2018年10月15日

石川県能美市で公開気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8723.jpg

10月6日は、石川県能美市で 竃k製材所 ウィッシュホームさまの現場の
公開気密測定(完成)を行いました。

IMG_8700.jpg

IMG_8703.jpg

白を基調としたナチュラルでいい雰囲気のリビング。

IMG_8709.jpg

大開口の吹き抜けと間接照明がゆったりとした
空間を演出しています。

IMG_8710.jpg

吹き抜けを見上げるとシーリングファンが
ゆっくり回っていました。

IMG_8706.jpg

ひと息休憩できるカウンターがいいですね。

IMG_8708.jpg

さてさて、今日は公開気密測定です。
事前測定もない、ホントの1発勝負。

1538815101.jpg

お客さま立ち合いのもと、気密測定を開始しますが
気密が良過ぎて エラーが連発してしまいました。(-_-)

焦る気持ちを抑えながら、丁寧に測定しました結果...。

IMG_8717.jpg


C値 = 0.093cm2/m2 のウルトラ気密がでました。
(表示は四捨五入により、0.1cm2/m2)

いや〜 お客さんを目の前にして、興奮が止まりませんでした。
中間気密で 0.1cm2/m2を切る ウルトラ気密が出ることはありますが
いままで、完成気密で ウルトラ気密が出たことがなかったからです。
(ちなみに この現場の中間気密は C値 = 0.080cm2/m2でした)

いつか完成気密で C値=0.1cm2/m2を切る気密を測りたいと
思っていましたが、公開気密測定で出るとは...。

立ち合いされたお客さまには、少し興奮気味で気密について
いろいろお話させて頂きました。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年10月12日

富山県高岡市守護町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8677.jpg

10月5日は、富山県高岡市守護町で 轄造さまの現場の気密測定を
行いました。

IMG_8688.jpg

IMG_8675.jpg

中庭を囲むようなリビング形状のとても明るく現場でした。
家のシンボルでしょうか。アイアンの螺旋階段が取り付けられていました。

IMG_8689.jpg

螺旋階段側にも大型サッシが入っており
坪庭を眺めることができます。

IMG_8684.jpg

外から中庭を覗いてみました。
ガレージに繋がっている凝った形の中庭でした。

IMG_8680.jpg

外回りの配管の目張りからチェックします。

IMG_8681.jpg

暑さが少し戻ったためか、配管の目張りがかなり浮いていました。
そのまま測定すると悪いC値になるためしっかり目張りしました。

IMG_8697.jpg

配管周りの気密処理はしっかりされていました。

IMG_8679.jpg

基礎断熱でしたが合板の繋ぎと柱の立ち上がりを大工さんが丁寧に
気密テープで気密処理されていました。

IMG_8698.jpg

屋根、壁の断熱はウレタン吹付断熱。

IMG_8695.jpg

サッシは、YKK APW310。
サッシ周りはウレタンとコーキングでしっかり気密処理されたいました。

IMG_8694.jpg


気になる気密測定の結果ですが...。


IMG_8693.jpg


C値 = 0.41cm2/m2 と超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.4cm2/m2)


IMG_8686.jpg

大型の引き違いサッシがかなり多く採用されて 0.41cm2/m2は
とてもいい気密だと思います。

轄造さまの気密測定では大工さん、監督さんはもちろん
多くの社員さんが気密測定に立ち合いし、勉強されています。
これは出来そうでできない、すばらしいことだと思います。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年10月10日

小松市今江町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8653.jpg

10月4日は、小松市今江町で 竃k製材所 ウィッシュホームさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_8641.jpg

現場に入って、ちょっとびっくり。
セルロースファイバーの断熱と聞いていたのですが
断熱材が入っていません。

IMG_8640.jpg

監督さんに聞いたところ、お施主様の要望でセルロースファイバーを
入れる前に気密測定してほしいとのこと。
現状はダイライトに制震テープを貼って気密を取った状態。

IMG_8647.jpg

室内側はコーキングでしっかり気密施工されていました。

IMG_8644.jpg

配管まわりはウレタンで気密処理。

IMG_8651.jpg

サッシはYKKのAPW430。
APW431の大開口スライディングも採用されていたため
明るい室内でした。

IMG_8639.jpg


さて、気密測定の結果は...。


IMG_8650.jpg


C値 = 0.21cm2/m2 と超高気密でした。


お施主様は勉強されている方とお見受けしました。
これから気密シートを貼って、セルロースを充填すれば確実に気密が上がります。
これは断熱材を入れる前にしっかり気密を取ってほしいという
お施主様のメッセージだと感じました。

いや〜最近のお施主様はホントに勉強されていますね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年10月09日

福井県坂井市丸岡町で完成気密測定(引渡し前の測定)


こんにちは、健太郎です。

IMG_8665.jpg

10月5日は、福井県坂井市丸岡町で樺広地所さまの現場の完成気密測定を
行いました。

IMG_8631.jpg

玄関に入ると外観に合わせたブルーの壁紙が目にとまりました。
上がり框(あがりかまち)が低くて足腰に負担なくいい感じです。

IMG_8633.jpg

リビングはとても明るく、ナチュラルでやさしい色合いでした。

IMG_8670.jpg

隣接する和室では畳のいい香りがしました。

IMG_8673.jpg

吹き抜けではシーリングファンがゆったり回っています。

IMG_8669.jpg


さてさて、気密測定開始です。
中間気密測定では、C値=0.15cm2/m2と超高気密でした。
完成気密はいかに...。


IMG_8666.jpg


C値 = 0.23cm2/m2 と超高気密でした。(表示は四捨五入により0.2cm2/m2)


IMG_8667.jpg

この結果に立ち合いされたお施主様は大喜びされていました。
通常、中間気密から 0.3cm2/m2ほど落ち込むことが多いのですが
0.23cm2/m2と落ち幅が少ない すばらしい完成気密です。

これには監督さんの涙ぐましい気密施工があったと聞いております。
努力が気密に表れてお施主さまの笑顔に繋がりほんとうによかったです。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年10月03日

富山市清風町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8588.jpg

9月26日は、富山県富山市清風町でCONCEPT建築設計さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_8593.jpg

IMG_8590.jpg

サッシ屋さんがサッシの調整をされていました。
CONCEPT建築設計さまでは気密測定時にしっかり調整しますので、
サッシからの気密漏れがありません。

IMG_8608.jpg

吹き抜けと大きな引き違い窓から光が差し込む
明るい現場でした。

IMG_8595.jpg

外の配管の目張りですが、雨の影響か全体的に浮いていました。
気密漏れを防ぐためにもしっかり目張りしました。

IMG_8600.jpg

断熱材は内壁がアイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_8444.jpg

外壁はフェノバボードで断熱。
内外のダブル断熱施工。

IMG_8609.jpg

サッシはリクシルのエルスターX。
サッシ周りは気密テープでしっかり気密施工。

IMG_8601.jpg

基礎断熱ですが、配管まわりも気密テープを施工されていました。

IMG_8589.jpg

さて、気になる気密測定の結果ですが...。

IMG_8598.jpg

C値 = 0.065cm2/m2 とウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。
表示は四捨五入により 0.1cm2/m2。

IMG_8597.jpg

この結果に立ち合いされた、お施主様は大変喜ばれていました。

IMG_8599.jpg

αA(総相当隙間面積 → この家の隙間サイズ)は 12cm2。
大工さんが持っている木が、ちょうど3×4cmのその隙間のサイズ。
このところのCONCEPT建築設計さまの気密は
ヤバイくらいですね。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年10月02日

富山県中新川郡立山町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8561.jpg

9月27日は、富山県中新川郡立山町でイザットハウス富山店(ベストホーム)さま
の現場の気密測定を行いました。

IMG_8579.jpg

敷地内にとてつもなく大きなアンテナが建っていました。

IMG_8572.jpg

IMG_8571.jpg

大開口のサッシが多数採用されていたため、現場はかなり明るかったです。

IMG_8573.jpg

サッシは、YKKのAPW330。
緑の奥には立山連峰が見えました。

IMG_6002-753b9.jpg

断熱は外張断熱のネオマフォーム。

IMG_8564.jpg

外回りの配管の目張り(気密漏れ防止)をチェックしたところ
暑さと雨の影響でテープが浮いていました。

IMG_8566.jpg

テープの浮きを押さえるように塞ぎました。

IMG_8568.jpg


さて、気密測定の結果ですが...。


IMG_8567.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 と超高気密でした。(表示は四捨五入により0.1cm2/m2)

IMG_8570.jpg

営業さんはこの結果にひと安心して撮影されていました。
この現場のn値(隙間特性値)は  1.02 と
隙間の状態がとてもよかったです。

n値とは隙間の状態を表す特性値。
n値の範囲は1〜2で、2に近いと 単純開口(単純な穴)で
1に近づくほど、毛細管のように細く長い穴と言われています。

ただし、n値は直接気密性と関係はありません。
隙間の質みたいなものです。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年10月01日

白山市五歩市町で完成気密測定(引渡し前)


こんにちは、健太郎です。

IMG_8536.jpg

9月26日は、白山市五歩市町で 叶ン計木花家さまの現場の
完成気密測定(引渡し前の気密測定)を行いました。

IMG_8538.jpg

玄関に入ると無垢の木のベンチがありました。
靴を履くときに重宝しそうです。

IMG_8541.jpg

ふと見るとオシャレな洗面ボールがあります。
ししおどしのようなモノから水が出るようです。

IMG_8539.jpg

IMG_8551.jpg

LDKでは素敵なキッチンとリビング階段にこころ惹かれました。

IMG_8554.jpg

リビング階段上の吹き抜けでは、シーリングファンがゆっくりと
回っていました。

IMG_8557.jpg

壁はすべて珪藻土の塗り壁で木下社長とお施主様で塗られたようです。
とてもきれいに塗られていました。

IMG_8560.jpg

床のガラリはマーベックスの澄家DC(第一種換気)のモノ。

IMG_8542.jpg


さてさて、気密測定の結果ですが...。


IMG_8545.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 と超高気密でした。(表示は四捨五入により0.1cm2/m2)


IMG_8544.jpg

木下社長はうれしそうに写真を撮られていました。
引渡し前の完成気密測定で、0.13cm2/m2 はとてもすごいことです。
この冬、めちゃくちゃ暖かくなること間違いないでしょうね。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年09月28日

プレウオール工法で気密C値0.2


25日はアイフルホーム(潟Gスアイユー常陽)様の津幡町の気密測定でした。

IMG_6227.JPG

プレカット断熱パネルはウッドリンクのプレウオール工法です。

現場監督さんと設計士さんが立ち合いです。

この工法でとくに気密が漏れやすいところは天井桁間の断熱部分です。

この点大工さんも監督さんも熟知しておられ天井の木部と断熱材との取り合いはすべて丁寧にコーキングしてありました。

IMG_6215.JPG



もちろんサッシ周りは外部気密テープと室内側はすべてコーキングとウレタン充填されていました。

IMG_6217.JPG

床と壁の取り合いもコーキングです。

IMG_6216.JPG

測定数値は0.22cm2/m2(印刷は0.2)と素晴らしい気密C値でした。

IMG_6218.JPG

IMG_6225.JPG

IMG_6223.JPG

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年09月27日

金沢市粟崎町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8531.jpg

9月25日は、安藤建築事務所さまの 金沢市粟崎町の現場の
気密測定を行いました。

IMG_8518.jpg

現場に入るとデュポンのタイベックスマート(気密シート)が
とてもきれいに施工されていました。
ここほど美しい気密シート施工はそうありません。

IMG_8524.jpg

気密シートの施工には高性能気密テープ ユラソールがふんだんに
使われていました。かなり高価なテープですが、
施工後の接着がすさまじく、熱や日数の経過で浮いてこない
すばらしい気密テープです。

IMG_8512.jpg

断熱材は高性能グラスウール。

IMG_8509.jpg

サッシはYKKのAPW430。

IMG_8529.jpg


サッシ周りはもちろん、壁、天井の気密施工が丁寧で見惚れます。

IMG_8523.jpg

IMG_8522.jpg

吹き抜けがやたら明るいと思ったところ、
かなり大きい天窓が付いていました。

IMG_8519.jpg


さてさて、気になる気密測定の結果ですが...。


IMG_8532.jpg

C値 = 0.11cm2/m2の超高気密でした。(表示は四捨五入により0.1cm2/m2)

いや〜 とうとう出ましたね 安藤社長。

気密シート&グラスウールで 0.1cm2/m2出すのは むずがしいと言われてきましたが
前回、前々回と 0.16cm2/m2(四捨五入0.2cm2/m2)が2度続き、
今回が 0.11cm2/m2と すばらしい値です

これはひとえに手間を惜しまず、丁寧に気密施工された結果ですね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年09月25日

富山県小矢部市泉町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8431.jpg

9月19日は、富山県小矢部市泉町でCONCEPT建築設計さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_8437.jpg

IMG_8436.jpg

現場は大きな引き違い窓と大きな吹き抜けがある
とても明るい家でした。

IMG_8440.jpg

CONCEPT建築設計さまの気密測定では、毎回サッシ屋さんが立ち合い
サッシ調整して頂いています。測定時でないとサッシからの気密漏れが
わからないからです。(とくに小さな気密漏れ)

IMG_8466.jpg

断熱は内壁がアイシネンのウレタン吹付断熱。
断熱材の隅の部分からの気密漏れを防ぐために
すべての部分に気密テープが貼られていました。(これはすごいことです)

IMG_8459.jpg

写真は玄関ドアの配線の気密処理。
配線の処理がとてもビューティフォーです。

IMG_8444.jpg

外壁はフェノバボードで断熱。
内外のダブル断熱施工ですね。

IMG_8462.jpg

サッシはリクシルのエルスターX。
サッシ周りの気密施工もとても美しかったです。

IMG_8438.jpg


さて、気になる気密測定の結果ですが...。



IMG_8457.jpg


ん!


IMG_84571.jpg


C値 = 0.048cm2/m2 のウルトラ気密でした。

C値の表示は、四捨五入により なんと 0.0cm2/m2!!!
まじめに3度ほど確認しました。

測定エラーなど無く、αA = 12cm2。
数度の計測が近似値であったことから
まちがいなく正常値です。


IMG_8469.jpg

印刷した通気量グラフは とんでもないことになっていますが
5点取った通気量はバラツキが無く安定しています。

IMG_8456.jpg

この結果に立ち合いされたお施主様はとても喜んでおられました。

大工さん、監督さん、サッシ屋さん、私も含め
とてつもない気密が出たことにとても興奮しました。

いつか出ると思っていた、C値=0.05cm2/m2以下の気密。
100mを9秒台で走るような偉業だと思います。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年09月18日

石川県小松市今江町で気密測定(完成)


こんにちは、健太郎です。

IMG_8285.jpg

9月12日は、小松市今江町で 竃k製材所 ウィッシュホームさまの現場の
完成気密測定(引渡し前の測定)を行いました。

IMG_8302.jpg

となりの現場がにぎやかなのでふと見ると、隣も 竃k製材所 ウィッシュホームさまの
現場でした。いやぁ〜すごいですね。

IMG_8288.jpg

内見会用にコーディテートされたリビング。
北欧風の雰囲気がすてきですね。

IMG_E8296.jpg

気になるペンダントライトライトですが、
レトロな雰囲気の傘に、温かみがあるひかり。LEDなのかな?

IMG_8299.jpg

リビングにつながる和室は和モダンな感じ。

IMG_8291.jpg

さてさて、気密測定に戻ります。
この現場は中間気密測定でC値 = 0.11cm2/m2でした。
はたして完成気密はいかに...。

IMG_8306.jpg


C値 = 0.11cm2/m2 と超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.1cm2/m2)

IMG_8290.jpg

いや〜 中間気密と完成気密がまったく同じなんて...滅多にないです。
しかも、C値 = 0.11cm2/m2と すばらしい完成気密です。
冬はとても暖かい家になること間違いなしですね。

監督さんはこの結果にとても喜んで撮影されていました。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年09月13日

白山市北安田で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8267.jpg

9月11日は、潟tジタさまのモデルハウスの気密測定(完成)を
白山市北安田で行いました。

IMG_8268.jpg

この北安田南部は住宅会社各社のモデルハウスが立ち並ぶ区画のようです。
ゆとりがある玄関まわりがいい雰囲気です。

IMG_8260.jpg

玄関に入ると手入れされた中庭が目に入りました。
照明がなくても足元に明るい光が差し込みます。

IMG_8270.jpg

リビングにはゆったりとしたソファーと低めに浮いたテレビボード。
間接照明がいい雰囲気です。

IMG_8274.jpg

IMG_8273.jpg

ダイニングキッチンでは大きなサッシから中庭が見えます。
その中庭にあるウッドデッキがリビングとダイニングを繋げ、とても広々としていました。

IMG_8272.jpg

ダイニングの端に素敵なカウンターがありました。
家事の合間の休憩やネットで調べものするのにとても良さそうです。

IMG_8261.jpg

さてさて、仕事に戻ります。

このモデルハウスは中間気密測定ではC値 = 0.47cm2/m2 でした。
(計算上、四捨五入により0.5cm2/m2)

はたして完成気密はいかに...。


IMG_8265.jpg


C値 = 0.42cm2/m2 と高気密でした。(表示は四捨五入により 0.4cm2/m2)

おどろくべきは、中間気密より気密が上がっていたことです。
通常は中間気密より、0.3cm2/m2前後 気密が落ちるのです。

大工さん、電気屋さん、配管屋さんが丁寧に気密施工した結果だと思います。
この結果に、立ち合いされた藤田社長と営業さんはとても喜ばれていました。



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年09月12日

気密測定器の修理


こんにちは、健太郎です。

IMG_8042.jpg

以前、気密測定中に気密測定器のスイッチが飛びだしてしまい、30分ほど測定を
中断してしまい、立ち会われたお客様にご迷惑をおかけしました。
その場は何とかスイッチを復活させて測定できましたが
そもそもスイッチの足がヘタッていましたので交換するしかありません。

社長に聞いたところ、修理には約5万円ほどかかってしまうとのこと。
5万円は高いし、修理に1週間くらいかかることから自分で直すことにしました。

IMG_8001.jpg

部品といえば石川県ではマルツ金沢しかない!と気密測定器のスイッチをお店で
探しましたが...ありませんでした。


IMG_8000.jpg


これはもうネットしかない!ということで業務後に
スイッチの形状とサイズをもとに探しまくりました。


約2時間半後 ...見つかりました!!


コーナー札幌さん(気密測定器の会社)の営業妨害をしたくないので詳細は書けませんが
もともとは海外の会社の部品(スイッチ)のようです。
取り寄せには1週間ほどかかりました。


IMG_8242.jpg

まず赤のスイッチですが、右が古いモノで左が新品です。
足が1本折れています。なんとか無理やり使っていましたがすぐにスイッチが
飛び出てしまいました。

IMG_8250.jpg

もう1つは青色のスイッチ。
右が新品で、左が古いモノです。(足が若干曲がっています)これもボタンの足が
ヘタっているためスイッチが飛び出てしまうことがありました。

IMG_8245.jpg

写真はスイッチが取れた部分を撮ったものです。
左側に小さなポッチがありますね。その上下のくぼみに長足をはめ込むように
取り付けることがわかりました。

IMG_8246.jpg

写真のようにスイッチの長足を左側にして、そっと差し込みます。
無理に差し込むとスイッチの足が曲がって THE ENDです。

IMG_8255.jpg

赤、青のスイッチを無事入れ替えできました。 修理代は1700円ほど。
動作検証も完璧です。実はスイッチが飛び出してからは気密測定器を2台持って
測っていました。

これで不安要素なく気密測定ができます。(^^♪
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年09月10日

富山県富山市町村で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8131.jpg

9月5日は富山県富山市町村で、轄造さまの現場の気密測定を行いました。

IMG_8135.jpg

IMG_8136.jpg

大きな引き違い窓があるリビングはとても明るかったです。

IMG_8132.jpg

この現場には図面上、坪庭がある仕様だったのでそれを探しました。
この日は台風の余波でまだ風が強く、その風が気密測定の邪魔になってしまいます。
坪庭だと風の影響を受けにくく、測定器の設置場所にうってつけなのです。

IMG_8133.jpg

坪庭に面する壁に小さな窓がありました。
気密測定器はできるだけ小さな窓に設置したほうがいいのです。
まさに気密測定するための完璧な窓でした(^^♪

IMG_8143.jpg

台風による豪雨などで外回りの配管の目張りが浮いていないかチェックしました。
目張りが浮いていると気密測定時に気密漏れしますので...。

IMG_8146.jpg

ほぼほぼ、このように目張りが剥がれていました。

IMG_8145.jpg

配管の脇から気密が漏れやすいのでしっかり目張りしました。

IMG_8134.jpg

室内の排水配管の目張りも浮いていました。
ここも塞がないと気密が漏れてしまいますので目張りし直しました。

IMG_8147.jpg

玄関土間まわりから気密漏れがありましたので大工さんにコーキングで
隙間を埋めてもらいました。

IMG_8137.jpg

断熱は屋根、壁ともにウレタン吹付。

IMG_8140.jpg


サッシはYKK APW310。
気になる測定結果は...。





IMG_8150.jpg


C値 = 0.291cm2/m2 と超高気密でした。(表示は四捨五入により0.3cm2/m2)

インナーガレージに接する引き戸から気密漏れがありました。
測定前に引き戸を調整すればC値に反映されたかもしれません。
ただ、坪庭などがある気密を取りにくい仕様で、0.3cm2/m2をよく切ったと思います。




posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年09月07日

福井県福井市西方で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8110.jpg

9月3日は、福井県福井市西方で 樺広地所さまの現場の気密測定を行いました。
本当は4日に測定する予定でしたが台風21号発生のため前倒しさせて頂きました。

IMG_8106.jpg

さてさて、外回りの配管の目張りをチェックしました。

IMG_8107.jpg

マーベックスの澄家DCの配管の目張りです。目張りはしっかりされていました。
配管周りはウレタンとコーキングで気密処理されていました。

IMG_8108.jpg

エコキュートの配管と電気の引き込みはウレタンで気密処理。室内側もウレタンと
コーキングで気密処理されていました。内外ダブルだと安心できますね。

IMG_8103.jpg

IMG_8126.jpg

IMG_8114.jpg

サッシはリクシルのサーモスX。
ここは延床面積が 230u 以上あるとても大きな現場で、気密に不利な大きな引き違い窓が
大量に採用されていました。

IMG_8123.jpg

断熱は壁がネオマフォームで屋根がウレタン吹付。

IMG_8104.jpg


気になる測定結果ですが...。


IMG_8120.jpg


C値 = 0.153cm2/m2 と超高気密の結果でした。(表示は四捨五入により0.2cm2/m2)


IMG_8122.jpg

この結果に監督さんはひと安心し、写真を撮られていました。
残念ながら大きな引き違い窓から気密漏れがありました。あれさえなければ
0.1cm2/m2が出てたかと思います。

可能であれば気密測定時もしくは測定前に、サッシ屋さんにお願いして
サッシ調整されるとさらにいい気密が出るかと思われます。




posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年09月06日

金沢市西金沢新町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8101.jpg

9月3日は金沢市西金沢新町で 樺部ジェイ・シイさまの現場の気密測定を
行いました。

IMG_8088.jpg

現場に入ってびっくり。めちゃくちゃきれいな現場です。

IMG_8098.jpg

大工さんが言うには、「現場が汚れるとすぐに清掃してしまう性格」とのこと。
それにしても、掃除機の大きさが半端ないです。これにも理由があり
「小さい掃除機だとすぐにゴミが一杯になり、ゴミを取り出す作業が増えるため
大きい掃除機を使っている」だそうです。

IMG_8099.jpg

工具類、細かな建材は玄関の脇に棚を作ってきれいに管理されていました。
玄関土間も物凄くきれいでした。

IMG_8094.jpg

気密が漏れやすい玄関ドアまわりはしっかり気密処理されていました。

IMG_8089.jpg

サッシはYKKのAPW310。

IMG_8081.jpg

断熱は壁、屋根ともにSPI断熱パネル。

IMG_8097.jpg


ゲアが結構あって気密施工が難しいですが、はたして...。


IMG_8085.jpg


C値 = 0.3cm2/m2 と超高気密の結果がでました。

やはり、現場がきれいな大工さんはいい仕事されますね。
いい仕事はやはりいい環境があってこそだと思います。




posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年09月03日

小松市大野町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_8018.jpg

9月1日は小松市大野町で 叶ン計木花家さまの現場の気密測定を行いました。

IMG_8025.jpg

測定前にいつもの通り、外回りの配管の目張りをチェックしました。

IMG_8021.jpg

配線配管の目張りがほぼされてない状態でした。
その日は雨が結構降っていましたので、濡れたままだとテープがくっつきません。
タオルで配管を拭きながらテープを巻きました。

IMG_8020.jpg

インターフォンの配管の目張りがよく忘れられるので
ご注意ください。

IMG_8035.jpg

室内を点検します。
おっと、ここは煙突のある現場でした。
設置場所が吹き抜けの上でしたが、なんとかしっかり目張りしました。

IMG_8032.jpg

大きな引き違い窓と吹き抜けがあるため、室内が明るくて助かります。

IMG_8045.jpg

サッシはリクシルのサーモスX。

IMG_8043.jpg

断熱は屋根、壁共にアイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_8034.jpg


気になる気密ですが...。


IMG_8040.jpg

ここでトラブルが発生!
測定中に停止ボタン(写真の1番下の赤ボタン)を押すのですが
押した瞬間、びっくり箱のようにバネと共にスイッチが飛び出してしまいました。

IMG_8042.jpg

取れた停止ボタン。
プラスチックの足がヘタっているのか、押し込んでもスイッチが効きません。
当日はお施主様立ち合いの気密測定だったため、かなり焦りました。
サッシ屋さんに助けて頂いて、30分後になんとか復帰。


今度こそ、気密の結果ですが...。


IMG_8041.jpg


C値 = 0.082cm2/m2 とウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。
表示は四捨五入により、C値 = 0.1cm2/m2。


IMG_8038.jpg

この結果にお施主様はとても喜ばれていました。
スイッチの不調により、測定に時間がかかってしまい申し訳ありませんでした。
気密がとてもよかったことが、せめてもの救いになりました。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年09月02日

新潟上越で気密測定


31日は新潟県上越市で気密測定でした。久しぶりに遠距離出張の気密測定です。

妙高市の妙高建設蒲lの上越の中間工事中の家の測定です。

IMG_6046.JPG

IMG_6044.JPG


耐震断熱パネル工法で基礎断熱で床下マーベックスの換気システム採用しておられました。

基礎換気の配管や給湯給水配管もしっかり目張りされています。

IMG_6038.JPG

IMG_6037.JPG


サッシはYKK APW330

IMG_6043.JPG


測定結果は0.2cm2と素晴らしい数値でした。

IMG_6041.JPG


IMG_6040.JPG


藤村専務さんも立ち合いされ、良かったとガッポーズです。

IMG_6039.JPG

大工さんが
「天井桁上断熱は小屋裏桁と断熱材に気密テープを貼り、室内側の下からも気密テープをはり気密テープをダブブル施工した。小屋裏だけだと夏の暑さで気密テープが浮いてくるので手間がかかるけどダブルにした」と話をしてくれました。

さすが気密工事に熟知した職人さんですね。

良い結果数値がでて、遠い上越市まで測定させていただいた甲斐がありました。









posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年08月31日

石川県河北郡内灘町向陽台で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_7978.jpg

8月27日は石川県河北郡内灘町向陽台でCONCEPT建築設計さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_7962.jpg

現場は大きな引き違い窓と吹き抜け空間があるとても明るい家でした。

IMG_7973.jpg

あと、小屋裏部分がとても大きく開放感がありました。

IMG_7967.jpg

今回はじめて見たのが、リクシルのエルスターXの上げ下げ窓。
上下のスライドやロックがとても軽く、これは気密に悪そうだな〜と思いました。

IMG_7969.jpg

ただし、内部構造を見るとモヘヤが大き目で気密を取るための
ゴム部分もしっかりしています。ちょっと期待できそうです。

IMG_7979.jpg

断熱材は外側がEPS32mm、内側アイシネン吹付のダブル断熱。

IMG_7960.jpg

床の合板の繋ぎ、柱の立ち上げはしっかり気密テープで気密処理。

IMG_7966.jpg

サッシまわりも気密テープで気密処理されていました。

IMG_7947.jpg


さてさて、気になる 気密測定の結果は...。


IMG_7955.jpg

C値 = 0.067cm2/m2 とウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。
表示は四捨五入により 0.1cm2/m2。

IMG_7956.jpg

この結果に立ち会われたお施主さまはとても喜ばれていました。
C値がすごいのはもちろん、隙間特性値 のn値 = 1.03がすごいです。
このn値(1〜2)は1に近づくほど隙間が小さいことを意味します。
研究熱心の左屏大工さんのがんばりですね。

それにしてもリクシルのエルスターXの上げ下げ窓をなめてました。
あんなにスライドとロックが軽いのに気密がいいなんて信じられません。
そういえば昔は大きい引き違い窓から気密漏れがよくありましたが
最近は漏れがありません。窓が進化しているのをすごく感じます。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年08月30日

石川県能美市荒屋町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_7911.jpg

8月27日は石川県能美市荒屋町で、竃k製材所 ウィッシュホームさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_7925.jpg

8月の後半に入りましたがまだまだ暑いですね。何もしていないのに汗がとめどなく
噴き出してきます。 
さてさて、まずはいつも通り外回りの配管の目張りをチェックしました。熱で微妙に
テープが浮いていました。測定ではそこから気密漏れしてC値が悪く出ちゃいます。

IMG_7926.jpg

気密漏れを防ぐために、テープをしっかり貼って目張りの浮きを止めました。

IMG_7923.jpg

配線配管が目張りされていませんでした。配線の隙間から気密漏れします。

IMG_7924.jpg

まとめ配管なので完ぺきではありませんが目張りさせて頂きました。

IMG_7943.jpg

室内の排水配管の目張りも熱で浮いていましたので
しっかり浮きを押さえて目張りしました。

IMG_7917.jpg

リビングは大きな引き違い窓がある、とても明るい現場でした。

IMG_7938.jpg

2階にも引き違い窓が多く採用されていました。

IMG_7940.jpg

サッシはYKKのAPW330。

IMG_7934.jpg

サッシ周りはしっかりコーキングで気密処理されていました。

IMG_7933.jpg

断熱材はセルロースファイバー。
セルロースファイバーがパンパンに充填されていました。

IMG_7914.jpg


気密測定の結果ですが...。


IMG_7945.jpg


C値 = 0.157cm2/m2 と超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.2cm2/m2)

IMG_7937.jpg


この結果に監督さんは安心して写真を撮られていました。

最近、台風が多発したり、強風により気密測定が出来なくなる
心配する日々が続きます。風が穏やかな日には感謝しなくてはいけませんね。(^^♪
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック