2017年03月01日

YKK前沢パッシブハウスの体感研修

28日は潟nザマ住建様(金沢市)の会社と協力業者の人とバスで富山県黒部市のYKK前沢パッシブハウスの体感研修でした。


IMG_1243.JPG

パッシブハウスジャパンの森みわさんの設計監理でYKKの高性能サッシ仕様のドイツの省エネ基準をクリヤーした超高断熱高気密住宅です。

全国から見学者が多く狭間社長さんはこの2月28日にやっと予約がとれたんだよとおっしゃっていました。

最初はYKKさんの黒部工場の一角にあるファスナーとサッシの製造工程など一部展示と写真の展示館を見学です。

樹脂サッシの製造工程原理や実物のサッシの展示を見学です。

そのあと目的のパッシブハウスに向かいます。

少し山手の前沢地区の住宅地内にモデルハウスがありました。

中では専門の人が説明してくれます。

断熱、気密、構造など説明してもらい、床下の10畳用のエアコン1台だけで全室暖房されて超高性能の住宅です。

そのエアコンなど床下も見学させていただきましたが、中の写真撮影はOKですが、写真はブログ、フェイスブック、ツイッターに書くことは禁止なので写真は載せれません。

1階フェノールフォーム80mm+付加断熱フェノールフォーム100mm、2階はフェノール80mm+セルロース北面240mm、東西200mm、屋根セルロースファイバー300mm、基礎断熱室内側押し出しポリスチレンフォームB−3種、50mm基礎外側同じく100mm、温熱Q値0.86w、外皮UA値0.188w、気密C値0.12cm2/m2と説明をされました。

窓の熱損失が多いので、できるだけ窓面積を小さくして性能を上げようとしているが、森みわさんは断熱性能と気密性能を上げれば南面に大きな開放的な窓をとっても、そんなに熱損失を心配せず冬は窓から太陽の輻射入熱がとれるので、暖房にもなり省エネ化をできる。

せっかくある太陽のパッシブな自然エネルギーを取りこむべきとうDVDでのお話でした。

これだけ性能を高めればリビングなど開放的な大きな窓をつけることができるんだとあらためて勉強になりました。

窓はYKK APW 430、2階の窓の一部にはAPW 330真空ガラス採用の窓でした。

やはり高性能樹脂サッシだからこそこれだけの温熱環境の優れた住宅性能がでるのですね。改めて実感です。

IMG_1267.JPG




posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2016年10月16日

高密度GWで先貼りシート工法

咲蔵工房様(福井県勝山市、さくらこうぼう)の大野市の現場で換気システムを納めさせていただいたので商品と取り付けの説明にお伺いしたところ、東北、北海道の高密度のグラスウールに先貼り気密シート工法をされておりびっくりしました。


IMG_2038.JPG

IMG_2036.JPG

耐力面材にウレタン吹き付けが多い北陸でGWに先貼り工法はまだ非常に施工例が少なくなかなか見れません。

壁は16kgのGW120mにダイライト耐力面材の外に高密度GW45mmの付加断熱、小屋裏天井桁上に剛床合板を貼り気密シートを貼り高密度GW120×2=240mmでした。

屋根の母屋間に私の通気遮熱FOボードを貼って夏の遮熱対策もされていました。

IMG_2045.JPG

 
IMG_2034.JPG

IMG_2040.JPG

IMG_2043.JPG

IMG_2044.JPG

 
基礎は防蟻断熱仕様でした。

咲蔵工房の別段社長さんにお聞きすると

「ウレタン吹き付けは北陸ではいま流行りだが、家の増築や子供、孫の代に建て替えするとき断熱材と木材、金物の分別するとなると、大変な費用が掛かるのでお施主様の為にも将来のことを考えて先貼り気密シートに高密度のGWにした。」

「それに外気に接する桁、梁が経年変化で、ひび割れ、ねじれなどで気密がとれないので先貼りシート貼りで気密をきっと確保した」と話されました。

東北、北海道の先進の設計士さん、工務店、住宅会社の高気密高断熱住宅の設計、施工をかなり勉強したということです。

 
大野市は周りが山に囲まれ大野盆地なので北陸では雪も多く一番寒い地域なので温熱性能の高い住宅が必要です。

今月末か、11月初めに気密測定をしますので、今から楽しみです。
posted by 山男のつぶやき at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2014年10月08日

気密工事チェックリストに浴室周りの詳細を増やす

初めて気密測定をする住宅会社、工務店さんのために、以前から気密工事チェックリストをつくり渡しています。


IMG_8104.jpg

しかし浴室周りの気密がととてれいない現場がよくあり、忘れやすい浴室基礎の人通口などの断熱気密工事部分の工事内容を増やしました。

人通口の穴塞ぎ忘れ、基礎と土台部分に通気基礎パッキンを間違って使用していないかなど具体的にリストに加えました。

IMG_8105.jpg

初めて高気密高断熱住宅を建てる工務店さんの気密性能を何とか上げたいです。
posted by 山男のつぶやき at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2014年02月06日

ユニットバスの床下基礎の断熱気密

住宅の気密測定をして、工務店さんが気密の取り方で悩むのが浴室、ユニットバスの床下です。

高断熱浴槽だからと断熱は大丈夫と、気密を浴室周りの壁で気密シートと気密テープでとろうとしている現場があります。

大工さんは高気密高断熱になれた人で屋根、壁ウレタン吹き付け、床は剛床合板の下の大引き間断熱、サッシ回りはすべてコーキング処理をしていました。かなりいい数値が出るかなと測定したところ、ユニットバス周りの気密テープからかなり隙間風が入ってきました。

IMG_5933.jpg

IMG_5936.jpg

そこで大工さんはウレタンで穴埋めしなけならず、苦労して作業をしましたが、完璧な気密処理はできません。少し良くなりましたが私の期待する数値にはなりませんでした。これは大工さんではなく設計上の問題です。

IMG_5935.jpg

ユニットバスの床下に外気が入りユニットバスの床、壁、天井までが外気にさらせれてしまいます。壁、天井はわずか薄い断熱材が貼ってあるだけです。これは他社と差別化するためのユニットバスメーカーのサービスの断熱材と考えるべきです。こんな薄い断熱材の断熱力に頼ってはいけませんね

人が裸になるユニットバスを外気にさらさないことがとても大事なことです。

ユニットバスの基礎床下を室内と考え、基礎で気密断熱をすればそんなに難しくはありません。
ユニットバスの基礎立ち上がりに板状断熱材を基礎工事のときの取り付け、給水、給湯、排水管を先行配管し、人通口を板状断熱材で塞ぎ、そのまわりをウレタン吹き付けし気密をとればよいのです。

IMG_5938.jpg

IMG_5940.jpg

または浴室、洗面所の基礎を一体基礎として基礎内側に板状断断熱材を張り付け、四方の基礎と土台に気密基礎パッキンにすれば簡単に断熱、気密がとれます。洗面所の床にメンテナンス用の点検口を付ければOKです。

posted by 山男のつぶやき at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2014年01月30日

長期優良化リフォームのセミナー

昨日は国の長期優良化リフォーム事業の研修がありました。

講師は日本住環境鰍フ北村忠男氏です。

IMG_5888.jpg

IMG_5889.jpg

木造在来の既存住宅を耐震性、省エネルギー性、劣化対策、維持管理・更新の容易性の4項目について性能の向上をはかるものです。

それに対して国は64億7800万円の概算要求をして、1物件ついてこの工事の1/3、限度額100万円を補助しようとするものです。

既存の外壁を取り外し構造用合板を貼り耐震性をはかり、その合板の上に気密シート、そして板状断熱材、通気胴縁、外壁化粧材という順に施工するというものです。やはり外張りのリフォームでした。私はこれしかないと思っていました。

床は既存を触らず、基礎の外張り断熱して断熱補強する方法に国の考えが進んだなあと感心しました。
基礎の外断断熱は今までは床断熱が主流で、基礎の外断熱はまま子扱いのようでしたが、国が正式にこれを推進してきたのには非常に驚きでした。もちろんこの断熱材は防蟻断熱にしなければなりません。

IMG_5891.jpg

IMG_5896.jpg

IMG_5895.jpg

IMG_5892.jpg

天井面の耐震性はやはり構造用合板をはり、気密シート、グラスウール300mm以上の吹き込み断熱です。

今回の長期優良リフォーム工事で一番大変なのは天井部分の工事ですね。雨の日はどうしても工事がしにくいのが難点です。
特に天井と屋根との高さが小さく懐がない屋根はいったん屋根材と野地板、小屋束を取りはずし、天井上面から構造用合板を張り、気密シート張りをして、その上に再度屋根を作る作業がていへんだなと思いました。

雨の日はは作業が出来ず、大きなお寺の修復工事のように屋根まですっぽりかぶる足場とシートが必要になります。

でも国交省が既存の住宅を建て替えるのではなくて、そのまま残し大改修する推進事業を進めることに大きな意味があります。

温熱環境の仕事をしている私が一番びっくりしたのは、この長期優良リフォーム事業の温熱性能の数値が明記されたことです。

1. 断熱性能 Q値1.6w/m2・k以下

2. 気密性能C値 0.5cm2/m2以下

3. 窓開口部 熱貫流率 U値 2.3w/m2・k以下

4. 換気回数  0.5回/h以上

5. 暖房性能 室内の上下温度差1〜2℃以内、気流速0.15m/s以下、窓からのコールドドラフトがないこと

IMG_5890.jpg

ここまで要求しています。私が日頃思っている住宅の温熱性能を国が明記していました。

セミナーの後、北村先生から、
「今回から、気密性能が重視されてきましたよ。福田さんこれから気密測定の仕事がますます増えてきますよ。福田さんも測定資格者の社員を入れないと1人で仕事がこなせなくなるかもしれませんね。」

「ほんとですか?いやね、この間、金沢大学を出て大工さんになった人がいましてね、現場の気密を測定後、気密測定技能者の試験は難しいかと聞かれたので、そんなに難しくないよ。金沢大学から比べれば簡単、簡単、受験するなら応援するよ。資格を取って私の仕事を手伝った欲しいな、と話したんです。」

北村先生は

「そうですか、測定が絶対増えてきますよ」

私は
「そうなればいいんですけどね・・・。」
posted by 山男のつぶやき at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2013年09月18日

エコ住宅Q1.0−Xのセミナー

IMG_4943.jpg

久ぶりに室蘭工業大学の鎌田紀彦先生のセミナーに参加しました。

IMG_4955.jpg

IMG_4950.jpg

北陸で高気密高断熱住宅がわずか一部の工務店さんが始めたころ、私は北海道の札幌に行き、鎌田先生の高気密高断熱住宅の研修を泊り掛けで受けて以来です。もう20年も前です。

めったに北陸で先生の講演はありません。それが9月13日に金沢でありました。
さすが、日本の高気密高断熱の先駆者のセミナーだけあつて会場は満員の人でした。

不燃のグラスウール、ロックウールの断熱材を使い、先行先張り気密シート工法の高気密高断熱住宅を開発されました。

今では全国、九州までこの工法が普及しています。

今回、驚いたのは燃え広がらないと言われたフェノール樹脂の断熱材が火事で燃え、秋田県の新築3年の住宅が全焼、家族全員の4人の人が亡くなられたニュースのビデオを見て愕然となりました。

先生は不燃の断熱材を使うべきだ、そして先張りシートを使い断熱、気密をとりどこの部屋に行っても温度差のない、結露しない、冷暖房費のあまりかからない住宅を提案されています。

そして熱損失係数Q値を1.0まで高める住宅まですれば、住宅の電気代や灯油代がいくらになるかの温熱ソフト計算を見せていただきました。

北陸は国の基準Q値2.7w以下であればよいとの考えはもう遅れている、せめて住宅の燃費を3分の1まで下げるべきで、そうしないとCO2削減にはならない、今提案しているのは4分の1のQ1.0のレベルまで上げことでした。そうすいれば太陽光の枚数を増やさなくてもゼロエネルギーになるということです。

IMG_4956.jpg

それには断熱材の厚さ、密度、窓サッシの性能、使用ガラスの物性、性能など知らないと出来ません。

Q1.0にするには従来の高密高断熱住宅に坪2〜3万かければ出来るといわれました。

やはり断熱材は柱内断熱と柱外断熱のダブル断熱で断熱力をあげ、天井は500mm、床断熱の場合はウレタン100mm、サッシは樹脂サッシトリプルガラスまですれば何とか1.0近くまで可能ですね。

IMG_4961.jpg

北陸の住宅の温熱性能をレベルを上げるために頑張らないととあらためて思いました。
posted by 山男のつぶやき at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2013年09月13日

基礎外断熱は基礎内断熱より、蓄熱量が1.5倍

木造住宅は熱容量は少なく、RCの住宅より早く熱が冷めてしまいます。

しかし木造住宅で唯一蓄熱を溜めれるのは床下の基礎コンクリートですね。床断熱では床下の自然の地熱利用は出来ません。

では基礎の外断熱と内断熱のコンクリートに溜める蓄熱容量がどのくらいあるのか計算してみましょう。

P1020397.jpg


P1020396.jpg


設定条件

1. 基礎高さ土間べた基礎より450mm

2. 基礎巾 150mm

3. 基礎長さ 縦12m 横6m

4. 外周長さ (6+12)×2=36m

5. 基礎外周より水平断熱900mm

6. 基礎べたコンクリートの蓄熱厚み50mmまでとする

7. 基礎水平断熱900mm入った残りの土間コンクリートの床下中央部面積

  6×12-(6+6+11+11)×0.9=41.4m2

8. 内部間仕切り布基礎長さ34mとする

9. 普通コンクリートの容積比熱481Kcal/m3℃


<基礎内断熱蓄熱量>

0.45m(H)×0.15m(D)×34m+41.4m2×0.05m(D)=4.36m3

4.36m3×481Kcal÷860=2.43kw


<基礎外断熱蓄熱量>

0.45×(34+36)×0.15+41.4×0.05=6.79m3

6.79m3×481Kcal÷860=3.79kw


3.79÷2.43=1.55倍

基礎外断熱は内断熱より1.55倍蓄熱量が多いのです。


冬、基礎断熱で床下の基礎、土間コンクリートが10℃暖っているとします。

3.79kw×10=37.9kwの膨大な熱を溜めることが出来ます。

根太タルキの床とし、外壁を外張り断熱として床下の空気を壁に取り入れ、また床にガラリを付け直接室内に床下の熱を取り入れることが出来るのが基礎断熱なのです。

地域にもよりますが、冬は外気より基礎断熱は床下温度が7℃〜9℃は地熱の影響で高いです。

床下に熱交換換気システムを置き、室内の暖気と熱交換すると床下温度が14℃〜15℃くらいになります。床が冷たく感じません。

熱交換換気を使わなくても、室内の暖気を換気ダクトで床下に送るだけでも効果があります。

基礎断熱は熱容量をあげるためにもまず基礎外断熱ですね。 しっかり防蟻対策をすれば内断熱より多くの地熱活用が出来ます。
posted by 山男のつぶやき at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2013年01月17日

気密、断熱、ゼロエネの説明

富山県高岡市の東山住宅の店長さんより14日の10時にお施主様が気密、断熱のことを詳しく知りたいので説明に来てくれないかと言われ説明に行きました。

IMG_3279.jpg

30代のご夫婦で小さいお子様連れの方でした。

家を建てるなら気密断熱のしっかりした家にしたい、Q値で1.2wくらいにしたいといわれ私がびっくりです。

かなり勉強されている方でした。
高岡市に立てる計画ですので、私は理科年表を見せて、住むところの気象から話をしました。富山湾があり、剣、立山など3000mの山が屏風のように立っているのでどうしてもは1年中、湿度の高いところでまた冬は雪の多いところです。
その為、結露しやすく、高気密高断熱住宅にしてどの部屋にいても暖かく、結露しにくい家にしなければならないとお話しました。

1.2wのレベルにするには相当断熱材を厚く性能のよいものしてサッシは樹脂のトリプルガラスアルゴンガス入りなどの非常に性能のよいものにしないと難しいですと説明させていただきました。
かなり専門的な数値も嫌がらずに聞いていただき説明のし甲斐がありました。
posted by 山男のつぶやき at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2012年09月06日

さすが気密のポイントがバッチリの大工さん

昨日は金沢の潟sース様の高気密高断熱住宅の気密測定をさせていただきました。

IMG_2629.jpg

結果は超高気密でした。

玄関ドアの下端、床と柱周り、配管と床周りなどコーキング処理しておられ気密工事を熟知した工事です。

IMG_2630.jpg

IMG_2631.jpg


IMG_2632.jpg

国の基準の13倍も良い数値です。隙間風が入りにくく暖房冷房の燃費が非常に安くなります。

1〜2月の厳冬期、外気0度、室内計画温度20度で40坪の家に換算すると、隙間風だけで国の基準は暖房の電気代で約1万円、この超高気密住宅では1200円ほどかかります。

気密をとることで24時間換気が計画通りでき、換気過多にならず換気の熱損失も少なくてすみます。

いかに隙間が燃費と換気に影響しているか知って欲しいですね。
posted by 山男のつぶやき at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2012年02月19日

フジ創ホーム様の研修会

昨日は富山県高岡市江尻町の潟tジ創ホーム様の研修会の講演を高岡商工会議所でさせていただきました。

会社の社員の方と協力業者会「 FOR YOU」の人と29名の参加者です。

フジ創ホーム様とは気密測定をさせていたいたご縁が始まりです。


「マングローブの家」のドイツの先進的な超高気密高断熱住宅を建てる会社です。

温熱Q値計算で1.36w/m2kをだす温熱性能の住宅を建てる北陸ではトップレベルの住宅会社です。

内装は無垢材の自然素材をふんだんに使った本物志向の住宅です。

高気密高断熱健康な住まいのテキストブックからお話をしました。

IMG_1739.jpg


IMG_1748.jpg


気密、断熱、換気、冷暖房の4つの要素がそろって初めて健康的な家になる、カビ、ダニのない健康な住まいがこの4要素が大事なことなど前半の1時間お話して、後半はかなり専門的な突っ込んだ話をしました。

例えばQ値計算の仕方の実例、暖房負荷計算、基礎断熱にした場合基礎のコンクリートの蓄熱容量の計算など数字ばかりでししたので皆さんはよく我慢してきて聞いていただき感謝しています。

4時10分から始まり6時15分、2時間あまりの勉強会でした。

質疑応答の時間ではお二人の方がかなり専門的な質問をされ、この会社のレベルの高さがわかりました。

IMG_1747.jpg


最後に荒井里江社長様が締めくくりの挨拶をされ、フジ創ホームとしてこの低燃費住宅をもっと進めて、ドイツのエネルギーパスのような住宅の燃費の義務化に日本もなるまえに、それまでにどこよりも早くエネルギーパスを取り入れ実現したいとお話されていました。

IMG_1752.jpg

講演が終わり高岡駅前の焼き鳥「秋吉」で社員と業者の懇親会があり私も混ぜていただきご馳走になりました。

業者の方が懇親会の中でFOR YOUの兵頭会長さん他、何人の方からいろいろ質問をされてその情熱には驚きました。
これほど聞かれると私としてもとてもうれしです。

フジ創ホーム様、ありがとうございました。

posted by 山男のつぶやき at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2012年02月11日

基礎外断熱の蓄熱量効果

住宅の断熱工法には主に柱、床、天井、屋根裏などに断熱材を充填する内断熱工法と、柱の外や屋根タルキや野地板の外、そして基礎の外に断熱材を貼り付ける外断熱工法があります。

私は高気密高断熱工法の仕事を携わり21年目になります。

床下の基礎には地球の地熱利用ができやはり外断熱工法がエコですね。

よく言われるのですが、鉄筋コンクリートRCのマンションと、木造住宅では暖房を切るとRCはすぐ冷めないが木造住宅はすぐ室温が下がり冷めると聞きます。

これは木造の短所であります。 木よりコンクリートがはるかに熱を溜める力があるからですね。コンクリートは暖めるには時間がかかるけれど温まってしまえばすぐ冷めませんね。

木造住宅の内装の石膏プラスターボードPBは1m3のPBに温度1℃熱をためると、204Kcalです。これを容積比熱といいます(204Kcal/m3C)

一方コンクリートは481Kcalです。コンクリートはプラスターポードより約2.4倍熱を溜める性質があります。

IMG_1723.jpg

木造住宅でこのコンクリートを利用するには床下の基礎が利用できます。

基礎の外断熱にすると基礎外周立ち上がり、基礎内部の間仕切り布基礎、そして床のベタ基礎のコンクリートに蓄熱ができます。

建物延べ床45坪で、1階が30坪、基礎高さ450mm、基礎外断熱で床下が10℃とすると熱容量の計算するとなんと蓄熱暖房機7kwと同じ
熱を溜めてくれます。

IMG_1714.jpg

床下に熱交換の換気扇を入れたり、床下のコンクンクリートに温水暖房パイプや融雪の電熱設備を埋設したり、エアコン設置するなどを利用すると非常に優れた温熱環境になります。冬は外気より床下の温度が高いので地熱利用ができます。

冬は室温がすぐ下がりません。

夏は床下の冷熱を利用でき結構涼しいお家になります。

これには断熱気密をしつかりとらなければなりませんね。隙間風が入る家では効果がでないのです。

posted by 山男のつぶやき at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2012年01月24日

フジ創ホーム様のマングローブの家

21日土曜日は富山県高岡市江尻町の潟tジ創ホーム様のM邸のマングローブの家工法の完成内見会がありました。午後遅くですが、中を見させていただきました。

M様邸は換気システム納入と気密測定をさせていただいた高気密高断熱のお家です。

IMG_1644.jpg

床下100mm、外壁200mm、天井400mmの断熱材、サッシはエクセルシャノンのトリプルガラスLOE−Eアルゴンガス入りの樹脂サッシです。建物面積は35坪、暖房は温水暖房1台でした。

なんと驚くことに玄関を入るなりふあっとした暖かでした。

輻射温度計で測ると床が20℃、壁21℃、天井21.5℃、サッシのガラスが19℃と素晴らしい温熱環境でした。


IMG_1646.jpg


IMG_1652.jpg

IMG_1651.jpg


IMG_1649.jpg


まずガラスが床と1℃差しかないことには驚きました。

通常のペアガラスでしたら7〜8℃差はあります。

アルミ枠ペアガラスの熱貫流率U値は4.65w/m2kです。アルミ樹脂複合枠ペアガラスが、4.06w、アルミ樹脂複合枠LOW−Eペアガラスが2.33w、樹脂枠ペアガラスが1.7w、樹脂枠LOW−Eアルゴンガス入りペアガラスが1.5w、樹脂枠トリプルLOW−Eアルゴンガス入りは1.23wの断熱性能です。

日本のサッシの最高の断熱性能のサッシを使っているのでこのような床、壁、天井と1、2℃差しかない温熱環境になるのですね。

今日はいい体験をさせていただきました。

posted by 山男のつぶやき at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2011年10月21日

あさひホーム様のトリプルエコ住宅地熱回収換気の調整

小松の鰍さひホーム様のトリプルエコ住宅が完成し現場監督の川端様と床下地熱回収換気システムの調整チエックをしました。
現場は金沢市の木曳野小学校のすぐ近く木曳野団地の中です。

IMG_1158.jpg


IMG_1168.jpg

トリプルエコ住宅は石川県のブランド制度に認定された自然エネルギーを活用した高気密高断熱の家です。
この工法は米田社長様が考案し、温熱環境の技術的な面を私がお手伝いさせていただきました。
無農薬、完全外断熱、基礎防蟻外断熱、地熱回収換気システム、檜無垢柱、製振ダンパー、シメール金物、樹脂サッシなど独自の工法です。

私はアルゴンガス入りの熱貫流率1.5wの最高のランクの樹脂サッシ、床下の地熱回収換気システム、小屋裏の私の開発した通気遮熱FOボード、瓦屋根の棟換気部材を納入、気密測定などの温熱関係の仕事をさせていただきました。

米田社長様とはああでもない、こうでもないといろいろ温熱環境を共同で考えた工法の家でもあり、私は自慢する訳ではありませんが、温熱環境ではどこの会社よりも優れ、最高ランクの住宅と思っています。

この住宅は地熱を回収する換気システムが特長です。

P1020138.jpg

木造住宅は鉄筋コンクリートのRCと違い木なのでどうしても温ってもすぐ冷めやすく、温熱、冷熱など熱を溜める熱容量が少ないのです。

そこで床下の基礎、土間コンクリートに温熱、冷熱を溜めその熱を利用して室内を暖かくしたり、涼しくしたりする自然エネルギーの活用しています。

それには基礎のコンクリートの熱容量を増やすため、基礎は防蟻外断熱にしています。床下に第1種熱交換機を設置し、外気を室内の生活排熱で熱交換し、それに地熱がプラスになります。
床下のコンクリートに、家の大きさとコンクリートの容量にもよりますが、コンクリートの熱量計算すると、約5kwの蓄熱暖房機くらいの熱を溜める力と同じほどあります。

基礎の内断熱にしてしまうと蓄熱量は半分以下になり効果が出ません。

基礎に外気取り入れ口にゴミ、ほこり、花粉など入れないようのフィルターをつけて新鮮空気を入れます。

IMG_1159.jpg

IMG_1160.jpg


熱交換の換気扇本体はメンテナンスしやすいように点検口の真下につけています。

IMG_1161.jpg

給気口は床のガラリから取り入れます。

IMG_1162.jpg

排気口は床や壁の立ち上りにつけています。

IMG_1167.jpg

IMG_1175.jpg

この換気システムは春、秋の熱交換の必要のない季節は給気のファンは動かさず、換気扇の内部のバイパス回路から直接自然給気をとりれています。

冬の寒い時と夏の熱いときだけ給気ファンを動かし、モーターの電気の省エネとモーターの超寿命を考えたハイブリッド型換気です。
また床下小屋裏の空気をまわすエコエアシステムも取り入れています。
メーカーは小屋裏から下へ空気を送る一方通行ですが、トリプルエコ住宅は正逆をつけ、冬は小屋裏の暖かい空気を床下に送り、夏は床下の涼しい空気を小屋裏に送る独自な換気経路システムにしています。

P1020139.jpg

IMG_1173.jpg

現場監督の川端様が床下にもぐり、私がコントロールスイッチを操作して上下の空気がまわっているか確認しました。
よく空気がまわっていました。

IMG_1163.jpg


IMG_1164.jpg

IMG_1166.jpg


川端様が床下から出てきても塵、埃がまったく服についていません。

川端様に聞くと
「床を伏せるときの最終に掃除機で床下を掃除していますよ。床下は室内と同じだから埃が室内に入らないようにしないといけませんからね。この工法は床下が一番大事なんですよ。」言われました。

さすがです。床下はきれいですね。

IMG_1172.jpg

この家のお施主様には22日土曜日の機器の取扱い説明をして、29日(土)30日(日)に内見会がありその後引き渡しです。
posted by 山男のつぶやき at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2011年10月17日

フジ創ホーム様のマングローブの家

富山県高岡市の潟tジ創ホーム様の高気密高断熱工法のマングローブの家の換気システムの施工の打ち合わせをしました。
建築場所は射水市です。
この工法の特長は外壁が終わるまでブルーシートを覆い雨が当たらないように配慮されていることです。

IMG_1096.jpg

マングローブの家はドイツの高断熱の工法を取り入れている工法です。
断熱力はかなりレベルの高い工法ですね。

外壁の柱4寸(120mm)のセルロースファイバーを120mm充填吹きこみその外にケナボードを張り、耐力壁を造り、そしてその外に板状断熱材ロックウール80mmを張るというなんと外壁の断熱厚み200mmです。現場はケナボードを張った状態で板状ロックウールはまだでした。

IMG_1102.jpg


IMG_1097.jpg

天井はやはりロックウールを400mm吹きこみ断熱、床下はセルロースファイバー105mmを施工しています。

IMG_1098.jpg

そして驚くべきことに窓はエクセルシャノンのトリプルガラスの樹脂サッシの仕様です。

IMG_1100.jpg

今回初めての取引させていただき、私からは換気システムを納入させていただきました。
そこで女性の現場監督さんと電気工事屋さんと現場の施工の仕方の打ち合わせをしました。

2階部分に400mmも吹きこみ断熱をするのですが、配管が400mmを越え桁梁を乗り越える部分がありますので保温材巻のダクトをつかって配管内の結露防止をしました。

IMG_1103.jpg

この施主様の家の温熱Q値計算をしてみるとなんと1.36W/m2Kでした。
北陸は国の基準は2.7W以下、東北3県は1.9W以下、北海道は1.6W以下ですから超高断熱の家です。

これは断熱材の厚みが厚いでけでなくトリプルガラス樹脂サッシの熱貫流率U値は1.23W/m2Kだからできることです。
通常のアルミ樹脂の複合サッシは4.07W、アルミ樹脂複合のLow−Eガラス仕様で2.33Wですから、いかにサッシの断熱性能を重視しているかがわかりますね。

マングローブの家の断熱仕様は北欧ドイツ政府の断熱基準を取り入れています。
このドイツの住宅のCO2削減の対策がどれだけ厳しいかわかりますね。
低燃費住宅でいかに電力、ガスのエネルギーの消費を少なくするかは日本の住宅業界にも言えることではないでしょうか。

posted by 山男のつぶやき at 06:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2011年09月30日

天井ブローイング断熱工事

嵐建築様の高気密高断熱HP工法の天井断熱の吹き込み工事をしました。

IMG_0999.jpg

セルロースファイバーといって新聞紙を細かくしたものや、ダンボール紙を細かくして難燃処理したものです。

すでに天井は先張り気密シートを張ってあります。そして気密断熱天井点検口からホースを入れて吹き込み工事をします。
今回は厚み250mmを吹き込みました。


IMG_1001.jpg

IMG_1002.jpg

紙は木材なので資源再利用のエコ断熱です。トラックの機械に原料を入れホースで天井に断熱材を送ります。材料を入れる人と天井で吹き込み作業する人と2人での作業です。

IMG_1003.jpg

来週は気密測定を予定しています。
posted by 山男のつぶやき at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2011年04月10日

90坪の完全外断熱の家

加賀市で90坪の外断熱の立派な住宅が建築中です。
小中出建設蒲lの現場です。
小中出様は非常に温熱環境の優れたレベルの高い住宅をされています。

IMG_3720.jpg

以前も福井県丸岡町で130坪の外断熱の住宅の断熱材、換気システム、気密材、通気部材、気密測定をさせていただきました。

外壁と屋根は両面アルミシート貼りのウレタンボード、基礎の外断熱材はもちろん防蟻断熱を使っています。

IMG_3723.jpg


IMG_3724.jpg

夏に完成予定です。


以前の丸岡のお家と同じで遮熱効果が高く、ほとんどエアコンを使わないお家になると思います。

完成した時の室内の温熱体験が待ちどうしいです。このような立派なお家の仕事をさせていただきほんとに嬉しいですね。
posted by 山男のつぶやき at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2010年01月09日

今日から福井で気密断熱の勉強会

IMG_3214.jpg今日から福井の住宅会社の新築の高気密高断熱住宅の現場で勉強会が始まりました。この連休の11日まで3日間です。

構造内見会と気密測定の実演会もかねて行われます。

この住宅は私がこのお得意先の会社の長期優良住宅認定の温熱計算のお手伝いをさせていただいた一番最初の住宅です。

3回も是正処置で計算の手直しをさせられた思い出の住宅です。

恥ずかしながら福井新聞の全面広告に私の広告記事が載っていましたのでびっくりしました。

恥ずかしいですね。
posted by 山男のつぶやき at 23:23| Comment(2) | 高断熱高気密

2009年07月10日

気密、断熱、遮熱のレベルの高い工務店様

IMG_2868.JPGIMG_2867.JPG今日は加賀市の工務店様の現場にに私の開発した屋根裏遮熱材FOボードをお届けしました。

現場を見た瞬間、この工務店様の気密、断熱、遮熱の技術レベルの高さにびっくりしました。

基礎断熱ですが基礎の外断熱ですとシロアリの食害があるので基礎の内断熱に外周部より水平に断熱材を施し外気による土間コンクリートからの熱の影響を出来るだけ少なくされています。

それも押し出しポリスチレンフォームのB−3種の最高の断熱性能のものを使用しおれれますね。

そして外断熱はアルミシート両面のウレタンボードにきちっと気密テープで気密処理されており、この工務店さんの社長様の断熱、遮熱、気密に対しの並々ならぬ研究と情熱と、熱意を感じました。

現場の中に入ると無垢のひのきの柱のいい香りがしました。
集成柱と違い無垢のひのきは最高ですね。

完成したときに夏、冬、是非体験させてほしいですね。
素晴らしい温熱環境になると思います。
posted by 山男のつぶやき at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 高断熱高気密

2009年01月06日

床下断熱施工の気づきにくい注意点

P1000159.JPG最近の住宅の工法としてネダタルキではなく大引の間に断熱をいれその上から構造用合板(剛床)厚み24mm、28mmを貼りそして化粧材のフロアーやジュウタンを貼る工法が増えています。
メリットはキュッキュの床鳴りがほとんど解消される、また地震の横揺れに対してとても強いことですね。
ところが施工面で注意することがあります。
大引と板状断熱材をとめるのにZピンとかオメガピンの金物で下に落下しないように止めるのですが、構造用合板がとても重いのでどうしても施工する時にそっと伏せるような施工がしにくくバタン!と倒して剛床を伏せることが多いのです。そうするとこの勢いの圧力で金物のピンが下へ押し付けられて断熱材と剛床との間に空間が出来る恐れがあります。
断熱材は隙間があると空気の対流が起きて熱の移動がおき断熱の効果が薄くなります。
このためにはピン金物使用の場合はお施主様引渡し前には必ずの断熱の点検チェックが必要です。
それでも気づかないことがあります。台所に給水、排水、給湯の配管が貫通する部分は大工さんがいくら気をつけて仕事しても後の設備工事屋さんが剛床と断熱材に穴を開け配管を通す時無理やり斜めに入れると下の断熱材がずり落ちてしまいます。
ピン金物は薄い板なのでこの配管を通す力に負けてしまいます。
この写真のようになってしまいます。
引渡し前に工務店様は必ず床下をチェックしましょう。
posted by 山男のつぶやき at 22:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 高断熱高気密
最近のトラックバック