2022年03月02日

福井県坂井市丸岡町で気密測定


稜です。

写真 2022-02-25 7 55 54.jpg

2月25日は福井県坂井市丸岡町で
鰹ャ澤工務店さまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-02-25 8 01 59.jpg

写真 2022-02-25 7 59 39.jpg

中に上がります。

写真 2022-02-25 8 00 41.jpg

写真 2022-02-25 8 00 51.jpg

屋根と壁の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-02-25 8 01 19.jpg

サッシはYKK APW330と430。
どちらも樹脂トリプルガラスですが、
APW330は真空トリプルガラス
となっています。

写真 2022-02-25 8 01 36.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りはコーキングと
テープで気密処理してあります。

写真 2022-02-25 8 08 28.jpg

お風呂の配管貫通部です。
隙間にまでしっかりと
コーキングが入っていますね。

写真 2022-02-25 8 18 00.jpg

こちらの現場は基礎断熱なので、
水抜き穴などもしっかり
チェックしなければなりません。

スカスカのように見えますが、
ちゃんと内側で気密処理を
しているそうです。

写真 2022-02-25 8 22 57.jpg

サッシ周りに少し怪しい箇所が
ありましたので、
コーキングで気密処理をします。

写真 2022-02-25 8 29 00.jpg

チェックが終わりましたので、
測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-02-25 8 51 47.jpg

C値=0.040cm2/m2の
ウルトラ気密です!
表示は四捨五入により0.0cm2/m2!

写真 2022-02-25 8 54 01.jpg

既に素晴らしい数値ですが、
C値改善作業(隙間埋め)
を始めます。
玄関下端から漏気が
感じられましたので、
コーキングで漏気を止めます。

写真 2022-02-25 8 55 26.jpg

写真 2022-02-25 8 56 09.jpg

梁の付近に怪しい隙間が。
手を近づけてみると
少し漏れを感じましたので、
ウレタンを詰めて気密処理します。

写真 2022-02-25 8 57 11.jpg

写真 2022-02-25 8 57 41.jpg

吊木のまわりに隙間があって、
少し怪しい感じです。
こちらもウレタンで埋めました。

写真 2022-02-25 9 00 52.jpg

スリーブの貫通部から、
漏気がありました。
狭い箇所でしたが、
漏気が止まるまでしっかりと
気密処理をしていただきました。

それでは再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-02-25 9 27 49.jpg

C値=0.036cm2/m2の
ウルトラ気密です!
表示は四捨五入により0.0cm2/m2!

写真 2022-02-25 9 34 14.jpg

この結果に、
立ち合いされた監督さんと
大工さんは喜んでいるご様子でした。

今回のC値改善作業では、
αA (家全体の隙間面積)が
結果的に1cm2しか
良くなっていないようです。
体感的にはもっと良くなっている
だろうと思っていたので少し悔しい。

恐らくこれは、
改善で隙間が埋まった分
他の箇所から引きやすく
なったのだと思います。
例えばこの現場の場合、
引き違いの掃き出し窓が
2か所ありましたので、
そこから引きやすくなったのかと。

あまり数値は改善されませんでしたが、
とっても素晴らしい気密。
寒かった冬も終わりかけですが、
次に冬を迎えたときは
とても快適で暖かいお家と
なっているでしょうね。
【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189359512

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック