2021年03月16日

新入社員の孫と、換気風量測定と流量調整


3月11日は鰍bONCEPT建築設計様(金沢市)の富山県高岡市の完成引き渡し前のジェイベック、グリーンファン換気の風量測定と流量調整でした。

IMG_1901.JPG

IMG_1900.JPG


IMG_1890.JPG


3月に新入社員として入社した私の孫と測定です。孫に実際に数量測定を経験させました。

換気計画以上に換気風量が回りすぎるほどよく空気がまわってました。


IMG_1893.JPG

いかに丁寧に電気工事屋さんがしてるかがわかります。

LDK、トイレ、洗面所、サンルーム、脱衣室など水蒸気や臭いの多い部屋を多く換気風量を増やし、家全体の各部屋の風量の調整をします。

IMG_1895.JPG

IMG_1892.JPG

給気口の開閉パネルがスムーズに動くか確認です。

IMG_1902.JPG

IMG_1903.JPG


台所流し台のレンジファンとパナの電動給気シャッターが連動しているかも確認します。

IMG_1897.JPG

IMG_1896.JPG

孫には換気風量測定と流量調整を指導し、測定数値も自分の目で確認させると換気の重要性を認識したようです。

孫には換気計画、配管経路図、換気計算、メーカー発注手配、風量測定、流量調整、換気取り扱い説明まで一連の換気の実務が出来るまでこれから教えるのが私の仕事となります。

風量測定、流量調整が終了し、これで安心していお施主様に引き渡しができます。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 換気
この記事へのコメント
親子3世代に渡って事業が継承されていくのは素敵なことですね。
家族経営ならではのご苦労ももちろんあるとは思いますが、サラリーマンの私から見ると素敵な光景に見えます。
私はもう家を建ててしまったので半ばお宅探訪のような感じで楽しませていただいていますが、今後も益々のご活躍を祈念しております。
Posted by 去年家を建てた者です at 2021年03月16日 09:19
去年新築されたお施主様

コメントいただきありがとうございます。

去年の暮、長男と孫が訪れ、「爺ちゃんの仕事をしたい」と言われ、びっくりしました。

まさか孫が私の仕事に興味を持っているとは・・。

私は建築関係の仕事を53年、その中で高気密高断熱住宅関係の仕事を30年しています。

断熱、気密、換気、冷暖房計画の4大要素のレベルを上げ、どこの部屋へ行ってもヒートショックのない、寒くない、暑くない、結露しない、定量換気が計画通り回っている健康的な住宅は奥深く、まだまだ勉強しなければならない分野の仕事です。

孫に教え込めるかこれからですよ。でも親子、孫の3代で仕事が出来ることは幸せです。
Posted by 福田温熱空調 at 2021年03月16日 10:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188482650

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック
プロデュース