2022年09月21日

石川県金沢市田上本町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0340.jpg

8月20日は 石川県金沢市田上本町で
潟Rンセプト建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_0346.jpg

大工さんが外壁にフェノバボードを
貼られていました。
付加断熱の仕様のようです。

IMG_0344.jpg

木製玄関戸はキムラ。
漏気が少ない扉で
ありますように。

IMG_0342.jpg

リビングは開放的で
明るい。

IMG_0360.jpg

2階に上がると柱、間柱、
筋違いが多い印象。
耐震性に力を入れているのを
感じます。

IMG_0353.jpg

断熱材は 屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_0354.jpg

天井下地から上の外周部は
梁が見えないどころか
もっこもこにウレタンが
吹かれていました。

気密性、断熱性ともに
かなり効果を発揮しそう。

IMG_0347.jpg

床の剛床の取り合いは
気密テープで気密処理。

IMG_0348.jpg

柱周りはコーキング。
化粧柱なので慎重に
気密処理されていました。

IMG_0364.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

サッシ本来の気密性能を
引き出すためにサッシ屋さんが
調整されています。

IMG_0350.jpg

サッシ周りは気密テープと
コーキングにより気密処理。

IMG_0356.jpg
IMG_0357.jpg

玄関土間周りは
基礎と土台の取り合いを
気密テープで。

基礎とスタイロフォームの
取り合いは コーキングで気密処理。

IMG_0365.jpg

気密測定器で減圧して
木製玄関ドアの気密性をチェック。

大きな漏れはないですが
少し漏気がある感じ。
ドアラッチを寄せて調整して
もらいました。

IMG_0359.jpg

おっと、そー言えば
煙突のある家でしたね。

IMG_0381.jpg

漏気がないか
監督さんがチェック。
大丈夫だったようです。

IMG_0352.jpg

事前にヤバそうだなと
チェックしていたのが
お風呂まわり。

IMG_0366.jpg

断熱材と基礎の取り合いから
かなり漏気がありました。

IMG_0367.jpg

施工前に清掃し...

IMG_0372.jpg
IMG_0374.jpg

断熱材の取り合いから
漏気がなくなるまで
コーキングを入れました。

漏気量を確認しながら
施工できる。
これぞ気密測定の
醍醐味です(^^♪

IMG_0380.jpg

あとは怪しい取り合い部分を
攻めていきます。

IMG_0382.jpg

柱と天井下地の取り合いに
コーキングを充填。

特に勾配天井でウレタンを
カットしてある場合は
確認したいところです。

IMG_0384.jpg
IMG_0383.jpg

梁と柱の取り合いから
微細な漏気あり。
コーキングと気密テープで
押さえて処置。

IMG_0341.jpg


さてさて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0388.jpg

でました。
C値 = 0.0cm2/m2 !!! (0.05cm2/m2未満)

正確には...
C値 = 0.049cm2/m2 の超々高気密でした。

IMG_0386.jpg

測定に立ち合いされた
お施主さま家族は
とても喜ばれていました。

αA(家全体の隙間面積)= 7cm2。
n値(隙間特性値 範囲1〜2)= 1.19。

両方ともかなり良い
気密スペックです。

IMG_0342.jpg

室内側はアイシネンの
ウレタン吹付断熱。
外側はフェノバボードの
付加断熱仕様。

測定前の改善作業で
気密レベルが1段上がった感じ。

気密断熱ともにレベルが高いので
真冬でもあったかい家になりますね ♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック