2023年01月31日

福井県あわら市で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2920.jpg

1月10日は 福井県あわら市で
椛搏c材木店さま(ウェルネストホーム)の
現場の気密測定を行いました。

IMG_2922.jpg

面材はあんしんボード。
ボードのジョイントと ...

IMG_2923.jpg

木材の取り合いに気密テープ。
外側で気密を取ったカタチです。

IMG_2924.jpg

IMG_2925.jpg

室内は柱や筋交いが
かなり多い印象。

IMG_2926.jpg

この現場は断熱材充填前の
測定になります。

最近、断熱材を入れる前の
気密測定はかなり増えました。

IMG_2933.jpg

サッシは日本製の
樹脂トリプルガラス。

サッシ周りは気密テープに
より気密処理。

IMG_2927.jpg

お風呂の下は基礎断熱仕様。
断熱材の取り合いは
気密テープで気密処理。

IMG_2932.jpg

給湯給水配管まわりは
コーキングで気密処理。

IMG_2938.jpg

大工さんと稜が
何やら話してます。

外から引いてきた
配管ですが保護カバーを
伝って気密漏れするかも...。

IMG_2939.jpg

保護カバーの先端を
気密処理することにしました。

ワケのわからないところから
漏気するかも?という話です。

IMG_2947.jpg

ホールダウン金物まわりは
気密テープで気密処理。

IMG_2940.jpg


それでは測定します。
気になる気密測定の結果は...。


IMG_2944.jpg


C値 = 0.096cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2942.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

まずは玄関ドア周り。
基礎周りから若干の漏気あり。
気密テープを貼って漏気を止めました。

IMG_2954.jpg

次に注目したのは
外周部に位置する
梁と天井の取り合い。

僕たちの感度だと
微量に漏気を感じます。

IMG_2959.jpg

大工さんにお願いして
外周部に面する梁と天井の
取り合いにコーキングを打つことに。

IMG_2961.jpg

コーキングは
押さえてなんぼ。

コーキングを打った後、
指で押さえて隙間に充填。

IMG_2970.jpg

できれば外周部だけでなく
返しを入れたい。

IMG_2966.jpg

この部分が返しです。

梁と天井の隙間を通って
漏気する可能性あるため
それをガードするカタチ。

IMG_2962.jpg

私はひたすらに
天井にある柱用のほぞ穴に
ウレタンを入れました。

IMG_2937.jpg

天井の気密は上から
気密テープを貼ってあるとのこと。

IMG_2937.jpg

ですが経験上、
この部分は伝い漏れの
出口になり易い。

IMG_2968.jpg

経年劣化により
テープが浮いたとしても
ここさえ(大きな出口)を押さえておけば
そこそこ押さえられると考えます。

さて、C値改善の測定結果は
いかに...。

IMG_2972.jpg


C値 = 0.053cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2971.jpg

C値改善を頑張った
増田さん(設計士)は とても喜び
詳細結果を確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
9cm2 → 5cm2 と
4cm2の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.07 → 1.02 ともともと隙間風が
入りにくい値からさらに改善。

IMG_2967.jpg

約90分くらいのC値改善。
超々高気密の状態から
4cm2改善は大きい成果。

外周部の取り合いと天井のほぞ穴の
気密処理は効果バツグンでした(^^♪

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2023年01月30日

富山県小矢部市観音町で気密測定


稜です。

写真 2023-01-19 12 21 38.jpg

1月19日は富山県小矢部市観音町で
すぎはら建築工房さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2023-01-19 12 45 41.jpg

正面から見ると
あまり大きくは見えませんが、
後ろから見てみると
家の大きさにビックリします。

写真 2023-01-19 12 30 53.jpg

写真 2023-01-19 12 33 00.jpg

中に上がります。

写真 2023-01-19 12 30 28.jpg

壁の断熱材はグラスウール。
付加断熱で外壁側に
フェノバボードが
施工されています。

写真 2023-01-19 12 31 09.jpg

屋根の断熱材も同じで、
グラスウール+フェノバボード。
こちらはフェノバボードの上に
グラスウールが乗っている
ようですね。

写真 2023-01-19 12 34 10.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂ペアガラスです。

写真 2023-01-19 12 48 24.jpg

現場は基礎断熱。
基礎の配管貫通部は、
気密処理する必要があります。
ウレタンで丁寧に
処理されていますね。

写真 2023-01-19 12 46 28.jpg

こちらは水抜き穴。
テープで塞いでありますね。
塞がっていれば、
ウレタンでもコーキングでも
テープでも粘土でも、
なんでも大丈夫です。

写真 2023-01-19 12 46 08.jpg

おっと、
処理されていない水抜き穴
を発見しました。

写真 2023-01-19 13 10 00.jpg

ウレタンを中に詰めて
気密処理をしました。
空いたままだと、
その分気密が落ちるので
要注意ですね。

写真 2023-01-19 13 31 10.jpg

屋根部分の気密処理。
基本的に、
壁も屋根も外側で
テープを貼って気密処理
しているそうですが、
室内側からもコーキング等で
気密処理してあるようですね。

写真 2023-01-19 13 39 15.jpg

測定をする前に、
減圧をしながら少しだけ
C値改善作業(隙間埋め)
をします。
先程の下屋部分。
梁とボードの取り合いから
少しだけ漏気していたようです。

ボード自体はテープで
気密処理してありますが、
取り合いまでしっかり
処理しておきたいですね。

写真 2023-01-19 13 20 13.jpg

ここで社長が取り出したのは、
サーモグラフィ。
勝手口の付近を怪しんで
調べているようです。

写真 2023-01-19 13 33 08.jpg

結果的に、
勝手口のサッシ枠などから
漏気が確認できたようです。
こちらはコーキングで
気密処理をしました。

写真 2023-01-19 13 14 06.jpg

改善作業を終えて、
測定に移ります。
気になる結果は...

写真 2023-01-19 13 27 06.jpg

C値=0.16cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

写真 2023-01-19 13 53 10.jpg

この結果に、
立ち合いされた社長は
納得されたご様子でした。

C値がギリギリ 0.1cm2/m2 表示に
届かなかったものの、
とても良い気密です。

これだけ気密が良くて、
Ua値はG2グレード、
耐震等級3というスペック。
安心安全で暖かい、
快適な生活を送ることが出来る
家になりますね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2023年01月29日

マイナンバーカード 妻のつぶやき


最強寒波の中『マイナンバーカード』の申請に行ってきました。

IMG_0355.jpg

私は『マイナンバー制度』には反対なのですが、

いずれ保険証も運転免許証もマイナンバーカードに代わる…と言われるので

20,000円のポイントが貰える今、申請しようと行ってきたのです。

IMG_0361.jpg

最強寒波の日だから空いているだろうと、

案の定、市役所の『マイナンバーの窓口』は空いていて、

写真を撮って待ち時間も入れて30分ほどで申請を終えることが出来ました。

IMG_0356.jpg

しかし、ここまでで貰えるポイントは5,000円です。

あとは『健康保険証』との紐づけで7,500円、

『公金受取口座の登録』で7,500円、

これら全部をすると満額の20,000円のポイントが貰えます。

IMG_0370.jpg

一見、現金で貰えるように思うのですが

買い物ポイントで付与されるのです。

お店もアオキ、イオン、アルビス、マルエー…と指定されています。

IMG_0372.jpg

たまたまカードを持っていたからいいけれど、

持っていなかったら作らないといけない…??

面倒くさ!!

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2023年01月28日

最強寒波 妻のつぶやき


このところ最強寒波が石川県を襲っています。

IMG_0365.jpg

積雪は10pくらいなのですが、

最低気温が−5℃以下になったりと

石川県全体が冷凍庫に入ったようでとても寒いです。

IMG_0366.jpg

そんな中、何の対策もしなかったせいかお湯が出ません。

多分エコキュートが凍っているのだと思いますが、

このまま融けるのを待てばいいのか、

修理に出さなければいけないのかわかりません。

IMG_0351.jpg

車庫の鍵も凍っていて回せず、

ようやく鍵が回っても、レールに氷がビッチリ付いて扉が開きません。

IMG_0362.jpg

おまけにシャッターも凍っているらしく、

床にくっついて開くことが出来ません。

最悪です。

IMG_0358.jpg

外路地の植木も写真のように氷ついています。

IMG_0357.jpg

そんな中、公園の通学路を除雪する方がいました。

それを見たとき『ありがとう♪』と心から思いました。

IMG_0364.jpg

ちなみに、エコキュートは26日のお昼にお湯が出ました。

融けるのを待てばいいんですね!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2023年01月27日

石川県金沢市東力で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2444.jpg

12月10日は 石川県金沢市東力で
活タ藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_2450.jpg

IMG_2447.jpg

現場は勾配天井&
吹き抜けがある設計。

IMG_2464.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

サッシ周りはユラソール(気密テープ)で
気密処理されていました。

IMG_2455.jpg

断熱材は屋根、壁、床ともに
旭ファイバーグラスの
アクリアα36kg (グラスウール)。

IMG_2451.jpg

断熱材の充填後、室内側に
気密シートを貼った仕様。

タイベックスマートは
廃番で在庫限り。

この気密シート、
結構好きなんですが... 残念。

IMG_2453.jpg

剛床のジョイントも
ユラソールで気密処理。

柱周りにはコーキングが
入っていました。

IMG_2481.jpg

ここは玄関周り。

基礎とスタイロフォームの取り合い。
基礎と土台の取り合い。
土台と剛床の取り合いは全て
ユラソールで気密処理。

しっかり清掃すれば
不陸しやすい箇所もちゃんと
接着できる気密テープです。

IMG_2472.jpg

ユニットバスの排水溝に
水が溜まっているか確認したところ
空っぽでした。

このままだと下水から
空気を引っ張るので
しっかり水を入れ、封水しました。

IMG_2470.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2477.jpg


C値 = 0.086cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2482.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

IMG_2468.jpg

この現場のC値改善は
気密テープの貼り忘れや
テープの浮きを

IMG_2469.jpg

改善することが
メインです。

IMG_2475.jpg

どこが問題か
わかりますか?

正解は中央部分に
約4cm幅のみ気密テープが
貼られていません。

ウォーリーを探せより
見つけにくい問題でした。

IMG_2460.jpg

ここは簡単です。

右隅部分に気密テープの
浮きがありました。

IMG_2479.jpg

テープの貼り忘れは少ないですが
テープの浮きは探すと見つかる感じです。

IMG_2484.jpg

地味な改善ですが
この作業で少しでも
家が暖かくなるならばと
1時間弱作業をがんばりました。

さて、C値改善後の
測定結果はいかに...。

IMG_2487.jpg


C値 = 0.075cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2486.jpg

測定結果にC値改善をがんばった
監督さんはとても喜び
結果を撮影されていました。

αA(家全体の隙間面積)は
8cm2 → 7cm2 と
1cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.33 → 1.26 と隙間風が入り難い
特性に改善。

IMG_2466.jpg

今回はたった1cm2の改善でしたが
超高気密の状態から
1cm2改善するのは至難の業。
やったことのある方なら分るかと...。

すべてはお施主さまに
あたたかい家に住んで
頂きたいという気持ちで
励んでいます(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2023年01月26日

富山県富山市堀川町で気密測定


稜です。

写真 2023-01-14 8 05 34.jpg

1月14日は富山県富山市堀川町で
泣xストホームさまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2023-01-14 9 12 33.jpg

写真 2023-01-14 9 12 56.jpg

中に上がります。

写真 2023-01-14 8 33 19.jpg

写真 2023-01-14 8 35 14.jpg

壁・屋根の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2023-01-14 8 08 18.jpg

サッシはYKK APW430。
樹脂トリプルガラスです。

写真 2023-01-14 8 56 56.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
ウレタンで気密処理
されています。

写真 2023-01-14 8 17 29.jpg

現場は基礎断熱。
水抜き穴など基礎の貫通部は
塞ぐか埋めておくかする
必要があります。
ウレタンで埋めてあるようですね。

写真 2023-01-14 8 18 11.jpg

お風呂の配管の貫通部。
こちらもウレタンで
気密処理してありました。

写真 2023-01-14 9 15 35.jpg

測定の前に、
減圧をしながら少しだけ
C値改善作業(隙間埋め)
をします。
玄関ドア周りから少し
漏気があってようですね。

写真 2023-01-14 9 15 43.jpg

ウレタンを吹き付けて
気密処理をしました。

玄関ドアや窓まわりは
漏気を起こしやすいです。
なるべく気密処理したい箇所ですが、
枠を入れる際に邪魔に
なったりして嫌がる大工さんや
監督さんもいますので、
無理強い等はしません。
...しませんがおススメは
しています。

写真 2023-01-14 8 43 15.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2023-01-14 9 47 45.jpg

C値=0.075cm2/m2の
ウルトラ気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2023-01-14 9 49 09.jpg

この結果に、
立ち合いされたお施主様や
監督さん、営業さんは
満足されたご様子でした。

監督さんがドア周りの
気密処理をしたこともあって、
キッチリ良い気密と
なっていますね。

とても良い気密で
暖かく、快適なお家。
床暖房も付いているので、
冬の寒さも気にせずに、
床に寝転がって過ごす事も
出来ちゃいますね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2023年01月25日

雪の白山を見ながら田んぼ道歩き


1月なのに雪が少なく、好きな山を見ながら田んぼ道歩きをしました。

IMG_5044.JPG


石川県白山市の四ツ屋町集落からスタートです。

IMG_5058.JPG


この日は天気快晴、真向いに真っ白な白山が見えました。

IMG_5045.JPG


50回以上登っている大好きな白山からほかの山に目を移すと、金沢の奥座敷の医王山が見えます。

IMG_5050.JPG


広大な田んぼ道は誰一人も出合わずコロナの心配もないので、マスクなしの歩きです。

IMG_5048.JPG


烏帽子山の左斜め後ろは大笠山が真っ白でした。笈ケ岳は手前の山に隠れて残念、見えません。


IMG_5055.JPG

いずれも登った山なので、その山の思い出がよみがえりますね。

真冬の田んぼ道あるきでリフレッシュできました。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2023年01月24日

石川県かほく市浜北で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_2716.jpg

12月25日は 石川県かほく市浜北で
Hamamoto建築研究室さまの
現場の気密測定(完成)を行いました。

IMG_2718.jpg

この日はめちゃくちゃ寒い日で
雪が20cmくらい積もりました。
でも現場の前まで融雪があり
助かりました。

IMG_2721.jpg

家の中、暖かい(^^♪

IMG_2744.jpg

リビングのエアコン1台のみの
稼働でしたが暑いくらいでした。

IMG_2727.jpg

テレビの背面は
レンガが貼られた仕様。

IMG_2729.jpg

石みたいなレンガで
なかなかの厚み。
蓄熱容量が多そうです。

IMG_2723.jpg

IHは パナソニックの
三つ口のモノ。

私は ほぼ麺類しか
作りませんが憧れます(^^♪

IMG_2732.jpg

洗面室の近くには ...

IMG_2742.jpg

大容量のファミリークローゼット。

IMG_2734.jpg

M本代表が何やら
寝室で設定されてます。

IMG_2735.jpg

映画、動画も見れる
ポップインアラジン。

最近、寝室等で設置されるのを
よく見かけます。

IMG_2730.jpg

稜が換気システムの
流量調整をしています。

IMG_2724.jpg

この現場はローヤル電機の
第一種換気。

IMG_2743.jpg

給排気のバランス取りはもちろん
各部屋ごとの換気量も調整しています。

IMG_2726.jpg

当社では最初に全体のバランス取りしてから
微調整でセッティングを出します。

IMG_2737.jpg

玄関ドアのパッキンの当たりが
甘かったのでM本代表に
調整してもらってました。

IMG_2738.jpg

ドアパッキンの当たり具合で
気密は大きく変化します。
確認して損はないですよ。

IMG_2731.jpg


さて、気になる完成気密の
結果はいかに...。


IMG_2741.jpg


C値 = 0.15cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_2739.jpg

測定に立ち合いされた
M本代表はとても喜び
結果を撮影されていました。

C値もいいけど
n値(隙間特性値 範囲1〜2)が
1.08と 非常に良い値。(完成ではなかなか出ない値)

n値は 隙間の質を表し
1に近いほど隙間風が入り難いと
言われています。

IMG_2744.jpg

こんな寒い日でも
家の中はあったかい。
測定結果を見れば納得です(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2023年01月23日

富山県富山市太郎丸本町で気密測定(完成)


稜です。

写真 2022-12-22 8 20 23.jpg

12月22日は富山県富山市太郎丸本町で
三次元アーキテクツさまの現場の
気密測定(完成)を行いました。

写真 2022-12-22 8 21 59.jpg

レトロチックな雰囲気のある
モダンな玄関から中にお邪魔します。

写真 2022-12-22 8 38 04.jpg

中に上がると直ぐ近くに、
手洗器がありました。
完成の測定の際に
よく書いたりしていますが、
帰宅して直ぐに手を
洗うことが出来るって
素晴らしいと思います。

写真 2022-12-22 10 35 06.jpg

写真 2022-12-22 10 34 13.jpg

写真 2022-12-22 8 33 10.jpg

中は広々としていて、
開放感のある空間と
なっています。
まだ工事途中ですので、
完成しきった室内を
お伝え出来なくて残念です。

写真 2022-12-22 8 40 27.jpg

キッチンは横長。
壁のタイルや光沢感のある
黒のワークトップが、
シックな感じでありながら
品のあるデザインと
なっています。

写真 2022-12-22 8 46 41.jpg

天井を見上げてみると、
天窓が付いていました。
先程から画像に写っていましたが、
しっかりと光を取り込んで
室内を明るくしてくれています。

写真 2022-12-22 8 37 23.jpg

こちらは和室でしょうか。
工事途中ですので、
電気が点きませんが
大きなサッシからの光で
室内が明るくなっています。
畳はまだ敷いてありませんが、
趣のある空間となっていますね。

写真 2022-12-22 8 34 44.jpg

写真 2022-12-22 8 34 56.jpg

薪ストーブ、
オシャレですよね〜。
薪ストーブ等を見ていると、
ただ室内を暖めるだけでなく
存在感を放っているというか、
家に特別な価値をプラスして
くれているなと思います。

写真 2022-12-22 8 41 34.jpg

写真 2022-12-22 8 42 32.jpg

トイレがこれまた広い。
ペデスタルシンクや壁紙が
エレガントな雰囲気を
構築しています。

写真 2022-12-22 8 44 31.jpg

お、階段を発見。
上がってみると...。

写真 2022-12-22 8 45 22.jpg

なるほど、部屋がありました。
奥の方のテーブル辺りは、
工事中の影響で明かりが
点きませんが、
上部の窓と天窓だけで
しっかりと室内が
明るくなっていますね。

写真 2022-12-22 10 07 59.jpg

それでは気密測定を...
とその前に、
玄関ドア下端に少し
隙間が出来ていて、
かすかに光が見えていますね。
工事途中ですので、
こんな事も起こり得るので
注意が必要ですね。

写真 2022-12-22 10 01 43.jpg

しっかりと隙間を埋めて、
測定に移ります。
気になる結果は...

写真 2022-12-22 10 13 41.jpg

C値=0.21cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

写真 2022-12-22 10 14 17.jpg

この結果に、
立会いされた社長は
満足されたご様子でした。

こんなに素敵な佇まいで
気密が良くて暖かい家だなんて、
とっても贅沢ですよね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2023年01月22日

柚の木 妻のつぶやき


お隣の庭に『柚の木』があります。

IMG_0211.jpg

今、実がたわわになっています。

IMG_0255.jpg

旦那が柚を欲しいと言っていたので、

お隣さんにお願いしたところ

「いつでもいくつでも持って行って!」と言われました。

IMG_0212.jpg

早速に6つだけ取らせてもらいました。

IMG_0337.jpg

何日かして、

甥っ子さんが来られて柚を全部取ったらしく

私のところにも袋いっぱい持ってきてくれました。

IMG_0332.jpg

数えてはいないのですが、

50個以上はあります。

IMG_0229.jpg

旦那の『スペシャルドリンク』に

たっぷり入れてを飲ませていただきます。

ありがとうございました♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2023年01月21日

左義長 妻のつぶやき


15日に金剣神社の『左義長』に行ってきました。

IMG_0306.jpg

お正月は温泉に行っているのですが、

帰ると『金剣神社』にお参りをして『破魔矢』を買っています。

IMG_0301.jpg

いつも人のいない時に来ているので、

今日は、お参りをするのにも行列が出来ていてびっくりしました。

IMG_0300.jpg

さて、目的の『左義長』ですが

5〜6人の方がお世話をして下さっていました。

IMG_0303.jpg

『左義長』はお天気に関係なく、

朝早くから夕方までお世話をしなければならず、大変です。

お世話をかけます、ありがとうございます。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2023年01月20日

石川県能美市湯谷町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2634.jpg

12月17日は 石川県能美市湯谷町で
潟Rンセプト建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_2636.jpg

付加断熱として外壁に
貼られているのは
フェノバボード。

IMG_2639.jpg

室内側の断熱は 屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_2662.jpg

2階から見た景色。
足場があって分かりづらいですが
大きな吹き抜けがある設計です。

IMG_2653.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_2652.jpg

サッシ周りは気密テープ
による気密処理。

IMG_2637.jpg

床の気密は大引きと断熱材の
取り合いに気密テープを貼り
その後、剛床の取り合いにも
気密テープを貼った 2重の気密処理。

IMG_2638.jpg

柱周りはコーキングが
充填されていました。

IMG_2665.jpg

排水の配管周りも
コーキングで気密処理。

IMG_2682.jpg

玄関周りは基礎と土台の
取り合いはブチルテープ。

土台と剛床の取り合いは
気密テープと適材適所で
使い分けされてました。

IMG_2671.jpg

ユニットバスの断熱の
取り合いは

IMG_2672.jpg

コーキングとウレタンで
気密処理。

IMG_2647.jpg

それでは気密測定器で
減圧して漏気を確認します。

IMG_2648.jpg

玄関ドア下端の基礎と
土台の取り合いから漏気あり。
コーキングを充填しました。

IMG_2670.jpg

玄関土間の土台の入隅から
伝い漏れあり。
ここにもコーキングを
しっかり入れました。

IMG_2675.jpg

漏気はありませんが
窓周りの間柱と柱の
取り合いに気密テープ。

IMG_2655.jpg

部屋の入隅にも
気密テープ。

IMG_2678.jpg

吹き抜け周りの
梁と間柱の取り合いにも
気密テープを貼りました。

IMG_2663.jpg

これらの気密処理は
年を重ね、木が痩せたとしても
取り合いをしっかり押さえて
漏気させないという考え方。
経年劣化に対応したものです。

IMG_2641.jpg

それでは測定します。
気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_2681.jpg


C値 = 0.052cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2680.jpg

測定に立ち合いされた
お施主さまはとても喜ばれていました。

αA(家全体の隙間面積)= 7cm2。
n値(隙間特性値 範囲1〜2)= 1.12。

かなりレベルが高い
気密スペック。

IMG_2639.jpg

これからの時代は経年劣化に
強い家づくりが求められると
思います(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2023年01月19日

福井県あわら市指中で気密測定


稜です。

写真 2022-12-13 13 01 21.jpg

12月13日は福井県あわら市指中で
樺広地所さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-12-13 13 05 47.jpg

写真 2022-12-13 13 02 42.jpg

中に上がります。

写真 2022-12-13 13 04 19.jpg

現場はパネル工法です。
天井・壁の断熱材は、
ネオマフォームと
なっています。

写真 2022-12-13 13 04 07.jpg

さらに、
天井にはウレタンが
吹き付けられています。

写真 2022-12-13 13 05 59.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂ペアガラスです。

写真 2022-12-13 13 04 55.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
コーキングで気密処理
されています。
透明なコーキングなので
少し見づらいですが、
しっかりと取り合いが
埋まっていますね。

写真 2022-12-13 13 05 14.jpg

パネルと床、柱との
取り合い部分。
コーキングで丁寧に
気密処理されていますね。
伝い漏れの対策として
とても有効な処理ですね。

写真 2022-12-13 13 07 27.jpg

一階から天井を見上げると、
二階の床と胴差し、梁との
取り合いもしっかりと
気密処理してあります。
ちゃんと上と下でやるのが
一番効果的です。

写真 2022-12-13 13 07 41.jpg

こちらの下屋まわりも、
コーキングで処理してあります。
下屋部分の気密ラインより
取り合いが上に来ている場合、
ほぼ間違いなく漏気しますので
要注意ポイントです。

写真 2022-12-13 13 45 25.jpg

ホールダウン金物。
ウレタンで覆うように
吹き付けられています。
熱橋的にもプラスになりますね。

写真 2022-12-13 13 09 01.jpg

現場は基礎断熱です。
基礎を貫通している
配管などのまわりは、
必ず気密処理する必要が
あります。
丁寧にコーキングで
処理されていますね。

写真 2022-12-13 13 46 14.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-12-13 13 35 56.jpg

C値=0.11cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2022-12-13 13 42 28.jpg

C値改善作業(隙間埋め)
をします。
二階の床と床との間に
出来たこの隙間。
手を近づけて確認してみると、
漏気していました。

写真 2022-12-13 13 47 20.jpg

床の外周部の取り合いは、
コーキングで気密処理
されているのですが、
どうやら根元の方から
伝い漏れを起こしている
ようですね。
床がピッチリ当たっていれば
ほとんど問題ないと思いますが、
少し隙間が出来ていると
それだけで漏気してしまうようです。

写真 2022-12-13 13 48 22.jpg

写真 2022-12-13 13 48 01.jpg

コーキングを打ち込んだ後に
上からなぞることで、
奥までミッチリ隙間が
埋まっていますね。
素晴らしい処理です。

それでは再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-12-13 13 54 03.jpg

C値=0.089cm2/m2の
ウルトラ気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
15cm2 → 12cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.31 → 1.15
となっています。

写真 2022-12-13 13 53 51.jpg

この結果に、
立会いされた監督さんは
満足されたご様子でした。

これだけ丁寧に隙間を
埋めてあっても、
通り道を探して入ってくる
漏気の恐ろしさ。
それにも負けないように
隙間を埋めようと行動する
樺広地所さまの思いの強さ。
脱帽です。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2023年01月18日

郵便受けの隙間風を止める


おはようございます
健太郎です。

IMG_2886.jpg

正月休み、郵便受けから入る
隙間風を止めようと奮闘しました。

ちなみにうちの郵便受けは
パナソニックのサインポスト KC型。

IMG_2887.jpg

隙間風は上部のフタとの隙間と
下部の持ち手部分から
多く入ってくる感じ。

24時間換気やレンジフードONで
引っ張ってきます。
寒い冬の時期は嫌になりますね。

IMG_28881.jpg

フタを開けると隙間風が
入る理由がわかります。

赤枠には漏気を止める
スポンジや部材がないからです。

IMG_2888.jpg

パナソニックに限らず
埋め込み型の郵便受けは
外側と内側から組合わせる
2分割タイプが多い。

うちではジョイント部分に
ユラソール(気密テープ)を
貼っています。

IMG_2918.jpg

今回、使う部材はこれ。

グレーのスポンジテープは
戸当たりテープ。
そもそも郵便受けに付いている
スポンジに近い材質。

黒いテープはテサテープ。
クルマの配線にも使われるもので
布状のテープで曲げに強く
ベタベタしません。

IMG_2890.jpg

まずはテサテープの施工。
内フタと郵便受けの開口を
繋げるように貼りました。

これがなかなか難しい。
フタをなんど開閉しても剥がれず
隙間を作らないように
しなくてはいけません。

3回くらいやり直しました。

IMG_28883.jpg

次は磁石の両脇の隙間です。
なぜ、ここまでスポンジが
貼られてないか?というと ...。

IMG_2897.jpg

フタ側に金物を固定するための
ネジがあるからです。

ネジをよけるために
この部分にスポンジがなく
バンバン隙間風が入る仕組み。

ネジで金物を止めなければ
隙間ができなかったはず。

IMG_2893.jpg

隙間の幅に合わせて
スポンジテープをカット。

IMG_28883.jpg

ここで難しいのは
スポンジテープの厚み。

10ミリの厚みを3ミリくらいに
カットしないといけません。

IMG_2892.jpg

薄すぎると隙間風が入るし
厚すぎるとフタが密閉しません。

既存のスポンジと同じ
厚みにするのに30分くらい
かかりました。

IMG_2898.jpg

この状態でフタを閉じると
こんな感じ(ネジがあるため)。

だからと言っても
いろんなアプローチが
あると思うのですが パナソニックさん。

IMG_2902.jpg

私の場合、ネジを外し

IMG_2906.jpg

金属にも使える接着剤(100均)で
固定する形にしました。

IMG_2914.jpg

完成形がこちら。

改造部分は少なく
スマート?にいけたと
自負しています。

IMG_2910.jpg

レンジフードをONにして
室内を負圧しても
ほぼ隙間風を感じない。

玄関周りって
寒くなりやすいので
オススメです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2023年01月17日

石川県金沢市若松町で気密測定


稜です。

写真 2023-01-11 12 51 06.jpg

1月11日は石川県金沢市若松町で
クラード建築設計事務所さまの
現場の気密測定を行いました。

写真 2023-01-11 12 58 38.jpg

写真 2023-01-11 13 01 03.jpg

中に上がります。

写真 2023-01-11 13 01 33.jpg

屋根・壁の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2023-01-11 12 56 16.jpg

サッシはリクシルのEW。
樹脂ペアガラスです。

写真 2023-01-11 13 18 07.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
テープで気密処理されています。

写真 2023-01-11 13 20 16.jpg

画像では少しわかりづらい
かもしれませんが、
外周部の天井の取り合いや
柱、間柱と胴差しとの
取り合いが丁寧にコーキングで
気密処理されています。

木と木の隙間からは
伝い漏れが起こりやすいので、
素晴らしい処理だと思います。

写真 2023-01-11 13 55 28.jpg

測定の前に、
減圧をしながら少しだけ
C値改善作業(隙間埋め)
をしていきます。

二階の入隅から微量の
漏気がありました。
既に気密処理されていて
問題なさそうに見えたのですが、
手を近づけて確認すると
スゥ...と風が当たる感じがしました。

目で見ても分からない
隙間まで探し出せるのが
気密測定をする際の大きな利点。
ウレタンで気密処理をしました。

写真 2023-01-11 14 07 29.jpg

玄関周りの怪しそうな箇所を
コーキングで気密処理
しています。
土間の辺りに出来た隙間は
後の工程でほぼ埋まるはずですが、
中間気密を測定する際に
正確な値を出すためにも
ちゃんと今埋めておきたいですね。

写真 2023-01-11 14 07 46.jpg

サッシからの漏気も
馬鹿になりません。
大きな掃き出し窓等の
漏気量に比べると、
中連の引き違い窓や
滑り出し窓などからの
漏気は比較的少ないですが、
パッキンの当たり具合だけで
良いようにも悪いようにも
大きく変化したりします。

特に問題なさそうでしたが、
サッシ屋さんが確認や調整を
して下さっているようでした。
ありがとうございます。

写真 2023-01-11 13 42 34.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2023-01-11 13 49 00.jpg

C値=0.041cm2/m2の
ウルトラ気密です!
表示は四捨五入により0.0cm2/m2!

写真 2023-01-11 13 48 17.jpg

この結果に、
立会された社長やサッシ屋さんは
喜んでいるご様子でした。

少しだけ改善処理はしましたが、
目立った隙間を埋めたわけでも
ないのにこの気密スペック。
素晴らしいですね。

写真 2023-01-11 13 16 15.jpg

足場で撮った写真ですが、
なんともいい眺め。
とっても良い場所。

良い気密で暖かく快適、
そのうえ素敵な家だなんて
幸せですよね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2023年01月16日

気密測定器が壊れた?V


おはようございます
健太郎です。

IMG_2470.jpg

昨年の年末のこと。
気密測定 終了後に ...

IMG_3093.jpg

気密測定器の
電源が入らなくなりました。
またか...。

でも、測定後でよかった。

IMG_3098.jpg

測定器の電源ケーブル
の断線か?と

ケーブルをこねこねしたり
差し直しを行ったが
症状は変わらず。

まさかまた、電源自体(サーキットプロテクタ)
が悪いのか?
嫌なことを考えながら
事務所に帰る。

IMG_3089.jpg

テッテテ― ♪
サーキットプロテクタ!(ドラえもん風)

IMG_3090.jpg

SAKUKE に出ている
サスケくんの会社(IDEC)の製品。

取り寄せに半年かかると言われ
7か月後に やってきたシロモノ。

IMG_6027.jpg

お前の出番だ!
頼んだよと...
サーキットプロテクタを
ササっと取り付ける。

IMG_3093.jpg

スイッチON!!!

するが電源は入らず。

まじか...。

もしかして コーナー札幌(修理)行きか?
でも電源ケーブルだけ
取り替えてから修理にだそう。

IMG_3099.jpg

ピキーン!

直りました。

どうやら完全に電源ケーブルが
断線していた模様。

丁寧に扱っていたのだが
内部でちぎれていたのね。

今後は予備として電源ケーブルと
サーキットプロテクタを準備し
さらに丁寧に扱うよう
心掛けます(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2023年01月15日

JAグリーン 妻のつぶやき


今年初めて『JAグリーン』に行ってきました。

IMG_0247.jpg

コロナ前でしたらお正月からの初めての日曜日は、

IMG_0242.jpg

『お花のオークション』があったり

『お餅つき』があったりと賑わっていました。

IMG_0232.jpg

今年はそれらがないので人出もパラパラです。

IMG_0240.jpg

2,000円以上の買い物をするとくじが引けるのですが、

私はくじ運が悪いので旦那に引いてもらったのですが…。

IMG_0254.jpg

こんなもんですね。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2023年01月14日

胡蝶蘭 妻のつぶやき


胡蝶蘭が花芽をいっぱい付けてくれました。

IMG_0003.jpg

胡蝶蘭の花言葉はその蝶々のような花の形から

「幸せが飛んでくる」という意味合いがあるそうで

縁起の良い花としてよく使われています。

IMG_0114.jpg

鉢は2階に置いてあるのですが、

去年の11月ごろから花芽が出てきて今ではこのようになっています。

IMG_0266.jpg

ほとんど水をやるだけで育てているのですが

よく育ってくれ、ぷっくらとした蕾が今にも咲きだしそうです。

IMG_0273.jpg

去年までは1鉢に1つの花芽だったのに

今年は2〜3本、時には4本の芽が出てきています。

これは良いこと?悪いこと?

IMG_0271.jpg

9割は花の終わった胡蝶蘭を貰って来たものですが、

全部で28鉢あり、その内22鉢に花芽が出ています。

全部咲いてくれるでしょうか。

IMG_8852.jpg

これは去年の胡蝶蘭です。

とってもきれいに咲いてくれました♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2023年01月13日

あの牛どうしているかな?河北潟牧場


以前、石川県の河北潟干拓地の牧場の道歩きをしていた時、人なっこい牛が近づいて、愛くるしい牛がどうしているかな?と、また、河北潟の牧場の道歩きをしました。

あの愛くるしかった場所の牧場の牛は、のんびりと体を休めており、以前のようにこちらに歩いてこないのでがっくりです。

IMG_4992.JPG


仕方なくまっすぐな牧場の道歩きをして次の牧場の牛探しです。

IMG_4995.JPG

IMG_5000_1.JPG


1月の真冬なのに、この日は天気快晴、牧場のはるか向こうに真っ白な雪の富山の立山、剣岳が見え山好きな私は心癒され、しばらくぼーっと眺めていました。

IMG_5001.JPG


次の牧場の牛を見つけると、牧場の遠くにいます。

IMG_5013_1.JPG


しばらく牛を眺めていると、なんと私の近くまで全部の牛が駆け足でくるのには驚きです。

IMG_5011_1.JPG


牛が私に「餌を頂戴だいよ」と、言っているしぐさかもしれません。

ジーっと眺める牛の目に何もしてあげられない自分が情けなく、手をふって「また来るね!」と声をかけ別れました。

IMG_5014.JPG


IMG_5015.JPG


広大な牧場の牛に癒される道歩きでした。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2023年01月12日

福井県越前市国府で気密測定


稜です。

写真 2022-12-26 8 30 03.jpg

12月26日は福井県越前市国府で
樺西工務店さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-12-26 8 32 07.jpg

写真 2022-12-26 8 31 34.jpg

中に上がります。

写真 2022-12-26 8 38 42.jpg

現場はパネル工法と
なっています。
ウレタン断熱のパネルですね。

写真 2022-12-26 8 45 39.jpg

天井の断熱材はEPSです。

写真 2022-12-26 8 31 20.jpg

サッシはYKK APW330。
樹脂ペアガラスです。

写真 2022-12-26 8 39 09.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
テープで気密処理されています。
隅のL字に食い込むように
とても丁寧な処理が
施されていますね。

写真 2022-12-26 8 40 58.jpg

現場は基礎断熱です。
基礎の貫通部は、
塞ぐ必要があります。
こちらの換気用の穴などは
テープで目張りしていますが、
埋めてもいい水抜き穴等は
ウレタンや粘土、モルタルで
埋めてしまっても大丈夫です。

写真 2022-12-26 8 43 50.jpg

お風呂の断熱材。
ジョイント部分にウレタンが
吹き付けられていますね。

写真 2022-12-26 8 46 54.jpg

天井の断熱材の気密処理です。
とても丁寧にコーキングが
打ってありますね。
コーキングを打った後に、
ヘラを使って上からなぞることで
隙間が綺麗に埋まります。

写真 2022-12-26 8 50 53.jpg

一階の天井。
奥側は下屋なので、
手前の取り合いで気密処理を
しているようです。
単に外周部だけではなく、
下屋部分の取り扱いからも
漏気が起こりえますので
この処理はとても大事ですね。

写真 2022-12-26 8 46 23.jpg

二階の床外周部。
先程、一階の天井が
気密処理されているのを
確認しましたが、
上の逃げ道も塞ぐ必要が
ありますね。

床とパネルの取り合いの
コーキングや、
柱の下端のテープ処理。
丁寧な処理となっていますね。

写真 2022-12-26 8 54 00.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-12-26 9 27 59.jpg

C値=0.060cm2/m2の
ウルトラ気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2022-12-26 9 24 43.jpg

既にとても良い気密なのですが、
C値改善作業(隙間埋め)
をしていきます。
玄関ドアの下端。
隙間のある箇所に
粘土を詰めて気密を確保
していたようなのですが、
どうやら少しだけ漏気
しているようです。

写真 2022-12-26 9 30 31.jpg

せっかくなので、
測定に立ち合いされた
お施主さまにも漏気を
体感して頂きました。

漏気から家の隙間の有無を
チェックをする機会なんて
ほぼ無いと思いますので、
中々面白い経験ですよね。

写真 2022-12-26 9 31 15.jpg

追加で粘土を詰めて、
漏気をキッチリ止めました。
後の工程で埋まる箇所ですので、
測定中に気密が取れていれば
問題ありません。

写真 2022-12-26 9 16 31.jpg

パネル工法で気密を
上げる際には、
パネルの取り合いを
重点的に処理していきます。

外側の取り合いをテープで
気密処理していたとしても、
思いもよらぬ箇所からの
伝い漏れで気密が落ちる
事がありますので、
少しでも気密を良くしたい
という場合には、
室内側も気密処理することを
おススメしています。

写真 2022-12-26 9 35 08.jpg

流石に全てやるとなると
かなりの時間がかかりますが、
なんと今回はお施主様にも
協力していただきました。
ありがとうございます。

実際に自分の手で自宅の
気密を改善したというのは、
良い思い出になりそうですね。

写真 2022-12-26 10 17 02.jpg

さて、室内側のパネルの
取り合いを貼り終えたところで、
再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-12-26 10 28 04.jpg

C値=0.040cm2/m2の
ウルトラ気密です!
表示は四捨五入により0.0cm2/m2!

αA (家全体の隙間面積)が
12cm2 → 8cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.15 → 1.00
となっています。

写真 2022-12-26 10 27 38.jpg

この結果に、
立ち合いされたお施主様や
監督さん達は、
喜んでいるご様子でした。

αA (家全体の隙間面積)は
4cm2 も埋まった上に、
n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
最高値となっていますね。

とても素晴らしい気密。
この丁寧な処理を見ているだけで
しっかりと暖かく、
快適な家になるというのが
想像できますね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック