2023年01月03日

石川県かほく市秋浜で気密測定


稜です。

新年あけましておめでとうございます。
今年も良い気密の家のために
助力させていただく所存ですので、
よろしくお願いします。

写真 2022-12-08 10 24 56.jpg

12月8日は石川県かほく市秋浜で
ほそ川建設鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-12-08 9 32 26.jpg

中に上がります。

写真 2022-12-08 9 33 02.jpg

写真 2022-12-08 9 31 43.jpg

壁・屋根の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-12-08 9 32 49.jpg

サッシはリクシルのサーモスL。
樹脂アルミ複合のペアガラスです。

写真 2022-12-08 9 37 05.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りはウレタンで
気密処理されています。

写真 2022-12-08 9 33 11.jpg

現場は床断熱となっています。
床の取り合いがテープで
気密処理してありますね。

写真 2022-12-08 9 34 02.jpg

柱と床の取り合いも
しっかりとコーキングで
気密処理されています。

写真 2022-12-08 10 02 35.jpg

外周部の柱の方まで、
丁寧に処理されていますね。
伝い漏れを起こしやすい
箇所ですので、
床断熱、基礎断熱に関わらず
外周部の柱と床の取り合いは
気密処理をおススメします。

写真 2022-12-08 9 33 40.jpg

床の配線配管貫通部。
コーキングで気密処理
されていますね。

写真 2022-12-08 10 03 51.jpg

入隅の木と木の取り合い。
ピッチリ当たっているから
問題ないでしょ。と
思われるかもしれませんが、
意外と漏気しちゃう箇所です。
丁寧にコーキングで気密処理
されていますね。

写真 2022-12-08 9 36 09.jpg

お風呂の断熱材の取り合い。
ウレタンを吹き付けて
気密処理してあります。

写真 2022-12-08 10 04 43.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-12-08 9 57 51.jpg

C値=0.25cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.3cm2/m2。

写真 2022-12-08 9 56 21.jpg

C値改善作業(隙間埋め)
をします。
土間付近のFIX窓や
玄関ドアの下端から、
漏気を起こしていました。

写真 2022-12-08 9 59 59.jpg

写真 2022-12-08 10 01 26.jpg

ウレタンやコーキングで
気密処理をしました。
後の工程で埋まる箇所では
ありますが、
現時点での気密を正確に
測定するためにも
キッチリと気密処理します。

写真 2022-12-08 10 00 31.jpg

下屋のウレタンに怪しい隙間が。
手を近づけてみると、
漏気していました。

写真 2022-12-12 16 32 01 (1).jpg

ウレタンで気密処理をしました。
実際に怪しい隙間があっても
確認してみると漏気していない
パターンもあります。

測定をしてみない事には
漏気の有無は分かりませんが、
怪しい隙間を見つけた場合は
兎にも角にも埋めておくことを
おススメします。
断熱的にもプラスに働きますしね。

写真 2022-12-12 16 32 01 (3).jpg

床の配線配管貫通部からも
漏気があったようですね。
これだけちゃんと処理
されていても、
漏気してしまうのが怖いところ。
追加でコーキングを打ちました。

写真 2022-12-08 10 18 11.jpg

写真 2022-12-08 10 18 35.jpg

こちらの現場、
物入れ用の引き違い戸が
取り付けられているのですが、
上部のレール部分などから
漏気を起こしていました。
漏気量がそれなりに多いので
気になるところですが...

再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-12-08 10 16 33.jpg

C値=0.21cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.2cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
36cm2 → 30cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.88 → 1.76
となっています。

写真 2022-12-08 10 22 02.jpg

この結果に、
立会いされた監督さんは
納得されたご様子でした。

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
あまり変化していないのを見るに、
あの引き違い戸からの影響は
大きそうですね。

後の工程で改善するといっても
少し驚きますね。
しかし、逆に言えば
影響の大きい引き違い戸を
目張りしていない状態でも
この気密というのは、
とても凄い事だと思います。

これも監督さんや大工さんによる
丁寧な処理の賜物でしょうね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック