2019年02月27日

24時間換気の虫対策1


おはようございます、健太郎です。

IMG_1170.jpg

今年は暖かい日が多く、春が近いですね。

暖かくなるのはうれしいですが
虫が増えて、24時間換気の清掃で
地獄絵図を見る方は少なくないと思います。
もちろん私もそのひとり。

そんな私が重い腰をあげて
虫対策した件をお話します。


換気に関わる職業柄、
1〜2ヵ月に1度、24時間換気の
フィルター掃除を行っています。

普通の人よりマメな方だと思いますが
春先から夏場にかけては虫地獄

500〜700匹?(家が田舎なので)という小さな虫と
それを狙うクモ(足長グモ?)が
フィルターで捕獲されています。
しかも生きてるし...。




★ 虫対策 バージョン@

給気ダクトに網を取り付ける

IMG_1173.jpg

注意点@

網は、排気ダクトに取り付けてはいけません。
誤って排気ダクトに取り付けると、空気(排気)が抜けなくなり
24時間換気が機能(排気)しなくなります。
またモーターの寿命も縮めます。
何件もそんな家を見てきました...。



注意点A

あえて荒い網にしておくこと。
細かい網だと抵抗が発生し、圧損が起きます。
私は味噌こし(ステンレス 約3ミリのメッシュ)を分解して
網の部分だけ使いました。

ここが難しいところで、網を荒くすると
24時間換気に良いのだが
小さな虫が通り抜けてしまいます。
悩ましいです...。



注意点B

何度も洗える素材にしよう。
ステンレスにこだわった理由はメンテナンスで洗いたいからです。
網を取り付けても、ほっておくと間違いなく
虫が付着して目詰まりします。



★完成写真

IMG_1174.jpg

網は給気ダクトの形状に合わせて形を成型し
極力隙間ができないように取り付けました。
味噌こしのステンレスの網は広がろうとする力があったため
取り付けはダクトに網を入れるだけ。
台風あとでも落ちていませんでした。

★ ただし、後に理解したのですが
雨などで網が濡れると水分を吸ってしまうので
極力網が濡れないようにする対策が必要です。
(※24時間換気のフィルターが水分を帯びていた)

そこで薄いステンレス板を加工して
スカート状に成型し、アルミテープで接着。
給気ダクトの水返しに、網が触れないよう
注意した方がいいと思います。


IMG_1175.jpg


★ 効果

24時間換気のフィルターに捕獲された
500〜700匹という虫が → 50〜100匹前後に!!
大きい虫は網でガードされ、メッシュを通り抜ける
小さい虫だけ 引っかかていた。
あと虫を狙うクモがいなくなった。
ナイスです!


ただし、先ほども書きましたが
ステンレス網に虫が引っかかるため
1〜2ヵ月に1度くらいの頻度で清掃が必要。
24時間換気の清掃時に一緒に行うと
ベストでしょうか。


虫対策 バージョンAを現在試しています。
データが溜まったら、また書きますね(^^♪


【換気の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 換気
この記事へのコメント
結果まで分かってナイスです!

2階の吸気口は屋外からのアクセスが無理(危険)なので、ナスタKS-8820のような屋内側から防虫網まで掃除可能なものを使う必要があると思っていたところです。

メンテの際に楽になるよう、網外付け化は、1階でやってみたいと思います。
Posted by くろねこ at 2019年02月27日 15:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185623045

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック