2022年09月23日

石川県金沢市中村町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0394.jpg

8月22日は 石川県金沢市中村町で
活タ藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0401.jpg

監督さんが清掃されていました。
現場がきれいだと気持ちいいし
施行もしやすいです(^^♪

IMG_0402.jpg

柱は4寸。
1階は柱や筋交いが
多い印象。

IMG_0447.jpg

2階リビングの設計。
吹き抜けや勾配天井がある
開放的な空間。

IMG_0418.jpg

大屋根がロフトになっています。
なかなか広いロフトでした。

IMG_0417.jpg

断熱材は屋根、壁、床ともに
旭ファイバーグラスの
アクリアα36kg (グラスウール)。

断熱材の充填後、室内側に
気密シートを貼った仕様。

IMG_0434.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_0435.jpg

サッシ周りはユラソール(気密テープ)
にて気密処理。

IMG_0400.jpg

剛床の取り合い、柱周りも
ユラソールで気密処理。

IMG_0403.jpg

玄関周りや...

IMG_0409.jpg

お風呂周りの取り合いも
ユラソール。

IMG_0428.jpg

気密シートのジョイントはもちろん
梁や胴差、柱周りの取り合いも
ユラソール。

IMG_0406.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0422.jpg


C値 = 0.076cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_0425.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

ここは玄関ドアの下端。
こんなにテープが貼ってありますが
微細な漏気を確認しました。
追加で気密テープをはりました。

IMG_0432.jpg

お風呂の配管まわりから
漏気を確認。

ウレタンの量が多くても
隙間があれば漏れるので
こればっかりは測定器で
減圧してみないとわからない。

IMG_0408.jpg

あれ、めずらしく梁と天井の取り合いに
気密テープが貼られていない。
と思ったら... どうやら化粧梁の模様。

IMG_0429.jpg

そんな梁に手で当てると
若干だが漏気を感じる。
悔しいですがここは触れない(このままの仕上げだから)。

IMG_0427.jpg

「ちょっと漏れとるわ...」
掃き出し窓からも漏気あり。
引き渡し前に調整してもらうことに。

IMG_0443.jpg

あとはひたすら
テープの浮きを押さえて
まわりました。

IMG_0446.jpg

とくにシートとシートの
ジョイント部分の浮きは
漏気に繋がる可能性があります。

IMG_0438.jpg

浮きはシートのシワに
出来やすいのでシワがある部分を
チェックするのも良いでしょう。

IMG_0440.jpg

浮きを押さえても
のちに不陸すれば意味がありません。
その場合は上からテープで
押さえましょう。

IMG_0445.jpg

見えますか?
梁下のテープが浮いているのが。
いろんな角度でテープの状態を
確認しないといけません。あたたた 首が...

さて、気になるC値改善後の
結果はいかに...。

IMG_0448.jpg


C値 = 0.067cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_0450.jpg

測定に立ち合いされたお施主さまは
とても喜び、詳細を確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
8cm2 → 7cm2 と
1cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.15 → 1.14 と 0.01改善。

IMG_0418.jpg

高い気密レベルから
改善するのは ホント難しい。

特に気密シート貼りの工法は
テープの浮きを地味に押さえることが
改善に繋がる。

約1時間半で約1cm2 の改善。
でも改善すると嬉しいものです(^^♪


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189822019

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック