2022年09月06日

石川県かほく市大崎で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9689.jpg

7月21日は 石川県かほく市大崎で
ハンズスタイル鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9693.jpg

現場はハンズスタイルさまが
得意とする 2階リビングの設計。

IMG_9692.jpg

勾配天井の天井高で
開放的な空間。

IMG_9695.jpg

大開口の掃き出し窓から
大きなバルコニーに出られます。

IMG_9697.jpg

バルコニーは半分くらい
屋根がある模様。

人目を気にせずバーベキューが
楽しめそうです(^^)/

IMG_9712.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

サッシ周りは気密テープに
より気密処理されていました。

IMG_9699.jpg

断熱材は天井がサーモウール(羊毛)。
壁の断熱材はパワーマックス。

IMG_9700.jpg

それらの断熱材を
タイベックスマート(気密シート)に
充填して気密処理。

IMG_9698.jpg

換気システムはジェイベックの
セントラル換気のグリーンファン。

壁付け設置で掃除や
メンテナンスが楽ちんです。

IMG_9703.jpg
IMG_9704.jpg

配管類の気密処理が
すごく丁寧。

配管1本1本にスペースを取り
コーキングで気密処理。

IMG_9707.jpg
IMG_9709.jpg

玄関周りは基礎と土台を覆うように
ユラソール(気密テープ)で気密処理。

IMG_9705.jpg

この気密処理は天井(2階の床)と
梁の取り合い。
ウレタンで気密処理されており
縦の返しもありました。

これは梁と床の間の
伝い漏れを防ぐ処置。

高い気密レベルの現場では
必須?とも言えるくらい
よく見かけます。

IMG_9725.jpg

それでは ...
測定前に測定器で減圧して
C値改善(隙間埋め作業)を開始します。

玄関ドアと土台の
取り合いから漏気あり。
気密テープで押さえました。

IMG_9724.jpg

稜(息子)がマトリクスの
ポーズで気密処理しています。

玄関框の継ぎ目から
漏気があった模様。

IMG_9717.jpg

玄関ドアの配線回りに
ウレタンを吹いて気密強化。

IMG_9713.jpg

柱周りはテープで気密処理
されていましたが
ウレタンを吹きました。

IMG_9721.jpg

エアコン用のスリーブまわりを
ウレタンで気密強化。

IMG_9714.jpg

エアコンを付けるか?迷う場合は
先行配管でスリーブ(筒)を
入れることをお勧めします。

スリーブを入れない場合
家電量販店さんのエアコン工事で
気密が悪くなることがあります。

壁の中の内情を知らず
ホールソー等で壁に穴を開けて
配管を通しますので...。
ご注意ください。

IMG_9702.jpg

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_9722.jpg


C値 = 0.12cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_9726.jpg

測定結果に監督さんは
「がんばり過ぎました。
 気密のハードルを上げる
 つもりはないのに...」と
喜ばれて?いました。

αA(家全体の隙間面積)は
15cm2(3×5cm)。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.25。

IMG_9693.jpg

気密シート貼りの仕様で
0.12cm2/m2 は かなりのスペック。

完成気密とバルコニーの仕上がりが
楽しみです(^^♪


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189789183

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック