2018年06月18日

気密測定は気密改善するための測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_6835.jpg


6月14日は金沢市久安で安藤建築事務所さまの現場の気密測定を行いました。


IMG_6807.jpg


現場はタイベックスマートの気密シートが丁寧に貼られており
気密処理が必要な場所にユラソール(高性能気密テープ)が施工されていました。
以前、気密測定をさせて頂いた現場よりユラソールが多く使われています。


IMG_6826.jpg


断熱材は高性能グラスウール。
とにかく、気密シートが丁寧に施工されていて
とても勉強になります。


IMG_6828.jpg

サッシはYKKのAPW430。
サッシ周りもユラソールがしっかり施工されていました。

IMG_6822.jpg


配管まわりもユラソールで気密処理。
外壁に接続する柱まわりは極太コーキングとウレタン処理。


IMG_6805.jpg


ここでちょっと、気密測定について少しお話させてください。
私たち福田温熱空調の気密測定では、単に家の気密を測定するだけではなく
気密上げる(C値改善)お手伝い をさせて頂いています。

具体的にいいますと、気密測定器で室内を減圧する(弱い圧力で空気を抜く)ことにより
外から家の隙間を通じて空気が入ってきます
その空気の吹き出し口をお客様と共に探し、気密テープやウレタン吹付、
コーキング等で埋めて気密を上げていきます。

埋める作業はお客様にやって頂くのですが、そうすることにより
気密漏れしやすい箇所をお客様が認識し、次に建てられるときの
対策に繋がると考えます。


IMG_6806.jpg


安藤建築事務所さまの方々はとても勉強熱心で、気密測定で発見した隙間は
つぎの現場に活かして気密処理を施し、気密をどんどん上げられています。
毎回、その丁寧な気密処理に驚かせられます。

その気になる安藤建築事務所さまの気密測定の結果は...。


IMG_6817.jpg


C値 0.157cm2/m2と超高気密でした。(表示は四捨五入により0.2cm2/m2)
グラスウールの気密シート張りではトップクラスの気密です。

間もなく次の現場の気密測定があるようで
C値 0.1cm2/m2達成がたのしみです(^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年06月13日

外皮UA値0.24wの現場、気密測定


外壁セルロースファイバー330mm、屋根フェノールフォーム150mm、基礎断熱、基礎内外両面防蟻EPS各60mm、外皮UA値0.24w/m2・kの家の富山県射水市の中間工事中の気密測定をしました。

IMG_5374.JPG


元請けの井林建築社長さん(高岡市)は北海道に何度も行って勉強され、富山で一番温熱性能の高い住宅をやってみたいと話しをされていました。

外壁は柱、間柱桁、梁に耐力面材を外張しその外に気密シートを貼り、そしてそこから210mmの木下地を施工しセロースファイバー210mm、そしてタイベックシート張りでした。

室内側は120mmの柱間のセルロースファイバー120mmの仕様でした。

なんと壁の断熱330mm、サッシはシャノン樹脂トリプルガラスアルゴンガス入りでした。

IMG_5367.JPG

IMG_5368.JPG

IMG_5372.JPG


私が驚いたのは基礎の外と中の両面の防蟻ビーズ状ポリスチレンフォーム(EPS)60mmの断熱総厚み120mmなのです。

IMG_5380.JPG

IMG_5379.JPG

IMG_5377.JPG

北海道、東北では結構このような基礎高断熱はありますが、北陸でここまでしている会社はほとんどありません。

玄関ドアはガデリュウスの木製スウエドア、換気はスウエーデンの熱交換システム、屋根は太陽光発電とハイグレードでした。

IMG_5369.JPG

IMG_5370.JPG

IMG_5371.JPG


まだ壁のセルロースファイバーの断熱工事まで進んでいませんでしたが、井林社長はこの時点でどこが気密が漏れるか知したくて、私に気密測定をしてほしいということでした。

壁の断熱材なしで測定結果は0.3cm2/m2でした。

IMG_5387.JPG


井林社長と大工さんが測定結果を確認されていました。

IMG_5386.JPG

壁、室内側に気密シート張りして断熱材を充填するとたぶん0.1cm2にはなるように思います。

完成すればわずかの暖房で全室暖房できると思います。まさに無暖房住宅に近い温熱性能ですね。

もちろん壁に断熱材充填して、完成でも一度気密測定をします。

北陸でここまで先導的に温熱性能を追求している建築家の現場を測定させてもらい光栄です。





posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年04月03日

暖かな春の日の気密測定


健太郎です。

3/31は白山市でCONCEPT建築設計鰍ウまの
気密測定を行いました。
この日は春の日差しがとても暖かく気持ちの良い日でした。

IMG_5921.jpg

IMG_5915.jpg

大開口の吹き抜けが工事により、塞がれていましたがとても明るいLDKでした。

IMG_5912.jpg

サッシはリクシルのエルスターX。

IMG_5910.jpg

天井、壁の断熱はアイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_5914.jpg

若くて初々しいお施主さまが気密測定に立ち会われました。
CONCEPT建築設計鰍ウまの気密測定は、ほぼお施主さまが立ち会いされます。
気密に自信がないとなかなか出来ないことです。

IMG_5923.jpg

測定結果は0.1cm2/m2と超高気密でした。
とても良い気密にお施主さまは安心していたようです(^^♪

IMG_5920.jpg

大工さんはもちろん、電気屋さん、配管屋さん、サッシ屋さんたちが
気密に対して真剣に、ストイックに取り組んだ結果、良い気密に現れます。
本当にありがとうございました。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年03月01日

大阪、堺、三井ホームのお施主様から気密測定


28日は大阪府堺市の三井ホームのお施主M様から依頼され完成住宅の気密測定でした。

去年の10月ごろにM様から気密工事チエック箇所写真集が欲しいとメールをいただき、完成したので測定の依頼を受けました。

早朝出発、11時に現地に着、さすが三井ホームさんだけありカッコいいお家でした。


IMG_4437.JPG


測定はご主人様と奥様が立会確認されました。

IMG_4438.JPG


測定数値は0.458cm2/m2と完成住宅としては素晴らしい数値でした。

何でも現場工事中にM様は何度も現場に入り気密箇所をチエックされたそうです。

現場監督さんも、職人さんもお施主さまの熱心さに心うたれ、完成時でこれだけ良い気密C値が達成できたのだと思います。

自営業で田舎でほそぼそと温熱環境の仕事をしている私なぞに三井ホームさんから測定の依頼など来ることはありません。

それがお施主様から直接、測定依頼があったからこそ三井ホーム様の測定ができました。

とても光栄です。

このお家はとてもグレードの高い性能です。

また床がご主人さまの要望で無垢天然木目洗い出しフローリングで無木目浮き出しの歩行感がとてもいい感じでした。

IMG_4441.JPG

IMG_4442.JPG

IMG_4444.JPG

IMG_4443.JPG

壁は2×4でなく2×6工法で壁、ロックウール140mm、屋根断熱パネルEPS184mm、剛床フェノールフォーム90mm。サッシはYKK APW430樹脂トリプル、玄関ドアYKKイノベスト70、デンソーのセントラル冷暖房換気システムのハイレベル仕様でした。

温熱外皮UA値は計算しみないとわかりませんが、おそらくUA値0.35〜0.40Wになると思います。

大阪の先導的温熱5、6区分HEAT20のG2グレードに近い温熱性能だと思います。

断熱、気密、換気、冷暖房の4大要素の各レベルの高い温熱環境でした。

IMG_4445.JPG


M様、測定させていただきありがとうございました。




posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年01月22日

富山県上市で気密測定


健太郎です。
18日は富山県上市でイザットハウス富山店(ベストホーム)様の
気密測定を行いました。

金沢と違い、雪がほぼほぼ無く
予定より1時間以上早く到着しました。

IMG_5333.jpg

測定日がいい天気だと助かります。

IMG_5314.jpg

測定結果は0.1cm2/m2。これは四捨五入されてますので
実測値 0.093m2/m2と超高気密。

IMG_5317.jpg

IMG_5318.jpg

サッシはYKK APW330。
IMG_5316.jpg

外貼り断熱のネオマフォーム。
IMG_5310.jpg

IMG_5309.jpg

お施主さまは高気密、高断熱にまったく詳しくなく
お友達の家がイザットハウス富山店様で建てられ暖かかったこと
イザットハウス富山店 社長様のお人柄が良いことが
決め手になったようです。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年01月19日

インナーガレージのある家の気密測定


健太郎です。

16日はHANDS STYLE蒲lの気密測定でした。

IMG_5298.jpg


サッシはYKK APW330、丁寧な気密シート貼りで
良い数値が出てました。

IMG_5288.jpg

IMG_5291.jpg


二階正面が屋根勾配で大解放の窓ガラス。

IMG_5290.jpg

1階のリビング階段脇にある大きなガラスから
ガレージを眺めることができます。

こりゃ、階段に腰かけて酒を飲み
愛車を眺めてニンマリできますね。

IMG_5334.jpg
posted by 山男のつぶやき at 06:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年01月17日

鯖江で気密測定  健太郎


昨年の12月1日、福田温熱空調に入社しました
長男の福田 健太郎と申します。

23年間、システム関係の仕事しておりました。
今後は福田温熱空調を引き継ぐべく、身を粉にして
働きますので、よろしくお願いします。


16日は福井県鯖江市で中西工務店さまの
気密測定を行いました。

石川と同様、福井県も大雪に見舞われましたが
中西工務店様のがんばりで現場はすっきりときれいに
除雪されてました。

IMG_5285.jpg


断熱はウレタンフォーム吹き付けで
サッシは三協アルミのアルジオ。

IMG_5279.jpg

中西工務店の監督さんは数値がどうなるか
気にされていましたが、いい数値で安心していました。

IMG_5282.jpg


最近は強風で測定不能になりかけた日が多かったのですが
いい天気でよかったです。

IMG_5286.jpg
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2016年12月06日

間仕切り壁のシートの気密処理が抜群


気密シート工法で天井断熱は一番気密が難しいところは間仕切り壁と天井との取り合いのシートの張り方と電気配線回りです。

潟tジ創ホーム(高岡市)の富山の現場の気密測定で、この間仕切り壁の気密処理が抜群のきれいに施工されていました。

IMG_0667.JPG


よくあるのは間仕切り壁の中で天井のシートを重ねると、どうしても下地がないところなので重ねしろから漏れやすく気密がとれません。

ここの大工さんは間仕切り壁通して部屋の中の天井下地のところでシートの重ねをつくって、まったく間仕切りからの漏れがない気密処理をしていました。


IMG_0668.JPG

また電気工事屋さんは小屋裏からの電気の配線を何本もある線をまとめて束に間仕切り壁におろさず、1本1本をバラバラにして通し、周りを気密テープとコーキングのダブル安全処理をしていました。

IMG_0674.JPG


測定結果は0.3cm2/m2とシート貼り工法としては抜群の良い数値でした。

IMG_0666.JPG

IMG_0670.JPG

IMG_0671.JPG

IMG_0672.JPG

IMG_0675.JPG

さすが大工さんも電気屋さんも気密工事に熟知した超ベテランの職人さんです。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2016年11月21日

福井県大野市で高密度GWの高断熱高気密住宅の気密測定


19日(土)は咲蔵工房様(福井県勝山市)の大野市の現場の気密測定でした。

お施主様ご夫婦が立ち合いです。

IMG_0580.JPG

IMG_0578.JPG

施主様にお聞きすると、この大野市の出身で仕事の関係で全国を転勤されて最後は北海道札幌に6年ほど住まいされていたということでした。

周りを山に囲まれた大野盆地の地形の影響か北陸で一番寒いのは気象庁のアメダスデーターを見るとこの大野です。

北海道はもちろん大野より寒いが住宅は温かく、大野で北海道並みの暖かい家を望まれて咲蔵工房様にお願いしたそうです。

IMG_0576.JPG

咲蔵工房さんは北海道の断熱気密をかなり勉強されて北海道仕様の断熱材でした。

北海道から高密度のグラスウールを仕入れ、壁は高密度GW165mm、天井桁上断熱GW240mm、基礎断熱カネライトB−3 50mmです。基礎断熱なのですが、床に断熱補強としてGW80mmと北陸としてはかなりハイレベルな断熱仕様でした。

いずれも先貼りシート工法の気密シート貼りです。

IMG_0577.JPG

IMG_0581.JPG



気密測定の数値は0.6cm2とシート貼りとしてはとても良い数値でした。

咲蔵工房の別段社長さんは

「かなり細かいところろまで大工さんと念入りに施工したんだけどなあ、0.5cm2を目標にしたんだけど、やっぱり玄関引き戸かなとあ・・」

確かに玄関引き戸から、わずか風が入っていました。

私は「これをドアにするとおそらく0.5p2以下になっていたと思いますよ」

社長さんは

「これはお施主さんの要望でもあり、ドアより使い勝手を優先したので仕方ないかもね・・」

お施主様も立会、確認して安心されました。

私からは気密断熱住宅と人の健康についてを少し施主様にお話をしました。

施主様にブログ記事と写真を載せても良いですかとお願いすると、快くOKをいただきました。





posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2016年10月06日

住宅完成時で気密0.2cm2、素晴らしい!


4日はHANDS STYLE梶i金沢市)様の完成時の気密測定でした。

IMG_1924.JPG


中間工事中もいい数値で0.3cm2/m2でしたが、なんと完成で0.2cm2と中間工事中より良くなっていました。素晴らしいですね。

IMG_1919.JPG

IMG_1918.JPG

IMG_1922.JPG

IMG_1923.JPG

 
大工さんが終わった後工程の電気、配管、サッシ調整などの熟練の職人さんがいかに気密に真剣に取り組んで工事をされたかよくわかります。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2015年11月30日

0.07cm2、0.1cm2のウルトラ超高気密が続々


鰍bONCEPT建築設計様(金沢市)の野々市市と金沢市の高気密高断熱住宅の気密測定で超高気密0.07cm2/m2と0.1cm2/m2のウルトラ気密の測定数値でした。

CONCEPTさんは過去に0.06という最高の気密数値を出した会社ですが、今回もそれに次ぐ数値でした。

0.07の野々市市のお家の玄関ドアは高気密高断熱の木製ドアでした。屋根、外壁はアイシネンウレタン吹き付け、床は大引間押し出しポリスチレンフォーム、サッシはYKK樹脂サッシAPW430です。

P1030445.jpg


P1030452.jpg


P1030449.jpg

P1030448.jpg


 
測定器の記録紙は小数点第2位で四捨五入されるので0.1と印刷されていますが、実数値は0.07cm2です。

P1030440.jpg


P1030444.jpg


床と柱回り取り合いは床用気密テープでしっかり処理されていました。

P1030450.jpg


まだ換気のダクトの外壁の先行配管周りもウレタンの気密処理です。

P1030451.jpg


0.1の金沢のお家は屋根、アイシネン、壁はアイシネンとフェノールのダブル断熱、基礎の防蟻断熱でした。基礎断熱でありながら浴室基礎は外気の影響を受けないようにしっかり床下のスラブ上には全面に断熱材を施工しています。これはCONCEPTさんの並々ならぬ気密断熱の考え方がわかります。


P1030467.jpg


P1030466.jpg

 
P1030464.jpg

 
P1030460.jpg

 

玄関ドアはYKK、サッシはリクシルの樹脂サッシエルスターXです。ここのお施主様の希望でローヤル電機の熱交換システムの換気の配管が施工されていました。

 
P1030457.jpg

P1030456.jpg


P1030455.jpg


 
P1030459.jpg


 
P1030462.jpg

この金沢のお家の温熱計算を私がさせていただきましたが、外皮UA値は0.34w、Q値は1.3wです。

北海道や東北の先進的な住宅会社の性能レベルに近く、北陸の住宅会社としては非常に優れた住宅の温熱環境です。

施主様も立ち会いされました。

P1030453.jpg

 
お施主様に私の年間の冷暖房費の試算したものをお渡しました。

1年間の試算はエアコンで冷暖房した場合、暖房費11726円、冷房費6807円でした。これは局所でなく全室冷暖房費です。

お施主様も試算書を見てニコニコ顔でした。

気密測定をさせていただき、設計事務所、工務店、住宅会社、そしてお施主様にも私の温熱環境の話を熱心に聞いていただけると大変うれしいです。大げさ言い方ですが、これからもっともっと日本の住宅温熱環境を良くしたいです。
posted by 山男のつぶやき at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2015年07月31日

玄関片引き戸の気密性


昨日は福井県大野市で気密測定でした。

P1020424.jpg


総相当隙間面積が190cm2でした。

P1020419.jpg

P1020422.jpg


このお家の玄関は玄関片引き戸です。立会いされた会社の専務さんや現場監督さんが

「玄関引き戸から隙間風が入る、これを玄関ドアにすればよいのだが、お施主様の要望なので仕方がない。一度この玄関引き戸の隙間の影響を知るためにも、引き戸を目バリして測定して、引き戸の隙間がどのくらいなのか知りたい。目バリして測定してくれんか」
と言われました。


P1020423.jpg

サッシ、玄関ドア、引き戸など目バリの気密測定は違反行為ですが、今回特別目張りして測定してみました。

測定結果は158cm2でした。気密度が約17%向上しました。


P1020421.jpg

やはり玄関の引き戸は使い勝手はよいのですが、気密性が落ちます。

測定報告書はもちろん最初の190cm2で提出です。




posted by 山男のつぶやき at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2015年07月01日

施主様立会いで一発本番0.1cm2/m2の超高気密


昨日は潟Wュープラス様(富山市)の上市町の気密測定でした。

IMG_0230.JPG


お施主様が会社を休んでまで、また奥様も立ち会いされました。

私はお施主様は来られることは知りませんでしたので、事前に測定する時間もなく、一発本番でなんと0.1cm2/m2と超高気密でした。

IMG_0220.JPG

IMG_0229.JPG

IMG_0228.JPG


会社の社長さん、監督さんと社員の方、そして大工さんもこの結果にはびっくりです。

セルロースファイバーの先張り気密シート貼りです。

IMG_0221.JPG

IMG_0223.JPG


私が4月に東京で日経ホームビルダーの気密断熱、結露の岩手県の講師の環境プラニングさんのセミナーを受けた時、いただいた先張り気密シートの施工方法のDVDを潟Wュープラス様の勉強会で大工さん、電気工事屋さん、配管屋さん、サッシ屋さんの職人さん達に見てもらい早速この現場で東北の技術を実践された効果ですね。

IMG_0224.JPG

IMG_0225.JPG


この住宅は引違窓と一部フィックス窓とそれ例外の窓はすべてドレーキップ窓を施主様が採用されていました。

ドレーキップ窓は内倒し、内開き窓でドイツの金物を使った内倒しなので少々の雨も入らず通風できる優れた窓です。

夏の暑さ対策には抜群に効果があります。通風できる範囲の内倒しなので防犯上も優れています。

大変勉強しておられるお施主様はドレーキップ窓の種類がこれだけ揃うのはエクセルシャノンのメーカーしかないのでシャノンのサッシにしたということです。

お施主様は「1.0を切ればよしと思っていたらまさか0.1の超高気密の数値が出るとは思わなかった」とニコニコ顔でした。

現場からは剣岳真正面に見える最高に展望のいいところでした。


IMG_0231.JPG

IMG_0233.JPG




posted by 山男のつぶやき at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2014年12月28日

完璧な気密シート張り


昨日は潟tジ創ホーム様(高岡市)の高岡の現場の気密測定でした。


IMG_8645.jpg

私の測定器はメーカーに校正に出しているので、建材問屋さんから借りてしました。今年最後の気密測定です。

IMG_8638.jpg


気密に熟練した大工さんの気密シートの張り方は完璧でした。何か芸術的な美しささえ感じます。きれいですね。

IMG_8644.jpg

IMG_8643.jpg

IMG_8642.jpg

IMG_8641.jpg

IMG_8639.jpg

測定数値は0.3cm2/m2でした。ウレタン吹き付けや板状断熱材、断熱パナネル工法などは気密はとりやすいですが、シート張りで0.3cm2は抜群の数値です。


posted by 山男のつぶやき at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2014年11月27日

0.06cm2/m2のウルトラ気密


鰍bONCEPT建築設計(金沢市)の福井県坂井市三国町の現場の気密測定でなんと0.06cm2/m2のウルトラ気密の数値がでました。

IMG_8475.jpg

IMG_8476.jpg


私は23年間気密測定の仕事を2000件以上してしますが、過去に0.07cm2は経験していますが、それを上回る数値は初めてです。

写真は0.1cm2の数値ですが、小数点第2位で四捨五入した数値がでます。

IMG_8489.jpg

IMG_8490.jpg

このお家は床面積が大きく、それに吹き抜けの大空間があり、気密測定の実質対象延べ床面積は295.91m2です。総相当隙間面積の結果は18cm2ですから実際の測定数値は18÷295.91=0.06cm2です。
このお家の全部の隙間の穴の大きさを四角形で表すと、1辺がわずか42mm角の穴相当ということです。驚異的な気密性能ですね。

床断熱材に剛床、外壁は耐震面材ダイライトにウレタンアイシネン断熱とフェノバボードのフェノールのダブル断熱、屋根下、母屋間に私の遮熱材FOボードを貼りアイシネン吹き付け断熱、窓はYKK APW430のトリプルアルゴンガス入りの最高グレードの樹脂サッシです。

IMG_8481.jpg

IMG_8484.jpg

大工さんは窓まわは徹底して外部は気密防水テープ、室内側は窓四方ウレタン充填していました。

IMG_8485.jpg


 
浴室床下はもちろん室内とし、基礎立ち上がり、床はカネライトフォーム55mm、給湯給水管はウレタンとコーキングで徹底的に気密処理しています。

IMG_8478.jpg


 
換気配管の外壁周りはウレタンで気密、床立ち上がり配管周りもウレタンと気密テープ併用しています。

IMG_8492.jpg

IMG_8491.jpg

IMG_8479.jpg


丁度お施主様のご両親が来られ測定に立会いされ、気密の重要性を説明いたしました。

先ずこのお家はほとんど1階も2階も温度差のないお家になり理想的な温熱環境になります。隙間風がほとんど入らない為、換気が計画どうりになります。

posted by 山男のつぶやき at 07:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2014年08月11日

FP工法の気密測定


8月8日は渇i井工務店(野々市市)の気密測定でした。

IMG_7541.jpg

IMG_7544.jpg

IMG_7543.jpg

IMG_7531.jpg

さすがFP工法の熟練の会社です。素晴らしい数値と、気密処理でした。

 
勝手口ドアと土間との断熱気密

IMG_7546.jpg

IMG_7545.jpg

窓周まわりの気密テープ

IMG_7542.jpg

FPパネルの気密

IMG_7540.jpg


床配管周りの気密処理

IMG_7538.jpg

ユニットバスの基礎立上りの断熱と配管周りの処理

IMG_7536.jpg

IMG_7537.jpg
posted by 山男のつぶやき at 08:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2014年08月09日

ウレタン吹き付け現場の気密のポイント


ウレタン吹き付け住宅の気密測定です。この現場は非常に気密が高く、さすが熟練の大工さんと会社でした。


IMG_7500.jpg

IMG_7504.jpg


床周りの配管たち上がり、エアコンの先行配管の周り、換気の外部との先行配管周りと気密処理の基本がきちっとされています。

 
IMG_7509.jpg

IMG_7507.jpg

 
IMG_7508.jpg

 
また床と柱周りの気密テープとコーキングで完璧に処理しています。

IMG_7503.jpg

IMG_7502.jpg

大工さんは樹脂サッシと柱、窓マグサまで白いコーキングで埋めていました。

IMG_7501.jpg

 
ウレタン工事屋さんは当然のことですが、羽子板金物のヒートブリッジと小屋裏からの電気配線周りを気密、断熱のウレタン吹き付けです。

IMG_7506.jpg

IMG_7505.jpg

先ず気密の基本はウレタン吹き付け前に換気、電気、エアコン配管を先行することです。

後で穴をあけると後工程の職人さんが配管周りのコーキング、ウレンタン処理をしなければなりません。一度破った配管周りの穴の断熱気密処理は丁寧にしないと、どうしても気密漏れやすいのです。

この現場はウレタン吹き付けの気密断熱のまるで基本のモデル施工現場でした。






























posted by 山男のつぶやき at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2014年05月14日

気密測定と氷見海岸


昨日は高岡市の潟tジ創ホームさんの氷見市現場の気密測定でした。

IMG_6765.jpg


新築建て替えで既存の思い出深い梁、桁を再生した素晴らしいお家でした。
玄関ホールに大きなどっしりとした梁と桁が何とも言えない伝統的な趣があります。

IMG_6772.jpg

IMG_6774.jpg

IMG_6775.jpg


セルロースファイバーに気密シート、YKKの樹脂サッシAPW330、換気は熱交換の仕様です。

IMG_6766.jpg

IMG_6768.jpg

IMG_6769.jpg

IMG_6770.jpg

IMG_6771.jpg

IMG_6776.jpg


会社の監督Tさんが立会いです。Tさんは現場でお施主様と細かい打ち合わせしておられました。
気密はとても良い数値でした。それにしても現場がきれいです。大工さんに気密測定するからきれいにしているのですかと聞くと、
「仕事を終わると毎日掃除をしているので、特別、測定のためにしているのではないよ。きれいにすると気分もいいし、仕事がはかどるし、いつもこうだよ」と言われました。
現場がきれいと測定する私もルンルンとなり気分いいものです。

氷見はめったに来ることがなく少し時間があったので、能越自動車道の終点がどこまで工事が進んでいるか走ってみると、灘浦ICまで進んでいました。その先はもうすぐ行くと七尾市です。ここ1〜2年で七尾まで全線開通しそうです。

灘浦ICを下り久しぶりに氷見海岸を走って小境海岸まで行ってみました。美しい入り江の砂浜です。ここから立山連峰が運が良ければ見えるのですが、残念ながら見れませんでした。

IMG_6779.jpg


少し先には九殿浜の大境の洞窟です。洞窟の入り口には白山神社の祠があり海の安全祈願と大漁を願った旗がありました。

IMG_6785.jpg

IMG_6786.jpg

IMG_6780.jpg

IMG_6787.jpg

IMG_6781.jpg

IMG_6783.jpg

IMG_6784.jpg


この洞窟で古代の人が生活をしていたのですね。太古からの歴史を感じます。氷見海岸でリフレッシュできました。
posted by 山男のつぶやき at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2014年01月17日

潟tジ創ホーム様の完成時の気密測定


昨日は潟tジ創ホーム様の富山市と高岡市の完成時の気密測定でした。

IMG_5826.jpg

IMG_5828.jpg

フジ創ホーム様の高気密高断熱住宅は工事中間と完成時と必ず2回測定の依頼があります。

気密測定の報告書は本来、完成時が原則です。

でも一般の会社は、経費が掛かるので中間工事中の1回がほとんどですね。

中間でいくらいい気密の数値が出ても、大工さんの後の工程の職人さんの施工技術によって数値が悪くなることが良くあります。

特に設備工事、電気工事、エアコン工事など穴をあける仕事の内容により大きく影響がでます。

昨日のフジ創ホームさんの富山市と高岡市の中間工事の測定とほとんど同じで非常に良い数値でした。

後工程の職人さんがいかに気密工事を理解して丁寧な仕事をしておられるかよくわかります。

私としてはフジ創ホームさんのように中間と完成時の2回測定されれば、職人さんの気密工事の技術レベルが上がり、会社の信用と、そして何よりもお施主様が安心されます。  


それにしてもフジ創さんの住宅は無垢の床、壁、一部天井にも使い、建具もすべて無垢板の自然素材で羨ましいですね。

IMG_5823.jpg

IMG_5824.jpg

IMG_5825.jpg

IMG_5831.jpg

IMG_5829.jpg

IMG_5830.jpg

サッシは富山の家はトリプルガラス樹脂サッシ、高岡のお家は準防火地域のためアルミの網入りペアガラスサッシと樹脂の内窓の仕様でした。窓がいかに温熱的に大事かよく理解されています。
posted by 山男のつぶやき at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2013年12月29日

引っ越し後のゼロエネルギー住宅の気密測定


昨日は金沢の潟nザマ住建様のゼロエネルギー住宅M様邸の引っ越しした後の気密測定でした。

M様邸は私が温熱Q値計算でお手伝いし、国交省のゼロエネルギ住宅の審査を通した思い出のお家です。

もちろん工事中間で気密測定をしていますが、狭間社長さんより、完成引っ越し後の測定の依頼で測定しました。

IMG_5675.jpg


昨日は雪で外気が1.1℃でしたが、室内は床暖房で18.6℃でとても温かく快適な温度でした。やはり外壁がダブル断熱、屋根裏の厚いウレタン断熱が効果がでています。LDKの太いヒノキの大黒柱がいいですね。

IMG_5677.jpg

測定結果は非常に良く、ほとんど中間の測定値から落ちていませんでした。
大工さんの木工事が終わった後の、後工程の職人さんがいかに丁寧に仕事しているかわかりました。

非常に勉強熱心な施主のMさんも測定結果に納得です。今年最後の気密測定でした。
posted by 山男のつぶやき at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック