2020年07月31日

石川県金沢市みずきで気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_1636.jpg

7月1日は 石川県金沢市みずきで
ほそ川建設鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_1637.jpg

IMG_1638.jpg

たしか瑞樹団地はカーポートの建設が
NGだったような。
ここは計3台、駐車可能な
ビルトインガレージが造られていました。

IMG_1642.jpg

中庭から抜群の採光が
ある室内。

IMG_1647.jpg

2階に上がっても
大開口サッシが どーん。
そのサッシから中庭を臨むことができます。

中庭に大きな木を植えると繋がりが出来
とても素敵になりそう。(手入れが大変ですが...。)

IMG_1650.jpg

サッシはリクシルのサーモスL。
アルミ複合ペアガラス。

IMG_1645.jpg

断熱材は 屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_1644.jpg


気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_1653.jpg


C値 = 0.52cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_1640.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

大工さんが柱周りの隙間を
コーキングで気密処理されていました。

IMG_1634.jpg

剛床のホゾ部分にコーキングを
打って気密処理。

IMG_1631.jpg

最近、床断熱の気密処理で
効果的だと感じるこの部分。
やってない方は、ぜひお試しください。

IMG_1676.jpg
IMG_1674.jpg

監督さんが玄関周り、勝手口周りを
ウレタンで気密処理。

IMG_1669.jpg

サッシ周りもウレタンで
気密処理。

IMG_1656.jpg

最近の気密漏れあるある。
屋根と桁の取り合い部分。(三角部分)

IMG_1657.jpg

この穴から風を感じます。
しっかりウレタンを充填しました。

IMG_1665.jpg

この現場は勾配天井で
下屋も多い設計。

木材の隙間から気密漏れを
感じました。

IMG_1667.jpg

処置する箇所が多かった。
ですが監督さんは根気強く
ウレタンを充填されていました。

さて、C値改善後(隙間埋め後)の
結果はいかに...。

IMG_1679.jpg


C値 = 0.42cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_1678.jpg

測定結果に 監督さんは
ほっとされた表情。

C値改善(隙間埋め作業)により
αA(家全体の隙間面積)が
91cm2 → 73cm2と
18cm2 の隙間が埋まった結果です。

IMG_1671.jpg

密閉した部屋でマスクを装備し
暑さと戦いながら汗ダクダクで
隙間埋めしましたが
改善できてよかったです(^^♪


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187746448

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック