2019年03月12日

気密測定、ペレットストーブの熱をタイル床13帖に蓄熱のお家の熱容量


3月5日は荒井好一郎建築設計室様(富山市水橋)の富山市のイナーパティオの13帖のペレットストーブのある完成時の大豪邸(富山市)の気密測定でした。

IMG_7149.JPG


駐車場から玄関へのアプローチには井戸があり、丸い川石とドウダンツツジや石楠花など和風の趣の素敵な玄関でした。

IMG_7150.JPG

IMG_7151.JPG

片引き木製製作玄関戸を開けるとなんと一面のタイル床でこのインナーパティオのタイル床が13帖もありました。(タイル床の全体の写真を撮り忘れていました)

IMG_7131.JPG

パティオの中の2階へは吊階段になっています。

IMG_7133.JPG

そのインナーパティオにペレットストーブがあります。

IMG_7137.JPG


家の中心のパティオの上は抜き抜け大空間です。

IMG_7134.JPG


パティオを中心にモダンな畳と床の間、天井はよしず張りの船底天井は素晴らしい匠の技を感じます。

IMG_7140.JPG

IMG_7142.JPG

IMG_7141.JPG


また格子の建具、障子戸など伝統的な和風は今ではめったに見れません。

IMG_7148.JPG

IMG_7138.JPG


庭の植栽と高岡金物のモダンな雨トイが素敵でした。いつまでも庭を眺めていたい素晴らし庭でした。

IMG_7143.JPG

IMG_7144.JPG

IMG_7146.JPG

IMG_7145.JPG


気密測定は、とても良い気密C値でした。

IMG_7129.JPG

荒井様はこのタイル床にペレットストーブの熱を蓄熱させて家全体の暖房まで考えられ、設計したと言われました。

基本は熱の逃げにくい高気密高断熱住宅だから蓄熱効果がでます。

このお家の蓄熱容量を計算してみました。

タイル厚み10mm、タイル下コンクリート30mmまでペレットストーブの熱が25℃蓄熱されるという条件の計算です。

タイル床面積 21.29m2の広さでした。

タイルは容積比熱624kcal/m3℃、コンクリート容積比熱481kcal/m3℃です。

タイル10mm 21.29m2×0.01m=0.2129m3
@タイル蓄熱量 0.2129m3×624Kcal×25℃=3321Kcal

コンクリート30mm 21.29×0.03=0.6387m3
Aコンクリート蓄熱量 0.6387×481×25=7680Kcal

合計 @3321+A7680=11001Kcal

11001÷860=12.79Kw

計算してみると12.79KWも蓄熱されます。

なんと5.6Kwのエアコン2.3台分となります。

気密、断熱の性能の高いお家なので、真冬さぞかしペレットストーブで温かいお家になると思います。









【温熱環境の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185687804

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック