2022年08月11日

石川県白山市村井町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9221.jpg

7月5日は 石川県白山市村井町で
ハンズスタイル鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9222.jpg
IMG_9233.jpg

この現場は2世帯住宅の模様。
2階は 若夫婦の居室でしょうか。

IMG_9234.jpg

2階のリビングは天井高で
勾配天井の仕様です。

IMG_9235.jpg

連窓から見える景色は
青々としたみどり。

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_9231.jpg

サッシ周りは気密テープで
気密処理されていました。

IMG_9232.jpg

断熱材は天井がサーモウール(羊毛)。
壁の断熱材はパワーマックス。

それらの断熱材を
タイベックスマート(気密シート)に
充填して気密処理。

IMG_9237.jpg

換気システムはジェイベックの
セントラル換気のグリーンファン。

壁付けでメンテナンスし易い
位置に設置。

IMG_9225.jpg

それでは 測定します。
気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_9250.jpg


C値 = 0.29cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_9275.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

定番の玄関ドアの下端から
漏気あり。ウレタンを充填しました。

IMG_9239.jpg

電子錠の配線回りに
ウレタンを注入。

IMG_9245.jpg

漏気しやすいのが
土間にのったサッシ。
土間なので気密処理がむずかしい。
入隅にウレタンを入れました。

IMG_9276.jpg

エアコンのスリーブ周りを
ウレタンの気密強化。

IMG_9248.jpg

同様にレンジフードのダクト周りも強化。
ここらは漏れやすいので
2重3重で気密処理して
損はありません。

IMG_9254.jpg

梁のほぞ穴です。
伝い漏れを誘発させるので
埋めておきましょう。

IMG_9266.jpg

金物はヒートブリッジにより
結露し易いです。
ウレタンで覆って対策

IMG_9270.jpg

ボルド穴も同様に埋めましょう。
場所によっては伝い漏れも
考えられます。

IMG_9268.jpg

気密シート貼りで難しいのは
間仕切り壁の中の処理。

柱、間柱、筋交いが入り組んでおり
気密処理が困難。
テープの浮きを押さえつつ
間柱の取り合いにテープを追加。

IMG_9264.jpg
IMG_9281.jpg

筋交いは伝い漏れを防ぐため
取り合いにウレタンを入れました。

さてさて、C値改善後の
結果はいかに...。

IMG_9283.jpg


C値 = 0.19cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_9284.jpg

測定結果に監督さんはとても喜び
結果を撮影されてました。

今回の C値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
49cm2 → 32cm2 と
17cm2 の隙間が埋まりました。

IMG_9287.jpg

C値的にちょうど0.1改善。
なかなかの改善量です。

これだから気密測定はやめられない。
2階の窓から良い景色を見ながら
そう思うのでした(^^♪


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189723038

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック