2020年01月30日

石川県白山市陽羽里で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_7248.jpg

1月24日は、石川県白山市陽羽里で
安藤建築事務所さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_7339.jpg
IMG_7336.jpg

現場は間仕切り壁を極力作らない
安藤社長の独特の設計。
山側の壁は大開口サッシが
全面に収まっていました。

IMG_7338.jpg

そこからは 鶴来方面の山々が
きれいに望むことが出来ます。

IMG_7323.jpg

今回は珍しく 当社の社長も参加。
おしゃべりが止まりません。
今のうちにチェックします。

IMG_7254.jpg
IMG_7319.jpg

ダクトの目張りは外側、室内側ともに
ユラソール(高性能気密テープ)で
しっかり目張りされていました。

IMG_7320.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_7321.jpg

サッシ周りもユラソールで
きれいに気密処理。

IMG_7250.jpg

断熱材は 旭ファイバーグラスの
高性能グラスウール アクリアα36kg 。

IMG_7327.jpg

ふわふわの断熱材で
チクチクしない高密度の
お高いヤツです(^^♪

IMG_7322.jpg

その断熱材を調湿機能がある
タイベックスマート(気密シート)を
ユラソールで貼り合わせて気密処理。

IMG_7316.jpg

大開口の吹き抜け&勾配天井。
そこにもきれいにタイベックスマートを
施工されていました。

IMG_7317.jpg

とにかく、天井と桁まわりの
気密処理が圧巻です。
伝い漏れをゆるさない気密処理です。

IMG_7325.jpg

もちろん、床の剛床の繋ぎと
柱の立ち上がりもユラソールで気密処理。

IMG_7329.jpg

ユニットバス周りも
ユラソールで気密処理。

IMG_7256.jpg


実はこの現場5日前に
測定しており
その時の結果が...。


IMG_7255.jpg


C値 = 0.094cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_7340.jpg

そして仕様変更が少しあり
お客様に安心して頂くため
再測定に。

IMG_7249.jpg


気になる再測定の
結果はいかに...。


IMG_7333.jpg


C値 = 0.10cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_7334.jpg

その結果に立ち合いされた気密シートを貼られている
安藤社長のお父さん(義父)はとても喜んで
結果を撮影されていました。

数値的にはαA(家全体の隙間)が
1cm2増えたましたが肉薄の超高気密の値。
n値(隙間特性値)は 1.05とレベルが
上がっています。

お施主様、安心してください。
この家は間違いなく超高気密の暖かい家に
なると思います。

それにしても 少しの仕様変更で
5日後に再測定するとは 安藤建築事務所さまは
めちゃくちゃ真面目過ぎです(^^)/

【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
Posted by at 2020年01月30日 09:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187091972

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック