2020年07月24日

石川県白山市石同新町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_1569.jpg

6月29日は 石川県白山市石同新町で
相川建設鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_1561.jpg
IMG_1572.jpg

かなり広い現場でした。
伺ったところ2世帯住宅のようです。

IMG_1568.jpg

この現場はFP工法であるため
壁の断熱材は FPパネル。(硬質ウレタンフォーム)
高い断熱性能と耐水性、耐震性を誇ります。

パネルのジョイントは気密テープで
気密処理されていました。

IMG_1573.jpg

天井の断熱は基本
セルロースファイバー。

まだ、充填されていませんが
丁寧に貼られた気密シート内に
セルロースファイバーが
ブローイングされます。

IMG_1574.jpg

2階の半分は開放的な
勾配天井になっており
カネライトフォームが施工されていました。

めちゃめちゃ開放的な
大空間になりそうです。

IMG_1565.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_1575.jpg

サッシ周りはウレタンと
コーキングにより気密処理
されていました。

IMG_1578.jpg

配管周りはコーキングで
気密処理。

IMG_1577.jpg

監督さんが丁寧にコーキングを
充填されています。

IMG_1559.jpg

床の剛床の繋ぎは
気密テープで気密処理。
気泡を抜きながら丁寧に貼られていました。

IMG_1581.jpg

気になる測定結果は
とても良い気密でした。

監督さん曰く、自分達の施工に対し
どのくらい気密に反映されるか?
いろいろ確かめながら
数値で確認できたのが良かったようです。

相川建設さまのように
気密を数値で確認しながら
最終的な気密施工するのも大歓迎です(^^♪


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187715283

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック