2016年07月05日

ひどいカビと結露

鉄骨3階建ての住宅の日ごろ使っていない部屋の隅の天井、壁がカビと結露で壁はクロスがめくれ上がっていました。

 
IMG_1586.JPG

屋根は折半に硬質ウレタンを厚く吹き付け問題はありません。

請負の工務店さんは後で天井にグラスウールを敷き込んでいましたがそれでも結露は止まりません。

ここまでしているのになぜ結露がとまらないのか私に見てほしいと頼まれました。

天井裏を見ると天井の断熱材をめくると隅部分が黒いカビだらけです。

IMG_1578.JPG


IMG_1576.JPG

よくよく見ると外壁3か所のパイプがあり外部にはフードがついていました。

IMG_1579.JPG

IMG_1585.JPG


 
あまりに結露がひどいので小屋裏の湿気を逃がそうと後から取り付けたものでした。

施主さんは冬部屋の隅から雨たれのように水が落ちてきたということ。

小屋裏の換気のパイプの穴から冷気が入り天井や壁のコーナー部分の断熱材のつながっていないクロス下地のプラスターボードを逆に冷やしプラスターボードが結露したのが原因と思われます。


IMG_1580.JPG

又換気用に四角い壁の給気ガラリから3階ローカにある換気扇から排気しようとしているが、建具で部屋を閉め切るので建具と柱の2〜3mmの隙間では流体抵抗が高く排気されていない。

部屋の中で給気と排気の換気をとらないとこのようなことになります。

そのためこの給気ガラリから冷気が入り近くの天井、壁を冷やし結露してしまっていました。

IMG_1587.JPG


 
室内側の断熱材に室内の水蒸気を入れさせない気密シート施工がされていません。

今ではGW、RW、セルロースファイバーは必ず室内側に気密シート貼をしなければなりません。

しかしこのお家を建てた当時は気密シート工法は考えていなかったようです。

まず室内側のクロス下地のPBを取り払い気密シートを隙間なく貼ること。

3か所あるパイプは2か所断熱材で埋めて外から冷気を入れさせないこと。

パイプは必ず保温材を巻くこと。

1か所のパイプを室内の換気に利用し、パイプに中間ファンを取りつけエルボで曲げて天井面に排気化粧ガラリを取り付け、対角にあるいまの四角い給気ガラリから給気して部屋の湿気、臭いを排気するよう換気させること。

施主様には日ごろ使っていない部屋でも建具を少し開け部屋を暖めるようお願いいたしました。

壁、天井を暖め、露点温度にならなにようにこまめに建具を開放し、部屋の換気扇を弱運転でもよいからまわして下さいねと説明しました

以上いろいろアドバイをいたしました。
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2016年03月20日

日経ホームビルダーの全国誌に私の記事が・・。

工務店、住宅会社、設計事務所向けの住宅情報専門誌、日経ホームビルダー4月号に私の温熱環境測定の記事が載りました。

IMG_0243.JPG

以前何度も東京から取材を受け記事を載せていただきました。日経ホームビルダーの荒川尚美記者からの取材です。

今回は換気、結露の特集シリーズの中の記事です。

岩手県の住まいの環境プラニングの昆 寛さんから紹介され私が測定した結露のクレーム調査です。

気密測定C値は1.9cm2/m2とまあまあでしたが、2階の床がひどく結露していました。測定してみると、1階の壁の電気コンセントやインターネットの配線口など全く外と同じで冷たい外気が入っていました。

隙間があるために温度差換気が働き、冷たい重い外気は隙間から1階近くに降り、暖房した暖かい軽い空気は2階の給気口から外へ出てしまっています。

2階の寝室の換気の給気口を赤外線サーモカメラで見ると本来給気して、冷たい外気でサーモの色が青くならければならないのに、真っ赤で室内の暖気が外へ出ていることがわかります。給気口の風量測定してみると、0です。全く給気していません。

IMG_0242.JPG


 
それに現場はダクトレス換気でしたので、ダクトがないため静圧がとれず風の影響をまともに受けてしまします。

定量換気ができません。

換気を計画通りにするには気密C値は最低でも1.0cm2/m2以下、できれば0.5cm2以下が必要です。

大学の温熱環境専門の先生などは0.3以下必要という方もおられます。

私以外に広島の衣川さん、宮城学院女子大学の本間先生、岩手県の昆 寛さん、北海道札幌の川本さんの調査記事がとても参考になります。

全国を飛び回ってこの取材、編集をされている荒川尚美さんありがとうございました。

詳しい記事内容は著作権の関係で書けませんので、ぜひ日経ホームビルダー誌を読んでクレームのない住宅にしてほしく思います。

posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 結露

2015年01月21日

アルミ樹脂複合サッシの温度分布と結露

昨日は午前中、完成した住宅と午後は工事途中の住宅の気密測定でした。

工事中の現場のアルミ樹脂複合サッシのアルミ部分に水玉のような結露がしていました。

デジカメ画像が上の写真、中はサーモカメラの可視画像、下はサーモの赤外線画像です。

IMG_8757.jpg

IMG_8744.jpg

IMG_8760.jpg

外気4.9℃、青い色のアルミ部分6.2℃、樹脂部分は10.1℃でした。

現場の熱源は大工さんと私だけ、そのほかの熱源は現場作業に使う照明器具の明かりが熱源です。

残念ながら湿度計を持つて行っていなかったので分かりません。

アルミ複合サッシの内装すれば隠れてしまうアルミ部分の結露が心配です。


posted by 山男のつぶやき at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2015年01月10日

アルミ複合サッシの枠の結露

8日は今年初めの気密測定でした。

現場は大工さん1人と電気工事屋さん1人と私です。

外気4.2℃。室内7.6℃でした。

窓の室内側はが樹脂ですが、サッシを柱、マグサに止める部分はアルミ枠だけです。

この部分に結露しています。アルミ部分は2〜3秒で外気と同じ温度になります。

IMG_8675.jpg

IMG_8676.jpg


IMG_8674.jpg

 
4.2℃の飽和容積絶対湿度6.398g、7.6℃では8.052gです。

8.052×0.75=6.39

湿度が75%を超えると結露してまいます。

内装をしてしまうとこのアルミ枠は見えない部分です。アルミ枠の結露がやはり心配です。

やはりオール樹脂サッシにしたいもんです。






posted by 山男のつぶやき at 07:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 結露

2014年07月31日

室温33℃、湿度75%の真夏で結露

真夏の今、結露しているので見てほしいと住宅会社の監督さんから電話がありました。

冬場だったら、結露はわかるのですが、この暑い夏に結露?、雨漏りでないのかと疑問に思っていました。

築3年の床、壁、屋根ウレタン吹き付け断熱の高気密高断熱のお家です。

このお家は冬も結露するというので隙間風がどこからか入るのじゃないかと気密測定をしました。

共働きで普段は窓を閉め切っています。

室温33℃、湿度75%、気密数値は良い数値でした。

結露は窓下の窓枠と壁のクロスとの間、1mmか2mm程度隙間が空いており、名刺を入れてみると水でびちゃびちゃです。

 
IMG_7484.jpg

IMG_7485.jpg

IMG_7486.jpg

奥様から

「私の家は24時間換気は回しっぱなしで、除湿機もかけっぱなしなんです。それでもここで結露しているんです。雨も降らないになぜ結露するんですか?」

断熱の施工も床下、小屋裏も調査しましたが、厚めにウレタンが吹き付けられ問題ありません。

ではどうしてここに結露するんだろう?

原因として考えられるのは洗濯ものです。

1階の洗面所に大量の洗濯ものが干してありました。

それも窓を閉め切り干しておられます。

洗濯ものは一般的に1日10〜20kgの大量の水蒸気が発生します。24時間換気と除湿機だけではとても水蒸気を100%とることはできません。

33℃、湿度75%ですから、33℃の絶対湿度は35.6g×0.75=26.7g/m3(水蒸気量)

27℃の100%の時の含みうる水蒸気が25.7gなので27℃以下の部分があると結露します。

考えらられることは真夏でも1日の最低温度は夜明け前の5時から6時頃です。夜間外気が20℃近くにもさがると、サッシ枠の壁に隠れたアルミの部分に大量の水滴が発生、その水をプラスターボードが吸いクロスがはがれたり、水が室内壁までたれてきたと考えられます。

IMG_5754.JPG

結露防止対策としては

@ 洗濯物は室内で干さない。外かテラスで干す。どうしても室内で干す場合は雨が降らない限り2階の窓を開ける。

A 冬場の結露防止対策としては、寝るとき以外は各部屋のドアを開け、室温の温度差のないようにする。室温が低いと高い部屋から水蒸気の移動(水蒸気分圧の圧力差)により温度の低い部屋に結露する。

以上の温熱環境報告書を出しました。
posted by 山男のつぶやき at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2014年02月13日

通気遮熱FOボードカタログに透湿数値の明細表記

4月1日より消費税アップの為、私の屋根裏遮熱材通気遮熱FOボードの価格を従来の消費税込み1枚1050円を税別1枚1000円に直しました。

長男がコンピューターの仕事が本職なのでしてくれました。

一部住宅会社、工務店、設計事務所の方から結露計算に必要な通気遮熱FOボードの数値を教えてと問い合わせがありました。

このさい透湿数値も今までよりもより細かい数値を表記して、(社)住宅性能評価・表示協会の内部結露計算シートで結露計算するときに必要な通気遮熱FOボードの公的試験機関の透湿抵抗比性能値も書き、簡単に結露計算ができるようにしました。

IMG_5986.jpg

IMG_5987.jpg


IMG_5985.jpg

最近は特に住宅の壁や屋根の内部に結露するか、しないかの計算書提出が役所より求められています。

住宅の室内側の断熱材には水蒸気を通さないように気密シートを張ること、または押し出しポリスチレンフォームやウレタンボードなどほとんど水蒸気が通りにくい断熱材を使われています。もし断熱材が水蒸気を吸うても室外側の建築材料は水蒸気を早く出すような透湿しやすいものとし、内部に結露しないような安全処置が必要です。

IMG_5988.jpg

IMG_5989.jpg

壁、屋根の内の実在水蒸気圧が飽和水蒸気圧を超えないようにしなければなりません。

これで内部結露計算に対応したカタログの充実を図りました。
posted by 山男のつぶやき at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2014年01月24日

換気の排気口から水が・・なぜ?


知り合いの住宅営業マンKさんから
「福田さん、換気の排気口から水がぽたぽた落ちてきた。わしも行くしお客さんのところを見てくれんか。頼む」

12年たった高気密高断熱住宅の第三種の排気の換気です。床、壁断熱パネル、天井はセルロースファイバー吹き込み断熱です。気密は私が測定していますが非常によかったです。

問題の部屋は2階の寝室で、押入れクロゼットの排気口に水が滴り落ちていました。下のプラスチックの入れ物の中には水がいっぱいでした。

IMG_5871.jpg



IMG_5866.jpg


IMG_5873.jpg


IMG_5876.jpg


IMG_5867.jpg

IMG_5865.jpg


お客さんは今年のこの冬からこんなことになったと言われました。
クロゼットの天井の気密断熱点検口からKさんと一緒に小屋裏に入って見ると、塩ビ配管はちゃんときれいに保温されていたのですが、配管が90度曲がり天井にとりつくところの立て管約30cmがなんと塩ビ管が見えて保温されていません。

IMG_5869.jpg

IMG_5868.jpg


IMG_5870.jpg

これが配管内の結露じゃないかと思いました。

しかしKさんは結露はわかるが、この状態だったら新築して初めての冬のときにすでに結露しているはずだ、12年もたってい今になって結露しだしたのは何かほかの原因があるのではないかというのです。2人で、屋根の雨漏りも調べましが全くそのようなことはありません。

換気も流速計で測りましたが十分換気しています。

排気は良くされていましたが、給気の口がほとんど閉まっていました。LDK、寝室は完全に給気口が閉まっていました。

一番水蒸気の多いにのは浴室、台所、洗面所、トイレです。ここの排気口の換気流量を測りましたが十分排気していました。
LDKの中に吹き抜けがあり2階の寝室の入り口のドアにつながっています。
これはLDKの暖房を2階に回りやすくして1階と2階の温度差を少なくしようとした高気密高断熱住宅の標準的なプランです。

お家の人に洗濯ものはサンルームに干していますか?と聞くと冬は乾かないから、このLDKのこのFF式ストーブの前でほとんど乾かかしているというのです。
それではあの外気を取り入れる給気口なぜ閉められたかとお聞きすると、冷気が入り暖房も余分にかかるので最近閉めたと言われました。LDKの洗濯ものに一番近い部屋が寝室です。寝室はLKDの暖気を入れたいので、寝るとき以外は常時ドアを開けているとういうことです。

このお家家族人数が多く、洗濯物も多いということ、お客様に生活水蒸気量の説明をしました。

先ず大人は寝ているときに1時間35g、子どもは20g、少し軽動作しているときは、大人約100g、子ども約50gほど水蒸気を発生しています。標準4人家族では1日約8000g水蒸気が発生しているとう報告書があります。

これは洗濯ものは別です。洗濯ものはそのお家の家族人数にもよりますが1日約10〜20kg発生します。

これだけの洗濯ものをLDKの暖房の温度で乾かしても、その水蒸気は瞬間的に水蒸気分圧の圧力差で温度の低いところに移動して、温度の低い場所の飽和水蒸気量の100%を超える部分には、水蒸気として飽和できず水にもどるのです。

先ず洗濯ものを室内で干さないこと、どうしても早く乾かしたいときは今すぐ必要な洗濯もののみにして、洗濯ものの量を減らすこと。

次に外気取り入れの給気口は閉めないこと。

それに少しでも洗濯ものがあるときは換気のコントロールスイッチを弱から中か強に切り替えること。

そして小屋裏のあの換気の塩ビ管のさらし部分に保温材を巻いてもらうことと説明しました。

なぜ配管内に結露したかの私の結論は

1、小屋裏の換気配管の保温不足

2、給気口を閉めていたため計画通りの換気がされていなかったこと。排気は良く回っていたのでおそらくサッシの隙間や玄関のドアからむり    
   やり、外気をひつぱっています。

3、大量の水蒸気発生量の多い洗濯ものは室内に干さないこと、どうしても必要なもののみとし、室内乾燥は少なくすること

 「洗濯ものがこれほど影響しているとは知らなかった。勉強になったよ。ありがとう。」とお客様から言われました。





posted by 山男のつぶやき at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 結露

2014年01月19日

室温4.6℃、湿度78.1%。窓アルミ2℃で結露

IMG_5807.jpg

新築工事中のアルミ樹脂の複合サッシの枠のアルミ部分がひどい結露していました。

大工さんが一人工事して、電気ヒーター1台だけが暖房でした。


IMG_5817.jpg

室温4.6℃、相対湿度78.1%、湿球温度、3.3℃、サッシの障子の樹脂部分が3℃、枠のアルミ部分が結露し、アルミの温度が2℃でした。

IMG_5810.jpg


IMG_5811.jpg


IMG_5801.jpg

IMG_5803.jpg

IMG_5805.jpg

IMG_5804.jpg

内装してしまうとこのアルミ部分は見えなくなるので、心配です。やはりオール樹脂サッシがまだ安全ですね。
posted by 山男のつぶやき at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2014年01月12日

アルミ樹脂複合サッシの結露

金沢の新築現場でアルミ樹脂複合サッシのアルミ部分に結露をしています。

外気0.6℃、室内5.2℃、大工さんが一人作業、暖房は小さい電気ヒーター1台です。

IMG_5754.jpg

IMG_5755.jpg

残念がら、湿度計もサーモカメラも持って行かなかったので露点温度はわかりません。

気象庁の金沢の過去30年間の1月の平均湿度は75%ですから、5.2℃の絶対湿度は6.883×0.75=5.162g/m3となります。

0.9℃の100%の飽和容積絶対湿度が5.155g/m3ですから、アルミ部分は0.9℃以下ということになります。つまり、0.9℃以下の部分では水蒸気としてとどまることができず、水に戻るのです。これが結露ですね。

外気温度が0.6℃なので、アルミ部分はほとんど外気温度と同じくらいになっていますね。

この部分はアルミ樹脂の複合サッシを柱、マグサにビスで止めている部分で、構造上アルミだけになっています。

本来ならばこの隙間も断熱しないと結露は止めれません。しかしこのような狭い部分は断熱施工がしにくく、ほとんどされいないのが現状です。

やはりオール樹脂のサッシが結露しにくく、安全ですね。

posted by 山男のつぶやき at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2013年09月11日

基礎断熱の結露を防ぐには・・。

「福田さん、基礎断熱で床下が結露して困った。どうしたらよいか教えて・・。」

こんな言葉が工務店、住宅会社の方からよく相談を受けます。

P1020396.jpg


P1020397.jpg

結露防止するには先ず、土壌から上がる湿気をとめる防湿シートが破らないよう土間コンクリートを打つことですね。

土間を打つとき長靴で破ることが多く、防湿シートは厚いものが必要です。

防湿シートの重ね目は防水テープできちっと目張りします。

土壌が元蓮畑だったり、山の斜面を削って造成した場所は地下水が多く徹底的に防湿工事が必要です。
こんな条件のときは土間床全面に土間断熱が必要な場合があります。

次に床下に湿気を取り除くために絶えず空気を回し排出しないと結露します。コンクリートの水分が完全抜けるのに6年もかかると言う報告もあります。表面が乾いていても中はまだ水分を含んでいます。

結露対策として床下に換気ダクトを通し、排気口と対角になる床にガラリを付け水蒸気を出しますが、そのときは床と床下が気密が取らないと計画通りになりません。よくあるのが排気口の近くに普通の床下収納や、床下点検口がありそこから室内の空気を吸い、遠くの床下の湿気はほとんど排気できていません。

特に間仕切り壁と床下の気密がとれず、すぐ近くから室内の空気を引っ張っているのを多く見られます。

床下を室内とすることは夏は冷熱、冬は外気より高い温熱の地熱を利用する考え方です。その場合は外壁は外断熱にしないと効果が少ないことです。内断熱で間仕切り壁から引っ張る地熱利用はあまり期待が出来ません。また床にガラリをつけるだけでは床下の水蒸気は抜けないのです。

基礎断熱の床下を換気ダクトで湿気を抜く方法以外に、基礎の気密断熱ダンパーを勧めています。

P1020398.jpg

P1020399.jpg

4月終わりころから、10月末頃までダンパーを開放、11月初め頃から4月末頃まで閉める1年に2回開け閉めをすることで床下の湿気を早く取ることが出来ます。1年の半分は自然の風を通すことが水蒸気を抜く一番の早道ですね。
posted by 山男のつぶやき at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2013年06月15日

鉄板屋根の結露

「お客さん!この材木の梁のしみひどいですね」

IMG_4058.jpg

「これが鉄板屋根が結露してね。ひどいもんだ。材木がしみだらけになったんです。屋根があるのに車にも雨のように落ちてくる。ウレタンの吹きつけ断熱でなおりますか?」

IMG_4061.jpg


「そうですね。鉄板用の硬質ウレタン吹きつけでしたら,、結露は止まりますよ。」

こんな話で車庫の折板屋根のウレタン吹きつけ工事をさせてたいただきました。

IMG_4195.jpg


IMG_4194.jpg


吹きつけ工事が終わり、お客さんから一言

「これで安心しました。ありがとう」

こちらが工事をさせていただいたのに、ありがとうを言われ恐縮です。

たかが車庫の屋根といいながら、断熱材の付いていないて鉄板屋根の結露はひどいです



posted by 山男のつぶやき at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2012年04月03日

窓にびっしり結露、気密測定

昨日は去年10月に新築で引越しされ結露がひどいので隙間風が入るのが結露の原因ではないかと施主様からいわれ工務店さまから気密測定依頼があった住宅の気密測定をしました。

IMG_1892.jpg

昨日はとてもいい天気で朝方気温が下がっていました。
約束の10時にお家を訪問すると驚いたことに玄関ホールの窓にびっしり結露していました。

お客様が窓際に温湿度計を置いてあり見ると温度12度、湿度55%です。


IMG_1889.jpg

その他の部屋もやは結露しています。

IMG_1891.jpg

気密測定をすると、とてもよく0.95cm2/m2です。

測定結果は隙間風が少ないく高気密のお家でした。

暖房は蓄熱暖房とエアコンです。

換気システムは熱交換換気でした。

換気システムのフィルターは定期的に掃除をしておられ、お風呂のお湯は入った後、必ず抜いておられました。

そうすると結露の原因は部屋間の温度差と考えられます。

LDKの蓄熱暖房気がありLDKは室温が高いのですが2階の奥の部屋は室温が低いのです。

それに窓の2重のカーテンを夜閉めておられました。

ここに原因があります。窓からの冷気を入れさせないためにカーテンを閉めると、カーテンと窓との間の温度は低くなります。

水蒸気は室温の低いところに瞬間的に移動します。

カーテンを通った水蒸気は温度の低い窓ガラスやアルミの敷居で過飽和になり結露します。

お施主様にはまず蓄暖とLKDと2階のエアコンで暖房し、部屋の扉を開放し部屋の室温を上げる、カーテンを閉めないようにアドバイスをしました。窓のカーテンは夏の日射を防ぐ用途として考え、結露を防ぐには開放してくださいと説明しました。

工務店の担当者お2人立会い測定が終わりお施主様に説明が終わったのが12時半を過ぎていました。

外は天気がよく、田んぼのあぜにはオオイヌフグリの可愛い花が咲いていました。

IMG_1893.jpg

山はまだ雪がありますが大分少なくなって春らしくなりました。

IMG_1904.jpg
posted by 山男のつぶやき at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2012年03月26日

新築半年でひどい結露、原因は?

新築し、去年の10月に引越しされたお家でこの冬ひどい結露が発生原因は何か調べて欲しいと建築会社の方から依頼がありました。

そこで結露を防ぐ住まい方を考えてお施主様に説明しました。

IMG_1870.jpg

お施主様のお話ですと1月の末、早朝窓のカーテンはふわふわ揺れているので冷たい外気が入ってきた、サッシの気密が悪いのじゃないかとサッシメーカーを呼び4回も調整したと言うことです。

お施主様は気密がとれていないので結露がするのではないか、立会いするので気密測定をして徹底的に調べて欲しいということになりました。

posted by 山男のつぶやき at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2012年02月29日

結露は換気だけでは止めれない

昨日は高断熱高気密住宅のお住まいのお家の一部が結露するということで蓄熱暖房メーカー、サッシメーカーと元請けの方と私がお家に訪問しました。

お施主様は雪が降り温度の低いときに洗面所の窓の一部と3階の窓の一部がわずかに結露するということです。

そこで施主様から、洗面所と3階の部屋の換気量を増やしてくれないかといわれ風量測定の機械で測り洗面所の排気を40m3まで上げ、3階の排気を30m3まで上げました。

IMG_1763.jpg

IMG_1764.jpg

IMG_1760.jpg

しかし私は排気量を上げただけでは結露はまったく無くなりません。室温を上げて温度の低いところをつくらないようにしてくださいとアドバイスをしました。

浴室の換気は一晩中換気を止めず動かしているなぜ洗面ところで結露するのかといわれるのです。

風呂のお湯は抜かずふたをしているということでいくら浴室の換気をしていてもお湯があると、水蒸気は洗面所側に移動しますので窓の一部の結露の原因となります。

そこで不要のお湯は抜いてくださいとお話をしました。

3階部分の窓はレースカーテンとカーテンがいつもしてありこのカーテンとサッシの間の空気が室温より低いのでカーテンを水蒸気が通り抜け、飽和状態になり結露するのでカーテンを明けてくださいとお話をしました。

水蒸気分圧といって温度が高く水蒸気の圧力の高いところから温度が低い圧力の低いところには瞬間的に移動して湿度が100%を越えると結露します。

今回はお施主様に風量調整の測定数字を目の前で見てもらいましたので理解が早く助かりました。
posted by 山男のつぶやき at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2012年02月26日

内部結露計算シート

フラット35Sの申請では温熱Q値計算以外に透湿抵抗比の計算か、または内部結露計算シートが求められます。

P1020262.jpg

屋根タルキに3mmのダンボールを張り、屋根裏にアイシネン断熱100mmを吹きつけ室内にプラスターボードを張ったときの結露計算をしてみました。

計算答がマイナスの数字にならないので屋根では結露しない結果がでました。

家を長持ちさせる住宅には国は厳しくチェックしています。

建築会社は建築の分野から環境の分野まで勉強しないといけませんね。
大変ですね。
posted by 山男のつぶやき at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2012年02月03日

結露のクレームで悩む社長(3) 蒸発潜熱

社長さんはもっと厳しくお施主様から言われたそうです。

「お風呂のユニットバスの天井、壁の結露がひどい、ちゃんと換気扇を回しているのに・・。私の親戚で最近新築したお風呂はまったく結露していなかった。カラカラ。なぜ私の家のお風呂がびちゃびちゃになるんですか?」

ユニットバスの壁、天井はどんな御家でも結露は避けられませんね。

42℃の暖かいお湯があり、仮にお風呂の室温が40℃としたら、40℃の飽和容積絶対湿度は51.05g/m3ですから、浴室が湿度90%でしたら51.05×0.9=45.95gですね。

湿度表を見ると37.9℃が露点温度になります。つまり壁、天井がこの温度以下でしたら結露します。

一旦結露して水になったら換気扇をいくら回しても乾きません。

水を蒸発するには熱を加えないと蒸発しないのですね。

IMG_1679.jpg

これを蒸発潜熱、または気化熱といいます。

1gの水の温度が20℃のときは蒸発に必要な586calなので、仮にお風呂の水滴を全部集めて牛乳瓶半分強100cc(100g)あったとしたら
860calが1wですから、586×100÷860=68wになります。

P1020212.jpg

つまりお風呂のお湯を完全に抜き、68wの電球を1時間つけっぱなしにしないと結露の水は蒸発しません。

お風呂の壁、天井の結露をなくすには風呂のお湯を抜き、入り口の扉を開け換気扇を回し、洗面所、その他の室内の暖かい空気を送ってやることです。

風呂の扉を締め切っているとなかなか乾きません。

そのときは乾燥換気扇の設備のついたユニットバスはすぐ乾きます。

社長さんは私のこの説明にうなずき、これからお風呂にはお客様がどんな使い方をするかわからないので乾燥換気扇をつけるよと言っていました。

posted by 山男のつぶやき at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 結露

2012年02月02日

結露のクレームで悩む社長(2) 空気と水蒸気

電話では結露のことを充分説明できないので会社の事務所に訪問して社長さんに具体的なお話をしました。

「社長!標準的な4人家族の1日の水蒸気の発生量どのくらいあると思います?」

「さあわからんネ」

「それがね、8.2リッターもあるんです。1升ビン4.5本ですよ、この表です。見てください。」

P1020211.jpg

「へええ!そんなにあるのか」

「温熱環境の基本で習うことの中に湿り気空気線図というものがあるんです。これです。」

P1020208.jpg

「わああ!こまかいな。」

「例えば20℃の室温で相対湿度80%の場合、湿度80%の曲線と交わる交点があるでしょ。これを左に水平のなぞって100%のぶつかるラインの数字を見ると16℃になっているのがわかりますか?」

「ああこれね、ほんと16℃になっている。」

「つまり16℃以下になると空気の中に含みうる水蒸気100%を越えてしまい水になるのです。」

「なるほど。」

「こちらの表がもっとわかりやすいかもしれません。 20.0℃のとき1m3の飽和容積絶対湿度が17.28gとなっていますね。この空気の中に80%の湿度があるときは17.28×0.8=13.82になりますね。 そして表の13.82g以下のところを探すと16.3℃で13.86g、
16.2℃では13.79gになっていますでしょ。」

P1020209.jpg

「ほんと16.2℃が13.79gになっている。この温度が水蒸気量100%を超えた温度なんだね」

「そうなんです。この温度を露点温度といいます。水に戻ってしまうんですよ。」

posted by 山男のつぶやき at 08:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 結露

2012年02月01日

結露のクレームで悩む社長(1) 結露がひどいと施主様

取引してる工務店の社長さんから電話です。

「よわった、お客さんから玄関ドアや、階段の踏み板まで結露でしている、どうなってるの?と言われた。福田さんどうすれば良いか何か教えてもらえんか。」

「社長、この間、完成したばかりのあの御家ですか?」

「そう1月20日に引越しされたんだけど、ひどい結露でクレームがついてしまった。よわったよ」

「暖房は何ですか?」

「蓄暖とエアコンでやっている」

「室温どのくらいありましたか?」

「16℃だった。」

「それは温度が低いですね。もっと室温を上げなくちゃ。」

「いやね。お客さんには言っているのだけど、電気代が高くつくといって約半分ぐらいしか蓄熱させていなかった。」

「まず結露を止めるには室温を上げることと、室内だけでなく、ローカ、クロゼット、トイレ、洗面所など、扉を開放し家全体を暖めることですよ。非暖房室をつくらないことです。それだけひどい結露しているのなら洗濯物が干してあったでしょ?」

「洗濯物が山のように干してあったよ。1階も2階のホールにも。」

「やっぱりね」

「小さい子供さんがいるので、洗濯物の量がはんぱでなかったよ。」

「社長、洗濯物が1日どのくらい水を含んでいるかわかります?」

「わからんなあ」

「1日10kgから20kgですよ。つまり量が多いときは20Lです。」

「へええ、そんなに出るんか、知らんかった。」

P1020210.jpg
posted by 山男のつぶやき at 08:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 結露

2011年04月08日

結露に悩む中華料理店

残雪の山が美しい季節になりましたね。

私の好きな石川と福井の県境の山々がきれいです。

IMG_0151.jpg

石川の富士写ケ岳(写真左)から福井の小倉谷山、火燈山(右)への縦走は石楠花の宝庫です。


IMG_0152.jpg

そして右に目をやると丈競山の北峰(左)と南峰(中)、浄法寺山(右)にはよく登りました。

ところである住宅会社より中華料理店の屋根裏の結露の相談がありました。築後6年のまだ新しいお店です。
お店を訪ね原因調査をしたところお店の厨房室の水蒸気が小屋裏までまわって保温材の貼ってある折屋根の裏で結露していることがわかりました。
小屋裏外壁には多くの自然換気のための外部フードがつけてありました。

IMG_0149.jpg

お店の主人が調理の仕込みしていたときにその小屋裏をのぞくとむっと中華の臭いとムッとした熱気を感じます。

厨房室の天井点検口から天井を除くと外壁にはグラスウールが入っていましたが気密シートまではありません。

それと厨房の排気ダクト外部フードが基礎近くまで四角いダクトで延ばしておりかなり圧損があり弱運転では充分排気ができていないことがわかりました。

IMG_0148.jpg

IMG_0147.jpg

お店の主人に聞くと強運転にすると厨房のすぐ横のサッシのガラリから強い冷たい風が来るので寒いというのです。

IMG_0143.jpg

その為寒さふさぎにベニヤをあてたりしています。

まず私がアドバイスしたのは

@ 外部のフードを短くし空気の抵抗を少なくし吐き出し易くすること。そのさい、天井にある排気ダクトに保温材を巻き厨房の熱を天井にためないようにすること。
給気口のサッシ窓下のガラリをメクラにして新たに外壁にフードをつけ、天井に給気用ダクトを設け、厨房の中の大きいステンレスで囲った部分に穴を開けそこより給気の空気を取り入れること。

A 厨房室の天井と2階床までのふところ部分の外壁、間仕切り壁を気密シートや発泡ウレタン、コーキンング工事して2階小屋裏まで水蒸気が行かないようにすること。

B 2階屋根裏は自然換気だけでは水蒸気に吐き出しが充分でないので、換気扇で強制排気すること、その場合温度センサーや湿度センサーを屋根裏につけると便利。

このようなアドバイスを住宅会社の人と施工した大工さんに提案してきました。
素敵なモダンな外装でお店の中も洒落たた間取りでしたが、厨房の熱や水蒸気が小屋裏まで通じてしまい結露を起こしてしまった。
一般家庭の台所と違い大量の熱と水蒸気を出すので温熱環境も厳しく計画をしないとクレームが起きてしまいます。

店舗設計の方に知ってほしいですね。

posted by 山男のつぶやき at 10:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 結露

2010年11月11日

夏型結露、クロス壁の目地にカビ

工務店さんから相談だけど、と呼ばれ、エアコンのあるリフォームの現場でクロス目地にカビが生えていた、目地だけで他ほかはなんともない。
なぜだろうか?どうすればカビをとめられるという相談した。

これは壁の中が夏結露でカビが生えた逆転結露、いわゆる夏型壁内結露です。

特にエアコンの風の当たる壁の目地がカビが生えています。
エアコンで室内は除湿するのでカビの発生する条件は少なくなります。

しかし、真夏外気35度の猛暑で湿度80%でしたら飽和容積絶対湿度39.54×0.8=31.63g/m3の水蒸気量になります。
エアコンの冷風が当たる壁が26度とすると絶対湿度は24.34gですから、31.63−24.34=7.292g/m3が水に戻るつまり結露します。

温度差をなくすために壁の中に断熱材を入れますが、グラスウールだったので水蒸気が壁際まで来ており、壁下地のプラスターボードの突合せの目地を通りクロスの紙に結露したものです。

直すにはまず断熱力が足らないので断熱補強をして壁の中をまんべんに隙間なく施工し、外部の外装はそのままということなので、室内のプラスターボードと断熱材の間に防湿シートをはさんで外の水蒸気がクロスの紙にまで侵入ししないようにすればカビは防げますとお話しました。

最近の家はエアコンの普及で夏に壁の中で結露することが多くなっています。

グラスウールなど繊維系の断熱材は防湿シートの施工をする必要があります。
posted by 山男のつぶやき at 06:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 結露
最近のトラックバック