2022年11月11日

福井県勝山市村岡町で気密測定


稜です。

写真 2022-10-27 8 35 00.jpg

10月27日は福井県勝山市村田町で
咲蔵工房さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-10-27 8 41 27.jpg

写真 2022-10-27 9 19 42.jpg

中に上がります。

写真 2022-10-27 8 38 06.jpg

天井・壁の断熱材は、
グラスウール。
気密シート貼りの仕様です。

写真 2022-10-27 8 38 15.jpg

サッシは三協アルミのアルジオ。
樹脂アルミ複合のサッシです。

写真 2022-10-27 8 45 08.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
ウレタンとコーキングを
使い分けて気密処理して
ありますね。

写真 2022-10-27 8 39 08.jpg

現場は床断熱。
床の取り合いはテープで
気密処理してありました。

写真 2022-10-27 8 39 43.jpg

柱まわりもピッチリと
丁寧に貼ってありますね。

写真 2022-10-27 8 42 06.jpg

玄関土間の土台と基礎の
パッキンにコーキングを
打ってあります。
気密パッキンといえど、
ジョイント部分などから
漏気してしまう可能性が
ありますので要注意です。

写真 2022-10-27 8 41 50.jpg

写真 2022-10-27 8 40 14.jpg

こちらは気密シートと
床の配管貫通部です。
丁寧にコーキングで
気密処理されていますね。

写真 2022-10-27 8 40 40.jpg

写真 2022-10-27 8 40 58.jpg

お風呂周りの気密処理。
カネライトの取り合いは
ウレタンで、
配管の貫通部はコーキングと、
使い分けてありますね。
素晴らしいです。

写真 2022-10-27 9 22 11.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-10-27 9 38 57.jpg

C値=0.66cm2/m2の高気密です。
表示は四捨五入により0.7cm2/m2。

写真 2022-10-27 9 36 48.jpg

こちらの現場は、
玄関ドアが片引き戸と
なっているのですが、
どうにも漏気が多いようです。

写真 2022-10-27 9 36 29.jpg

隙間から光がチラチラと
見えていますね。
玄関ドアの影響がどの程度なのか
一度目張りをした状態で
測定してみます。
結果は...

写真 2022-10-27 9 53 45.jpg

C値=0.48cm2/m2の高気密です。
表示は四捨五入により0.5cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
66cm2 → 48cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.37 → 1.16
となっています。


この結果に、
立ち合いされた社長は
納得されたご様子でした。

引き戸の目張りだけで
18cm2 の隙間が埋まったと
考えると驚きですね。
使い勝手は良いのですが、
気密性との両立は
まだ難しいのかもしれません。

写真 2022-11-07 8 07 24.jpg

現場は自然に囲まれた
気持ちの良い場所。
もうしばらくすれば、
しんしんと雪が積もって
観える景色も変わりそうですね。

そんな寒い季節でも、
暖かく快適に過ごせる
お家になると良いですね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック