2018年12月06日

富山県高岡市上牧野で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_9757.jpg

12月1日は、富山県高岡市上牧野でイザットハウス富山店(ベストホーム)さま
の現場の気密測定を行いました。

IMG_9769.jpg

清掃整理が行き届いたきれいな現場でした。

IMG_9772.jpg


ふと、見上げると天井埋め込み型エアコンが
取り付けてありました。


IMG_9761.jpg


さて、いつものように外回りの配管目張りをチェックします。


IMG_9762.jpg

おっと、先ほどのエアコンの配管でしょうか。
気密テープが裂けていました。これだと気密漏れが必至です。

IMG_9763.jpg

まとめ配管は気密漏れしやすいですね。(配管と配管の隙間から...)
出来るだけ丁寧にバラして気密処理しましょう。

IMG_9765.jpg


サッシ周りは気密テープで気密処理されていました。


IMG_9770.jpg

サッシはYKKのAPW330。
水漏れ防止用のシートが室内に巻き込んでありました。

IMG_9760.jpg

断熱は外張りのネオマフォーム。

IMG_9758.jpg


気になる気密測定の結果は...。


IMG_9766.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.1cm2/m2)


IMG_9768.jpg

この結果にお施主様はとても喜んで
C値を指さし確認されていました。

このときに気密の必要性、気密と換気と密接な関係あることを
説明させて頂きました。


IMG_9773.jpg


とてもいい気密でしたが勝手口から気密漏れがありました。
引渡し前にサッシ調整するのが一般的ですが
それだと中間気密測定のC値に反映されません。

気密測定にサッシ屋さん立ち合いできれば最高ですが
(気密測定しながら気密漏れが無くなるまでサッシ調整できるので)
スケジュール的に立ち合いがむずかしいのであれば、
測定前までにサッシ調整するとC値に反映すると思われます。

【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185138594

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック