2022年10月07日

福井県鯖江市落井町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_0939.jpg

9月27日は福井県鯖江市落井町で
伊藤瑞貴建築設計事務所さま監修、
サカイ建設不動産鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0943.jpg

IMG_0941.jpg

現場は平屋の大きな物件。

南面の大開口サッシから
光が差し込む明るい室内。

IMG_0960.jpg

圧巻なのが屋根。

IMG_0955.jpg

大屋根の部分に見える
垂木(大垂木)はあらわしで
このままの仕上げです。

まるで店舗の設計。
上棟に3日かかったのが
頷けます。

IMG_0956.jpg

屋根の断熱はネオマフォーム。
気密は屋根側で取ってある模様。

IMG_0944.jpg

壁の断熱は
ウレタン吹付断熱。

IMG_0957.jpg

間柱と梁の取り合いを
コーキングで気密処理。

IMG_0965.jpg

掃き出し窓からは
緑豊かな風景が眺められました。

サッシは リクシルのTW。
アルミ複合ペアガラス。

IMG_0966.jpg

サッシ周りは気密テープと
コーキングにより気密処理。

IMG_0961.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0940.jpg


C値 = 0.56cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.6cm2/m2。
IMG_0949.jpg

今回の測定にはインターンシップで
学生さんが勉強に来られていました。
将来、建築業に付く予定のこと。

気密の必要性 や 高気密化のメリット、
測定にかかる時間 や どこを気密処理
した方がよいか?などなど
ビルダーさん顔負けで
いろんな質問を受けました。

彼女は将来、リノベーションの方面で
活躍したいようです。

IMG_0952.jpg

脱線しましたが
C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

2階の床と梁の取り合い部分を
コーキングで気密処理。

IMG_0953.jpg

季節的にだいぶ涼しくなってきましたが
現場はまだ汗だくで作業してます。

私は写っていませんが
監督さんの横で気密処理してました。

IMG_0963.jpg

ロフトはめちゃくちゃ広く
キャッチボールが出来そう。

IMG_0964.jpg

ネオマフォームのジョイントに
気密テープを貼ったり
コーキングを入れたりと攻めました。

IMG_0946.jpg

狭い箇所の取り合いに
体を小さくして
コーキングを打たれてます。

気密って小さな作業の
積み重ねなんです。

さて、気になる
C値改善後の結果は...。

IMG_0950.jpg


C値 = 0.53cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_0954.jpg

立ち合いされた設計士さんは
会社の基準をクリアしていることに
ほっとされていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
95cm2 → 91cm2 と
4cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値)は
1.61 → 1.58 と少量ですが
隙間風が入り難い特性に改善しました。

IMG_0960.jpg

大屋根の大垂木は 店舗のような
非日常的な空間づくりを担うとともに
構造材としてもガッチリと効いている模様。

とても素敵な現場でした(^^♪


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189846676

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック