2018年12月20日

福井県越前市粟田部町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_0005.jpg

12月18日は、福井県越前市粟田部町で北日本建設鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_9988.jpg

IMG_9997.jpg

1階、2階共に コの字に窪んだ部分があり
そこから採光を取り入れていました。

IMG_0006.jpg

さて、いつものように外回りの配管の目張りをチェックしました。

IMG_0007.jpg

配管の目張りがしっかりされていました。
雨の日はテープがくっ付かないので助かりました。

IMG_0001.jpg

室内側の排水配管もしっかり目張りされていました。

IMG_9999.jpg

サッシは三共アルミのスマージュ。
サッシ周りはウレタンとコーキングで気密を取られていました。

IMG_9987.jpg

壁の断熱はR+パネル。
パネルを組むときにコーキングを充填して施工されたようです。

IMG_9993.jpg

屋根はウレタン断熱。

IMG_9980.jpg


監督さんの話では、「C値=0.5cm2/m2以下にするように。」と
社長から話があったようです。

はたして、その気密測定の結果は...。












IMG_9983.jpg


C値 = 0.34cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により0.3cm2/m2)


IMG_9986.jpg

監督さんは測定結果にほっと一安心されていました。
引き戸から少し気密漏れが確認されましたので
サッシ調整をすればもう少し気密が良くなりそうです。


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185223351

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック