2013年11月18日

低炭素住宅の面倒な通風回数計算


IMG_5472.jpg

IMG_5473.jpg


福井の設計事務所さんから低炭素認定住宅の外皮U値計算と1次エネルギー消費量計算の依頼を受けました。すべて計算して提出すると、福井県土木部建築住宅課の審査官から、1次エネルギー消費計算の通風計画の通風回数の計算根拠を出してください、と指摘がありました。

通風回数とは、通風により夏場のエアコンの使用量を少なくしてエネルギーの消費量を減らそうというものです。

「通風を利用しないと」も申請できるのですが、計算結果が悪くなるので、窓があれば「通風あり」とした方が妥当だと思います。

一つ居室に2面に窓があればわりと計算は楽ですが、1箇所しかない場合は少し面倒です。

IMG_5468.jpg

その部屋の横にローカがあり室内の木製建具で仕切られて、そのローカの外に窓がある場合は通風可能開口面積を床面積で割り、「開口可能床面積比」を計算しなければなりません。

それぞれの外部に面する窓の開口可能床面積比、中仕切り建具の開口可能床面積比を計算し、床面積比は1/20以上多くないと不可となります。一つの部屋の2面に窓がある場合は床面積比は1/35以上と決められています。

IMG_5469.jpg


このパターンに当てはまらない窓の場合は難しい実行面積比の計算式でしなければならないのです。

IMG_5470.jpg


また「通風を確保する処置の有無の判定シート」で証明する方法もあります。

IMG_5471.jpg

今回は「面積比の表による確認」で計算し提出しました。

低炭素1次エネルギー消費量計算で面倒なのはこの通風回数計算です。
皆さんはここを「通風を利用しない」で申請しているようですが、やはり窓がある以上、実態にそった計算をすべきだと私は思います。

今回の低炭素認定住宅の外皮U値計算と1次エネルギー消費量計算で計算根拠書や図面、高効率設備機器の性能データーなど全部で40枚にもなりました。

IMG_5474.jpg


IMG_5452.jpg

低炭素計算は温熱Q値計算よりは楽にみえますが、このよう添付書類が沢山必要でかなり時間がかかります。
posted by 山男のつぶやき at 08:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 低炭素住宅
この記事へのコメント
低炭素住宅とかQ値計算とか、役所に提出なさる場合は、こんな複雑な計算があるのですね・・・

知りませんでした・・・。

頭がクラクラしちゃいますね(@_@)>

Posted by なっちゃん at 2013年11月18日 11:31
なっちゃん様

コメントありがとうございます。

住宅の温熱性能を高め、高効率の設備機器、エアコン、エコキュート、照明機器、換気などの省エネタイプの設備機器を使い、できるだけエネルギー消費量の少ないものを選んだ住宅に対して、国が住宅ローンの減税を借入金額の1%、10年間減税してくれる制度です。

仮に2000万円銀行から借りたとすれば、初年度は1%で20万円ですが、銀行は金利から先取りするので、おそらく10年後には1500〜1600万円ローン残金があると思います。
そうすると国からの減税は150〜160万円程度の減税になると思います。

これは本来毎年、サラリーマンなど、源泉徴収の所得から税金を払わなければならないところを、国が税金を引いてくれるのです。

施主様には大きなメリットです。

しかしこれだけの計算書と書類を提出し厳しい審査を受けた住宅だけしか認められません。

そう簡単に国は出してくれないのです。

また計算書や添付書は専門的な知識が入りますので、私のような温熱環境の仕事の所に頼まれる設計事務所、住宅会社、工務店さんが多いです。

国は毎年のように次から次と、省エネ住宅の支援を推進しています。

そのため、専門の私としても国の基準マニュアルをとり勉強しないこの仕事ができません。

勉強はこれでいいということはなく、一生が勉強ですね。
Posted by 山男のつぶやき at 2013年11月18日 14:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80832074

この記事へのトラックバック
最近のトラックバック