2020年01月29日

石川県金沢市涌波で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_7189.jpg

1月17日は、石川県金沢市涌波で
トラスト住建鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_7222.jpg

IMG_7196.jpg

IMG_7221.jpg

かなり大きな家です。
ユニットバスが2箇所ありました。
2世帯住宅ですかね。

IMG_7192.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

断熱材は屋根、壁、床ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_7201.jpg


いきなりですが
気になる気密測定の結果は...。


IMG_7202.jpg


C値 = 0.35cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_7216.jpg

この現場はインナーガレージ付きです。
苦戦すると思っていましたが
インナーガレージは室内との
取り合いはなかなか難しいです。

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始しますか。

IMG_7213.jpg

IMG_7214.jpg

まずは監督さんと大工さんで
インナーガレージ上部の2階床の
気密処理を徹底してもらいました。

IMG_7207.jpg

1階の配管周り(床貫き部分)から
少し気密漏れがありました。

IMG_7206.jpg

コーキングをガンガンに入れて
気密処理しました。

IMG_7215.jpg

ここは床断熱の仕様ですが
基礎の水抜きの穴をウレタンで
塞ぎました。

IMG_7203.jpg

気密が漏れやすい玄関周りは
玄関枠の下端から少し漏れていました。
ここもコーキングです。

IMG_7217.jpg

どうしても玄関ドアが引き戸の場合
開き戸に比べると気密が漏れやすいです。

IMG_7219.jpg

気密測定器で減圧すると
枠と扉の隙間から気密漏れを感じます。
引き戸は使い勝手優先なので
仕方がないですが...。

IMG_7220.jpg

そしてインナーガレージに
繋がる扉も引き戸。
ここの引き戸からも気密漏れがありました。

IMG_7224.jpg


さてさて、C値改善(隙間埋め作業)後の
測定結果はいかに...。


IMG_7212.jpg


C値 = 0.32cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_7208.jpg

取り合えず、C値 = 0.3cm2/m2の結果に
監督さんは 少しほっとした様子。

今回は大工さん3人と監督、
私も含め5人でC値改善を行い
4cm2の隙間を埋めた結果に。
人数と時間をかけた割に成果が少ないこともあります。

玄関の引き戸2枚もアレですが
縁が切れていないインナーガレージは
なかなか難しいです。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187091664

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック