2020年06月04日

富山、高岡市で気密測定


29日は高桑ハウス工業様(富山県高岡市)の中間工事中の気密測定でした。

IMG_0364.JPG

YKKの営業の人の紹介で、高桑ハウス様は初めて測定させて頂きました。

今回は私と息子と2人で訪問しました。

IMG_0377.JPG

現場に着くなり、まだ床が貼られていない状況で基礎断熱の床スラブに全面XPS断熱材に施工されてるのには驚きです。

IMG_0356.JPG

そして床下用のマーベックスの熱交換1種換気が入っています。

IMG_0357.JPG

高桑社長さんにお聞きすると基礎立ち上がりと、床スラブ全面に断熱しないとせっかくの熱交換換気入れても性能効果を上げるためには、全面しないと床スラブからの熱損失が大きすぎるのでと言われました。

私もまったく同感です。基礎外周内側から900mmだけスラブ断熱しても、その内側に断熱がなくスラブコンクリート現しだとそこから地中に熱が逃げてしまいます。

基礎断熱にして夏はこのスラブコンクリートから涼しい冷熱を取り室内に入れ、冬は基礎下に温熱をためる考えがありますが、夏の床下の冷熱はダクトにファンをつけ2階まで上げないと涼しくなりません。

比重が重い冷たい空気は上の部屋まで自然対流しません。

基礎断熱にして夏、冬の2刀流の使い分けは中途半端です。

基礎スラブ全面に断熱して冬に温熱を床下にためる方が合理的で、とても効果が高くなります。

できれば、全面断熱の上にコンクリートスラブ100mmのせ、コンクリートに温熱を蓄熱させるともっと温熱性能の良い家になります。

床下コンクリートに家全体の熱損失の量の7時間以上の熱を蓄熱すれば、早朝6時に起きても室温が15℃以上の温熱環境が期待できますので、外皮UA値計算と,Q値計算もしてその上蓄熱容量計算をすることで、床下用エアコンでしたら何KWの暖房能力が必要かが分ります。

現場の壁、屋根になんとスーパーウオール用のウレタン100mmがきれいに施工されていました。

IMG_0354.JPG

IMG_0360.JPG


高桑ハウスさんはお聞きすると、スーパーウオールの特約工務店さんでした。

息子が測定器ファンを回している間、コーキングを持つて、高桑社長さん自ら隙間ないかチエックされていました。
IMG_0366.JPG


IMG_0363.JPG

さすが丁寧な断熱施工です。

測定結果は0.13cm2/m2(印刷は四捨五入で0.1)

高桑社長さんも測定数値を確認して、安心されました。

IMG_0375.JPG

IMG_0376.JPG

IMG_0373.JPG
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
久々?に気密以外の断熱や蓄熱や温熱環境について書かれており更に見応えがありました。

今でも毎日楽しく拝見させて頂いていますよ!
Posted by 滑川の米沢です at 2020年06月04日 12:46


>福田温熱空調さん
>
>米沢様、コメントありがとうございます。
>
>せっかくの床下暖房エアコンを入れてもコンクリートスラブの蓄熱容量計算もしない会社のために、知ってもらい啓蒙の意味でブログ記事を書きました。
Posted by 山男のつぶやき at 2020年06月04日 13:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187545049

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック