2020年07月20日

石川県白山市荒屋町で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_1269.jpg

6月20日は 石川県白山市荒屋町で
潟Zブンワークスさまの現場の
完成気密測定(引渡し前)を行いました。

IMG_1291.jpg

玄関に入ると無垢材のフローリングに
足元を照らすサッシ。

IMG_1284.jpg
IMG_1281.jpg

リビングはあたたかみのある色合い。
天井高で梁見せになっていました。

お施主さまの家具が入っていたのですが
いいセンスの素敵なモノでした。

IMG_1277.jpg

ペンダントライトは
小ぶりの傘のタイプ。

IMG_1295.jpg

壁は スペイン漆喰の塗り壁。
多孔質でざらざらしており
肌触りが心地良いです。

IMG_1272.jpg
IMG_1273.jpg

2階を上がったところに
大きな書棚が設置されていました。
ここにソファーなど置いて
読書するのによさそうです。

IMG_1292.jpg

換気システムは第一種(熱交換)の
スティーベル製 ツイン・エアー LT-50EcoSlim。
最近出たばかりのNewモデルです。

IMG_1457.jpg


さて、気になる完成気密測定の
結果はいかに...。


IMG_1302.jpg


C値 = 0.22cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_1300.jpg

立ち合いされたお施主さま夫婦は
とても喜び、詳細結果を確認されていました。

床断熱で完成気密 0.22cm2/m2は
かなりレベルが高いです。


と ...。


いつもならこんな感じで終わるのですが
翌日、「もう1回、測定するわ。」と
七山社長から連絡がありました。

どうやら、器具付けの気密処理に
納得いかない箇所があったようです。
ほとんどの器具をバラしてやり直すとのこと。

『え、マジっすか。あんなに良かったのに。』

IMG_1457.jpg

という訳で 1週間後...。


どうやら七山社長は 中間気密の
0.16cm2/m2を上回る気密を
出したい模様。

出るかな (*_*;
さて、再測定の結果はいかに...。


IMG_1462.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_1460.jpg

測定に立ち合いされた七山社長。
「やぁ 〜 良かった。ほっとした。」と
結果を撮影されていました。

C値 = 0.13cm2/m2は 床断熱の
完成気密で過去最高値です。

IMG_1301.jpg

αA(家全体の隙間面積)は
23cm2 → 14cm2 と あれから
9cm2 の隙間を埋めたことになります。

n値は 1.42 → 1.12と
大幅に改善しています。

ポカミスならともかく
完成気密で 中間気密を抜くというのは
至難の技です。

いや 〜 ここまで気密にストイックな
社長は聞いたことがありません。
私もいい勉強をさせて頂きました(^^♪


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187679482

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック