2019年11月21日

石川県野々市市柳町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6074.jpg

11月12日は 石川県野々市市柳町で
竃k製材所 ウィッシュホームさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_6089.jpg

IMG_6088.jpg

現場は とてもきれいに清掃されており
大開口の引き違いサッシから明るい
日差しが差し込む室内でした。

IMG_6079.jpg

いつものように
外回りの目張りの点検から始めます。

IMG_6078.jpg

おおっと
CD管の目張りがされて
いませんでした。

IMG_6080.jpg

レンジフードの配管でしょうか。
少しテープが浮いているのが判りますか?
このくらいでも気密漏れします。

IMG_6082.jpg

室内の排水配管の目張りも
浮いていました。

IMG_6090.jpg

ユニットバスの排水配管の
目張りがありませんでしたので
目張りしました。
あぶない、あぶない大漏れします。

目張りは気密施工にまったく関わりがありません。
ですが目張りから気密漏れすると
C値が悪く出るので注意です。

IMG_6093.jpg

サッシはリクシルのエルスターS。
樹脂ペアガラス。

IMG_6094.jpg

サッシ周りは極太のコーキングで
気密処理されていました。

IMG_6096.jpg

気密が漏れやすい玄関下端も
コーキングによる気密処理。

IMG_6092.jpg

断熱材は 壁がセルロースファイバー。
かまぼこ状になるくらいパンパンに
充填されていました。

セルロースは調湿性に優れていることと
吸音性が高いのが魅力です。

IMG_6095.jpg

屋根はウレタンによる
ウレタン吹付断熱。

IMG_6083.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_6087.jpg


C値 = 0.071cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_6086.jpg

立ち合いされたお施主様は結果を
とても喜んで確認されていました。

測定は数度行います。
今回は気密が良過ぎてエラーが連発し
とても焦りました(*_*;

IMG_6188.jpg

担当の監督さんは
ウルトラ気密にGoodポーズ。
めちゃくちゃ喜ばれていました。

C値もさることながら
αA(家全体の隙間)が12cm2と
monoの消しゴム並みの隙間しかありません。

何度もお伝えしてますが
私はC値よりも αAを注目しています。
なかでも10台前半の値が出ると
かなりテンションがあがります。

いや〜 間違いなく暖かい家に
なると思います(^^♪



【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186822541

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック