
いろんな角度でテープの状態を
確認しないといけません。あたたた 首が...

さて、気になるC値改善後の
結果はいかに...。

IMG_0448.jpg


C値 = 0.067cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_0450.jpg

測定に立ち合いされたお施主さまは
とても喜び、詳細を確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
8cm2 → 7cm2 と
1cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.15 → 1.14 と 0.01改善。

IMG_0418.jpg

高い気密レベルから
改善するのは ホント難しい。

特に気密シート貼りの工法は
テープの浮きを地味に押さえることが
改善に繋がる。

約1時間半で約1cm2 の改善。
でも改善すると嬉しいものです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月22日

映画館と最近のガチャガチャ。


稜です。

写真 2022-09-10 17 52 13.jpg

先日、久しぶりに映画を観に
行ってきました。
観たのは某パニック系恐竜映画。

平日にボケーっとテレビで
ニュース番組を見ていたところ、
映画の興収キングのコーナーで
目にしてビックリ。

写真 2022-09-13 9 33 47.jpg

 ↑ コ レ で す 。
え?いつの間に続編上映してたの???
と、急いでスマホで情報確認。
なんと...ひと月以上前から
上映していたのか...。
シリーズの完結作ということで
過去作のキャストも出演するんだとか。

ジュ〇シック・パークのシリーズは
おそらく全部(?)観ているので、
これを見逃すわけにはいかない...
と、休日に映画館へダッシュ!

久しぶりの映画館。
コロナ禍になってからというもの、
出来るだけ控えるようにしてました。

なので、結構ウキウキ。
早速席を選んでチケットを
買おうと思ったところ...
券売機の画面に、
『アップグレードシートをご利用ですか?』
との表示。

...あっぷぐれーどしーと とは、なんぞ?

アップグレードシート.jpg

どうやら、通常の鑑賞料金+500円で
利用できる席らしい。
隣や前後との間隔が広く、
席のスペースも広々してる上に、
ワンドリンク付いてくるとか。

う〜ん...2200円か。(自分の場合)
ちょっと高いかなぁ...。
でも、休日で上映回数が
少ないこともあって、
通常席が結構埋まってるしなぁ...。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

写真 2022-09-10 14 51 22.jpg

買っちゃいました。
いや、まあ...
周りのお客さんを気にしなくていいし、
ワンドリンク付いてくるから
料金もドリンク買った時と実質同じだし、
割と良いのかなと思いました。

写真 2022-09-10 15 00 59.jpg
(※参考写真です。)

中に入ってみると、
なるほどこんな感じなのね。

コロナ対策で隣の席との間に、
アクリル板が付いてるけど
透明なのがちょっと気になるかも...。
まぁ、コロナ禍以前は全く
無かったものなので、
気にし過ぎなのかな。
でも、間隔はやっぱり広くて
伸び伸び出来るのは良いかも。


ー上映開始。

ネタバレになるので内容は
控えますが、
やっぱり大きく、凶暴な恐竜や
新しく登場した恐竜たちから、
人間が逃げ惑うシーンは
観ていて楽しいものですね。

あと、映画館の音響設備で
恐竜の鳴き声(?)にビリビリと、
凄い迫力が出ていて興奮しますね。

映画館で映画を観ている時間って
大好きです。
どんな内容の映画かは関係無しに、
大きなスクリーン。
広く、真っ暗なその空間にいる間は、
現実と隔離されているという
気分になれるので、
ワクワクしてドキドキします。

個人の心境なので共感できる方は
あんまりいないと思いますが、
その特別感が私はとても大好きです。



写真 2022-09-10 17 53 11.jpg

映画も観終わって、
そのまま帰ろうかと思っていましたが、
隣設しているガチャガチャコーナー?
専門店?が気になったので
中を覗いてみました。

昔は小銭を握りしめて、
何が出るのかワクワクしながら
ハンドルを回している瞬間が
本当に好きでした。

今では滅多に回すことは
ありませんが、
ズラッと並んだ商品を
見ているだけでも
楽しい気分になりますね。

写真 2022-09-10 14 50 20.jpg

そんな時に発見。
スズメバチやカメなどの、
リアルな造形の可動式フィギュアが
一回500円で置いてあるのは
見たことがありましたが、
この『アルマジロトカゲ』なるもの。

なんと一回2000円。

え...さっき観てきた映画と
ほぼ同じ価格。
流石に驚いた...。

こんな時代なんですね、今って。
一回2000円って...。
とってもリアルで精密な造形で
カッコいいと思ったので
興味はあったのですが、
流石に手が出なかったです。

何はともあれ、
色々と楽しいもの、新しいものに触れて
気分をリラックス出来ました。
今度は、
上映前に予告映像で流れていた
アバターの新作でも
観てみようかな。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年09月21日

石川県金沢市田上本町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0340.jpg

8月20日は 石川県金沢市田上本町で
潟Rンセプト建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_0346.jpg

大工さんが外壁にフェノバボードを
貼られていました。
付加断熱の仕様のようです。

IMG_0344.jpg

木製玄関戸はキムラ。
漏気が少ない扉で
ありますように。

IMG_0342.jpg

リビングは開放的で
明るい。

IMG_0360.jpg

2階に上がると柱、間柱、
筋違いが多い印象。
耐震性に力を入れているのを
感じます。

IMG_0353.jpg

断熱材は 屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_0354.jpg

天井下地から上の外周部は
梁が見えないどころか
もっこもこにウレタンが
吹かれていました。

気密性、断熱性ともに
かなり効果を発揮しそう。

IMG_0347.jpg

床の剛床の取り合いは
気密テープで気密処理。

IMG_0348.jpg

柱周りはコーキング。
化粧柱なので慎重に
気密処理されていました。

IMG_0364.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

サッシ本来の気密性能を
引き出すためにサッシ屋さんが
調整されています。

IMG_0350.jpg

サッシ周りは気密テープと
コーキングにより気密処理。

IMG_0356.jpg
IMG_0357.jpg

玄関土間周りは
基礎と土台の取り合いを
気密テープで。

基礎とスタイロフォームの
取り合いは コーキングで気密処理。

IMG_0365.jpg

気密測定器で減圧して
木製玄関ドアの気密性をチェック。

大きな漏れはないですが
少し漏気がある感じ。
ドアラッチを寄せて調整して
もらいました。

IMG_0359.jpg

おっと、そー言えば
煙突のある家でしたね。

IMG_0381.jpg

漏気がないか
監督さんがチェック。
大丈夫だったようです。

IMG_0352.jpg

事前にヤバそうだなと
チェックしていたのが
お風呂まわり。

IMG_0366.jpg

断熱材と基礎の取り合いから
かなり漏気がありました。

IMG_0367.jpg

施工前に清掃し...

IMG_0372.jpg
IMG_0374.jpg

断熱材の取り合いから
漏気がなくなるまで
コーキングを入れました。

漏気量を確認しながら
施工できる。
これぞ気密測定の
醍醐味です(^^♪

IMG_0380.jpg

あとは怪しい取り合い部分を
攻めていきます。

IMG_0382.jpg

柱と天井下地の取り合いに
コーキングを充填。

特に勾配天井でウレタンを
カットしてある場合は
確認したいところです。

IMG_0384.jpg
IMG_0383.jpg

梁と柱の取り合いから
微細な漏気あり。
コーキングと気密テープで
押さえて処置。

IMG_0341.jpg


さてさて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0388.jpg

でました。
C値 = 0.0cm2/m2 !!! (0.05cm2/m2未満)

正確には...
C値 = 0.049cm2/m2 の超々高気密でした。

IMG_0386.jpg

測定に立ち合いされた
お施主さま家族は
とても喜ばれていました。

αA(家全体の隙間面積)= 7cm2。
n値(隙間特性値 範囲1〜2)= 1.19。

両方ともかなり良い
気密スペックです。

IMG_0342.jpg

室内側はアイシネンの
ウレタン吹付断熱。
外側はフェノバボードの
付加断熱仕様。

測定前の改善作業で
気密レベルが1段上がった感じ。

気密断熱ともにレベルが高いので
真冬でもあったかい家になりますね ♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月20日

石川県小松市下粟津町で気密測定


稜です。

写真 2022-09-09 12 39 52.jpg

9月9日は石川県小松市下粟津町で
竃k製材所 ウィッシュホームさまの
現場の気密測定を行いました。

写真 2022-09-09 13 11 36.jpg

写真 2022-09-09 13 11 47.jpg

中に上がります。

写真 2022-09-09 12 44 21.jpg

壁の断熱材は、
セルロースファイバー。
充填する前の状態です。

写真 2022-09-09 12 43 07.jpg

屋根はウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-09-09 12 42 52.jpg

サッシはリクシルのEW。
樹脂ペアガラスです。

写真 2022-09-09 12 43 51.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
コーキングで気密処理
してあります。

写真 2022-09-09 12 45 40.jpg

玄関周りや柱と面材の取り合いも
丁寧にコーキングで気密処理
されています。

写真 2022-09-09 12 48 42.jpg

現場は基礎断熱ですので、
基礎を貫通している箇所の
チェックは大切です。
水抜き穴はコーキングをして
上からテープが貼ってありました。

写真 2022-09-09 12 51 25.jpg

こちらは換気システムの
基礎貫通部。
周りにはちゃんとウレタンが
詰まっていますが、
目張りのテープが浮いて
しまっているようですね。

写真 2022-09-09 12 53 35.jpg

上からテープを貼って、
目張りを補強します。
貼ってから時間が経過していたり、
雨が降って表面に水が付くと
テープの粘着が弱くなって
剝がれてしまいますので
要注意ですね。

写真 2022-09-09 13 14 08.jpg

室内側の配管もチェック。
見てみると、テープがピロピロと
剥がれてしまっていますね。

写真 2022-09-09 13 17 31.jpg

これだけの隙間でも、
勿論気密は悪くなります。
事前の目張りチェックは
測定をする上でとても大切です。

写真 2022-09-09 13 04 25.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-09-09 13 07 43.jpg

C値=0.13cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2022-09-09 13 07 22.jpg

C値改善作業(隙間埋め)
をします。
お風呂の配管基礎貫通部。
外から見たときには
よく分からなかったのですが、
内側から見てみると光が見えるので
隙間の有無が一目瞭然ですね。

写真 2022-09-09 13 08 52.jpg

隙間にウレタンを吹き付けて
気密処理します。
吹き付ける際には、
配管と配管の間に隙間が
残らないように気を付けましょう。

写真 2022-09-09 13 06 53.jpg

玄関ドアの下端。
こちらからも光がチラリ。

写真 2022-09-09 13 12 19.jpg

こちらは後の工程で
埋まる箇所なんですが、
中間時点での気密を
正しく測定するためにも
隙間は埋める必要があります。
ウレタンで隙間を埋めました。

写真 2022-09-09 13 21 57.jpg

こちらはCD管の壁貫通部。
分かりづらいかもしれませんが、
下の黒いCD管の上端から
光が漏れています。

写真 2022-09-12 15 48 58.jpg

配線や配管が集中している箇所は
気密処理が難しく、
ちゃんと見ないと隙間の有無が
分かりづらいので要注意。
コーキングで気密処理をしました。

写真 2022-09-09 13 09 20.jpg

今回、玄関ドアは片引き戸でした。
上端に手を近づけてみると、
スゥゥーと空気が出てきていました。
少し気になるところですが、
とりあえず再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-09-09 13 25 35.jpg

C値=0.10cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
18cm2 → 14cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.28 → 1.20
となっています。

写真 2022-09-09 13 25 23.jpg

この結果に、
立ち合いされた監督さんは
納得されたご様子でした。

玄関の片引き戸からの漏気は
多めの印象だったのですが、
結果的にとても良い気密。

片引き戸による気密への影響は
少なからずあったかと思います。
気密を確保する上で、
玄関ドアやサッシの選定は
とても大切だと思いますね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月19日

石川県かほく市外日角で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_0191.jpg

8月17日は 石川県かほく市外日角で
潟Zブンワークスさまの現場の
気密測定(完成)を行いました。

IMG_0196.jpg
IMG_0193.jpg

LDKはこんな感じ。
3色のペンダントライトが
いいアクセント。

IMG_0220.jpg

食洗器は
GAGGENAU製(ガゲナウ)。

IMG_0222.jpg

正面扉をフルオープンにでき
食器がめちゃ入れ易い。
大容量なのもありがたい。

IMG_0195.jpg

リビング側は吹き抜けに
なっており

IMG_0199.jpg

上空でシーリングファンが
ゆっくり回っていました。

IMG_0200.jpg

キッチンのそばには
長い長いカウンターテーブル。
その奥の部屋にも...

IMG_0202.jpg

カウンターテーブル。
奥さまの書斎でしょうか?

IMG_0208.jpg

換気システムは第一種(熱交換)の
スティーベル製 ツイン・エアー
LT-50EcoFlat。

天井・壁は ルナ漆喰。

IMG_0226.jpg

2階の寝室の
そばには ... 

IMG_0212.jpg

カウンターテーブルが
ある書斎。

カウンターテーブルって
読書できるし、パソコン置けるし
本も並べられるし
使い勝手がイイのですよ。

IMG_0218.jpg

測定前に気密点検口の
バンドをぎゅっ。
気密性を高めます。

IMG_0216.jpg


さてさて、気になる
完成気密の結果はいかに...。


IMG_0223.jpg


C値 = 0.078cm2/m2 の超超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_0225.jpg

測定結果に七山社長は
ほっとされていました。

αA(家全体の隙間面積)= 10cm2。
n値(隙間特性値 範囲1〜2)= 1.13。

隙間がとても少なく
隙間風が入り難いことを
表しています。

IMG_0193.jpg

0.1以下の完成気密は
大工さんをはじめ、電気屋さん、設備屋さん、
配管屋さん、左官屋さん などなど

関係する業者が気密に拘って
仕事をしないと出ない気密。

全てはお施主さまのため
暖かい家づくりのためですね(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月18日

21世紀美術館 妻のつぶやき


金沢市役所に行ったついでに『21世紀美術館』に行ってきました。

IMG_9395.jpg

たまたま月曜日の休館日だったので、外のオブジェを見て廻りました。

IMG_9383.jpg
IMG_9384.jpg

21世紀美術館には何回か来ているのですが

外を回るのは初めてでこんな日もあっていいかな…って思いました。

IMG_9386.jpg

休館日といっても中の通路だけは解放されていて、

熱を計られ、消毒をしてから冷房の効いた中に入ることができます。

IMG_9390.jpg

長〜いベンチ、

IMG_9393.jpg

油圧式の不思議なエレベーター、

一通り見て廻り『ゆずぴょん』は満足したようです。

IMG_9382.jpg

それにしてもこの暑い中、お母さんは前に『はやと』を抱っこし

後ろにリュックを背負って『ゆず』に付いて廻っていました。

母は強し!!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年09月17日

パイナップル 妻のつぶやき


姉からパイナップルを2個貰いました。

IMG_9338.jpg

息子に1つあげる…と言ったのですが「いらない!」とのこと。

皮をむくのが面倒だな〜と思ってしばらく放置していたら、うっすらとカビが…。

IMG_9341.jpg

慌てて切ったのですが、中はきれいでした。

IMG_9343.jpg

ちょうどこのころ、スーパーにスイカが売っていて

今年最後のスイカかも…と思って買ってしまいました。

IMG_9033.jpg

これも大きなスイカなので切るのをためらい、

どうやって冷蔵庫に入れよう…と2〜3日考えてしまいました。

IMG_9345.jpg

そして、思い切ってこの2つを切りました。

スイカはこれで4分の1、そしてもう4分の1!!

IMG_9348.jpg

今は梨、ブドウ、イチジクなど美味しい果物がいっぱいです。

IMG_9346.jpg

ものすごく食べたいと思いますが、

当分の間パイナップルとスイカと格闘します!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年09月16日

福井県坂井市三国町で気密測定


稜です。

写真 2022-08-10 12 44 24.jpg

8月10日は福井県坂井市三国町で
樺広地所さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-08-10 12 48 53.jpg

写真 2022-08-10 12 49 10.jpg

中に上がります。
現場はパネル工法と
なっています。

写真 2022-08-10 12 48 30.jpg

屋根の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-08-10 13 36 45.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂ペアガラスです。

写真 2022-08-10 13 36 53.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
コーキングで気密処理
してあります。

写真 2022-08-10 13 10 37.jpg

パネルのジョイントは、
丁寧にコーキングが
打ってありますね。

写真 2022-08-10 12 48 15.jpg

ホールダウン金物が
ウレタンでスッポリ埋まっています。
気密的には勿論、
熱橋の対策としても大切ですね。

写真 2022-08-10 12 50 04.jpg

天井は一部見えますが、
ほとんどボードが貼ってある
状態となっています。

写真 2022-08-10 12 47 10.jpg

現場は基礎断熱です。
基礎を貫通している
換気システムのダクト周り。
ウレタンで気密処理
してあります。

写真 2022-08-10 13 44 09.jpg

お風呂の配管貫通部。
こちらはコーキングで
処理してありますね。
管と管の隙間も
丁寧に埋めてあります。

写真 2022-08-10 13 37 14.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は..

写真 2022-08-10 13 41 06.jpg

C値=0.16cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

写真 2022-08-10 13 50 03.jpg

C値改善作業(隙間埋め)
をします。
外周部の柱の根元に出来た溝。
こちらをコーキングで
埋めていきます。

写真 2022-08-10 13 50 27.jpg

一階は土台と柱と床、
二階は胴差しと柱と床の
取り合いから伝い漏れして
しまうケースが多いので、
外気に通じる取り合いを埋めています。
コーキングを入れた後に
上から指でなぞることで、
コーキングが隙間にミチミチと
埋まっていきます。

床張りの工程の事を考えると
浮きの原因となる凸凹が無いよう
水平に処理する事が大切ですね。

写真 2022-08-10 14 00 05.jpg

玄関ドア横の配線貫通部から
漏気がありましたので
コーキングで気密処理をしました。

それでは再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-08-10 14 09 47.jpg

C値=0.14cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
22cm2 → 20cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.32 → 1.24
となっています。

写真 2022-08-10 14 09 33.jpg

この結果に、
立ち合いされた監督さんは
納得しているご様子でした。

屋根のウレタンは、
割と隙間が出来やすいので
要注意ポイントなんですが、
既に天井にボードが貼ってあるので
チェックできていない箇所があり、
少し不安な気持ちもありました。
しかし、結果は問題なく良い気密。

これも打ったコーキングを
上から指でなぞった処理のように、
丁寧な気密処理やチェックを
大工さんや監督さんたちが
心掛けているからこそなんでしょうね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月15日

小松、梯川堤防の道歩き


仕事で石川県の小松市や、能美市の建築現場は車でよく走っていますが、小松市の梯川の道はまだ歩いたことがありません。

IMG_4772.JPG


この日は国道の橋の新小松橋から上流の能美大橋を渡り周遊歩きをしてきました。

IMG_4784.JPG

IMG_4785.JPG


まず山に向かって左の堤防に道からスタートです。

IMG_4753.JPG


IMG_4756.JPG


真向いにはちよこっと雲から顔を出している白山は見えます。

IMG_4755.JPG


川の中にたたずむ鳥、サギが静かに羽を休めていました。

IMG_4752.JPG


どんどん歩くと大笠山や、笈ケ岳も見えます。

IMG_4768.JPG


やがて目的の能美大橋です。

IMG_4770.JPG


IMG_4771.JPG


橋を渡り今度は反対側の右の堤防の道歩きです。

土手はきれいに草刈りして管理されている中に黄色い花が風に揺られていました。

IMG_4777.JPG


川の中の木の棒の先に水鳥がいます。

IMG_4762.JPG


元のスタートの小松新橋近くまで来ると、川の土手の草刈りしている機械が動いていました。

IMG_4783.JPG

IMG_4780.JPG


よく見ると無線で遠隔操作している人はおられ、なんと無人の草刈り機でした。広い河原の土手の草狩りはとても人力では大変なので、すごく進んだ草刈り機があるとは驚きました。

IMG_4782.JPG

元の新橋にとめた車に戻り時計を見ると1時間5分余りの歩きでした。

川の近くの建築現場は仕事で行きますが、初めての梯川の道歩きで見るものすべてが初体験で、楽しい川の道歩きでした。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年09月14日

石川県金沢市松島町で気密測定(完成)


稜です。

写真 2022-09-07 12 28 22.jpg

9月7日は石川県金沢市松島町で
潟Aソビエさまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-09-07 13 26 15.jpg

中に上がります。
玄関には大きなシューズクローゼット。
ダークブラウンの木製、
ドア並みに大きなそれは
迫力がありますね。

写真 2022-09-07 12 46 52.jpg

写真 2022-09-07 12 42 46.jpg

玄関の上部は、
吹き抜け空間となっています。
明るい光が吹き抜け窓から
差し込んでいました。

写真 2022-09-07 13 51 41.jpg

LDKは玄関や廊下との間に
仕切り(ドア等)が無く、
開放感のある間取りと
なっています。

写真 2022-09-07 12 35 03.jpg

リビング奥には和室が。
木を感じる天井と床の畳は、
現代的なデザインで素敵ですね。
掃き出しと小窓からの光で
採光は十分です。

写真 2022-09-07 13 53 30.jpg

キッチンに戻りまして、
このレンジフード。
天井に面しておらず、
壁付けとなっています。
一瞬、浮いているのかな?
という錯覚に囚われそうな、
斬新な空間配置。
施工業者さんは大変だったみたいです。

写真 2022-09-07 13 06 52.jpg

上を見上げてみると、
こちらも吹き抜けになって
いたのでビックリ。
上の方に格子状の枠の
ようなものがありますね。
なんでしょうか?

写真 2022-09-07 13 07 36.jpg

二階に上がって確認してみると、
先程の格子の横に、
エアコンがありました。
どうやらこの格子、
この設置されたエアコンで
冷房をかけたときに
一階に冷気を降ろしたり、
LDKから昇ってきた暖気を取り込む
ための経路だったようですね。

考えてみれば、
玄関上部の吹き抜けや
仕切り(ドア等)の少ない空間設計は、
効率的に空気を巡らせることで
快適な空間と作り出すという
目的があったみたいですね。

写真 2022-09-07 12 41 50.jpg

二階にはベランダもありました。
ガラス張りのデザイン、
カッコいいですね〜。

写真 2022-09-07 13 02 48.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-09-07 13 33 23.jpg

C値=0.14cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2022-09-07 13 31 09.jpg

この結果に、
立ち合いされた監督さんは
満足されたご様子でした。

中間時点と比較しても、
αA (家全体の隙間面積)が
13cm2 → 22cm2
と 9cm2 しか隙間が
増えていないのは、
とても素晴らしい事ですね。

快適な環境を作るための
配置や間取りも、
気密が良くないと計画通りとは
いかないでしょうけれど、
この素晴らしい気密であれば
住み良く快適な生活を
送ることが出来るでしょうね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月13日

石川県小松市上小松町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0027.jpg

8月8日は 石川県小松市上小松町で
叶ン計木花家さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0030.jpg

きれいに清掃された
現場でした。

IMG_0031.jpg

耐震等級3の現場らしく
筋違いが かなり入っている印象。

IMG_0055.jpg

耐力面材も入っており
強そうです。

IMG_0040.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_0036.jpg

サッシはリクシルのEW。
樹脂トリプルガラス。

IMG_0037.jpg

サッシ周りはコーキングに
よる気密処理。

窓まぐさなどの
取り合いにもコーキングが
入っていました。

IMG_0056.jpg

リビングは梁見せ仕様。
極太の梁は迫力があります。

IMG_0052.jpg

天井下地から上は
もっこもこにウレタンが
吹かれてました。

IMG_0053.jpg

梁が見えないほど
吹かれており
断熱性、気密性にかなり
プラスになっていると思われます。

IMG_0054.jpg

2階の足音の伝搬も
梁と床に掛かるように
吹いてある方が押さえられそう。
まさに一石三鳥です(^^♪

IMG_0033.jpg

基礎工事に強い 設計木花家さまでは
断熱材はコンクリー卜打設時に一体打ち。

基礎と断熱材に隙間が
出来にくい工法です。

IMG_0045.jpg

それでは
測定前に漏気チェック。

定番の玄関ドアの
下端から漏気あり。

コーキングをしっかり
打って...

IMG_0047.jpg

指で押さえ
隙間を埋めました。

IMG_0034.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0050.jpg

でました。
C値 = 0.0cm2/m2 !!! (0.05cm2/m2未満)

正確には...
C値 = 0.038cm2/m2 の超々気密でした。

IMG_0048.jpg

測定に立ち合いされた
お施主さまはとても喜び
結果を撮影されていました。

αA(家全体の隙間面積)は
5cm2(2×2.5cm)。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.08 で隙間風がとても
入り難い特性を表しています。

IMG_0041.jpg

木下社長は ...
「良すぎる気密はハードルを上げるので
 うれしいやら悲しいやら」と
 言われていました。

私は気密屋なので
良い気密が出ると
素直にうれしいです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月12日

石川県金沢市押野で気密測定


稜です。

写真 2022-09-06 10 08 32.jpg

9月6日は石川県金沢市押野で
潟Aイワホームさまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-09-06 10 22 04.jpg

写真 2022-09-06 8 59 04.jpg

中に上がります。

写真 2022-09-06 8 58 48.jpg

写真 2022-09-06 8 49 23.jpg

屋根・壁の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-09-06 8 49 15.jpg

サッシはYKK エピソードU。
アルミ樹脂複合のサッシです。

写真 2022-09-06 9 06 58.jpg

現場は床断熱ですので、
床を貫通している配管の周りなどは
気密処理をする必要があります。
ウレタンで気密処理してありますね。

写真 2022-09-06 8 43 53.jpg

測定の前に少しだけ
C値改善作業(隙間埋め)
をします。
玄関ドアの下端付近、
奥の方から光が漏れていますね。

写真 2022-09-06 8 57 49.jpg

ウレタンで気密処理をしました。
こちらは後の工程で
きちんと埋まる箇所なんですが、
中間時点の気密を測定する場合は
正確な数値を測定するために、
隙間を埋めておく必要があります。

写真 2022-09-06 9 06 00.jpg

こちらも玄関ドアの付近。
土台と柱に出来た隙間から
漏気しているようですね。

写真 2022-09-06 9 10 48.jpg

ウレタンで気密処理をします。
先程の箇所とは違い、
隠れはするものの埋まるわけ
ではありませんので、
今のうちにしっかりと気密処理
しておきたいですね。

写真 2022-09-06 8 41 18.jpg

お風呂の配管基礎貫通部。
意外と隙間が出来やすい箇所なので
測定の際には要チェックです。
ウレタンで気密処理。

写真 2022-09-06 9 13 01.jpg

こういった木材の切れ目。
ここに限らず、
床を貫通している配管の
周りに出来た切れ目も
そのままだったりします。

写真 2022-09-06 9 34 37.jpg

ウレタンで気密処理します。
こんな小さな切れ目でも
何か所もあれば、
気密を落とす大きな原因に
なりかねません。
注意して見た方がいいかも
しれませんね。

写真 2022-09-06 9 19 21.jpg

写真 2022-09-06 9 30 07.jpg

二階の外周部に出来た
床と柱の取り合いに出来た溝。
何度も紹介していますが、
周知するために今回もご紹介。
この溝というよりは、
床と柱と胴差しの取り合いから
伝い漏れが発生していると
言った方が正確ですね。

写真 2022-09-06 9 30 14.jpg

上記のような外周部に出来た溝は、
上側(二階)と下側(一階)から
ウレタンやコーキングで
気密処理するのが一番確実ですね。
手間がかかってしまいますし、
後の工程の事を考えると
面倒かもしれませんが、
気密を良くしたいのであれば
やる価値はあると思います。

写真 2022-09-06 8 41 48.jpg

それでは測定を...
と、思っていたより
通気量が多い?

何かないかと調べてみると...

写真 2022-09-06 8 50 05.jpg

危ない危ない。
箱が積んであった箇所の下に、
点検口が隠れていました。

写真 2022-09-06 8 57 25.jpg

これだけ大きな穴となれば
相当な影響があったでしょうね。
目張りをしたのち、
改めて測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-09-06 9 08 01.jpg

C値=0.12cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2022-09-06 10 05 20.jpg

この結果に、
立ち合いされたお施主様は
喜んでいるご様子でした。

それにしても危なかった...
大工さんに点検口の
存在を教えていただけなかったら
延々と隙間探しをする事に
なっていましたね。
大工さん、ありがとうございます。

肝心の気密は素晴らしい結果。
暖かいお家で冬を迎えられると
良いですね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年09月11日

中秋の名月 妻のつぶやき


昨日の『中秋の名月』見ました?

IMG_9362.jpg

すごくまん丸くきれいでしたね。

IMG_9366.jpg

昨日は、土曜日ながら朝から晩まで仕事をしていました。

お昼はインスタントラーメンで済ませ、

夜は何もできなかったのでお惣菜を買って来よう…と出かけたのです。

IMG_9356.jpg

そこで、車の中からまん丸の月『中秋の名月』を見ました。

毎日ボーっとテレビを見ているのに、月を眺める心の余裕がなかったので、

そのきれいさに見入ってしまいました。

IMG_9359.jpg

秋は空が澄んでいるので1年で1番きれいに見えるらしく

大きくとてもきれいに見えました。

IMG_9363.jpg

スーパーで『漁師飯』というお弁当を買ってきました。

ごはんはべちゃ…としていたのですが、ホタテとアサリは美味しかったです。

IMG_9360.jpg

旦那とワインで『名月に乾杯』をしていただきました♪

さてさて今日は『十六夜』です。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック