2019年06月17日

念願の完成時気密C値0.5cm2の施主様の笑顔


14日は富山のセルコホーム様の滑川市の完成時の気密測定でした。

IMG_7780.JPG

IMG_7783.JPG

中間工事中ももちろん測定し、施主様は完成時0.5cm2を目標にしておられました。

結果は0.56cm2/m2(印刷は四捨五入で0.6)で施主様は満面の笑顔でした。

施主様とは気密断熱のことで2年半くらい前にメールをいただきとても勉強家の人です。

そして奥様といっしょになんと私の事務所まで来られ気密、外皮UA値 熱損失、換気、防音など私にいろいろ質問や相談された方です。

線路に近いので換気の給気口から電車の音は何dBになるか、など専門的な質問も受けました。

IMG_7781.JPG

そういう経緯で今回、換気と気密測定の工事をセルコホーム様から頂きました。

お施主様とのお付き合いが長いので完成時でどれだけの数値になるか、又電車の防音の給気口の防音サイレンサーの効果など大丈夫か責任を感じ気がかりでした。

結果は0.56cm2なので私もほっとしました。

IMG_7786.JPG

IMG_7789.JPG

IMG_7784.JPG

換気の風量測定と流量調整、取り扱い説明、換気の給気口の吸音材の取り扱い説明もして時計を見ると12時をまわっていました。

お施主様からスイカのドリンクをいただき甘くてとても美味しかったです。

施主様がどうしても施主様とセルコホームの設計士さんと私との3人が並んだ記念写真を撮りたいと言われ、奥様の撮られた写真をメールで送って来られました。

そしてブログの記事に写真を載せてもらえればと言われました。
ほんとにこのお施主様の仕事をさせていただき温熱の仕事冥利に尽きます。
感激しました。

DSCN1783.JPG 米沢様完成気密測定.JPG

ありがとうございました。


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
C値0.5台でホッとしました。
福田さん、設計士、色んな方にお会いしたり、本で勉強して断熱、気密、換気、パッシブ、暖冷房はセットであること、暖かい涼しいそして健康や快適とは何かをある程度理解でき良い家を作ることができました。
本当にありがとうございました!
Posted by 米沢 at 2019年06月17日 12:42
米沢さん

なんとか米沢さんの完成時の目標としていた気密C値0.5cm2台が出て良かったです。

温熱環境の良いお家は断熱、気密、換気、冷暖房の4大要素のバランスの取れた性能の向上が必須です。

どれ一つ欠けても温熱環境の良い家にはなりません。

この4大要素にパッシブの自然エネルギーまで考えられて勉強されている米沢さんはすごいです。

あの立山連峰が見えるLDKの窓から冬場の太陽からのダイレクトゲイン(輻射入熱)まで考慮し、ガラスの日射熱侵入率まで調べ、夏場の遮熱と冬場の日射侵入熱のバランスを考えてガラスの種類を選んで決めたと知り、びっくりしました。

普通、設計士は夏場の暑さ対策でLOW−Eの熱反射の良いものを選びますが、冬場の太陽の恵みの熱の蓄熱計算までしている人は殆どおられません。

プロの設計士さん以上です。

私自身も米沢さんのお家の仕事をさせていただき大変勉強になりました。

換気の風量測定してるとき窓から涼しい風が入り、通風も抜群で気持ちよく測定ができました。

真夏と、真冬に住みごごちを体験してみたいです。

ありがとうございました
Posted by 福田温熱空調 福田 at 2019年06月17日 14:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186146072

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック