2016年01月31日

住宅温熱診断(1)断熱不足


3年経った住宅の温熱診断をいたしました。

壁、天井グラスウール、床押し出し法ポリスチレンフォーム、気密シート貼りなしの断熱仕様でした。
サッシはアルミ樹脂複合ベアガラスU値2.33w/m2・kです。
まず外から住宅の外観をサーモカメラで撮影します。

正面から向かって右横の南面壁はそんなに室内の温度は伝わっていませんでした。窓は赤色で室内の暖気を示しています。窓は壁より断熱性能は落ちるので仕方ありませんね。

 下の真ん中の赤はエコキュートと右下は車の熱です。

T00002IR.jpg

T00002VB.jpg

今度は正面東面の玄関側ですが、なんと玄関ドアとその上の外壁が真っ赤です。

右半分は水色、左半分が赤、玄関ドアと左半分面の外壁の断熱力が足りません。

T00003IR.jpg


 
T00003VB.jpg


 
気密シートがないのと、気流止めが充分でなく壁と床の取り合い、小屋裏側の天井と室内の壁との取りあいから、外気が入っていると思われます。
【温熱環境の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 05:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 温熱環境
この記事へのコメント
はじめまして。
家作りをはじめてから時々blog拝見させていただいてました。
気密測定したいと思っていました。
結局はしないまま入居したのですが。
コメントで質問をかいていいのかわからないのですが、よかったらちょっと教えていただけませんか。

とにかくマンションよりも暖かい暖かいと言われ購入した新居が、まさかの寒いんです(T-T)
マンションはおとなりさんの部屋もあるし窓が少ないので構造も違うのは承知はしてるのですが、なんだかどこかがスースーしている気がしまして、メーカーさんからも気密測定をすすめられ検討したく思ってるのですが、山男さんにお願いすると料金はどのぐらいになりますか?サーモグラフィも気になります。
サーモスグラフィは春になり暖かくなるとできないのでしょうか?

Posted by 荒井 at 2016年03月22日 00:55
荒井様

お問い合わせありがとうございます。

スースーするのは隙間風があり、気密がとれていないと思いますが、それ以外にも断熱性能が低いことも考えられます。

まず床、壁、天井または屋根の断熱材の種類、厚み、繊維系(GW、RW、セルロースファイバー、ウールブレスなど)の施工には室内側に気密シートを貼っているかどうかです。

窓の性能が悪いと全体の熱損失の約30%近く占めてしまいます。窓の性能U値を教えてください。

延べ床面積に対し窓面積もわかれば何%をしているかです。面積が30%以上でしたら窓際がスースーしま
す。

もし測定して隙間があっても隙間を直さないと暖かいお家にはなりません。

測定は隙間を測定するだけで修理代ではないので、大工さんや設備、サッシ、電気工事、クロス屋、足場工事など莫大な工事費がかかります。

この工事代を元請けの会社が面倒をみてくれるのでしょうか?見てくれなければ自腹となります。

その点をよく確認して欲しく思います。

気密測定代と遠方の為、別に高速代、ガソリン代、ビジネスホテル宿泊代がかかります。

私のブログは全国公開していますので、費用の件などは個別にメールで回答いたします。

私のホームページ「福田温熱空調」→左欄「問い合わせ先」をクックしますと、私のメールアドレスが打ち込んでありますので、そこから荒井様のメールをいただければと思います。

よろしくお願いいたします。
Posted by 山男のつぶやき(福田温熱空調) at 2016年03月23日 17:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173088499

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック