2021年04月06日

岐阜県羽島市江吉良町で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_7949.jpg

3月10日は 岐阜県羽島市江吉良町で
鞄n辺建設 プラスホームさまの
現場の気密測定(完成)を行いました。

今回は少しマニアックですが
完成で出来る気密処理を
書いてみました。

IMG_7945.jpg
IMG_7941.jpg

南面に大型サッシを配置した
明るいリビング。

IMG_7944.jpg

リビングに隣接する
和室からはイ草の
いい香りがしました。

IMG_7942.jpg

縁側がぽかぽかで暖かい。
贅沢な空間です。

IMG_7937.jpg

換気システムはジェイベックの
グリーンファン(セントラル第3種換気)。

2階の床下点検口を開けると
本体が見えますので
掃除がとても楽です(^^♪

IMG_7946.jpg

キッチンに収まるのは
ガスレンジ。
渡辺建設さまではガスレンジの
採用率が高いです。

IMG_7927.jpg

今回は完成気密ですが
レンジファン内部の気密処理を
提案させて頂きました。

写真はレンジファンの
化粧カバーを外した状態。

通常、天井に開口があり
そこから蛇腹のダクトを下ろしますが
この現場は壁側に開口がありました。

IMG_79207.jpg

どこを気密処理するかというと
レンジファンに繋がる
ダクトのボード開口部。

IMG_7928.jpg

実はレンジファンONで
この開口(ボード開口)を通じ
壁の中や階間、間仕切り壁の
空気を引っ張ります。

IMG_8607.jpg

ホンマかいなと思われた方。
コンセントや照明スイッチのカバーを取り
手を当てて レンジファンを
ON、OFFしてみてください。

それにより壁から出てくる風が
連動すると思われます。

IMG_8603.jpg

ちなみに自宅はレンジファンONで
ダウンライト(昔のタイプ)の隙間から
めちゃくちゃ風が出ていました。

そこでダクト周りをしっかり気密処理し
効果があったので皆さんにお勧めしています。
(レンジファンONで隙間から風が出なくなった)

また、自宅はこの気密処理で
C値が0.1cm2/m2以上 改善した
結果が出ています。

IMG_7931.jpg

おっと話を戻します。

監督さんにより開口部を
隙間なく気密処理してもらいました。
もし気密処理する場合は
経年劣化に強いテープを使いましょう。

IMG_7930.jpg

レンジファン内部も
しっかり気密処理。(これ大切!!)
また、機械本体の放熱に関係ない
サービスホール(穴)や隙間なども埋めてもらいましたよ。

これによりレンジフードONで
壁の中の空気を引っ張らない上、
気密も上がり、レンジフード本来の
性能を発揮すると思います。
(壁の中など余計な所の空気を引っ張らないため)

★ なぜレンジファン内部を気密処理するのか?(おさらい)

@ 機械本体の気密がまったく取れていないため
  レンジファンONで機械やレンジファンの
  ボックスの隙間から空気を引っ張る。 

A レンジファン内が負圧になり
  ボード開口(ダクト周りの穴)から
  壁の中の空気を引っ張る。

B 階間、壁内、屋根などに外と繋がる
  穴があるとそこから空気を引っ張る。(躯体の気密と密接

その他にも外から引っ張る穴が
ありますが、マニアックになり過ぎるので
今度詳しくやりたいと思います。

IMG_7924.jpg

それでは測定します。
完成気密の結果はいかに...。

IMG_7925.jpg


C値 = 0.27cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_7926.jpg

測定結果に 渡邉社長はとても喜び
詳細結果を確認されていました。

たしか、ここの中間気密は
C値 = 0.24cm2/m2でした。
0.03cm2/m2しか落ちていません。

渡辺建設さまの完成気密の
記録更新です。

IMG_7929.jpg

今回のレンジフード内の気密処理
いかがだったでしょうか。

自分の中では住み始めてからでも
できるパフォーマンスの高い
気密処理だと思います。

デメリットは無いと思いますが
もしされる場合は自己責任で
お願いします(^^♪ 

【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188544000

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック