2022年11月24日

富山県富山市婦中町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_1715.jpg

11月1日は富山県富山市婦中町で
すぎはら建築工房さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_1717.jpg
IMG_1719.jpg

現場は断熱材のグラスウールを
壁に充填している最中。

掃き出し窓から手入れされた
庭木を眺められました。

IMG_1722.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
アクリアウール。

IMG_1720.jpg

チクチクしない生の
グラスウールです。

IMG_1727.jpg

外壁にはフェノバボードを
貼った付加断熱仕様。
防水シートに隠れて見えませんが...。

IMG_1737.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_1738.jpg

サッシ周りはウレタンで
気密処理されていました。

IMG_1741.jpg

ここは基礎断熱の仕様。
基礎に貼られた断熱材は
ミラーフォーム。

断熱材のジョイント部分、
土台と断熱材の取り合いは
ウレタンで気密処理。

IMG_1724.jpg
IMG_1725.jpg

屋根の断熱材は充填前。
要所要所にウレタンで
気密処理されてました。

IMG_1740.jpg

下屋に貼られた面材。
吉野石膏のEXハイパー。
面材として壁にも貼られています。

ジョイント部分、梁との
取り合い分は気密テープと
ウレタンにより気密処理。

IMG_1718.jpg

最近、このEXパイパーを
よく見かけます。

面材として強いし
耐水性に優れいるのに透湿するし
プレカットに対応してくれるし
売れるのがわかります。

IMG_1732.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_1733.jpg


C値 = 0.082cm2/m2の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_1729.jpg

それでは C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

気密漏れで定番の
玄関周りの基礎と土台の
取り合いから ...
そこそこの漏気あり。

社長にウレタンを
充填して頂きました。

IMG_1724.jpg

その他の漏気箇所がないか
チェックしましたが... 見つからず。

気密処理は基本、外側の面材で
取られており、屋根まわりは
上棟時に気密処理されている模様。

さてさて、再測定です。
その結果は...。

IMG_1734.jpg


C値 = 0.064cm2/m2 の超々高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_1736.jpg

測定に立ち合いされた
お施主さまのご家族は
とても喜ばれていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
9cm2 → 7cm2 と
2cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値)は
1.22 → 1.07 と隙間風が入り難い
特性に大きく改善。

IMG_1731.jpg

杉原社長もとても
喜ばれていました。

それもそのはず、0.064cm2/m2 は
すぎはら建築工房で最高値。
「どうしたら無理なく気密が出るか?」
試行錯誤しながら研究されていました。

この気密への拘りが
暖かい家づくりに繋がると
私は信じています(^^♪



【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189935099

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック