2022年03月08日

石川県金沢市金石で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6148.jpg

1月19日は 石川県金沢市金石で
トラスト住建鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_6153.jpg

2階リビングの設計。

断熱材は 屋根・壁・床ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_6154.jpg

勾配天井の仕様でしょうか。

2階の天井が高く
キャットウォークが
設けられていました。

IMG_6165.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

サッシ周りは気密テープに
よる気密処理。

柱や間柱のジョイントにも
気密テープが貼られています。

IMG_6150.jpg

サッシ屋さんが
サッシ調整をされています。

測定時にサッシ調整すると
サッシ本来の性能を
引き出し易いです。

IMG_6152.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_6155.jpg


C値 = 0.24cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_6159.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

玄関ドアの下端から
漏気あり。
ウレタンを充填しました。

IMG_6164.jpg


おっと玄関ドア周りの
気密処理がされてない。

一般的に ...
窓周りは気密処理しているが
玄関ドア周りは忘れがちです。

IMG_6160.jpg

漏れは感じなかったですが
玄関框と剛床の取り合いに
気密テープを貼りました。

IMG_6163.jpg

そう言えばこの現場
引き違いサッシが7箇所ほど
採用されていました。

IMG_6169.jpg

サッシを調整してもらってますが
気密性の高い APW430と言えど
構造上レールの辺りから
漏気しやすく
気密的には不利になります。

IMG_6168.jpg

後はひたすら
気密テープ貼り作業。

ボルト穴や ...

IMG_6162.jpg

間柱の取り合い、
入隅にも
気密テープを貼りました。

IMG_6171.jpg

『ヒュ〜 ... 』
サッシ調整をして
もらっているのに
測定器で減圧すると

『ヒュ〜 』と漏気する音がします。

IMG_6163.jpg

何度か調整してもらっても
ヒュ−が消えない。

IMG_6170.jpg

なんでだろう?と調べた結果
サッシ枠を固定するねじ穴が
開いたままでした。

ここから微量な漏気があったため
音が発生していた模様。

IMG_6176.jpg
IMG_6174.jpg

すべてのねじ穴に
キャップをはめました。
すると音がピタッと止まりましたよ。

さてさて、気になる
C値改善後の測定結果は...。

IMG_6180.jpg


C値 = 0.20cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_6179.jpg

立ち合いされた監督さんは
少し悔しそうに結果を
確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
35cm2 → 30cm2 と
5cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.52 → 1.35 と大きく改善。

IMG_6177.jpg

無くすと危険
ねじ穴キャップは絶対必要。
と思った測定でした。

【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189372650

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック