2022年09月13日

石川県小松市上小松町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0027.jpg

8月8日は 石川県小松市上小松町で
叶ン計木花家さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0030.jpg

きれいに清掃された
現場でした。

IMG_0031.jpg

耐震等級3の現場らしく
筋違いが かなり入っている印象。

IMG_0055.jpg

耐力面材も入っており
強そうです。

IMG_0040.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_0036.jpg

サッシはリクシルのEW。
樹脂トリプルガラス。

IMG_0037.jpg

サッシ周りはコーキングに
よる気密処理。

窓まぐさなどの
取り合いにもコーキングが
入っていました。

IMG_0056.jpg

リビングは梁見せ仕様。
極太の梁は迫力があります。

IMG_0052.jpg

天井下地から上は
もっこもこにウレタンが
吹かれてました。

IMG_0053.jpg

梁が見えないほど
吹かれており
断熱性、気密性にかなり
プラスになっていると思われます。

IMG_0054.jpg

2階の足音の伝搬も
梁と床に掛かるように
吹いてある方が押さえられそう。
まさに一石三鳥です(^^♪

IMG_0033.jpg

基礎工事に強い 設計木花家さまでは
断熱材はコンクリー卜打設時に一体打ち。

基礎と断熱材に隙間が
出来にくい工法です。

IMG_0045.jpg

それでは
測定前に漏気チェック。

定番の玄関ドアの
下端から漏気あり。

コーキングをしっかり
打って...

IMG_0047.jpg

指で押さえ
隙間を埋めました。

IMG_0034.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0050.jpg

でました。
C値 = 0.0cm2/m2 !!! (0.05cm2/m2未満)

正確には...
C値 = 0.038cm2/m2 の超々気密でした。

IMG_0048.jpg

測定に立ち合いされた
お施主さまはとても喜び
結果を撮影されていました。

αA(家全体の隙間面積)は
5cm2(2×2.5cm)。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.08 で隙間風がとても
入り難い特性を表しています。

IMG_0041.jpg

木下社長は ...
「良すぎる気密はハードルを上げるので
 うれしいやら悲しいやら」と
 言われていました。

私は気密屋なので
良い気密が出ると
素直にうれしいです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック