2019年02月14日

富山市婦中町羽根で気密測定


おはようございます、健太郎です。

寒い日が続きますね。
皆さま、インフルエンザが流行っていますので
うがい&手洗いで予防してください。

IMG_1040.jpg

2月9日は、富山市婦中町羽根で 鰍bONCEPT建築設計さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_1033.jpg

IMG_1034.jpg

この現場の特徴は2階リビングであり
大空間を構成する勾配天井とロフト。
完成が楽しみです(^^♪

IMG_1027.jpg

いつものように外回りの配管の目張りをチェックします。

IMG_1028.jpg

CONCEPT建築設計さまの現場ではめずらしく
ほとんどの配管目張りが写真のように浮いていました。
目張りが浮いている状態で測定すると確実に
C値が悪く出てしまうので塞ぎます。

IMG_1029.jpg

配管周りにテープを1周させて折り込みました。
これだけで違います。

IMG_1026.jpg

よく忘れられる電気の引き込み配管ですが
たっぷりとコーキングが注入されていました。

IMG_1022.jpg

お次は室内の排水配管。
配管周りはウレタンで気密処理。
目張りテープの方は浮いている上に、微妙に穴が空いています。
ここもしっかり目張りしました。

IMG_1032.jpg

柱の立ち上がりは気密テープで
気密施工されていました。

IMG_1035.jpg

サッシはリクシルのエルスターX。(樹脂トリプルガラス)
サッシ周りも気密テープで気密施工されていました。

IMG_1020.jpg

断熱材はアイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_1030.jpg

玄関ドアはリクシルのエルムーブ(引き戸)。
引き戸は気密漏れしやすいですが、
エルムーブは気密漏れしにくい秀逸な玄関引き戸だと思います。

IMG_1021.jpg

気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_1039.jpg

C値 = 0.086cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

IMG_1038.jpg

玄関引き戸で、とてつもないC値が出ました。
この気密はもちろん大工さんの丁寧な仕事があってこそ。

また、測定と別に気密測定器でゆるく減圧させ、
気密漏れを探し、穴をウレタンで埋めて
C値改善を行った結果だと思います。

玄関引き戸で C値 = 0.086cm2/m2。
聞いたことないです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年02月13日

石川県野々市市堀内で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0750.jpg


1月28日は、石川県野々市市堀内で ハンズスタイル鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_0746.jpg

リビングに入るとお店のような大開口のガラス張り。

IMG_0745.jpg

写真ではとても分かりずらいですが
吹き抜けを大きく取ったデザインでした。

IMG_0751.jpg

さて、
外回りの配管の目張りをチェックします。

IMG_0752.jpg

配管は気密テープで
しっかり目張りされていました。
雨の日はテープが浮きやすいので助かります。

IMG_8791.JPG

室内の排水配管はキャップで目張り。
配管周りはコーキングで気密処理。

IMG_0760.jpg

柱の立ち上がりはウレタンで気密処理。

IMG_0757.jpg

サッシはYKKのAPW330。
リビングの大型サッシはAPW431の大開口スライディング。
サッシ周りは気密テープで気密処理されていました。

IMG_0765.jpg

断熱材はパワーマックス。

IMG_0753.jpg

デュポンのタイベックスマート(気密シート)は
とてもきれいに施工されており
断熱材がパンパンに入っていました。

IMG_0764.jpg

気密が漏れやすい玄関周りはウレタンで
これでもか!というほどに
気密施工されていました。

IMG_0742.jpg

気密測定の結果ですが、
前回の気密測定と同様に
とても良い気密でした。

IMG_0763.jpg

玄関ドア、車庫に通じるドアと
気密漏れやすいドアが2つあっても
丁寧に施工すればいい数値が出るようです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年02月07日

石川県小松市丸の内町で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0958.jpg

2月4日は 石川県小松市丸の内町でトラスト住建鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_0934.jpg

IMG_0935.jpg

室内は引き違いサッシが多く採用されているためか
とても明るい現場でした。

IMG_0937.jpg

さて、いつものように外回りの配管の目張りを
チェックします。

IMG_0938.jpg

おお〜。ガムテープで目張りされています。
ガムテープは一見粘着が強そうですが、
ほとんどの目張りが写真のように浮いていました。

IMG_0939.jpg

このまま測定すると悪い測定結果になるため
しっかり目張りし直しました。

IMG_0942.jpg

室内の排水配管はしっかり目張りされていました。

IMG_0947.jpg

ダクティングの目張りが袋でされていました。
ナイスです!簡単かつしっかり目張りできます。

IMG_0946.jpg

床の合板の繋ぎと柱の立ち上がりは
気密テープで気密施工されていました。

IMG_0949.jpg

サッシはYKKのAPW330(樹脂サッシ ペアガラス)。

IMG_0951.jpg

サッシ周りはコーキングで気密処理。

IMG_0941.jpg

今回もサッシ屋さんに来てもらいサッシ調整して頂きました。
引き違いは特に気密漏れが多いため、測定時の調整は
とても有効だと考えます。

IMG_0948.jpg

断熱材は屋根、壁、床ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_0933.jpg



さて、気密測定の結果はいかに...。



IMG_0956.jpg


C値 = 0.16cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により0.2cm2/m2)


IMG_0953.jpg

監督さんは測定結果をとても喜び
撮影されていました。

今回の結果を経て
監督さんはサッシ調整とサッシ周りの気密処理が
とても大切だと認識されていたようです。

私もそう思います。
特にサッシ周りの気密施工は
内外しっかり施工することを
お勧めします。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年02月04日

石川県小松市林町で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0854.jpg

寒い日が続きますね。
皆さま、風邪やインフルエンザにご注意ください。

IMG_0855.jpg

1月31日は、石川県小松市林町で (有)西脇建築 インフィルホームさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_0859.jpg

室内に入ると1階がとても広く、

IMG_0881.jpg

勾配天井によりとても開放感がある現場でした。

IMG_0864.jpg

さて、外回りの配管目張りのチェックを行います。

IMG_0866.jpg

おお〜。配管の周りにコーキングすると共に
目張りが浮かないように目張りの上にもコーキング。
新しいですね。

IMG_0867.jpg

目張りが忘れられやすい
配線配管もしっかりと目張りされていました。

IMG_0863.jpg

室内側の配管周りもコーキングで気密処理。
目張りは気密テープで3重に行ったとのこと。

IMG_0876.jpg

まとめて配線すると気密漏れしやすい配線は
1本1本間隔を取ってコーキングで気密処理。
流石です。

IMG_0872.jpg

サッシは三共アルミのマディオJ。

IMG_0873.jpg

サッシ周りはウレタンとコーキングによって
気密処理。

IMG_0882.jpg

床の合板の繋ぎと柱周りも
コーキングで気密処理。

IMG_0860.jpg

断熱は西脇社長が自社開発された
断熱耐震パネル「Nパワーヒートウォール」。

IMG_0874.jpg

パネル周り、柱周りはしっかりと
コーキングで気密処理されていました。

IMG_0869.jpg

測定結果はとても良い気密でした。

次回は他の工務店さんですが
西脇社長の「Nパワーヒートウォール」が採用された
75坪の現場を測定させて頂くことに。

とても楽しみです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年01月30日

石川県小松市月美丘で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0547.jpg

1月24日は 石川県小松市月美丘でトラスト住建鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_0549.jpg

リビングは大開口サッシからまぶしいくらいに採光できる
明るい現場でした。

IMG_0551.jpg

しばらくするとサッシ屋さんが現れました。
そういえば以前に「サッシ調整は気密測定時に行うといいですよ。
実際に気密漏れがあるサッシを調整してもらえますので。」と
お話させて頂いたのを思い出しました。
早速、実行されるとは流石です トラスト住建さま。(サッシ屋さんありがとう)

IMG_0556.jpg

いつものように外回りの配管の
目張りをチェックしました。

IMG_0559.jpg

気密テープが浮いていました。
これだけでも気密測定時に空気が抜けますので注意です。

IMG_0562.jpg

電気の引き込み配管が目張りされていませんでした。

IMG_0563.jpg

まとめ配管なので線と線の間から気密が漏れやすいです。
1本ずつ覆うように目張りすると漏れにくいです。

IMG_0565.jpg

室内の排水配管はコーキングで気密処理されていました。
目張りが浮いていましたのでしっかりと押さえました。

IMG_0555.jpg

サッシはリクシルのエルスターS(樹脂ダブル)。
エルスターSはあまり見たことが
なかったのでちょっとうれしい。

IMG_0569.jpg

断熱材はアイシンネンのウレタン断熱。

IMG_0567.jpg

ゆるく気密測定器で圧をかけて気密漏れを探し、
玄関周りを気密施工している様子。(大工さん)

IMG_0550.jpg

気になる気密測定の結果ですが...。

IMG_0573.jpg

C値 = 0.31cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.3cm2/m2)

IMG_0571.jpg

この結果に監督さんはほっと安心して写真を撮られていました。
会社から 「C値を 0.3cm2/m2以下にするように」と
言われているようです。

今回からサッシ屋さんも加わって気密測定を行いましたが
サッシ調整の甲斐もあって C値が0.4 → 0.3cm2/m2と
気密が良くなりました。

良いサッシで性能を発揮できないと
もったいないですもんね。



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年01月29日

金沢市みどりで気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0588.jpg

1月24日は、金沢市みどりで 鰍bONCEPT建築設計さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0598.jpg


2階は勾配天井なっており
開放的な空間がある素敵な現場でした。


IMG_0578.jpg

さていつも通り、
外回りの配管の目張りをチェックします。

IMG_0579.jpg

IMG_0580.jpg

目張りはきれい貼られており、まったく浮いていませんでした。
想定ですが、配管は目張りしてから取り付けられていると思います。
そうすることで内外きっちり目張りできます。

IMG_0582.jpg

室内の排水配管のまわりはウレタンで気密処理。
目張りはとてもきれいに貼られていました。

IMG_0583.jpg

床の合板の繋ぎ、柱の立ち上がりは
手作りのヘラで気密テープを圧着させた気密施工。

普通にテープを貼った施工と比べると
接着力、気密力がまったく違うと大工さんからお聞きしました。
なんでも、貼ったテープを剥がす際には
テープに木がくっついてくるほどとか。

IMG_0594.jpg

サッシはリクシルのエルスターX。(樹脂トリプル)

IMG_0595.jpg

気密が漏れやすいサッシ周りも
気密テープを圧着して気密施工されていました。

IMG_0601.jpg

気密漏れやすさナンバー1の玄関まわりは
土台と木部の取り合いを気密テープで圧着施工。
気密パッキンが見えない状態ですね。

IMG_0602.jpg

この現場は玄関が引き戸でした。
気密住宅の大工さんは引き戸を嫌います。

私の経験上、玄関が引き戸だと 約0.1〜0.2cm2/m2くらい
C値が悪く出ています。
引き戸はとても使いやすいですが
構造上、気密漏れが多いのです。

IMG_0577.jpg


さて、玄関引き戸が気になりますが
気密測定の結果は...。


IMG_0581.jpg

C値 = 0.099cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。
表示は四捨五入により 0.1cm2/m2。

IMG_0585.jpg

立ち会われたお施主様は、結果を確認して
とても喜ばれていました。

大工さんはもっといい気密を想定されていたらしく
納得いかない様子でしたが、
私の経験上、玄関が引き戸で ウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)は
はじめてのことです。

やるな、エルムーブ。
少し玄関引き戸を見直しました(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年01月28日

金沢市粟崎町で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0516.jpg

1月23日は、石川県金沢市粟崎町で ハンズスタイル鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_0538.jpg

2階リビングということで、階段を上がってみてビックリ。
白山はもちろん、県庁までしっかりと眺望できるパノラマビューでした。

さすがハンズスタイルさま。
2階リビングの良さを最大限に引き出します。

IMG_0542.jpg

大工さんがきれい好きのためか
とてもきれいで気持ちの良い現場でした。

IMG_0523.jpg

さて、いつものように外回りの
配管の目張りをチェックします。

IMG_0526.jpg

目張りの気密テープが浮いていました。
貼り方にもよりますが、数時間でテープが浮いてしまうこともあります。

IMG_0527.jpg

配管周りはテープで1周させて内側に折り込みました。
こうすれば気密漏れを防げます。

IMG_0528.jpg

IMG_0524.jpg

お〜っと、目張りが無い。
これだとC値が 1.2cm2/m2くらいになってしまいます。
しっかりと目張りしました。

IMG_0530.jpg

室内の排水配管はキャップで目張り。
配管周りはコーキングで気密施工。

IMG_0535.jpg

柱の立ち上がりはウレタンで気密施工。

IMG_0521.jpg

サッシはYKKのAPW330(樹脂ダブル)。
サッシ周りは気密テープで気密施工されていました。

IMG_0531.jpg

断熱材はパワーマックス。

IMG_0532.jpg

デュポンのタイベックスマート(気密シート)で
きれいに気密施工されていました。

IMG_0522.jpg


気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0536.jpg


C値 = 0.21cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.2cm2/m2)


IMG_0540.jpg

監督さんは測定結果を指さしで
確認されていました。(最近はやっている?)

気密シート貼りの断熱施工で0.2cm2/m2は かなりレベルが高いです。
監督の浅加さんは さらなる気密を目指して研究されています。

完成後の2階リビングからの絶景が楽しみです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年01月24日

富山県高岡市守護町で完成気密測定(引渡し前)


おはようございます、健太郎です。

IMG_0513.jpg

1月22日は富山県高岡市守護町で 轄造さまの
完成気密測定(引渡し前)を行いました。

IMG_0479.jpg

玄関アプローチはもちろん、広い中庭にもタイルが敷かれていました。

IMG_0481.jpg

玄関に入ると全面鏡張りのクローゼットと
珪藻土?が塗られた、アクセントパネルが目に飛び込んできました。

IMG_0498.jpg

IMG_0492.jpg

キッチンと螺旋階段。
螺旋階段からは坪庭が見えます。

IMG_0506.jpg

IMG_0489.jpg

キッチンの奥には1段下がったリビング。
100インチの壁掛けテレビが取り付け待ちでした。

IMG_0509.jpg

壁に使われているのは本物の石。
どこの石でしょうか。さまざまなマテリアルが使われています。

IMG_0497.jpg

螺旋階段の側面の壁には
素敵なタイルが2階まで貼られていました。

IMG_0494.jpg

寝室手前の部屋は全面鏡張り。
かなり広い部屋のため、鏡を見ながらダンスやバレーができそうです。

IMG_0511.jpg

家全体がとても暖かいな〜(暑いくらい)と思っていたら
ふと見ると床に木製のガラリが...。

IMG_0502.jpg

IMG_0504.jpg

以前に教えて頂いた、潟Iンレイの床下冷暖房システムが採用されていました。
空冷式ヒートポンプを使った床下空調システムですが、作造さまの営業さんに
聞いたところ、中身は写真のように三菱製のエアコンらしいです。
そうなればメンテナンスもバッチリですね。


IMG_0499.jpg


さて、かなり脱線してしまいました。
気になる完成気密の結果は...。


IMG_0501.jpg


C値 = 0.51cm2/m2 の高気密でした。(表示は四捨五入により0.5cm2/m2)


IMG_0500.jpg

この結果に監督さんはほっとして
測定結果を指さし確認されていました。

ここの中間気密は、0.41cm2/m2 でしたので
中間〜完成の落ち幅は、ちょうど 0.1cm2/m2ということになります。
通常 0.3cm2/m2ほど落ちることから
かなり仕上げが優秀だったと言えます。

今回はじめてオンレイの床下冷暖房システムの
暖房効果を体感したのですが、完成気密が良いためか
とても暖かい家でした。

つぎは夏に冷房のほうも体感したいです。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年01月22日

富山県高岡市上牧野で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0455.jpg

1月18日は、富山県高岡市上牧野でイザットハウス富山店(ベストホーム)さま
の現場の気密測定を行いました。

IMG_0442.jpg

現場はすでにフローリングが敷き終わり養生してありました。
大工さんがきれい好きなため、清掃が行き届いた現場でした。

IMG_0440.jpg

当日は雪が降っていましたが、室内は外より5度ほど高い状態でした。
それでも監督さんはストーブを点けてくれたました。

IMG_0443.jpg

さて、いつものように
外回りの配管の目張りを確認します。

IMG_0444.jpg

気密テープで目張りされてましたが
日数の経過と雨などによりテープが浮いているところがありました。

IMG_0446.jpg

エアコンの先行配管です。どうしても束になってしまうため
配管の間に隙間ができてしまうので注意です。(気密漏れします)

IMG_0447.jpg

極力、隙間を無くすように配管に沿ってテープを貼ると
気密が漏れにくくなります。

IMG_0449.jpg

毎度のことですが、室内の排水配管の目張りも
大抵浮いていますのでしっかりとテープで押さえましょう。

IMG_0450.jpg

サッシはYKKのAPW330。

IMG_0452.jpg

断熱は外張りのネオマフォーム。

IMG_0451.jpg


気になる気密測定の結果は...。



IMG_0460.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.1cm2/m2)


IMG_0459.jpg

この結果をもとに立ち合いされたお施主様に
気密について説明させて頂きました。

きれいなお施主様はいい気密にとても喜んでいました。
もうしばらくしたら、とても暖かいこの家で生活できると思います。
かわいい赤ちゃんは快適な家ですくすくと育つことでしょう。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年01月21日

石川県野々市市郷で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0412.jpg

1月17日は、石川県野々市市郷で 鰍ウくらさまのモデルハウスの
完成気密測定を行いました。

IMG_0413.jpg

さすがモデルハウス。
玄関前におしゃれな宅配ボックスが設置されていました。
玄関ドアはYKKのイノベストD50。気合が入っています。

IMG_0426.jpg

IMG_0427.jpg

LDKは吹き抜けがあり、リビング階段がある素敵な雰囲気。
サッシはYKKのAPW430で
リビングはAPW431の大開口スライディング。

IMG_0428.jpg

吹き抜け上空にはシーリングファン。
最近の流行りでしょうか。黒色のシーリングファンをよく見かけます。

IMG_0414.jpg

ふと壁を見ると制震ダンパーが見えました。

IMG_0433.jpg

よく見るとダンパーには、ビルシュタインのロゴが...。
クルマ、バイク好きの方はすぐわかると思いますが
自動車ショックアブソーバーのトップメーカー ビルシュタインです。
以前からKYBなどサスペンションメーカーが
住宅業界に参入してきたなと思っていましたが...。


メーカーさん曰く、ゴム製の制震ダンパーよりも
揺れを初動から抑えるようです。
私の大好きなメーカーなのでとても羨ましいところ。
通常、壁の中なので隠れちゃいますが...。



おっと仕事に戻ります。
鰍ウくらさまの気合の入ったモデルハウスの
気密測定の結果はいかに...。



IMG_0422.jpg


C値 = 0.56cm2/m2 の高気密でした。(表示は四捨五入により0.6cm2/m2)


完成気密 「0.56cm2/m2」は、かなりレベルが高いと言えます。
通常、中間気密より 0.3cm2/m2ほど落ちることから
中間時はC値=0.3cm2/m2前後だったと予想されます。

今回は中間気密を測らないで
いきなり!完成気密 でしたが、さすがモデルハウス。
とてもいい気密でした(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年01月18日

富山県高岡市戸出で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0346.jpg

1月15日は、富山県高岡市戸出で 鰍bONCEPT建築設計さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0348.jpg

IMG_0362.jpg

現場は清掃が行き届いたきれいな室内でした。
きれいな現場は気持ちがいいですね。

IMG_0356.jpg

さて、いつものように外回りの配管目張りをチェックします。
この日は風がすこし強く、いやな感じ。
測定に影響がなければいいですが...。

IMG_0359.jpg

緑の養生テープが浮いていましたので
しっかり押さえました。
配管の目張りは気密テープの方が向いています。

IMG_0361.jpg

室内の排水配管の目張りはビニールテープでした。
すこし浮いていたので、気密テープでしっかりと押さえました。

IMG_0351.jpg

床の合板の繋ぎと柱の立ち上がりは
気密テープでしっかり押さえた気密施工。
エッジが出ていてとても美しい。

IMG_0353.jpg

サッシはリクシルのエルスターX。(樹脂トリプルサッシ)

サッシ周りの施工を大工さんに聞いたところ、
外側に気密テープ。室内側はコーキングを入れてから
気密テープを貼ったトリプル気密施工。
いや〜凄いっす。

IMG_0367.jpg

柱のジョイント(組み)の部分も気密テープ。
ピン工法の穴の部分にも気密テープ。

IMG_0372.jpg

断熱材はアイシネンのウレタン吹付断熱。
断熱材の隅の部分にもしっかりと気密テープ施工。

IMG_0355.jpg



気になる気密測定の結果はいかに...。




IMG_0364.jpg

C値 = 0.089cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)。
表示は四捨五入により 0.1cm2/m2。


IMG_0366.jpg


「玄関ドア2箇所、ユニットバス2箇所と気密が漏れしやすい場所が
多かった割にとてもいい気密でした」と
橋本社長は一安心されていました。

今回はお施主様に立ち会って頂きましたが、風の影響でエラーが連発。
測定環境が安定したころには、忙しいお施主様は帰られてました。
残念..でもとてもいい気密でした。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年01月15日

富山県魚津市北鬼江で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0277.jpg

1月10日は、富山県魚津市北鬼江で 轄造さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_0279.jpg

IMG_0280.jpg

現場はきれいに整理・整頓されていて
テラス窓と吹き抜けにより、とても明るい室内でした。

IMG_0299.jpg

2階の角部屋には大きなフィックス窓が
取り付けられており、

IMG_0296.jpg

その窓からはとても美しい
立山連峰を望むことができました。

IMG_0283.jpg

さて、いつものように
外回りの配管の目張りを確認します。

IMG_0286.jpg

換気ダクトでしょうか。
目張りがかなり浮いています。
このままだとC値が0.1cm2/m2以上悪く出てしまいます。

IMG_0287.jpg

テープで配管周りを1周してしっかり押さえ
折り込みました。これで気密漏れを防げます。

IMG_0282.jpg

室内の排水配管はキャップで
押さえられていたので安心です。

IMG_0281.jpg


断熱材はウレタン吹付断熱。


IMG_0289.jpg


さて気になる
気密測定の結果ですが...。


IMG_0292.jpg


C値 = 0.34cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.3cm2/m2)


IMG_0294.jpg

監督さんは測定結果に ホッと一安心した様子。
大きなテラス窓から気密漏れがほぼ無かったので
よかったです。

サッシ周りをしっかりウレタンで気密施工したのが
かなり効いていると思います(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年01月07日

富山県高岡市戸出で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0261.jpg

新年1回目(1月6日)の気密測定は、富山県高岡市戸出で
すぎはら建築工房さまの現場で行いました。
すぎはら建築工房さまは1845年に創業された老舗の工務店で
いまの杉原賢磁社長で6代目だそうです。

IMG_0259.jpg

さて現場ですが、さすが富山県の家。
とても大きく、約60坪の家です。
引き違いサッシを多く採用された明るい現場でした。

IMG_0244.jpg

いつものことですが、気密漏れ防止のために
外回り配管のチェックからはじめます。

IMG_0249.jpg

換気システムの配管の目張りが
少し浮いていましたのでテープで押さえました。

IMG_0247.jpg

配線配管が目張りしてないと思いきや
しっかりコーキングで気密処理されていました。

IMG_0250.jpg

忘れられやすいインターフォンの配管の目張りが
されていませんでしたのでしっかり目張り。
配管の目張りは内外ダブルで目張りした方が気密漏れなくいい気密になります。

IMG_0255.jpg

室内側の排水配管が少し浮いていましたので
しっかり目張り。

IMG_0258.jpg

サッシはYKKのAPW330。

IMG_6847.JPG

サッシ周りはウレタンとコーキングでしっかりと
気密処理されていました。

IMG_6841.JPG

断熱材は屋根壁ともにウレタン吹付断熱。

IMG_0257.jpg

ウレタンの被膜部分を極力残した
吹付がされていました。

IMG_0243.jpg


さて、平成31年初の
気密測定の結果はいかに...。












IMG_0252.jpg

C値 = 0.066cm2/m2 の ウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

IMG_6853.JPG

この結果にすぎはら社長はとても喜んで撮影されていました。
新年1回目の気密測定が、0.066cm2/m2のウルトラ気密!!
しかも、n値(隙間特性値  範囲1〜2)が、1.01なので
とてつもなく漏れにくい小さな穴が、ほんの少ししかないと言えます。

今年は幸先の良いスタートを切らせて頂けました。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年12月27日

金沢市三馬で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_0060.jpg

12月22日は、金沢市三馬で 鰍bONCEPT建築設計さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0078.jpg

室内に入ると大工さんがフローリングを貼っていました。
CONCEPT建築設計さまの気密測定でフローリング貼りに
かち合うのははじめてです。さすが若林大工さん手が早いです。

IMG_0064.jpg

1階にいい窓(気密測定器を付ける窓)がなかったので
2階に設置することに。2階もフローリング貼りが進んでいました。
大工さんが気を効かせて養生してくれました。

IMG_0070.jpg

さてさて、いつものように外回りの配管の目張りなどを
チェックします。

IMG_0072.jpg

配管は、内外両方できれいに
気密テープが貼られていました。

IMG_0071.jpg

1箇所だけ、気になる線がありましたので
線の周りを気密テープで気密処理いたしました。

IMG_0082.jpg

室内の排水配管もチェックしました。
目張りもしっかりされており、配管周りはコーキングで
気密処理されていました。

IMG_0061.jpg

床の合板の繋ぎ、柱の立ち上がりは気密テープで
しっかりと圧着。テープを貼った部分はきれいに
エッジが出ています。

IMG_0081.jpg

ユニットバスの周囲はウレタンでしっかりと
気密処理。

IMG_0073.jpg

サッシはリクシルのエルスターX(樹脂トリプルガラス)。

サッシ屋さんの免田さんが、吹き抜け上部のサッシを調整しています。
通常、引渡し前にしますが、CONCEPT建築設計さまは気密測定時に調整し
気密漏れがないようにしています。

IMG_0062.jpg


それでは気密測定を開始します。

測定結果はいかに...。








IMG_0077.jpg


C値 = 0.077cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。
表示は四捨五入により 0.1cm2/m2。

αA(総相当隙間面積  家の隙間面積) =10cm2 。
n値(隙間特性値 1〜2)が なんと 1.01です。
このことから超抜けにくい小さな穴がほんの少ししかないと言えます。


IMG_0075.jpg

この結果に立ち合いされた、お施主様はとても喜び
結果を撮影されていました。

いや〜すばらしい気密です。
冬でもとても暖かい家になること間違いないでしょう。

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年12月25日

石川県能美市緑が丘で完成気密測定(引渡し前)


こんにちは、健太郎です。

IMG_0035.jpg

12月19日は、石川県能美市緑が丘で 竃k製材所 ウィッシュホームさまの
現場の完成気密測定(引渡し前)を行いました。

写真は青空ですが、雨とみぞれが降り、雷が鳴るとても
不安定な天候でした。

IMG_0020.jpg

家に入るとじんわりと暖かく
外はとても寒かったので助かりました。

IMG_0021.jpg

和室には琉球畳が引かれておりイ草のいい香りがしました。
3連引き戸で個室にできるのはいいですね。

IMG_0023.jpg

リビングをふと見上げると小さな棚が付いていました。
wifiルーター用の棚かなと想像してしまいます。

IMG_0032.jpg

玄関では左官屋さんがタイルを一生懸命に貼られていました。
玄関わきを見ると大きな作り付けの収納棚とクローゼット。
かなりの収納力です。

IMG_0028.jpg

サンルームの横にはかなり大きな棚が付いていました。
お施主様に伺ったところ、当初壁を作って棚を作ろうとしていたのを
大工さんと話し合いとても素敵な棚を作ってもらったようです。
圧迫感が消え、通路も広くなったと喜ばれていました。


IMG_0013.jpg


さて、気密測定に戻ります。
この現場は中間気密が C値 = 0.11cm2/m2でした。
お施主様からは完成気密は C値=0.2cm2/m2 を切ってほしいと
熱望されています。

はたして、結果は...。











IMG_0036.jpg



C値 = 0.18cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.2cm2/m2)



IMG_0014.jpg

測定結果にほっとして、
中出社長は結果を撮影されていました。


IMG_0016.jpg

立ち合いされた きれいなお施主様も
「完成気密が C値=0.2cm2/m2 を切れたのでほんとよかった。」と
言われていました。

これはホントに暖かい家になりますよ。(既にとても暖かかった)
お引越しが楽しみですね (^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年12月20日

福井県越前市粟田部町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_0005.jpg

12月18日は、福井県越前市粟田部町で北日本建設鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_9988.jpg

IMG_9997.jpg

1階、2階共に コの字に窪んだ部分があり
そこから採光を取り入れていました。

IMG_0006.jpg

さて、いつものように外回りの配管の目張りをチェックしました。

IMG_0007.jpg

配管の目張りがしっかりされていました。
雨の日はテープがくっ付かないので助かりました。

IMG_0001.jpg

室内側の排水配管もしっかり目張りされていました。

IMG_9999.jpg

サッシは三共アルミのスマージュ。
サッシ周りはウレタンとコーキングで気密を取られていました。

IMG_9987.jpg

壁の断熱はR+パネル。
パネルを組むときにコーキングを充填して施工されたようです。

IMG_9993.jpg

屋根はウレタン断熱。

IMG_9980.jpg


監督さんの話では、「C値=0.5cm2/m2以下にするように。」と
社長から話があったようです。

はたして、その気密測定の結果は...。












IMG_9983.jpg


C値 = 0.34cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により0.3cm2/m2)


IMG_9986.jpg

監督さんは測定結果にほっと一安心されていました。
引き戸から少し気密漏れが確認されましたので
サッシ調整をすればもう少し気密が良くなりそうです。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年12月13日

金沢市笠舞本町で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_9908.jpg

12月11日は、金沢市笠舞本町で (有)嶋田工建さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_9886.jpg

IMG_9895.jpg

リビングにある引き違い窓と
大きな吹き抜けから光が入る、とても明るい現場でした。

IMG_9879.jpg

いつものように外回りの配管目張りをチェックします。

IMG_9881.jpg

配管は室内側で目張りされていると言うことでしたが
外側でも目張りした方が良い気密が出ます。

IMG_9882.jpg

(有)嶋田工建さまは、超絶な気密を求められておりましたので
内外両方でしっかり目張りしました。

IMG_9884.jpg

室内の排水配管はしっかり気密テープで
目張りされていました。

IMG_9897.jpg


サッシはYKKのAPW330。


IMG_9898.jpg

気密シートはもちろん、
サッシ周りはコーキングとブチルテープで気密施工されていました。

IMG_9878.jpg

断熱材は壁が高密度グラスウール、
天井がセルロースファイバー。
両面テープを使って気密シートをしっかりと施工されていました。

IMG_9899.jpg

ぱっと見、気密テープが貼られていないように見えますが
透明の両面テープ(50mm)を使われていました。
とてもスマートに見えますね。

IMG_9900.jpg

金物部分はヒートブリッジを嫌って
ウレタン施工されていました。

IMG_9907.jpg

玄関ドアはYKKのヴェナート。
養生が隙間を生んで気密測定の邪魔をします。
取り外してから測定しました。

IMG_9874.jpg




さて、気になる気密測定の結果ですが...。















IMG_9894.jpg


C値 = 0.086cm2/m2のウルトラ気密でした。(表示は四捨五入により、0.1cm2/m2)


IMG_9885.jpg


監督さんは結果を喜んで撮影されていました。

いや〜 気密シート貼りで 0.086cm2/m2は
とんでもない気密です。

ウレタン吹付でも C値=0.1cm2/m2を出すのには
大工さんの技術が相当要りますが、
気密シート貼りは更に気密漏れ箇所を熟知して
丁寧に丁寧に施工しないと、まずC値=0.1cm2/m2が出ません。

このウルトラ気密には、すこし震えました (>_<)


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年12月12日

富山県高岡市江尻で気密測定


健太郎です。

IMG_9843.jpg

12月10日は富山県高岡市江尻で 兜莓セコーポレーションさまの
現場の気密測定でした。

IMG_9844.jpg

とうとう雪が積もる季節になりました。
寒いと体の動きがわるいです。(+_+)

IMG_9845.jpg

現場の外回りチェックからはじめます。
断熱材は外壁がロックウール、室内がセルロースファイバーのダブル断熱です。
ロックウールは何度見ても石垣に見えてしまいます。かっこいいな〜。

IMG_9846.jpg

電源の引き込み配管の目張りがありませんので目張りしました。
のちに「内側からウレタンを入れてあるよ」と聞きましたが
ダブルで目張りすると更に気密がよいので良しとします。

IMG_9860.jpg

室内は大きな引き違いがあって 明るかったです。

IMG_9847.jpg

IMG_9849.jpg

タイベックスマート(気密シート)がとてもきれいに
貼られていました。

IMG_9861.jpg

大工さんの話では 壁はまだ気密が取り易く、問題なのは天井。
間仕切り壁の周辺などきっちり仕上げるのに思いのほか時間が掛かったようです。
気密テープとタッカーを使って延々と...。

IMG_9858.jpg

まとめ配管は気密漏れしやすい部分ですが
しっかりと線と線の内部にウレタンを充填して包み込んだようです。
きれいに気密処理されています。

IMG_9850.jpg


サッシは三協アルミのトリプルスマージュ(樹脂トリプル)。


IMG_9869.jpg

24時間換気のマーベックスのダクティングも
きれいにされていました。

IMG_9857.jpg





さて、気になる気密測定の結果ですが...。










IMG_9852.jpg


C値 = 0.12.cm2/m2 と超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.1cm2/m2)


IMG_9855.jpg


この結果に 兜莓セコーポレーションの磯部さんは
とても喜び撮影されていました。
n値(隙間特性値 範囲1〜2)= 1.05と これも良い値です。

大工さんは「じゃあ 次に建てる家も良い気密で!と言われるので
プレッシャーが半端ない」と嘆いていました。

いや〜限られた工期の中、お施主様のために
丁寧に丁寧に仕事をされたと結果だと思われます。
次の家の気密測定も楽しみです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年12月10日

加賀市山代温泉で完成気密測定(引渡し前)


こんにちは、健太郎です。

IMG_9832.jpg

12月6日は、加賀市山代温泉で 竃k製材所 ウィッシュホームさまの現場の
完成気密測定(引渡し前)を行いました。

IMG_9828.jpg

中間気密測定の時にも来ましたが、現場は温泉街のど真ん中。
駐車スペースなど協力しあいながらの作業です。
関係業者の皆さんお疲れ様です。

IMG_9820.jpg

IMG_9814.jpg

IMG_9815.jpg

町中の密接した場所に建てられた現場ですが、大開口の引き違いサッシと
大きな吹き抜けによりとても明るいリビングでした。

IMG_9822.jpg

それにしてもウィッシュホームさまの現場は収納力がすごいです。
1階の通路にクローゼットと収納棚。

IMG_9827.jpg

主寝室に大容量の収納棚とクローゼット。

IMG_9825.jpg

2階上がったところに、パソコン、読書、スタディ用?の
カウンターがあり、

IMG_9824.jpg

その奥には大きな書棚がぎっしりと設置されていました。
お施主様は読書家さんなのでしょうね。

IMG_9810.jpg


さて、気密測定をはじめます。

ここは中間気密 C値=0.083cm2/m2のウルトラ気密でした。
はたして完成気密はいかに...。







IMG_9808.jpg


C値 = 0.107cm2/m2 と超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.1cm2/m2)


IMG_9806.jpg


測定結果にほっとした監督さんは 結果を撮影されていました。
完成気密が 0.1フラットはすごいことです。
隙間特性値(1〜2範囲)のn値も 1.08ととてもいい値です。

こんないい気密ですが、実は玄関ドアの調整がされてなくて
気密が漏れていました。玄関ドアも含めすべてのサッシを調整しておけば
完成気密がC値 = 0.1cm2/m2を切ったウルトラ気密に
なっていたことでしょう。

それにしても完成気密で 0.1フラットは
凄まじい気密です。 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2018年12月06日

富山県高岡市上牧野で気密測定


こんにちは、健太郎です。

IMG_9757.jpg

12月1日は、富山県高岡市上牧野でイザットハウス富山店(ベストホーム)さま
の現場の気密測定を行いました。

IMG_9769.jpg

清掃整理が行き届いたきれいな現場でした。

IMG_9772.jpg


ふと、見上げると天井埋め込み型エアコンが
取り付けてありました。


IMG_9761.jpg


さて、いつものように外回りの配管目張りをチェックします。


IMG_9762.jpg

おっと、先ほどのエアコンの配管でしょうか。
気密テープが裂けていました。これだと気密漏れが必至です。

IMG_9763.jpg

まとめ配管は気密漏れしやすいですね。(配管と配管の隙間から...)
出来るだけ丁寧にバラして気密処理しましょう。

IMG_9765.jpg


サッシ周りは気密テープで気密処理されていました。


IMG_9770.jpg

サッシはYKKのAPW330。
水漏れ防止用のシートが室内に巻き込んでありました。

IMG_9760.jpg

断熱は外張りのネオマフォーム。

IMG_9758.jpg


気になる気密測定の結果は...。


IMG_9766.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.1cm2/m2)


IMG_9768.jpg

この結果にお施主様はとても喜んで
C値を指さし確認されていました。

このときに気密の必要性、気密と換気と密接な関係あることを
説明させて頂きました。


IMG_9773.jpg


とてもいい気密でしたが勝手口から気密漏れがありました。
引渡し前にサッシ調整するのが一般的ですが
それだと中間気密測定のC値に反映されません。

気密測定にサッシ屋さん立ち合いできれば最高ですが
(気密測定しながら気密漏れが無くなるまでサッシ調整できるので)
スケジュール的に立ち合いがむずかしいのであれば、
測定前までにサッシ調整するとC値に反映すると思われます。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック