2019年10月08日

24時間換気の虫対策(給気フィルター) その2


おはようございます
健太郎です。

前回、大好評だった24時間換気の
虫対策について その2をお話します。

IMG_5276.jpg

新しいキレイな家なのに
虫の侵入が多く困っている話はよく耳にします。

一番の侵入口は玄関だと思いますが
24時間換気の給気口からの侵入も
多いと思われます。(形状、仕組みによります)

IMG_5275.jpg

私は職業柄、1ヵ月に1度の頻度で
24時間換気のフィルターを掃除していますが、こんな感じ ↑↑↑です。

田舎であるため仕方がないのですが
近くに田んぼや水路のある家は
虫が多いと思われます。

IMG_5277.jpg

今回は、第3種換気のジェイベックをもとに
給気口を対策しました。
簡単な対策なので他の換気システムでも(セントラル換気でも)
当てはめることが出来ると思います。

IMG_5279.jpg

まず、給気口を外します。
この給気口は 白い骨枠2枚に
フィルターがサンドされている構造です。

IMG_5280.jpg

手前の骨枠を外します。

IMG_5281.jpg

ジェイベックの給気フィルターは
良いモノなのですが少し目が粗い感じです。
特に気密のいい家(給気のひっぱりが強い家)は
ここを掻い潜って虫の侵入をゆるしてしまうのです。

IMG_5278.jpg

使うモノは『不織布』のみ。
ホームセンターなどで売っているレンジフードや
エアコン用などの不織布です。

目が細かくて薄手の方がいいですね。
厚過ぎると給気の抵抗になり、芳しくありません。

IMG_5283.jpg

不織布をフィルターサイズに
カットしてはめるだけ。

IMG_5285.jpg

私の場合、フィルターより5ミリほど
大きくカットしました。(15cm角)

IMG_5286.jpg

次に不織布をフィルターの上に
シワが出来ないよう載せます。

不織布は外気が直接当たる面に
セットします。

IMG_5287.jpg

先ほど外した骨枠を不織布の上に
載せてはめ込みます。

IMG_5295.jpg

四つ角を軽く押さえるとパチっとはまります。
ジェイベックの骨枠には表裏があって
裏だとパチっとはまりませんので注意です。

IMG_5277.jpg

あとはもと通りに戻して完成です。
不織布はロール状の安いものでいいと思います。
これをすることでメインのフィルターも
汚れにくくなります。

あとは交換サイクルですが
きれいな空気を入れる意味でも
3ヵ月に1度くらいで交換したほうが良いと思います。
特に5月、9月は虫が多いですね。

自分の家で対策したところ、効果ありです。
侵入する虫が少なくなったのと
メインフィルターが汚れ難くなりました。

ジェイベック鰍ウんには この件に関する
相談に乗ってもらいOKが出ていますが
その他では聞いておりません。
一応、自己責任でお願いします。



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 換気
この記事へのコメント
 同じ製品で虫に悩んでおりましたので参考になります!骨組みには裏表があるのを初めて知りました。そういえばパチッとはまるものとそうでないものがありましたね。
 2年前に福田温熱空調さまに施工していただきましたが、皆様同じ問題を抱えているのですね。

 ぜひ今後ともご紹介をお願いします。
Posted by S.S at 2019年11月05日 12:06
SS様

コメントありがとうございます。

国の新築住宅の換気の義務化が始まっても12年にもなり、換気の給気口からの虫の侵入の悩みを訴える人が多くなりましたね。1種の熱交換換気の給気口は1ヶ所なので3種換気の何倍もの大量の虫が給気フィルターをかいくぐつて入っているお家を何度も見ております。やはり定期的な掃除とメンテが必要ですね。
Posted by 福田温熱空調 at 2019年11月07日 08:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186644374

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック