2018年11月30日

定期的換気メンテ5年後のお母さん言葉


「福田さん!又あの換気みてほしい、土日空いてる?」

「いやあ!ひさしぶりですね。土曜午後だったら行けます。」

こんなことで定期的にガデリュウスの換気のメンテをさせていただいているお客さんからの電話です。18年前に私が換気システムをおさめたお客様です。

訪問すると

「よう来てくれた。あんたがまだ換気のメンテをやってくれるか心配していたんよ」

「お母さんまだ、こうして換気の仕事をしていますよ。今年からね息子が後を継いでくれて今では2人で仕事をしてます。私が歳でこの先仕事が出来なくなっても息子がしてくれるので安心して・・。」

換気のモーターシロッコファンはやはり5年間の埃でいっぱいでした。

IMG_6600.JPG

IMG_6601.JPG

排気口も埃で詰まっています。

IMG_6605.JPG

IMG_6606.JPG

「ところであんたいくつになった?」

「僕はも72歳よ。爺よ」

「ところでお母さんはいくつになられた?」

「いくつに見えるケ」

「そうやね。70そこそこ・・。」

「なに言ってるの。もう79よ」

「79、うそでしょ!元気でとてもそうみえない・・。」

「福田さん話を聞いてよ!元気じゃないの。ガンになってね、2度も入院してたんよ。」

「全然そう見えないですよ。まさか入院しておられたとは、大変でしたね。5年前は元気はつらつでしたのに・・・。」

「この歳になると何が起きるかわからない。人の人生ってね。でも娘婿の家族がと同居してくれて孫に囲まれてにぎやかになったのが生き甲斐やね。あなたも無理せず体に気を付けてね」

定期的に換気のメンテの声をかけていただいているお客様の5年という歳月に様変わりされているお話を聞くととても辛い思いです。

でも「体に気をつけてね」の優しい言葉がとても心に染みました。








【日記の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185098736

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック