2022年12月31日

今年一年、本当にありがとうございました


おはようございます
健太郎です。

IMG_1967.jpg

気が付けば大晦日。
お陰様で今年の測定実績は

なんと...435件!!

とても楽しく測定させて頂きました。
ありがとうございました。

IMG_0669.jpg

昨年の件数は 399件。
日々、高気密化に取り組む会社が
増えてきていると感じます。

来年も暖かい家づくりの
お手伝いとして 兜沒c温熱空調を
よろしくお願いいたします。

良いお年を (^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月30日

大掃除 妻のつぶやき


息子の部屋の押入れに、

30年ほど忘れられた物がぎゅうぎゅうに入っています。

IMG_9434.jpgIMG_9435.jpg

片付けようと押し入れから物を全部出してみたところ…、

びっくりするほど物が入っていて、部屋がゴミ屋敷のようになりました。

IMG_9436.jpg

座敷も同じように物が積みあげられています。

今更ですが、

どうやら私は物を捨てられずため込んでしまう性格…なんですね。

IMG_9433.jpg

息子に電話すると、全て捨てるよう言います。

あっさりしたものです。

IMG_9446.jpg

私の方は、母が作ってくれた座布団、座卓、お返しのタオル、ハンカチ、お茶碗等々

思い入れがいっぱいで捨てられません。

IMG_9475.jpg

それでも丸2日間格闘し、息子の部屋も座敷もきれいになりました。

こんな部屋だったのですね。

IMG_9464.jpg

後は大量のゴミを捨てるだけです。

これで新しい年を迎えることができます。

皆さま、本年同様来年もどうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年12月29日

石川県能美市佐野町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_1774.jpg

11月4日は 石川県能美市佐野町で
ハンズスタイル鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_1776.jpg
IMG_1775.jpg

断熱材は天井がサーモウール(羊毛)。
壁の断熱材はパワーマックス。

IMG_1777.jpg

それらの断熱材を
タイベックスマート(気密シート)に
充填して気密処理。

そう言えばこのタイベックスマート。
販売終了の噂があります。
本当だったら残念だな...。

IMG_1781.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_1782.jpg

サッシ周りは気密テープにより
気密処理。

IMG_1785.jpg

2階の一角には
セントラル第3種換気の
グリーンファン。

IMG_1786.jpg

低い位置で壁付けなので
掃除やメンテナンスが楽ちん。

IMG_1796.jpg

監督さんがユニットバスの
排水口に水を入れてます。

既に配管が下水に
繋がっているため
水で封水しているのです。

IMG_1778.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_1799.jpg


C値 = 0.33cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_1806.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

気密漏れで定番の玄関周り。
基礎と土台の取り合いから
漏気あり。

IMG_1805.jpg

隣接する同じ取り合い
からも漏気あり。

同じ箇所からの伝い漏れですね。
ウレタンを充填しました。

IMG_1819.jpg

間仕切り壁の中の
剛床と土台の取り合いから
漏気あり。

IMG_1780.jpg

電気の空配管まわり。
漏れはないけど
気密処理を強化。

IMG_1809.jpg

柱と筋交いの取り合いから
若干の漏気を感じる。

IMG_1813.jpg

ウレタンをたっぷり
充填しました。

IMG_1808.jpg

天井の気密シートに
10cmくらいのテープの
貼り忘れ箇所を発見。

すでに天井下地が
施行されている状態で
良く見つけましたね。

IMG_1823.jpg
IMG_1826.jpg

あとは、最近お勧めしている
梁と天井の取り合いと
梁周りをウレタンで攻めました。

IMG_1821.jpg

最後はこの部分。
壁側から剛床の隙間を
通じ漏気あり。

IMG_1822.jpg

取り合いに気密テープを
貼りました。

この隙間からの伝い漏れは
パネル工法でも同様に
攻めた方が良いです。

さて、気になるC値改善後の
結果はいかに...。

IMG_1828.jpg


C値 = 0.28cm2/m2 の超高気密でした。 

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_1829.jpg

C値改善を頑張った監督さんは
詳細結果を撮影されてました。

今回のC値改善で
αA(家全体の隙間面積)は
48cm2 → 40cm2 と
8cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.36 → 1.39 と少しだけ悪化。

n値とは『隙間の質』を表し
1に近いほど 隙間風が入り難く
2に近いほど 隙間風が入り易いと
言われています。

IMG_1800.jpg

悪化の原因は
土間のサッシ周りからの
漏気が原因だと考察。

土間部分は後にモルタルで
きれいに仕上げるため
ウレタンをあまり入れませんでした。

他の隙間が埋まった分
埋まってない箇所から
多く入ってくるカタチ。
それでn値が反応したと考えます。

気密って奥が深いのです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月28日

福井県鯖江市平井町で気密測定(完成)


稜です。

写真 2022-11-29 12 07 32.jpg

11月29日は福井県鯖江市平井町で
樺広地所さまの現場の
気密測定(完成)を行いました。

写真 2022-11-29 12 09 03.jpg

素敵な玄関。
反対側はスロープと
なっていました。
使い分け出来て便利ですね。

写真 2022-11-29 12 02 06.jpg

中に上がります。
奥行きのあるリビング空間。
梁見せの天井が、
とってもクールですね。

写真 2022-11-29 12 01 14.jpg

こちらは和室。
天井や照明、正方形の畳。
素敵な和モダンのデザイン
となっていますね。

写真 2022-11-29 12 05 19.jpg

二階に上がる階段、
柱や手前側の手すり。
木の質感を残しつつ、
黒塗りのシックなデザインと
なっていてカッコいいです。

写真 2022-11-29 12 21 03.jpg

階段下にはルンバスペース
でしょうか。
スペースの有効活用ですね。

写真 2022-11-29 12 03 14.jpg

階段を上がっていくと、
上部に球体型のペンダントライトが。
ほんわかしたデザインで、
優しい光で照らしてくれます。
和みますね。

写真 2022-11-29 12 03 25.jpg

さらに、ピクチャーウインドウ。
隣の公園や遠くの風景を
覗くことができます。
先程のペンダントライトと
相まって、素敵な光景に。

写真 2022-11-29 12 31 50.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-11-29 12 54 35.jpg

C値=0.25cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.3cm2/m2。

写真 2022-11-29 12 11 39.jpg

完成の状態で、
気密を改善するのは
かなり難しいですが、
やれることはあります。

例えばココ。
レンジフードのダクトの
天井貫通部。

写真 2022-11-29 13 05 31.jpg

いや、室内だから関係ないでしょ
と思われる方もいるかも知れません。
確かに躯体の気密に直接
影響するわけではありませんが、
色々とメリットはあります。
長くなりますので、
詳しくはこちらの記事
ご参照ください。

写真 2022-11-29 13 15 14.jpg

テープで目張りをしたところで、
再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-11-29 13 20 33.jpg

C値=0.23cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
33cm2 → 30cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.50 → 1.38
となっています。

写真 2022-11-29 13 20 16.jpg

この結果に、
立会いされた監督さんは
満足されたご様子でした。

今回はそこまで大きな変化とは
なりませんでしたが、
αA (家全体の隙間面積)も
n値 (隙間特性値 範囲1〜2)も
ちゃんと良くなっていますね。

とても良い気密。
外は凍えるような寒さの
今日この頃ですが、
家の中ではホッコリと
快適に過ごせそうですね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月27日

スーパーセール 妻のつぶやき


12月に定例の『楽天スーパーセール』がありました。

IMG_0130.jpg

このセールは買えば買うほどポイントが2倍、3倍…と上がっていくので

欲しいものはなるべくこの時に買うようにしています。

IMG_0026.jpg

先ずは旦那の極暖のカーディガンと私の水着、

アクアビクスはこのまま続けられそうなので2枚目を買いました。

そしてアクア用の帽子。

IMG_0110.jpg

パジャマ、ヘット用ブラシ、

歩くだけで掃除ができる『モップスリッパ』

IMG_0121.jpg

セール中にデジカメが壊れたのでこれも買い、

手作りパンの中に入れる『クルミ』も3袋買いました。

IMG_0022.jpg

いつも吟味して考えて買っているつもりなのですが、

下駄箱に同じ靴が3足もあったのにはびっくりしました。

IMG_0028.jpg

ネットで買ったのか

ショップで買ったのかも覚えていないのですよね〜。

こわ!!
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年12月26日

富山県高岡市常国で気密測定(完成)


稜です。

写真 2022-12-01 10 06 07.jpg

12月1日は富山県高岡市常国で
三次元アーキテクツさまの現場の
気密測定測定(完成)を行いました。

写真 2022-12-01 9 59 38.jpg

素敵な木製の玄関ドアを
開けて中にお邪魔します。

写真 2022-12-01 10 08 44.jpg

中に上がりますと、
室内はクラシック調の
素敵な空間となっていました。
右の方にはペレットストーブ
がありますね。
袋を被っている状態ですが、
傷つけたりするのが
怖いのでそのままで...(スミマセン)

写真 2022-12-01 10 10 42.jpg

キッチンです。
黒のデザインでまとまっていて、
シックな感じがたまりませんね。

写真 2022-12-01 10 12 27.jpg

シンクの水栓は、
アンティーク調の
とてもオシャレなデザイン。

写真 2022-11-21 9 34 13.jpg

リビングはカスタムメイドの
素敵なTVユニットに、
横には...出窓でしょうか?

写真 2022-12-01 10 11 07.jpg

実はこちらクッションを
置いた状態となると、
ベンチとなって座ることが出来ます。
サッシから差し込む光で
心地よく、リラックスのできる
スペースになりそうですね。

写真 2022-12-01 10 11 54.jpg

洗面所です。
ヤバいですね。
本当にカッコいいです。
このテラッとした黒い感じとか...。

このカッコいい感じを
上手く表現したいんですが...
語彙力が欠陥していて
表現が追いつきません。
申し訳ないです...。

写真 2022-12-01 9 40 52.jpg

ウォークインクローゼット。
シンメトリーのようで
少し違うんですが、
とても落ち着いた感じの
素敵なデザインと
なっていました。

写真 2022-12-01 9 47 44.jpg

こちらはお手洗い。
トイレの横には、
ペデスタルシンクが。
エレガントなデザインで
カッコいいですね。

写真 2022-12-01 10 09 07.jpg

リビング天井には、
天窓が取り付けられています。
しっかりと明るい光が
室内に届いていました。
(明るすぎるあまり、写真が...ゴメンナサイ)

写真 2022-12-01 9 39 47.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-12-01 9 38 39.jpg

C値=0.24cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

写真 2022-12-01 9 40 31.jpg

この結果に、
立ち合いされた社長は
満足されたご様子でした。

素敵な佇まいの空間で、
暖かく快適な暮らしを送れる。
デザインも性能も素晴らしいって、
とっても贅沢なお家ですよね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月25日

クリスマス寒波 妻のつぶやき


降りました、降りました、雪が降りました。

IMG_0096.jpg

そこまで雪が積もっているとは思わないのですが

雪質でしょうか、旦那の車が家の前ではまってしまい

通り(30m程)に出るのまでに20分もかかりました。

しかも、私が運転をして旦那と稜が車を押して脱出しました。

IMG_0095.jpg

そんな中、スポーツセンターから、

富山からの道路(8号線)が通行止めになって先生が出て来られない…、

ということで『エアロビクス』が中止に!!

IMG_0101.jpg

え〜!!、1ヶ月くらい前からあちこちのショップを廻って

『クリスマス』の為にグッズを友だちの分までも買いあさったのに…!

IMG_0102.jpg

衣装だってばっちりクリスマスバージョンにして待機していたのに

残念です!!

IMG_0098.jpg

来年に廻します!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年12月24日

気密測定 妻のつぶやき


昨日(23日)は金沢で大雪が降り、

風も吹いて『ホワイトアウト』状態でした。

IMG_0075.jpg

そんな中、旦那が気密測定の仕事で能登の方まで行くというので

何にもできない私ですが、一緒について行きました。

IMG_0093.jpg

『中部ジェイ・シィ』様の現場です。

現場とはいえ、中はとってもきれいに掃除されていました。

IMG_0080.jpg

リビングでしょうか、

大きな窓あって外の景色が思いっきり見えるのがいいですね。

IMG_0076.jpg

大工さんに挨拶をし、早速に測定の準備をします。

IMG_0086.jpg

玄関が仮ドアだったのでしっかりとテープを貼ります。

IMG_0090.jpg

外は風があり多少荒れていたので計れるだろうか…と心配でした。

案の定、1回目は測定不能となりましたが、

2回目で計ることが出来、それもすこぶる良い結果が出ました。

IMG_0091.jpg

大工さんも結果を聞いて喜んでいました。

IMG_0094.jpg

良い結果が出ると私たちも嬉しく、

帰りにパーキングエリアでリッチに200円もの珈琲を買いました♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年12月23日

福井県福井市上森田で気密測定


稜です。

写真 2022-11-29 8 08 13.jpg

11月29日は福井県福井市上森田で
潟iチュレホームさまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-11-29 8 10 57.jpg

写真 2022-11-29 8 20 52.jpg

中に上がります。

写真 2022-11-29 8 21 07.jpg

壁の断熱材は、
セルロースファイバー。
さらに外壁側に
ボード状断熱材を貼った
付加断熱仕様となっています。

写真 2022-11-29 8 20 56.jpg

天井の断熱材も
セルロースファイバーと
なっていますが、
こちらは充填前の状態ですね。

写真 2022-11-29 8 11 09.jpg

サッシはリクシルのEW。
樹脂トリプルガラスです。

写真 2022-11-29 8 12 19.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
テープで気密処理してあります。
角にコーキングを
打っているのは、
テープの浮き防止対策でしょうか。
素晴らしい処理ですね。

写真 2022-11-29 8 12 10.jpg

現場は床断熱、
床のジョイント部分が
テープで気密処理
されていますね。

写真 2022-11-29 8 19 50.jpg

柱周りまで丁寧に
処理されています。

写真 2022-11-29 8 19 22.jpg

配管の床貫通部も
コーキングで気密処理
してありますね。

写真 2022-11-29 8 29 39.jpg

二階の床と胴差し、梁との
取り合い部分です。
伝い漏れを起こしやすい
箇所ですね。
コーキングでしっかり
気密処理されています。

写真 2022-11-29 8 23 15.jpg

二階に上がってみると、
上側からもテープで
気密処理してありました。
先程の取り合いからの
伝い漏れを潰す意味でも
良い処理なんですが、
真の目的は別にあります。

写真 2022-11-29 8 23 27.jpg

画像のようにシートは
床の所まで降りていて、
床との取り合いで
L字にテープを貼って
気密処理されています。
その為、
外周部に位置する床が
隣の床との間に隙間がある場合、
その隙間を伝って漏気する
可能性があります。

文字では分かりづらいかも
知れませんが、
つまりは室内側の気密シート
で気密を確保する場合は、
外周部の床の取り合いも
気密処理をした方が良い
ということです。

こちらもサッシ周りと
同じように、
テープの浮き対策として
角にコーキングが
入っていますね。

写真 2022-11-29 8 32 20.jpg

天井の配線貫通部。
配線同士が密着していると、
その間に出来た隙間から
漏気を起こしてしまう事が
よくあります。
その対策として、
一本一本間隔を空けて
気密処理されていますね。

写真 2022-11-29 8 14 25.jpg

玄関土間まわりの気密処理。
テープやコーキングを
使ってとても丁寧に
処理されていました。

写真 2022-11-29 8 47 16.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-11-29 10 06 16.jpg

C値=0.057cm2/m2の
ウルトラ気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2022-11-29 9 35 47.jpg

この結果に、
立ち合いされた社長は
満足されたご様子でした。

αA (家全体の隙間面積)も
さることながら、
n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.00 と、この上ないほど
良い数値となっていますね。

丁寧な処理を見ていれば、
良い気密であることは
間違いないと思っていましたが、
実際に数値になると驚きますね。

雪も降り始めて、
とても寒い季節となりましたが、
これだけの素晴らしい気密であれば
暖かく快適なお家と
なることでしょうね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月22日

石川県金沢市田井町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2237.jpg

11月24日は 石川県金沢市田井町で
潟Zブンワークスさまの現場の
気密測定を行いました

IMG_2263.jpg

外壁面に貼られているのは
防水シートのタイベック ドレインラップ。
このシワシワが毛細管現象で
排水を促進するモノ。

IMG_2255.jpg

断熱材は 屋根が
セルロースファイバー。

IMG_2239.jpg

壁が旭ファイバーグラスの
アクリアα36kg (グラスウール)。

IMG_2240.jpg

グラスウール充填後、
室内側に気密シートを
貼った仕様になります。

IMG_2248.jpg

剛床の取り合いは
ユラソール(気密テープ)で
気密処理。

IMG_2249.jpg

柱の立ち上がりは
気密テープで気密処理。

筋交いを入れる前に
気密処理されているのが良いですね。

IMG_2243.jpg

ここはお風呂の下。
断熱材と土台と取り合いは
ユラソールで気密処理。

IMG_2244.jpg

給湯給水の配管周りは
隙間にウレタンを充填してから
ユラソールを貼ってありました。

IMG_2254.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2268.jpg


C値 = 0.065cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2264.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
始めます。

まずは玄関ドアまわり。
基礎と土台の取り合いから
微細な漏気あり。

漏気の出どころに気密テープを
貼り付けました。

IMG_2285.jpg

火打ちまわりをチェック。
漏気なしでした。

IMG_2273.jpg

電気の引き込みまわり。
ここも漏気なし。

何気に胴差しと2階の床の
取り合い部分に気密テープが
貼られていてgood。(伝い漏れ防止)

IMG_2288.jpg

ちょっと分かりづらいですが
柱と間仕切り壁の下地の
取り合いにコーキングを
打ってもらいました。

ここだけ 下地に気密シートが
貼られているため、下地の内側から
伝い漏れする可能性があります。

IMG_2289.jpg

気密処理が困難で狭い箇所ですが
コーキングを打ったあと
ヘラで押さえてもらいました。

IMG_2276.jpg

ここは2階の床と壁の
取り合い。

2階の床板の隙間が
壁から伸びてきてます。
このパターンは漏気し易い。

IMG_2275.jpg

「こんなとこ漏れんと思うけど」
と大工さん。

実際に手をかざし確認してもらったところ
「ホントや隙間から伝い漏れがある!」と
体感してもらいました。

IMG_2281.jpg
IMG_2282.jpg

同様な箇所に気密テープを
貼りまくりました。

それでは再測定。
C値改善後の測定結果は ...。

IMG_2295.jpg

でました。
C値 = 0.0cm2/m2 !!! (0.05cm2/m2未満)

正確には...
C値 = 0.048cm2/m2 のウルトラ気密でした。

IMG_2294.jpg

測定に立ち合いされた
お施主さまはとても喜ばれていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
8cm2 → 6cm2 と
2cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.25 → 1.04 と隙間風が入り難い
特性に大幅改善。

IMG_2281.jpg

今回は床板の隙間からの
漏気が大きな改善点。
皆さんもこのパターンに
お気を付けてください(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月21日

石川県金沢市不動寺町で気密測定


稜です。

写真 2022-11-22 10 20 48.jpg

11月22日は石川県金沢市不動寺町で
トラスト住建鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-11-22 9 04 56.jpg

写真 2022-11-22 10 22 19.jpg

中に上がります。

写真 2022-11-22 9 06 20.jpg

写真 2022-11-22 9 06 52.jpg

壁・屋根の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-11-22 9 05 28.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂ペアガラスです。

写真 2022-11-22 9 16 17.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
コーキングで気密処理
されています。

写真 2022-11-22 9 05 40.jpg

現場は床断熱。
床のジョイントが
テープで気密処理
してありますね。

写真 2022-11-22 9 06 10.jpg

柱周りまでしっかりと
丁寧に処理されています。

写真 2022-11-22 9 05 48.jpg

配線配管の床貫通部。
貫通部の周りをコーキングで
気密処理してあります。

写真 2022-11-22 9 15 46.jpg

玄関土間の土台と基礎の
パッキンの気密処理。
テープがピチッと
貼られていますね。

写真 2022-11-22 9 19 23.jpg

お風呂は丁寧に
モコモコとウレタンが
吹き付けられています。
ここまで念入りな吹き付けなら
配管貫通部からの漏気は
全く心配いりませんね。

写真 2022-11-22 9 05 21.jpg

二階の床と胴差し、
梁との取り合い部分。
外周部は何かと伝い漏れを
起こしやすいので要注意ですが、
ウレタンを吹き付けて
気密処理されていますね。

写真 2022-11-22 9 19 29.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-11-22 9 36 22.jpg

C値=0.10cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2022-11-22 9 24 55.jpg

C値改善作業(隙間埋め)
をします。
玄関ドア横の配線貫通部。
気密処理されておらず、
漏気している状態です。

写真 2022-11-22 9 43 11.jpg

ウレタンを吹き付けて、
気密処理していただきました。
意外と忘れやすい箇所ですので、
中間気密測定の際には
要チェックなポイントです。

写真 2022-11-22 9 39 42.jpg

火打ち梁の上端部分。
少し隙間が出来ている
ようですね。

写真 2022-11-22 9 40 18.jpg

目立った漏気があるわけでは
ありませんでしたが、
ウレタンで気密処理を
しておきます。
断熱的にもプラスに
働きますからね。

写真 2022-11-22 9 44 59.jpg

間柱と床との取り合い。
遠目で見ると問題なさそう
ですが、
近づいて確認すると、
わずかに隙間があり
そこから漏気していました。

写真 2022-11-22 10 09 59.jpg

テープを貼って気密処理
をしました。
こんなわずかな隙間でも
分かりやすくスゥーと
漏気していたので、
油断できませんね。

それでは再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-11-22 10 00 36.jpg

C値=0.089cm2/m2の
ウルトラ気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
13cm2 → 11cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.16 → 1.13
となっています。

写真 2022-11-22 10 00 20.jpg

この結果に、
立会いされた監督さんは
満足されたご様子でした。

トラスト住建鰍ウまの
最高記録を更新して
0.1cm2/m2以下の
とても素晴らしい気密。

これからも良い気密を
出すために助力させて
頂きたいと思います。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月20日

福井県越前市瓜生町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2585.jpg

12月16日は福井県越前市瓜生町で
潟cWュールホームさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_2602.jpg
IMG_2589.jpg

断熱材は 屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_2594.jpg

モジュールホームさまでは
当社の屋根遮熱材のFOボードを
採用して頂いています。

タイベックに吹付するより
定着が良く、ウレタンの膨らみに耐えるので
ウレタン吹付される会社さんにも
好評です(^^♪

IMG_2609.jpg

おっと、話を戻します。
壁のウレタンはスキンカットが
少なく、丁寧に吹かれてました。

IMG_2611.jpg

2階の床と胴差しの取り合いには
ウレタンが吹かれていました。

この部分のウレタン吹付は
気密・断熱はもちろん
2階の音の伝搬を軽減する
効果がありお勧めです。

IMG_2592.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_2593.jpg

サッシ周りはウレタンにより
気密処理されてました。

IMG_2587.jpg

さて、チェックしていきます。
これは 基礎の換気用のダンパー。
基礎との取り合いにウレタンを
吹いてもらいました。

IMG_2596.jpg

給湯給水を引き込む
配管周りにもウレタンを充填。

IMG_2600.jpg
IMG_2605.jpg

室内側の電線周り
給湯給水の配管周りも
ウレタンで気密処理。

IMG_2614.jpg

気密漏れで定番の
玄関ドアまわり。

基礎と土台の取り合いから
そこそこの漏気あり。
ウレタンで隙間を埋めました。

IMG_2599.jpg

それでは測定します。
気になる気密測定の結果は...。

IMG_2612.jpg


C値 = 0.17cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_2619.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

勝手口ドアの下端から
若干の漏気を感じる...。
ウレタンを充填しました。

IMG_2617.jpg

最近 オススメしている
下屋に隣接する梁の取り合い。
伝い漏れする可能性があるため
ウレタンを入れました。

IMG_2625.jpg

これまた定番の
床と柱の取り合い。

ここにウレタンを入れると嫌がる
大工さんは結構いらっしゃいます。

IMG_2621.jpg

床板を貼る時にウレタンの
盛り上がりが邪魔になるから。

当社では最低限しかウレタンを
充填しないので安心してください。

IMG_2627.jpg

最後はサッシです。
調整前のためか漏気量が
かなり多めでした。

IMG_2622.jpg

どうもレール付近の
パッキンの当たりが悪い。

本来ならば上下のパッキン同士が
しっかり当たって隙間風を
防ぐモノ。

IMG_2627.jpg

当たりが悪いパッキンを
指で起こし、当たりを良くしました。
最近、こんなワザばかり身に付く。

さて、気になるC値改善後の
結果はいかに...。

IMG_2629.jpg


C値 = 0.14cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2m/m2。
IMG_2631.jpg

測定結果に梅木社長は
とても喜び、詳細結果を
確認されてました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
24cm2 → 20cm2 と
4cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.32 → 1.34 と少し悪く出ましたが
誤差の範疇と思われます。

IMG_2623.jpg

最近、サッシが原因で
本来の気密が出ない現場が
多いと感じます。

もう少しクオリティーの高い商品を
納めてもらうと助かります(^^)/


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月19日

石川県加賀市大聖寺馬場町で気密測定


稜です。

写真 2022-11-18 8 14 05.jpg

11月18日は石川県加賀市大聖寺馬場町で
竃k製材所 ウィッシュホームさまの
現場の気密測定を行いました。

写真 2022-11-18 8 16 45.jpg

玄関横にはメタリックで
素敵な郵便ポスト。
ツラツラとした金属の
光沢感がカッコいいですね。

写真 2022-11-18 8 18 45.jpg

写真 2022-11-18 8 57 52.jpg

中に上がります。
こちらはLDK。
気密測定の時点では、
工事の途中でしたので
仮に電球がぶら下がっている
状態だったのですが、
完成した状態はとても素敵な空間
となっているでしょうね。

写真 2022-11-18 8 21 01.jpg

写真 2022-11-18 8 51 15.jpg

キッチンです。
木製のラックなどを
なんだか心の落ち着く
設計となっています。

写真 2022-11-18 8 14 04.jpg

こちらは洗面所。
鏡が横に長く、
朝の込み合う時間でも
横に並んで使うことが
出来て良いですよね。

写真 2022-11-18 8 56 14.jpg

それとは別に、
手洗所もありました。
玄関から割と近い場所に
ありましたので、
帰宅して直ぐに
手を洗うことが出来て
便利ですね。

写真 2022-11-18 8 22 44.jpg

隠れ家のような
個室スペース。
カウンターテーブルと
上部の窓から差し込む光で
リラックス出来そうな
落ち着く空間となっています。

写真 2022-11-18 8 49 30.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-11-18 9 13 17.jpg

C値=0.11cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2022-11-18 9 10 28.jpg

この結果に、
立ち合いされたお施主様は
満足されたご様子でした。

完成の状態でこの気密。
これだけ素晴らしい気密であれば、
これからの寒い冬も
快適で暖かな環境で
迎えられることでしょうね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月18日

デジカメ 妻のつぶやき


10年近く使っていたデジカメに『カードが異常です』の表示が!

IMG_0011.jpg

早速、電気屋で『SDカード』を買ってきて入れ替えたのですが

異常の文字は消えません。
IMG_0005.jpg

デジカメの寿命?…と思い

電気屋さんでデジカメを見てみると、もの凄く高いのです。

IMG_0042.jpg

そういえばこのところ写真はスマホで撮っていて

デジカメは持たないですよね。

それにしても13万円は高くないですか?

IMG_0012.jpg

勿論そんな高いのは買えないのでネットで探したところ

手ごろなデジカメの中古品が15,000円であったのでそれにしました。

IMG_0004.jpg

SDカードとデジカメまで買ったのに

それでも異常の文字が消えないので稜に見てもらったところ

SDカードのメモリー数が大きすぎたようです。
IMG_0006.jpg

まだまだ『大きいことはいいことだ』と思っている私!

ちなみに前のデジカメに

2ギガのSDカードを入れても『異常』の文字は消えませんでした。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年12月17日

アクアビクス 妻のつぶやき


スポーツセンターに通っているのですが、

歳をとったせいでスタジオのメニューで出来るものが少なくなってきたので

プールにも行くことにしました。

IMG_9463.jpg

『アクアビクス』に挑戦しようと思います。

アクアビクスは時々見ていて、私にもできそうなので決めました。

IMG_9462.jpg

先ず、水着と帽子をネットで買いました。

着てみたらピッタリだったので嬉しくなりました。

IMG_9574.jpg

アクアビクスは毎日のようにあるのですが

友だちと相談して、好きな先生の時に週1で受けます。

やってみると体感がしっかりしていないせいか

水中で飛ぶとエビのように後ろへ後ろへと下がってしまいます。

IMG_9402.jpg

アクアをやっていて思ったのですが、

みんな一斉に動くとプールに大波が起こります。

この大波でなんとか電気を起せないものかと…。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年12月16日

富山県下新川郡入善町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2410.jpg

12月7日は富山県下新川郡入善町で
計画創造 根建建築設計さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_2414.jpg
IMG_2413.jpg

南面の大きな掃き出し窓から
暖かな日差しが差し込んでいました。

IMG_24131.jpg

めちゃくちゃ山がきれい。
立山連峰でしょうか。

IMG_2418.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_2419.jpg

サッシ周りはコーキングが
入っており、窓台・窓まぐさの
取り合いは気密テープで
気密処理されていました。

IMG_2417.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。
基礎内断熱の基礎断熱仕様です。

IMG_2415.jpg

天井下地から上は
梁を覆うように断熱材が
吹かれてました。

IMG_2411.jpg

面材はハイベストウッド。(見えませんが)
大工さんが面材のジョイントを
気密テープで気密処理されたようです。

IMG_2424.jpg

梁、間柱、柱の取り合いは
写真のように気密テープが
貼られていました。

計画創造 根建建築設計さまでは
今回がはじめての気密測定。
かなり攻め込んだ
気密処理をされてます。

IMG_2416.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2420.jpg


C値 = 0.083cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2421.jpg

すごいっすね。
はじめての気密測定で
いきなり0.1cm2/m2 を
切ってきました。

さて、C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

玄関土間の基礎と土台の
取り合いから漏気があり
大工さんと監督さんに
漏気を体感してもらいました。

IMG_2423.jpg

漏気があった部分は
ウレタンを充填してもらい
漏れを止めました。

IMG_2425.jpg

その他の怪しい箇所を
いつものように
漏気チェックしましたが
漏れはありませんでした。

外の面材で気密を取っていることが
効いてそうです。

それでは再測定。
C値改善後の測定結果は...。

IMG_2427.jpg


C値 = 0.066cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2426.jpg

測定結果に監督さんは
とても喜び、結果を指さし
確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
10cm2 → 8cm2 と
2cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.13 → 1.00 と隙間風が入り難い
最高値に改善。

IMG_2412.jpg

はじめての気密測定で
C値 = 0.066cm2/m2。
n値 = 1.00 は凄まじい気密スペック。
完成気密が楽しみです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月15日

石川県白山市千代野で気密測定


稜です。

写真 2022-11-15 12 41 39.jpg

11月15日は石川県白山市千代野で
渇i井工務店さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-11-15 12 44 05.jpg

写真 2022-11-15 12 45 59.jpg

中に上がります。

写真 2022-11-15 12 49 05.jpg

現場はFP工法。
FPパネルと柱との
取り合いがテープで
気密処理されています。

写真 2022-11-15 12 48 32.jpg

天井には既にボードが貼って
ありますので見えませんが、
気密シートが施工されていて
断熱材がセルロースファイバー
となっています。

写真 2022-11-15 12 44 52.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂ペアガラスです。

写真 2022-11-15 12 47 42.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
テープで気密処理してあります。
L字にピッチリ食い込んだ
とても丁寧な処理ですね。

写真 2022-11-15 12 50 50.jpg

玄関土間まわりの気密処理。
こちらも丁寧に処理
されていますね。
土台などの取り合いに
コーキングがピッチリ。
素晴らしいです。

写真 2022-11-15 12 51 30.jpg

現場は床断熱です。
床の配管貫通部も
コーキングで気密処理
してあります。

写真 2022-11-15 13 23 56.jpg

二階の床と胴差しと梁の
取り合い部分。
非常に伝い漏れを起こしやすい
箇所なんですが、
こちらも丁寧にコーキングで
処理されていました。

写真 2022-11-15 13 21 05.jpg

写真 2022-11-15 13 25 55.jpg

壁の配線配管貫通部。
周りをウレタンで
気密処理してありますね。

写真 2022-11-15 13 21 43.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-11-15 13 59 54.jpg

C値=0.14cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2022-11-15 14 01 30.jpg

少しだけ、
C値改善作業(隙間埋め)
をします。
勝手口の下端、
手を近づけてみると、
スゥ〜と漏気していました。

写真 2022-11-15 14 02 54.jpg

角度を変えて、
下から覗いてみると...
確かに隙間が出来ている
ようですね。
地べたに貼り付きでもしないと
こんな角度から見ることなんて
無いと思います。

写真 2022-11-15 14 03 28.jpg

でも、気密測定の際には
隙間を漏気の有無で
チェックできますので、
普段思いつかないような
箇所に出来た隙間も
見つけることが出来ます。

こちらは後の工程で
埋まる箇所ではありますが、
現時点での正確な気密を
測定するためにも、
テープで気密処理をしました。

それでは再度測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-11-15 14 12 08.jpg

C値=0.11cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
20cm2 → 16cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.36 → 1.26
となっています。

写真 2022-11-15 14 12 22.jpg

この結果に、
立ち合いされた社長は
納得されたご様子でした。

素晴らしい気密。
これからの季節でも
快適な暖かいお家に
なるでしょうね。

気密測定は、
ただ測定するだけでなく、
目に見えなかったり、
気が付かないような箇所でも
漏気の有無で判別できますし、
施工の再確認や改善も行える
有意義な時間です。
完成状態での気密が第一ですが、
中間時点での測定は
完成に向けての見直しが
行えるという点で
とても大切だと思います。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月14日

石川県白山市専福寺町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2361.jpg

12月6日は 石川県白山市専福寺町で
灰-COLORSさまさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_2362.jpg
IMG_2368.jpg

この現場は
テクノウォール工法(パネル工法)。

天井・壁・床の断熱材は
ネオマフォーム。

IMG_2382.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_2383.jpg

サッシ周りはコーキングに
より気密処理。

IMG_2364.jpg

剛床の取り合いは
気密テープによる気密処理。

大引き間にネオマフォームを
充填した床断熱の仕様です。

IMG_2366.jpg

柱と床の取り合いは
ウレタンを入れてから
気密テープを貼られていました。

IMG_2373.jpg

ユニットバスの下は
スタイロフォームで断熱。

土台と断熱材の取り合いは
ウレタンで気密処理。

IMG_2372.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに ...。


IMG_2379.jpg


C値 = 0.35cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_2380.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

ユニットバスの給湯給水と
排水管周りから漏気あり。
ウレタンを追加で入れました。

IMG_2381.jpg

スタイロフォームと土台の
取り合いからかなりの漏気。

漏れが止まるまで
ウレタンを充填しました。

IMG_23621.jpg

あとはパネルの取り合い。
外側のパネルの取り合いで
気密テープを貼られているとの
ことでしが

室内側も気密処理した方が
絶対いいです。

IMG_2389.jpg

見えますか?
柱とパネルの隙間!

これがすべて漏れる訳ではないですが
伝い漏れする可能性は高いです。

IMG_2369.jpg
IMG_2377.jpg

大工さんと稜と私で
室内側のパネルの取り合いに
気密テープを貼っていきました。

IMG_2392.jpg

パネルは縦のラインだけでなく
梁と取り合いなど横ラインにも
気密テープを貼りましょう。

IMG_2370.jpg
IMG_2371.jpg

それにしてもフットワークの
軽い大工さん。

私たちの倍のスピードで
気密テープを貼られていました。

IMG_2403.jpg

施工もきれい。

IMG_2384.jpg

そー言えば2階の天井の
取り合い(ネオマフォーム周り)は
ウレタンで丁寧に気密処理されていましたが...。

IMG_2394.jpg

1階の下屋部分に
怪しい箇所を発見。
どこかわかりますか?

IMG_2394.jpg

最近、注目している
梁と2階の床の取り合いです。

奥側のネオマフォームの上は外扱い。
矢印のように漏気する可能性が高いです。

IMG_2395.jpg

手を当てると入隅からの
漏気量が凄かった。(ビューって感じ)

IMG_2393.jpg

大工さんにも体感してもらった
ところ、漏気量にめちゃくちゃ
驚かれていました。

IMG_2398.jpg

IMG_2397.jpg

取り合いにウレタンを充填。
さらなる伝い漏れを防ぐため
返し(縦のライン)を入れてもらいました。

それではC値改善後の
結果はいかに...。

IMG_2406.jpg


C値 = 0.16cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2402.jpg

C値改善を頑張られた大工さんは
改善した値にほっとされていました。

今回のC値改善より
αA(家全体の隙間面積)は
55cm2 → 25cm2 と
なんと30cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.88 → 1.08 と大幅に改善。
隙間風がとても入り難い特性に変化しました。

IMG_2362.jpg

いや 〜 30cm2 も
隙間が埋まると
達成感がありますね。

気密が良いと断熱も換気も効くし
住み心地は大きく変わると思われます。

やっぱりパネル工法は
室外、室内側の両方から
気密を取るのが一番です(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月13日

石川県金沢市長土塀で気密測定


稜です。

写真 2022-11-07 15 33 13.jpg

11月7日は石川県金沢市長土塀で
潟Aントールさまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-11-07 15 27 15.jpg

写真 2022-11-07 15 29 55.jpg

中に上がります。

写真 2022-11-07 15 28 42.jpg

写真 2022-11-07 15 29 39.jpg

壁・屋根の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-11-07 15 18 38.jpg

サッシはエクセルシャノンの
トリプルガラスです。

写真 2022-11-07 15 15 44.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
コーキングで気密処理
されています。

写真 2022-11-07 15 27 50.jpg

床のジョイントは、
テープで気密処理
してありますね。

写真 2022-11-07 15 27 42.jpg

柱まわりは、
コーキングで気密処理。
丁寧に処理してありますね。

写真 2022-11-07 15 28 33.jpg

床の配管貫通部、
気密テープで処理
されていますね。

写真 2022-11-07 15 31 56.jpg

玄関土間の基礎と土台の
間のパッキンも、
テープで気密処理してあります。
気密パッキンであっても、
ジョイントなどから
漏気してしまう事が
ありますので、
油断できません。

写真 2022-11-07 14 10 35.jpg

お風呂の排水口。
排水管と繋がっている場合、
こちらからも漏気します。

写真 2022-11-07 14 17 13.jpg

ですので、測定の際には
このように目張りしています。
排水管が繋がっていれば、
減圧した際に大抵
下水の臭いがしますので、
すぐに分かると思います。

写真 2022-11-07 15 06 48.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-11-07 13 59 44.jpg

C値=0.17cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

写真 2022-11-07 14 04 35.jpg

C値改善作業(隙間埋め)
をします。
給湯給水配管などの
貫通部が一部、
スポスポの状態と
なっていました。

写真 2022-11-07 14 07 54.jpg

気密テープを使って
気密処理をします。
何か所かありましたので、
気密が良くなりそうですね。

写真 2022-11-07 14 12 49.jpg

玄関土間のスタイロに
出来た隙間から漏気が
ありました。

写真 2022-11-07 14 13 01.jpg

ウレタンを使って
気密処理していきます。
絶対漏れないだろうと
思っていても、
どこかしらから伝い漏れを
起こして漏気するという
可能性がありますので
難しいところですね。

それでは再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-11-07 15 08 50.jpg

C値=0.12cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
21cm2 → 15cm2
と改善しています。

写真 2022-11-07 15 04 47.jpg

この結果に、
立会いされた監督さんたちは
満足されたご様子でした。

とても良い気密ですね。
冬でも暖かく、
快適な生活の送れる家。
住むならばそんな家が
良いですよね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年12月12日

石川県羽咋市千里浜町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2296.jpg

11月24日は 石川県羽咋市千里浜町で
活タ藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_2297.jpg
IMG_2298.jpg

現場は 勾配天井で
大きな吹き抜けがある室内。

間仕切り壁が少ない
家を単一空間とした
安藤建築事務所さまらしい設計。

IMG_2327.jpg

断熱材は屋根、壁、床ともに
旭ファイバーグラスの
アクリアα36kg (グラスウール)。

断熱材の充填後、室内側に
気密シートを貼った仕様。

IMG_2302.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_2305.jpg

サッシ周りは
ユラソール(気密テープ)により
気密処理されてました。

IMG_2300.jpg

剛床のジョイント部分も
ユラソールにより気密処理。

IMG_2301.jpg

柱周りはユラソールと
コーキングによる気密処理。

IMG_2325.jpg

ここは2階の天井部分。
格子状になっていますが
合板と梁の取り合い部分は
すべてユラソールで気密処理。

IMG_2311.jpg

お風呂の下の
ネオマフォームの取り合いは
これまたユラソールで気密処理。

IMG_2340.jpg

玄関土間の基礎と断熱、
基礎と土台の取り合いも
ユラソール。

さてさて、今回は測定前に
チェックしていきます。

IMG_2316.jpg

先ほどのお風呂下の
ネオマフォーム。

分かりますか?
断熱材の取り合いに
テープが無い。(切れ目)

IMG_2317.jpg

大工さんにユラソールを
貼ってもらいました。

IMG_2326.jpg

天井の取り合い部分に
テープが貼られてない箇所発見。

気密工事中に電話など掛かって
きたのかな〜。

IMG_2320.jpg

ここはどこに気密処理が
必要だったでしょうか?

IMG_2299.jpg

正解は梁の取り合い部分です。
気密シートが貼られた奥側が
下屋になってます。

外気に面する、木材の取り合いは
必ず疑いましょう。
矢印のように外気の侵入を許す
恐れがあります。

IMG_2323.jpg

取り合いのすべてに
ユラソールを貼ってもらいました。

IMG_2333.jpg

ここは2階の床部分。
怪しい箇所はどこ?

正解は 床のジョイント部分。

IMG_2307.jpg

床のジョイント部分に
ユラソールを貼りました。

壁の気密シートはL字に
曲げて床に貼られています。

それに対し、床のジョイントが
壁から伸びている場合は
伝い漏れを誘発する
可能性があります。

漏気量はジョイントの
隙間が大きいほど漏れが多いです。

IMG_2337.jpg

今回、漏気量が
一番多かったのは 掃き出し窓。
レール部分からかなりの
漏気がありました。

IMG_2314.jpg

大工さんに調整して
もらったり
漏気止めのパッキンを
手で調整しましたが
大きく改善しませんでした。

IMG_2318.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2319.jpg


C値 = 0.091cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2339.jpg

測定に立ち合いされた
安藤社長から OKが出ました。

αA(家全体の隙間面積)は
9cm2(3×3cm2)。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.04 とかなりレベルが高い値。

IMG_2298.jpg

実は ...。

C値改善(隙間埋め作業)→ 測定を
4回繰り返しましたが
結果はすべて同じ。

気密の良い現場でしたが
サッシの漏気が
なんとも悔しい感じでした。

posted by 山男のつぶやき at 06:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック