2020年01月29日

石川県金沢市涌波で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_7189.jpg

1月17日は、石川県金沢市涌波で
トラスト住建鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_7222.jpg

IMG_7196.jpg

IMG_7221.jpg

かなり大きな家です。
ユニットバスが2箇所ありました。
2世帯住宅ですかね。

IMG_7192.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

断熱材は屋根、壁、床ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_7201.jpg


いきなりですが
気になる気密測定の結果は...。


IMG_7202.jpg


C値 = 0.35cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_7216.jpg

この現場はインナーガレージ付きです。
苦戦すると思っていましたが
インナーガレージは室内との
取り合いはなかなか難しいです。

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始しますか。

IMG_7213.jpg

IMG_7214.jpg

まずは監督さんと大工さんで
インナーガレージ上部の2階床の
気密処理を徹底してもらいました。

IMG_7207.jpg

1階の配管周り(床貫き部分)から
少し気密漏れがありました。

IMG_7206.jpg

コーキングをガンガンに入れて
気密処理しました。

IMG_7215.jpg

ここは床断熱の仕様ですが
基礎の水抜きの穴をウレタンで
塞ぎました。

IMG_7203.jpg

気密が漏れやすい玄関周りは
玄関枠の下端から少し漏れていました。
ここもコーキングです。

IMG_7217.jpg

どうしても玄関ドアが引き戸の場合
開き戸に比べると気密が漏れやすいです。

IMG_7219.jpg

気密測定器で減圧すると
枠と扉の隙間から気密漏れを感じます。
引き戸は使い勝手優先なので
仕方がないですが...。

IMG_7220.jpg

そしてインナーガレージに
繋がる扉も引き戸。
ここの引き戸からも気密漏れがありました。

IMG_7224.jpg


さてさて、C値改善(隙間埋め作業)後の
測定結果はいかに...。


IMG_7212.jpg


C値 = 0.32cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_7208.jpg

取り合えず、C値 = 0.3cm2/m2の結果に
監督さんは 少しほっとした様子。

今回は大工さん3人と監督、
私も含め5人でC値改善を行い
4cm2の隙間を埋めた結果に。
人数と時間をかけた割に成果が少ないこともあります。

玄関の引き戸2枚もアレですが
縁が切れていないインナーガレージは
なかなか難しいです。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年01月22日

富山県滑川市上梅沢で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_7030.jpg

1月10日は 富山県滑川市上梅沢で
轄造さまの現場の気密測定を行いました。
最近、滑川市に行くことが多いです。(^^)/

IMG_7037.jpg


現場はとても明るい
室内でした。


IMG_7034.jpg
IMG_7031.jpg

業者の方が多いな〜と
見渡すとユニットバス工事と
バッティングした模様。

IMG_7032.jpg

場所がなかったので
隅っこの狭い所で測定しました。


いきなりですが
気になる気密測定の
結果は...。


IMG_7040.jpg


C値 = 0.39cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_7045.jpg

轄造の気密測定では、いつも
多くの社員さんが立ち合いされており

できればC値 = 0.3cm2/m2に入りたいと
話されていました

それではC値改善(隙間埋め作業)を
はじめますか。

IMG_7038.jpg

ここは基礎断熱の現場。
エアコン配管が基礎貫きで外に出ていました。
大工さんから「基礎の内側で気密処理しているから大丈夫。」
と言われていましたが 外側からも ウレタンで
しっかり気密処理して頂きました。

IMG_7049.jpg

最近、よく忘れられている(気密処理)
玄関の電子ロック錠の配線穴。
ここも気密処理してもらいました。

IMG_7042.jpg

自分でもよく見つけたと思ったのが
階間にあったCD管(配線配管)の壁貫き部分。
まあまあのサイズの穴が開いていました。

手が入りにくい場所でしたが
なんとか気密処理してもらいました。


はたして、C値改善後(隙間埋め後)の
測定結果はいかに...。


IMG_7048.jpg


C値 = 0.32cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_7046.jpg

C値改善を頑張って頂いた監督さんは
ほっとして結果を確認されていました。

C値改善前 αA(家全体の隙間)=62cm2。
C値改善後 αA(家全体の隙間)=51cm2。
11cm2の 隙間が埋まったことになります。

頑張った割に 改善しないことも多いですが
今回は善処した方だと思います。
立ち合いされた社員さんたちも
かなり喜ばれていました。

あとは完成気密を極力落とさずに
測定できればいいですね(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年01月20日

石川県羽咋郡宝達志水町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_7142.jpg

1月14日は、石川県羽咋郡宝達志水町で
鰍bONCEPT建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_7141.jpg

かなり大きな平屋です。
外見で基礎高が1mあるように見えます。
お施主さまに伺ったところ750ミリ。
基礎断熱かと思いきや、床断熱の仕様。
床断熱で750ミリは北陸ではかなり珍しい。

お施主さまは気密断熱をかなり勉強された方。
基礎内にはコンセントを落としており
メンテナンス性の向上いろいろ展開することを
考慮した結果のようです。

IMG_7124.jpg
IMG_7123.jpg

室内は南向きに大開口サッシを配置。
いたずらに引き違いを配置しない
気密・断熱のことを考慮した設計。

サッシはYKKのAPW430でした。
樹脂トリプルサッシ。

IMG_7125.jpg

今は木製の足場が組まれていますが
とても大きな勾配天井+吹き抜けになる予定。

IMG_7134.jpg
IMG_7133.jpg

この現場はダイキンのエアコンとローヤル電機の
第1種換気システムを組んだ全館空調です。

全館空調は断熱力はもちろん気密性も
高くないとエアコンの効きが弱くなります。
一般的にC値 0.5cm2/m2以下にしたいと
言われています。

IMG_7101.jpg

おっと
大工さんが玄関土間で気密施工されていました。
ここは床断熱なので基礎と土台の間は
気密パッキンを使用しています。

まず気密パッキンを覆うように
ウレタンを吹き(凸凹を埋める)、さらに気密を高めるため
はみ出したウレタンをきれいにカット(平らに)してから
気密テープを貼られていました。

IMG_7132.jpg

美しい仕上がりです。
3重の気密処理になります。
玄関土間はどうしても気密漏れが
発生しやすいので効果的な対策です。

IMG_7113.jpg

写真は玄関ドアの電子ロック錠の
配線の穴を気密処理している様子です。
ここは結構、忘れられがちです。

IMG_7114.jpg

ユニットバスの給湯給水配管周りを
ウレタンで気密処理している様子です。
どうしてもまとめ配管になってしまうことが多く
極力、配管と配管の隙間にウレタンを
ねじ込むように処理して頂きました。

IMG_7129.jpg

断熱材はアイシネンの
ウレタン吹付断熱。

IMG_7128.jpg

屋根は極力いっぱい吹いてほしいと懇願し
厚みはなんと250ミリ。
かなりの断熱力です。

IMG_7120.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_7117.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_7119.jpg

この結果に立ち合いされたお施主様は
とても喜び結果を撮影されていました。

お施主様とお話したところ
気密断熱を勉強しているだけではなく
ご自分の家を進捗をブログに書かれている模様。


そのブログを拝見させて頂きましたが
いやいやかなりこだわっておられます。
今回の測定についても早速書かれてました。

当社についてもCMのように書いて頂き
本当にありがとうございました。

測定日は風や気圧の影響と良い気密だっために
エラーが連発。(良い気密はチェックが厳しい)
兎に角、いい気密が出てほっとしました。

IMG_7127.jpg

大工さんがとても丁寧であること。
なによりお施主様の熱意が伝わっていると
感じる現場でした(^^♪









posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年01月15日

富山県滑川市泉ケ丘で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_7051.jpg

1月11日は、富山県滑川市泉ケ丘で
鰍bONCEPT建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_7081.jpg

近くの道路からは
立山連峰がとても美しく見えました。

IMG_7064.jpg
IMG_7077.jpg

現場はとても明るく
開放的な吹き抜けがある
室内でした。

IMG_7052.jpg

さて、外回りから
点検します。

IMG_7053.jpg

換気システムのスリーブでしょうか。
しっかり目張りされていました。

IMG_7069.jpg

室内の排水&給水配管は
コーキングによる気密処理。

IMG_7065.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルサッシ。

IMG_7066.jpg

サッシ周りは気密テープに
よる気密処理がされていました。

IMG_7068.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_7072.jpg
IMG_7073.jpg

壁をよく見ると断熱材の隅を
押さえるように気密テープが貼られていました。
地味に見えますが気密処理として
とても有効です。

IMG_7070.jpg

大工さんに聞いたところ
床の気密処理は
断熱材を落とした時に全面取り、
柱の立ち上げでも気密処理したようです。

IMG_7075.jpg
IMG_7058.jpg

ユニットバス周りは
エッジがきれいに出るくらい
気密テープが丁寧に貼られていました。

IMG_7061.jpg

玄関周りの基礎と土台の取り合いは
ブチルテープで気密処理されていました。

IMG_7056.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_7055.jpg


C値 = 0.097cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_7054.jpg

その結果に立ち合いされたお施主さま家族は
とても喜び結果を確認されていました。

n値(隙間特性値)=1.16。
αA(家全体の隙間サイズ)=13cm2と
かなりレベルが高い結果。

暖かい快適な家で
可愛いお子さんがスクスクと
育つことでしょう(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年01月10日

石川県金沢市新神田で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_7025.jpg

1月8日は 石川県金沢市新神田で
杉山真設計事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_70251.jpg

ガラス張りのコーナーサッシが
カッコいいですね。
まるでエレベーターがあるように
見えました。

IMG_7002.jpg

IMG_7013.jpg

とてもきれいに清掃された現場で
コーナーサッシは養生で隠れていましたが
かなり明るい室内でした。
大工さんに聞いたところ
この現場は2階リビングのようです。

IMG_7006.jpg

それでは、外回りから
点検します。

IMG_7007.jpg

換気システムのダクトでしょうか。
丁寧に目張りされていました。

IMG_7008.jpg

おっと
エアコン配管の目張りが
浮いていました。

IMG_7010.jpg

室内の排水配管の目張りは
少し浮いていました。
配管周りはコーキングにより
しっかりと気密処理されていました。

IMG_7014.jpg

サッシは、リクシルのサーモスX。
アルミ複合ペアガラス。

サッシ周りはウレタンで
気密処理されていました。

IMG_7016.jpg

断熱材はウレタン吹付断熱。
柱幅いっぱいに吹かれていました。

IMG_7017.jpg

屋根の断熱は ウレタン吹付断熱+グラスウール。
室内側でダブル断熱仕様(付加断熱)。

室内側がグラスウールだと
音の吸音性がいいですね。
1階より圧倒的に吸音されている
体感がありました。

IMG_7002.jpg

床の断熱は ジュピー 120ミリ。
その上に気密シート(透湿する)を貼ってから
剛床を載せています。
凄いっすね(^^♪

IMG_7001.jpg


さて、気になる
気密測定の結果は...。


IMG_7023.jpg


C値 = 0.18cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_7021.jpg

この結果に杉山さんをはじめ
大工さん、監督さんはとても喜ばれていました。
大工さん曰く、杉山レコード(新記録)が
出たようです。

ウレタン吹付断熱は いつも使われている
ウッドファイバー(木の断熱材)より
気密が取りやすいですが
ウレタンの下地材で気密処理されてたり(外側)
床に気密シートが貼られていたりと
相当手間が かかっています。

新年初の気密測定で
良い現場を測らせて頂きました(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年01月09日

石川県金沢市光が丘で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6950.jpg

昨年の12月27日は、石川県金沢市光が丘で
潟}グアーキテクトオフィスさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_6929.jpg

外壁は横張のガルバリウム鋼板。
ブロンズ色の素敵な色合いです。


IMG_6948.jpg

IMG_6931.jpg

お話を聞いたところ
2階リビングのようです。

IMG_6930.jpg

職人の数が多いな〜と思っていたら
電気工事、ユニットバスの設備工事と
バッティングしていた模様。

IMG_6922.jpg

ユニットバスの工事が始まると
気密処理ができないので
工事が始まる前にスタイロフォームと基礎の隙間を
大工さんに気密処理して頂きました。

IMG_6925.jpg

基礎で囲ってあっても人通口部分から
伝い漏れする可能性があります。
ウレタンで1周してもらいました。

IMG_6927.jpg

ダクトの目張りは丁寧でしたが
外壁工事が進んでいたためテープの浮きを
押さえることが出来ず...。しかも雨降りだし。

IMG_6933.jpg

大工さんに手伝ってもらい
室内側からも目張りしました。

IMG_6937.jpg

配管まわりをウレタンで
気密処理強化。

IMG_6941.jpg

気密が漏れやすい玄関ドアの下端と
ドア枠と柱の隙間をウレタンで気密処理。

IMG_6942.jpg

サッシはリクシルのサーモスX。
サッシ周りはコーキングで気密処理。

IMG_6938.jpg

断熱材は 壁、屋根共に
フォームライトSL−50α。(硬質ウレタン)
熱伝導率は 0.026(W/m・K)以下の A種1Hです。

IMG_6949.jpg

パインの木製玄関ドアは
プレイリーホームズ鰍フユーロトレンドG。
前回の測定では気密漏れも少ない
優秀なドアでした。

IMG_6944.jpg


さて、気になる
気密測定の結果はいかに...。


IMG_6947.jpg


C値 = 0.15cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_6946.jpg

この測定結果に設計士さん、大工さんは
とても喜び、詳細結果を確認されていました。

延べ床が100uを切っていたため
C値的には不利でしたが
αA(家全体の隙間)が15cm2と
超ハイレベルな気密スペックです。

実はこの現場は 建売物件。
断熱材が A種1HのフォームライトSL−50α。
気密が良い木製玄関ドア採用。
前回も思いましたが
まったく新しいカテゴリの
建売物件です(^^♪ 


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年01月02日

金沢市窪で気密測定


あけまして
おめでとうございます。
健太郎です。

今年も「暖かい家づくりのお手伝い」として
気密測定をバリバリやっていきますので
よろしくお願いいたします。

IMG_6873.jpg

昨年の話になりますが
12月23日は、石川県金沢市窪で
ハンズスタイル鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_6862.jpg
IMG_6861.jpg

玄関に入ると幅広のアイアンの
階段が見えました。
家に入ったときのインパクトが
ありますね。

IMG_6858.jpg
IMG_6853.jpg

この現場はハンズスタイルさまが
得意とする2階リビングの設計。
勾配天井と大開口サッシが
大空間と広がりを生み出しています。

IMG_6856.jpg

その大開口サッシから
外の景色がきれいに見えました。

IMG_6855.jpg

どこの川でしょうか?
散歩するにもちょうどいい
素敵なリバーサイドでした。

IMG_6868.jpg

さて、チェックします。

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_6869.jpg

サッシ周りは
気密テープで気密処理されていました。

IMG_6864.jpg


断熱材はチクチクしない
ふわふわのパワーマックス。


IMG_6865.jpg

その断熱材は 調湿機能付き気密シート
タイベックスマートに
パンパンに入っていました。

IMG_6849.jpg

気密測定で圧力をかけたときに
天井の気密シートが膨れて破れないよう
監督さんが貫きを打ってくださいました。
ありがとうございます 浅加さん。

IMG_6867.jpg

IMG_6866.jpg

基礎と土台の取り合いと柱周りは
ウレタンによる気密処理。

IMG_6848.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_6851.jpg


C値 = 0.18cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_6852.jpg

測定結果に監督さんはとても喜び
結果を撮影されていました。

気密シート貼りの断熱で
0.18cm2/m2 はすごいことです。
またn値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.00と最高値でした。

※n値は 1に近づくほど隙間風が入りにくい。

年々、ハンズスタイルさまの気密は
上がってきていると体感しています。
とても暖かい家になりそうです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月30日

福井県福井市春日で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6877.jpg

12月24日は、福井県福井市春日で
潟cWュールホームさま の現場の
気密測定を行いました。

IMG_6875.jpg
IMG_6876.jpg

整理整頓されたきれいな現場で
大きな引き違いサッシと

IMG_6897.jpg

吹き抜け上空の大開口サッシから
光を取り込む 明るい現場でした。

IMG_6891.jpg

LDKの中央には 何やら
極太の大黒柱が見えます。
太さは なんと 7.5寸サイズ(^^♪

IMG_6892.jpg

大工さんの話では 大黒柱を入れるのが
モジュールホームさまの流行りのようです。

IMG_6879.jpg

さてさて、
チェックを開始します。

IMG_6881.jpg

配管周りはコーキングによる
気密処理がされていました。

また配管の目張りはちゃんと
ヒダが浮かないように
押さえてありました。

IMG_6882.jpg

CD管の周りも
コーキングで気密処理。
目張りもバッチリでした。

IMG_6883.jpg

基礎の湿気を排出させる基礎ダンバー。
ダンバー周りはウレタンに
よる気密処理。

IMG_6893.jpg

断熱材は壁、屋根共に
ウレタン吹付断熱。

IMG_6894.jpg

サッシは YKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_6890.jpg


さて、気になる
気密測定の結果は...。


IMG_6884.jpg


C値 = 0.15cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_6895.jpg


さて、C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。


IMG_6885.jpg

いちばん気密漏れを体感したのは
玄関ドア周り。
高性能なイノベストD50(YKK)なので
気密漏れはもったいない。

監督&設計の梅木さんに
気密処理して頂きました。
その他細かな取り合い部分も
ちょこちょこ気密処理。

さて、再測定の結果は
いかに...。

IMG_6889.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_6886.jpg

測定結果に監督さんはとても喜び
詳細結果を確認されていました。

C値 = 0.13cm2/m2は
モジュールホームさまの最高記録です。

「最近、モジュールホームさまの
気密が上がってきている秘密は?」と聞いたところ

『別段、何も意識して作業してないよ』とのこと。
大工さんも同様に言われていました。

いや〜 それで 0.1cm2/m2を出すなんて
カッコいいです。(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月27日

富山県富山市水落で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6790.jpg

12月19日は 富山県富山市水落
轄造さまの現場の気密測定を
行いました。

IMG_6787.jpg
IMG_6789.jpg

現場はとてもきれいに清掃されており
作造さまでは採用率の高い中庭から
まぶしい光が差し込む
明るい室内でした。

IMG_6810.jpg

2階の窓から外の風景を見ると
遠くのほうに野球場が見えました。

IMG_6812.jpg

さて、チェックいたします。

断熱材は 壁、屋根共に ウレタン吹付断熱。
柱幅いっぱいにきれいに
吹かれていました。

IMG_6809.jpg

サッシは リクシルのサーモスUH。

サッシ周りはコーキングにより
気密処理されていました。

IMG_6786.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_6807.jpg


C値 = 0.56cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.6cm2/m2。
IMG_6811.jpg

作造さまから聞いたところ
この現場のお施主さまは
当社のブログの愛読者のようです。

それでは C値改善(隙間埋め作業)を
頑張りますか。

注意:ブログ愛読者でなくても頑張ります。

IMG_6800.jpg

勝手口の下端と両脇の柱周りから
気密漏れがありました。
大工さんにウレタンで気密処理
して頂きました。

IMG_6803.jpg

ユニットバスの給湯給水配管の
貫き穴から漏れがありました。
ここもウレタンで気密処理。

IMG_6794.jpg

外に出て基礎周りを攻めます。(基礎断熱なので)
先ほどのユニットバスに繋がる貫き穴を
ウレタンで気密処理強化。

IMG_6792.jpg

基礎の水抜き穴を
ウレタンで気密処理。

IMG_6796.jpg

エアコン配管も基礎貫きだったので
ウレタンで気密処理。
その他、サッシ周りや細かな部分も
気密処理しました。


さて、気になる再測定の
結果はいかに...。


IMG_6804.jpg


C値 = 0.41cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_6805.jpg

立ち合いされた、作造さまの営業さんから
OKを頂きました。

今回はC値改善(隙間埋め作業)により
αA(家全体の隙間)改善前85cm2が
改善後62cm2と 23cm2の隙間が
埋まったことになります。

今後、極力気密を落とさないよう
電気屋さん、配管屋さんに気密処理しながら
作業して頂き完成気密を
迎えたいです(^^)/

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月26日

石川県小松市戸津町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6782.jpg

12月17日は 石川県小松市戸津町で
竃k製材所 ウィッシュホームさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_6749.jpg
IMG_6748.jpg

現場はとてもきれいに清掃されており
大開口のサッシからまぶしい光が
差し込む明るい室内でした。

IMG_6753.jpg

さて、外回りからチェックします。
今回は監督さん中心にチェックして
頂きました。

IMG_6757.jpg

ダクトの目張りは
正常にされていましたが
さらに上から目張りして頂きました。

IMG_6760.jpg

基礎の水抜きの穴は
気密テープで押さえて目張り。

IMG_6769.jpg

玄関ドア下端の気密が漏れやすい場所は
ウレタンで気密処理。

IMG_6772.jpg

IMG_6768.jpg

最近の流行り?の
基礎とスタイロフォームの隙間も
ウレタンを充填して気密の伝い漏れを
防ぎます。

IMG_6774.jpg

サッシはリクシルのエルスターS。
樹脂ペアガラス。

IMG_6777.jpg

サッシ周りは気密テープと
コーキングで気密処理。

IMG_6778.jpg
IMG_6779.jpg

断熱材は壁がセルロースファイバー。
屋根がウレタン吹付断熱。

IMG_6750.jpg


気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_6761.jpg


C値 = 0.11cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_6762.jpg

測定結果に監督さんは ほっと一安心。
結果をスマホで撮影されていました。

αA(家全体の隙間)が 16cm2。
n値(隙間特性値 範囲1〜2)が 1.07と
とてもレベルが高い結果。

完成気密のC値の落ち込みが
非常に少ないウィッシュホームさま。
完成が楽しみです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月25日

富山県射水市高場新町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6715.jpg

12月16日は、富山県射水市高場新町で
イザットハウス富山店(ベストホーム)さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_6729.jpg

現場に入ると味のある
スリッパ立てがありました。

IMG_6736.jpg
IMG_6731.jpg
IMG_6730.jpg

現場はどの部屋も採光が抜群で
それでいて無闇に引き違いサッシを
入れない設計をされていました。

IMG_6737.jpg

イザットハウスさまは外断熱のパイオニア。
柱が熱橋にならない断熱工法です。
断熱材はネオマフォームが貼られていました。

IMG_6738.jpg

また、家の覆うように外側で
気密シートを貼られています。

サッシ周りは気密テープで
サッシと気密シートをジョイント
して気密処理。

IMG_6726.jpg

室内側はシートを窓枠で
押さえて気密を確保。

IMG_6734.jpg

ベストホームさまでは
更なる気密と超耐久性アップを考え
室内側の窓枠にユラソールを
貼る方向で当社にお話がありました。

このテープ、すごく高いですが
貼って6時間後に超接着力を生み出します。
ブチルテープの超強力版な感じでしょうか。
気になる方はお声かけください。


IMG_9758.jpg

おっと脱線しました。

さて、気になる
気密測定の結果はいかに...。


IMG_6724.jpg


C値 = 0.078cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_6721.jpg

その結果に立ち合いされたベストホーム社長は
とても喜び、詳細結果を確認されていました。


IMG_6777.jpg

実はイザットハウスさまのホームページでは
日本全国のイザットハウス加盟店の
イザットハウス 気密ランキング を掲載されています。


IMG_6778.jpg


私は気になって 毎回拝見してますが
上位は 愛知県の刈谷店が独占。
ベストホームさまは富山店なので
この時点でランキング5位。

しかし、今回の現場は
C値 = 0.078cm2/m2のウルトラ気密。
現在1位の 0.0834cm2/m2を抜いて
1位になれたと確信。

いやいや
気密は競い合うものではなく
お施主様のために頑張って
施工して出た結果です。

とは言え、2019年度 ランキング1位は
やっぱり嬉しいですね(^^)/


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月23日

石川県河北郡内灘町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6635.jpg

12月11日は、石川県河北郡内灘町で
安藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_6639.jpg

現場に入ると部屋の中心に
変わった形の壁がありました。
向こう側にまわってみると...。

IMG_6645.jpg

おお〜!!
なにか、SF感を感じる中庭だなぁ。
真上から日差しが落ちてきて
中庭から光が差し込んでいました。

IMG_6653.jpg
IMG_6654.jpg

完成したときには 床のラインで
ウッドデッキが施工されるようです。
空間に広がりが出て
カッコよくなりそうですね。

IMG_6641.jpg

さてチェックいたします。
サッシは YKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_6642.jpg

安藤建築事務所さまは
ユラソール(高性能気密テープ)を
惜しげもなく使って 気密処理されます。
サッシ周りもユラールで気密処理。

IMG_6640.jpg

壁は調湿機能がある
タイベックスマート(気密シート)を
ユラソールで貼り合わせて気密処理。

IMG_6656.jpg

柱と壁の取り合い、天井周り、
土間まわりもユラソール気密処理。

今回はお聞きしたところ
タッカーを8千本打ち込んだ模様
その箇所すべてに気密漏れがないよう
気密テープを貼られたようです。

IMG_6644.jpg

断熱材は 旭ファイバーグラスの
高性能グラスウール アクリアα36kg 。
このグラスウールの吸音性能は
すばらしいです。

IMG_6648 - コピー.jpg

気密測定では大きなモーターでファンを
動かし測定していますが
駆動音が大きめです。

安藤建築事務所さまの測定では
そのモーター駆動音が3分の1くらいに
静かになり、ファンが動いていない
錯覚に陥るくらいです。

IMG_6648.jpg


さて、気になる
気密測定の結果はいかに...。


IMG_6649.jpg


C値 = 0.10cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_6646.jpg 

その結果に立ち合いされたお施主様は
とても喜んで結果を撮影されていました。

大きな中庭があるため外皮が増え
気密が取りにくい 気密シート貼りで
0.1フラットは素晴らしいです。

αA(家全体の隙間サイズ)なんて
11cm2ですよ。

暖かくてカッコいい家に
なること間違いなさそうです。
完成が楽しみですね(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月20日

金沢市古府で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6452.jpg

12月2日は、石川県金沢市古府で
ほそ川建設鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_6436.jpg
IMG_6437.jpg

とてもきれいに清掃された現場で
大きな中庭から光が差し込む
明るい室内でした。

IMG_6438.jpg

大工さんの工具は使い勝手がよさそうな
棚に整理されていました。

IMG_6443.jpg
IMG_6444.jpg

柱の立ち上がりにテープが掛かっていますね。
床の気密は剛床の下の断熱断熱ラインで
処理されているようです。

IMG_6439.jpg


サッシは、リクシルのサーモスL。


IMG_6442.jpg

断熱材は、屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_6450.jpg

筋交いに、住友理工の制震ダンパーが
取り付けられていました。
このダンパー。
ほそ川さまでは採用率が高いです。

IMG_6424.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_6427.jpg


C値 = 0.46cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_6441.jpg

それでは、C値改善(隙間埋め作業)
開始します。

まずは ホールダウン金物とエアコンの
ドレン周りをウレタンで気密処理強化。

IMG_6445.jpg

ユニットバスの排水と給湯給水パイプの
周りもウレタンで気密処理強化。

IMG_6429.jpg
IMG_6430.jpg

最近の流行り(自分の中で)の
玄関周りのスタイロフォームと基礎の隙間を
ウレタンで気密処理。
ここは伝い漏れしやすいので...(-_-)



さて、再測定の結果は...。



IMG_6435.jpg


C値 = 0.43cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_6434.jpg

監督さんは 自分のC値改善(隙間埋め作業)の
効果を体感しながら撮影されていました。

この現場は引き違いサッシが多く
そこからの気密漏れの影響があると考えます。
今回のC値改善によって4cm2の
隙間が埋まりました。

監督の頑張りに対し、少ない気密UPかも
しれませんがC値が0.4cm2/m2に届きましたし
経年劣化にも強くなったと思われます。


ワンポイント
自分の家で暇とやる気さえあれば
気密処理している筆者ですが
体感したのがユニットバスの排水配管周り。

熱が伝わるところだし、排水量が多いため
パイプが動くのか? 経年劣化で気密漏れやすい。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月19日

富山県中新川郡立山町で完成気密測定(引渡し前)


おはようございます
健太郎です。

IMG_6593.jpg

12月10日は、富山県中新川郡立山町で
 轄造さまの現場の完成気密測定(引渡し前)
を行いました。

キューブが連なった外観。
かっこいいです。

IMG_6590.jpg

カーポートから玄関に繋がる
アプローチを通りました。

このアプローチ。
お店みたいな演出で
非日常を感じました。

IMG_6592.jpg

玄関に入ると目に入ってきたのが
ステキなペンダントライト。
お施主さま支給のモノのようです。

これに光が灯るとステキな影が
出来るのですよ。

IMG_6605.jpg

LDKの扉を開けると
アイアンのリビング階段が...。
エッジが効いていてカッコいいです。

IMG_6603.jpg
IMG_6594.jpg

板張りの天井に間接照明。
ゆったりとした空間にセンスのいい家具。
さすが作造さんの設計です。

IMG_6607.jpg

1段下がったリビングには
素敵なソファーに
浮いたテレビボード。

壁一面の木の壁飾りが圧巻です。
テレビが収まったシーンが見たかった...。

IMG_6596.jpg

リビングの上は吹き抜けになっており
大開口のサッシから光が差し込みます。

IMG_6610.jpg

キッチン&カウンターは
モルタル仕上げ。

IMG_6608.jpg

トイレの壁紙もパッションで
素敵でした。

IMG_6581.jpg


おっっと、仕事に戻ります。
この現場の完成気密の
結果はいかに...。


IMG_6588.jpg


C値 = 0.34cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_6587.jpg

測定結果に立ち合いされた監督さんは
とても喜び結果を撮影されていました。

IMG_6584.jpg

作造さまの気密測定では
監督さんだけではなく、営業さん、設計士さんが
極力立ち会い、気密の漏れる箇所など
現場で確認されています。

この立ち合いこそが完成気密
0.3cm2/m2に繋がるものだと
感じました。

とても暖かい素敵な家でした(^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月17日

石川県河北郡津幡町南中条で完成気密測定(引渡し前)


おはようございます
健太郎です。

IMG_6675.jpg

12月13日は 石川県河北郡津幡町南中条で
潟Zブンワークスさまの現場の
完成気密測定(引渡し前)を行いました。

IMG_6696.jpg

外壁は塗り壁なのであります。
趣があるのであります。

IMG_6678.jpg

玄関に入るとめちゃくちゃ暖かい。
廊下のフローリングが
ヘリンボーン(V字貼り)でした。

IMG_6685.jpg
IMG_6683.jpg

室内は 無垢フローリングに
温かみのある色合い

IMG_6695.jpg

壁は調湿性に優れたスペイン漆喰の塗り壁。
漆喰は2度塗りされているようです。

IMG_6684.jpg

和室は和モダンの仕上がり。
柔らかな日差しが差し込んでいました。

IMG_E6688.jpg

ペンダントライトは
ブロンズ色のかわいいモノでした。

IMG_6680.jpg
IMG_6694.jpg

大きな吹き抜けが採用されていて
上空には シーリングファンが
ゆっくり回っていました。

IMG_6691.jpg

階段の中段にはリビングが
見渡せる特等席が...。

かなり広いスペースであるため
読書はもちろん、スマホやタブレットなど
ゆっくり寛げそうです(^^♪

IMG_6689.jpg

換気システムは第一種(熱交換)の
スティーベル製 ツイン・エアー LT-50EcoFlat。
フラットパネルでオシャレです。

IMG_6671.jpg


さて、気になる完成気密測定の
結果はいかに...。


IMG_6673.jpg


C値 = 0.24cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_6672.jpg

立ち合いされた七山社長は
少しほっとされた様子で
詳細を確認していました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)が
1.07とかなりレベルが高です。(1に近づくほど隙間風が入りにくい)

サッシはYKKのAPW430(樹脂トリプル)。
外皮UA値 0.33。(G2グレード)

室内はエアコンがゆるゆるとかかった
状態でしたが、計測途中
暑すぎて上着を脱ぎました。

めちゃくちゃ暖かい家です(;'∀')

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月16日

石川県白山市荒屋町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6480.jpg

12月5日は 石川県白山市荒屋町で
竃k製材所 ウィッシュホームさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_6478.jpg
IMG_6477.jpg

ウィッシュホームさまの現場は
ホントきれいですね。
大工さんが掃除機で朝の清掃を
されていました。

IMG_6505.jpg

サッシはリクシルのエルスターS。
樹脂ペアガラス。

IMG_6506.jpg

サッシ周りはコーキングにより
気密処理されていました。

IMG_6504.jpg

断熱材は 壁がセルロースファイバー。
屋根がウレタン吹付断熱。

セルロースファイバーは
ずっしりとした反発になるまで
充填されていました。

IMG_6487.jpg

さて、今回はお施主様立ち合いです。
気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_6489.jpg


C値 = 0.29cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_6488.jpg

あれ...。

0.29cm2/m2は良い気密ですが
ウィッシュホームさまの
いつもの気密ではないですね。


原因はどこだ...。
気密測定器で少し圧力を
かけて探します。


IMG_6490.jpg

おっと...
ユニットバスの排水管の目張りが
忘れられていました。
目張り目張り。

IMG_6507.jpg

玄関土間のスタイロフォームと
基礎の隙間から少し気密漏れを感じました。
伝い漏れがあるようです。
ウレタンで気密処理してもらいました。

IMG_6497.jpg

ユニットバスに繋がる
貫き穴(給湯給水用)の気密処理を
ウレタンで強化しました。

IMG_6500.jpg

この家のデザイン性に合わせ
階の窓に上げ下げ窓を5箇所採用されており
少し気密漏れがありました。

IMG_6499.jpg

構造上、引き違いに近い窓であるため
縦滑り、横滑り窓と比べると少し漏れます。


さて、気を取り直して 再測定。
はたして結果は...。


IMG_6492.jpg


C値 = 0.16cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_6494.jpg

この結果に立ち合いされたお施主様は
ほっと一安心し、結果を撮影されていました。

やはりお施主様立ち合いの
気密測定は何度やっても緊張します。

良い結果が出てよかったです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月10日

富山県南砺市田屋で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6347.jpg

11月29日は、富山県南砺市田屋で
すぎはら建築工房さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_6346.jpg

現場近くの樹木に
霜が降りていました。(寒っ)

IMG_6348.jpg

IMG_6371.jpg

採光の取れた明るい現場で
大工さんが2階のフローリングを
施工されていました。

IMG_6349.jpg

IMG_6368.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

サッシ周りはウレタンとコーキングで
気密処理されていました。

IMG_6369.jpg

壁の断熱がグラスウール 120ミリ。
気密シート貼りの施工です。

IMG_6373.jpg

このグラスウールは
チクチクしないふわふわの
断熱材でした(^^)/

IMG_6372.jpg

屋根の断熱は 一部フェノバボード。
メインは セルロースファイバー 400ミリ。( ゚Д゚)

IMG_6375.jpg

付加断熱でフェノバボードを
外壁面に追加。

外皮UA値 は 0.29。(G2グレード)
やり過ぎなほど 凄い断熱力ですね。

IMG_6366.jpg

測定前に杉原社長は 基礎に潜り
配管周り等をチェックされていました。(基礎断熱)

IMG_6362.jpg

また、気密の漏れやすい玄関ドアの
下端にコーキングを追加。

IMG_6353.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_6360.jpg


C値 = 0.28cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_6361.jpg

立ち合いされた杉原社長は 詳細結果を
スマホに収められていました。

98uの延床面積で
C値 = 0.28cm2/m2は
かなりレベルが高い値です。

前回の現場はウレタン断熱の工法でした。
今回は 屋根がセルロースファイバー、
壁がグラスウール+フェノバボード(付加断熱)
仕様変更。

仕様変更するにあたり、
いろいろな葛藤があったと思われます。
杉原社長の実行力には頭が下がります(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月09日

富山県射水市中老田新


おはようございます
健太郎です。

IMG_6318.jpg

11月28日は、富山県射水市中老田新で
潟Wュープラスさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_6333.jpg

IMG_6326.jpg

この日は雨が降っていた比較的寒い日。
室内は無暖房でしたが
じんわりと暖かかったです。

IMG_6328.jpg

2階には 大開口のフィックス。

IMG_6330.jpg

そのフィックスからは きれいな
街並みが望めました

IMG_6341.jpg

サッシは YKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_6342.jpg

サッシ周りはコーキングを
ガッツリ入れた気密処理。

IMG_6339.jpg

IMG_6340.jpg

壁の断熱はMAGのイゾベール・バリオ(気密シート)に
セルロースファイバーを充填。
極力、タッカーを使わないように
気密シートを貼られた模様。

IMG_1586.jpg

屋根の断熱はEPS( ビーズ法ポリスチレンフォーム)の
180ミリ(2枚合わせ)。

IMG_6320.jpg

付加断熱として 外壁にも
EPS( ビーズ法ポリスチレンフォーム)。

IMG_6331.jpg


気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_6336.jpg


C値 = 0.087cm2/m2の ウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_6337.jpg

IMG_6338.jpg

測定結果に立ち合いされた
大工さんと親方は とても喜んで
スマホで撮影されていました。

潟Wュープラスさまで 
ウルトラ気密ははじめての記録。
しかも、αA(家全体の隙間)が
11cm2と monoの消しゴムほどの
隙間しか空いてない。

気密シート貼りの工法で0.1cm2/m2を出すのも
あり得ないくらい大変ですが
0.087cm2/m2が出るとは...。

人工(にんく)度返しの気密処理を
1つずつの積み重ねた結果ですね。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月06日

金沢市馬替で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6259.jpg

11月26日は、石川県金沢市馬替で
トラスト住建鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_6279.jpg

IMG_6283.jpg

少しコンパクトな現場ですが
吹き抜けがあり、採光が抜群の
明るい室内でした。

IMG_6286.jpg

断熱材は 屋根、壁、床 共に
アイシネンのウレタン吹付断熱。
ウレタンがきめ細かくふわふわなのが
アイシネンの特徴です。

IMG_6284.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_6285.jpg

サッシ周りはコーキングにより
気密処理されていました。

IMG_6287.jpg

剛床の繋ぎ、柱の立ち上がりは
気密テープによる気密処理。

IMG_6288.jpg

外壁の柱の立ち上がりも
気密を取られていました。

IMG_6263.jpg

床の配管周りはコーキングに
よる気密処理。

IMG_6266.jpg


気になる気密測定の
結果は...。


IMG_6267.jpg


C値 = 0.16cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_6262.jpg

さてさてさ〜て。
C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

IMG_6264.jpg

スリーブの目張りに甘いところが
ありました。

IMG_6291.jpg

天井懐にレンジファン用のダクトが
隠れており、その目張りが甘かったようです。

IMG_6290.jpg

狭い隙間から時間をかけて
目張りを追加してもらいました。

IMG_6270.jpg

玄関ドアの下端に漏れがありました。
若いイケメンな大工さんにコーキングで
処理してもらいました。

IMG_6274.jpg

スタイロフォームと基礎の隙間も
コーキングで気密処理。
ここは地味に気密漏れしているのです

IMG_6289.jpg

玄関周りの写真です。
基礎 → 気密パッキン → 土台の
順で重なります。

基礎の状態(天面の不陸)によりますが
気密パッキンだけでは完璧ではありません。
この現場では気密パッキンの上から
気密テープで押さえてありました。

先ほどのスタイロフォームと基礎の隙間は
コーキングもしくはモルタルを詰めると良いです。
ここまですると玄関が冷えにくくなると
思います。


さて、C値改善(隙間埋め作業)後の
結果はいかに...。


IMG_6277.jpg


C値 = 0.12cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_6268.jpg

測定結果を監督さんはとても喜び
撮影されていました。

C値もいいですが
n値が 1.00と最高値です。(範囲1〜2)
1に近づくほど気密が抜けにくいと
言われています。

最近のトラストさまの現場は
n値のレベルがとても高い印象です。
隙間風が入ってくる余地がない
すばらしい C値 & n値でした(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年12月03日

金沢市進和町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_6225.jpg

11月22日は、石川県金沢市進和町で
ハンズスタイル鰍ウまの現場の気密測定を行いました。

IMG_6227.jpg

IMG_6228.jpg

とてもきれいに整理された現場で
大開口サッシから光が差し込む
明るい室内でした。

IMG_6233.jpg

おっと!!
階段がアイアン製です。
かっこいいな〜。
幅広で蹴上が低めのモノでした。

IMG_6235.jpg

2階では大工さんがフローリングを
施工中でした。

IMG_6234.jpg

断熱材はパワーマックス。
チクチクしない ふわふわの
断熱材です。

IMG_6238.jpg

その断熱材はデュポンの
タイベックスマート(調湿機能付き気密シート)に
パンパンに入っていました。

IMG_6232.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_6231.jpg

サッシ周りは気密テープで
気密処理されていました。

IMG_6230.jpg

配管周りはコーキングに
よる気密処理。

IMG_6229.jpg

床の剛床の繋ぎは
気密テープによる気密処理。
柱周りはウレタンで気密処理。

IMG_6239.jpg

気密が漏れやすい玄関周りを見ると
基礎と土台の取り合いはウレタンと
気密テープで気密処理されていました。

IMG_6222.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_6224.jpg


C値 = 0.15cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_6221.jpg

立ち合いされた、廣澤社長はとても喜び
結果を撮影されていました。

C値の計算では 小数第一位を四捨五入します。
0.14は 0.1cm2/m2。
0.15は 0.2cm2/m2になります。

気密シート貼りで
0.15cm2/m2は凄いことです。

ハンズスタイルさまの気密レベルは
最近どんどん上がってきています。
完成気密が楽しみです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック