2022年11月09日

福井県越前市村田で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_1477.jpg

10月24日は 福井県越前市村田で
椛搏c材木店さま(ウェルネストホーム)の
現場の気密測定を行いました。

IMG_1531.jpg

おろ、クルマの上に
カマキリ。

クルマで引いたら
可哀そうだから
移動させますか...

IMG_1532.jpg

あたたたた....!!

カマで手を挟まれたのは
小学生以来です(^^♪

IMG_1480.jpg

仕事に戻ります(^^)/

とてもきれいに
清掃された現場。

IMG_1479.jpg

南面のサッシから
まぶしいほどの光が
差し込んでいました。

IMG_1481.jpg

サッシは日本製の
樹脂トリプルガラス。

IMG_1482.jpg

サッシ周りは気密テープに
より気密処理。

IMG_1498.jpg

断熱材は 天井、壁ともに
セルロースファイバー。
断熱材充填前の測定になります。

IMG_1495.jpg

面材は ニチハのあんしん。
ジョイントは気密テープに
より気密処理。

この後、ロックウール100ミリを
付加断熱(外側)で貼ります。

IMG_1489.jpg

ユニットバスまわりを
掃除してから気密処理。

IMG_1485.jpg

断熱材の貫通部は
コーキングによる気密処理。

IMG_1488.jpg

「玄関周りが怪しいのですよ」と...大工さん。

IMG_1494.jpg

土台と基礎は気密テープ。
その下端をユラソール(気密テープ)で
押さえるように気密処理強化されてました。

IMG_1491.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_1500.jpg


C値 = 0.073cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_1502.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

定番の玄関ドアの
下端から漏気あり。
ウレタンを充填しました。

IMG_1504.jpg

そういえば玄関ドアの周りが
気密処理されてませんね。
大工さんに気密テープを
貼ってもらいました。

実は大工さんに
「外側で気密をガチガチに
 とってあるから大丈夫」と
言われていたので...

IMG_1512.jpg

少しだけテープを貼らない
箇所をわざと作り、測定器で減圧し
漏気があるか確認してもらいました。

結果は漏気あり。
やはり気密処理は
内外両方 必要のようです。

IMG_1507.jpg

稜が天井の気密点検の
漏気をチェックしてます。
お高い点検口だけあって
漏気なし。

IMG_1511.jpg

1階の天井の隅が漏気あり。
ウレタンを充填しました。

IMG_1509.jpg

天井と柱の取り合いから
微量の漏気あり(1階)。

IMG_1515.jpg

取り合い(柱、間柱)に気密テープを
L字に貼って気密処理。

IMG_1519.jpg

地味な個所ですが
ここは効きますので
絶対おすすめ。
やって損はありませんよ〜。

IMG_1523.jpg

最後にチェックしていると
玄関の電子錠の配線穴が
気密処理されていませんでした。

IMG_1524.jpg

「あらら...忘れ取った」と
大工さんがコーキングを充填。

さてさて、C値改善後の
測定結果はいかに...。

IMG_1528.jpg


C値 = 0.058cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_1529.jpg

測定に立ち合いされた
増田さん(設計士)は とても喜び
詳細結果を確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
10cm2 → 8cm2 と
2cm2 改善しました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.32 → 1.28 と隙間風が入り難い
特性に改善。

IMG_1479.jpg

ここから断熱材を充填して
気密シートを貼っていきます。
いや 〜 完成気密が楽しみです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック