2019年11月29日

街中歩き、その(2) お地蔵さんを掃除している一家と、犀川


いよいよ卯辰山の山登りです。西養寺の境内の裏山を歩くとお地蔵さんに落ちた落ち葉の掃除をしている家族の姿がありました。

IMG_8890.JPG

子供たちも手伝っていました。なかなかできるものではありません。頭が下がります。

金沢にはまだまだ先祖を大切にする信仰の熱き心は伝承されています。

その西養寺の門と境内の紅葉が素敵でした。卯辰山から金沢の街並みがきれいに見えます。

IMG_8894.JPG

IMG_8898.JPG

卯辰山の道路にいったん出て六角堂へ下る道も紅葉が真っ盛りでした。

IMG_8903.JPG

浅野川を渡りいよいよ小立野の登りです。

時計を見ると1時30分です。どこか食堂がないかと探したところ、金沢大学病院の大通りに食堂があり、丼セット定食で、満腹です。

IMG_8916.JPG


腹ごしらえした後、再スタート、金沢の街の中におりると赤いまいかけをまとったお地蔵さんに出会います。

IMG_8924.JPG


本多町の石川県立工業高校と遊学館高校のすぐそばには仏教哲学者の鈴木大拙の誕生地の碑が立っていました。鈴木大拙先生はここで生まれたのか・・。

IMG_8927.JPG

IMG_8928.JPG

いよいよ金沢のもう一つの川、犀川の河川敷にでました。

IMG_8934.JPG

IMG_8939.JPG

浅野川と違い広い芝生には大勢の人達が歩いていました。

次は寺町です。
寺町と名前の付く通り沢山のお寺があります。

観光客の人も多く訪れています。

IMG_8945.JPG

IMG_8946.JPG

寺町を一回りするだけでもかなり時間がかかります。

三十三観音様の最後は17番札所、雨宝院です。

IMG_8961.JPG

IMG_8963.JPG

IMG_8962.JPG

ここも観光客の人が来ています。

犀川沿いの金沢の中心街の片町を見て新橋を渡り、金沢駅まで歩き時計を見ると17時40分でした。

IMG_8965.JPG

駅出発9時20分、到着17時40分、金沢の街中を8時間20分、途中食事や写真撮りの時間を引くと実歩行7時間余りの街中歩きでした。

日頃通らない裏道や、見たことのない金沢の文化や歴史の発見があり、楽しい探索でした。




【日記の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186839193

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック