2016年01月20日

「病気にならないための家づくり」家の寒さが原因


「病気にならないための家づくり」という健康・省エネ住宅を推進する国民会議編著の本を読むと家の中の寒さが原因で高齢者が特に入浴事故死が多いと書いてありました。

P1030747.jpg

 
東京都健康長寿医療センター研究所の調査によると65歳以上の高齢者が年間17000人の人が入浴中に死亡しているという推計が明らかになったそうです。

P1030746.jpg

 
交通事故死者が平成26年全国交通安全協会の発表によると4113人ですから、寒さによる住宅内の入浴事故がなんと交通事故の4倍も起こっているのには愕然とします。

 
P1030748.jpg

 
「血管は温度に影響されやすい」

「床から10cmの足元付近の室温が10℃低下すると血圧平均9mmHgが上がる」

 
P1030745.jpg

住宅会社、工務店、設計事務所さんはこのようなヒートショックの危険な寒い家にならないよう断熱、気密、換気、冷暖房計画をしっかりたてて健康で安全な住宅をお願いしたいですね。

「人間は寒さに弱い」

この寒さ対策が重要です。





【温熱環境の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172312184

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック