2017年05月01日

ウレタン吹き付け前に屋根裏遮熱材FOボードを確認

28日は私の屋根裏遮熱材、通気遮熱FOボードがきちんと施工されているかウレタン断熱吹き付け前に確認です。

きれいに母屋間の取り付けされていたので安心しました。

IMG_20170428_083809.jpg

吹き付けの職人さんも確認して吹き付けOKです。

IMG_20170428_083823_1.jpg

IMG_20170428_084118.jpg


ここでちょっと私のFOボードのPRをさせてください。

屋根垂木にはめ込む遮熱材は通気層があまりとれません。せいぜい30o程度。その点FOボードは母屋間の簡単施工なので屋根垂木の高さがすべて通気層になり遮熱効果が高くなります。

小屋裏温度が3〜4℃低くなり夏の2階の暑さ対策の効果があります。
【遮熱材FOボードの最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 遮熱材FOボード
この記事へのコメント
福田温熱さんのFOボード射熱効果も高くて、屋根通気も十分に確保出来るのでとても優れものですね

弊社もFOボードを採用してます

熱の出入りは、壁よりも屋根の方が大きいので射熱効果の高い商品は数値以上の体感を感じる事が出来ますね
Posted by 設計木花家 at 2017年05月01日 10:11
書き込みに誤字が有りました・・・涙

誤・射熱
正・遮熱

スミマセンでした。
Posted by 設計木花家 at 2017年05月01日 11:12
設計木花家、木下様

いつもありがとうございます。

コメントありがとうございます。

この商品を開発して10年経ちましたよ。

開発に際し、特許出願に結構お金を使いましたね。

当初家内からはまた特許のお金がいるの?あんたの道楽ねと言われっぱなしでしたけど、ここ4年前くらいからやっと道楽から商売として成り立つようになりました。

屋根輝垂木の間に入れるのと違い、母屋の間に入れ屋根垂木と母屋にステップルで簡単に施工できるので、現場の大工さんからFOボードの要望が増えてきましたね。

住宅の温熱環境をよくしたい思いでサラリーマンから独立して今年で12年目ですが、今やっと工務店さん、住宅会社、設計事務所さんの方に少しづつ認知されてきた感じです。 

この好きな温熱環境の仕事をしてきてよかったなあと思っています。




Posted by 山男のつぶやき(福田温熱空調) at 2017年05月01日 22:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179587013

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック