2018年10月11日

411m2(124坪)の住宅温熱外皮UA計算


住宅も延床300m2を超える大きなお家は温熱外皮UA計算書提出の義務化があります。

お得先の住宅会社から411m2(124坪)の外皮UA計算の依頼がありました。

IMG_6258.jpg

IMG_6259.jpg

今まで100物件以上、Q値計算や外皮UA計算をして公的審査機関の適合証明を通してきましたが、延床300m2を超える物件は初めてです。

IMG_6260.jpg

中庭が多くあり、それに下屋根もたくさんあるので、桁、梁、胴差など木材熱橋面積の積算にとても時間がかかりました。

IMG_6262.JPG


窓はYKK APW430樹脂トリプル遮熱ブルーガラス、玄関ドアもYKK APWイノベストと高性能の窓です。

IMG_6256.JPG


壁、天井、床の断熱材種類、厚み、熱伝導率λ、土間床断熱の厚み、部位、寸法など図面詳細をよく見てパソコンに入力が間違いないか何度も確認します。

IMG_6257.JPG

IMG_6264.JPG


IMG_6266.JPG

IMG_6261.JPG


計算結果は0.42w/m2・k。
国の次世代省エネ基準、北陸地域は0.87w/m2・kなので2倍以上断熱性能の良いUA値でした。

壁に外張断熱の付加断熱をすれば、断熱種類、厚みと実際計算してみないと正確には出ませんが、おそらく0.36〜0.38wくらいまで性能が上がるでしょう。

IMG_6254.JPG

IMG_6255.JPG


計算はやっと終わりましたが、公的審査機関の適合証明を貰わないといけません。

通常の住宅は計算書は多くて30ページほどですが、このお家は38ページにもなりました。

これから審査官と計算書のやりとりが始まります。

設計士さんや現場管理の人であれば、ソフトを使いパソコンに打ち込みすればだれでも計算はできます。

しかし外皮UA計算のプロは適合証明を通すまでが仕事なので、これからが勝負です。

是正、指摘事項が必ず何回かあります。審査官により、土間断熱部位を徹底的に見る人、木材熱橋を細かくこだわる人。

IMG_6263.JPG


サッシの自己適合宣言書のU値、日射熱取得率と図面のサッシの寸法など、サッシ周りを徹底的に調べる人などそれぞれの審査官によつて重視する審査ポイントが違うことが多々あります。

IMG_6265.JPG

審査官からサッシ周りを徹底して是正、指摘が来ると、こちらも審査官以上にメーカーのデーターを調べつくし再計算をします。そうしないと通せません。

国の次世代省エネルギー基準の外皮UA計算マニュアルの解釈に関して審査官の拡大解釈や解釈の考え方の違いで審査官の主観が入り審査されることがあります。

おかしいなと思いながらも、その場合どうしても審査官の考えに従わざるを得ないこともありました。

はたしてどんな審査官が待っているのだろうか・・。




続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱外皮UA値計算
2018年06月16日

温熱外皮UA計算依頼集中


温熱外皮UA計算の依頼がなぜかこのところ、集中してきて来ました。


IMG_5438.JPG


2軒は何とか計算しました。

IMG_5439.JPG


計算算入根拠書をつくるまでが時間がかかります。

やはり断熱材厚みとサッシの性能がUA値を高めるのに重要なポイントです。

IMG_5440.JPG


来週にまた依頼の予定があるので、2軒の計算が終わってやれやれです。

IMG_5442.JPG

IMG_5443.JPG


審査機関でたぶん1回ではまず通ることはないですね。

添付書は約30枚も付けなければなりません。

それでも図面の不備、計算根拠の記載がないなど是正が来ます。

国交省のマニュアル通り計算をしてるのですが、審査官によって基礎断熱詳細部位、方位係数、温度差係数、日射熱取得率など、かなり細かいところまでこだわる人がいますので、これから審査官とのやり取りが勝負です。

IMG_5441.JPG
続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱外皮UA値計算
2017年09月07日

28年度申請外皮UA計算、YKK430の自己適合宣言書と首っ引き


28年度申請の住宅温熱性能計算外皮UA計算はサッシの性能数値の入力が今までの倍以上の時間がかります。

今回の住宅は床下フェノールフォーム100mm、壁、内、外のダブル付加断熱にYKKのトリプルガラス樹脂窓430と非常に温熱性能の高いお家です。

IMG_3187.JPG

28年度申請はガラスと枠を含めた窓の性能数値を入れなけれなりません、メーカーが公的試験機関に出した自己適合宣言書からスベリ出し窓、引き違い、勝手口ドア、大開口スライディング窓、FIX窓などそれぞれ分類し、U値や日射熱取得率の入力が大変です。

IMG_3191.JPG

IMG_3190.JPG

IMG_3192.JPG

IMG_3198.JPG

IMG_3199.JPG


計算結果UA値は0.38w/m2/kの北陸としてはとても良い性能でした。

IMG_3188.JPG

IMG_3189.JPG


昨日、住宅会社に計算書を提出、石川県住宅センターの審査を受けます。

計算根拠書や関連テーター添付書が今までより2倍近くで39枚となりました。

果たして一発で合格は無理としても、2回で審査適合のハンコをもらえるかどうかどうかですね。

ちなみにこのお家は36坪、年間暖冷房費は暖房56500円、5ケ月暖房とみて月に11200円、冷房費は25000円、3ケ月冷房とみて月8300円余りのとても電気代が安い省エネ住宅となりました。これは窓の遮熱LOW−EトリプルAPW430のサッシの性能が大いに効果がでて性能アップになっていますね。

IMG_3197.JPG

IMG_3196.JPG
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱外皮UA値計算
2017年08月13日

28年度申請住宅性能適合証明は窓の日射取得率のガラス区分に手間と時間


この間から工務店様の依頼で住宅性能の適合証明の審査で温熱外皮計算して公的審査機関からやっと適合の合格をもらいました。

IMG_2860.JPG

IMG_2861.JPG


今回は窓がYKK APW330と一部430の窓で430の性能はYKKから自己適合宣言書のデーターを頂き、日射取得率と熱貫流率のデーターを入力し大丈夫と思っていたところ、計算数値の根拠を示すように指摘事項が来たのです。

どうして平均日射熱取得(冷房期)のYKK APW430の数値がなぜ0.178なのか算出根拠を書きなさいということです。

IMG_2862.JPG

IMG_2859.JPG

私の外皮計算ソフトは25年度からバージョンアップした28年度の最新の計算ソフトを使っています。

25年度はこのような窓種類とサイズごとの入力はしなくてよかったのです。

しかし28年度申請は窓の種類、サイズ、日射熱取得率が非常に細かくなり手間がかかります。

IMG_2863.JPG

IMG_2864.JPG


国の基準マニアルを再度読みかえしたところガラスの仕様区分が1〜7まであり、日射取得型、日射遮熱型、熱反射ガラス1種、2種、3種、熱吸収板ガラス2種などガラスの仕様など考えて入れないとダメと分かりました。

計算ソフトは基本は1の仕様区分になっおり、この現場の窓仕様の4区分に入力すると0.178となったのです。

審査機関のハウスジーメンの審査官とこの計算根拠の説明のやり取りをして、やっと適合の合格のハンコをいただきました。

窓の種類それに対して国の基準が複雑になり、これからの温熱計算の住宅性能適合証明には時間がかかりそうです。

まだまだ勉強です。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱外皮UA値計算
2017年03月24日

JIOより、温熱外皮UA計算の日射熱取得率をH28年基準に指摘是正


この間から住宅会社から依頼の温熱外皮UA計算で審査機関のJIOから窓の日射熱取得率を28年基準に直すよう是正処置がありました。

25年度基準まではガラスの種類のみの日射熱取得率でしたが、28年は木製、樹脂、アルミ樹脂複合、金属窓など窓枠ごとの取得率の基準がより細かく改正されました。


IMG_1522.JPG

木製、樹脂窓でも3枚、2枚、単板ガラス、その中で日射取得型、日射遮蔽型、熱反射ガラス1.2.3種など16もの取得率が違い、その数値を入力する作業が増えました。

IMG_1521.JPG

指摘事項は

「ガラスの日射熱取得率の数値の根拠が確認できません」との指摘です。

IMG_1523.JPG


審査を通すためには28年基準の窓の日射熱取得率を覚えて理解しておく必要があります。

温熱計算が今まで以上にこれから時間がかかりそうです。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱外皮UA値計算
2017年03月13日

ああ!やっと4物件の温熱外皮UA計算が終わったけど・・。これから審査官とやりとりか・・。


この間から忙しい合間を縫って設計事務所と住宅会社から依頼の4物件の住宅の温熱外皮UA計算が終わりました。

温熱計算は集中しないと間違いや計算ミスがおきます。

なんとか4件目もほわりホットしました。


計算結果

IMG_1395.JPG


熱貫流率計算書

IMG_1398.JPG


外皮平均熱貫流率計算書

IMG_1397.JPG


土間床熱貫流率計算の根拠を図面に明記

IMG_1403.JPG


平均日射熱取得計算書(冷房期)

IMG_1399.JPG


平均日射熱取得計算書(暖房期)

IMG_1400.JPG


平面図に各種床の面積根拠明記

IMG_1401.JPG


立面図の方位と外壁面積根拠明記

IMG_1402.JPG


階間部分の木材熱橋面積の明記

IMG_1404.JPG


屋根母屋部分の熱橋面積根拠の明記

IMG_1405.JPG


外皮UA値計算根拠のまとめ

外壁、木材熱橋、基礎断熱の周長、と外皮面積

床断熱各種仕様材料の面積

屋根断熱と木材熱橋の面積比

各部位断熱構造と熱伝導率

窓サッシ玄関ドアのU値


IMG_1406.JPG


その他全部で21ページの計算書となりました。

でも計算だけではお得様から、お金はいただけません。役所の審査機関の適合証明のハンコをもらうまでが、私の仕事です。

審査官からの図面と計算書の整合など細かくチエックがあり、図面の不備やそれに対しての計算根拠が不明など、是正処置が必ずきます。どこを突っ込んでくるだろうか。

これから審査官との計算根拠についてのやりとりが始まります。

何回でやりとりで通せるかなあ・・

温熱計算のプロとして腕の見せ所なんですが、どんな審査官とやりとになるんだろうか、やはり気がもめますね。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱外皮UA値計算
2015年10月27日

窓サイズごとU値入力の外皮UA計算とQ値計算



 
窓は寸法によって熱貫流率U値が違います。ガラスよりも枠の方の熱の移動が大きいからです。

サッシメーカーのカタログはガラス面積比の大きいU値の性能が良い数値をうたい文句にして強調しています。

外皮UA計算やQ値計算書の公的審査機関の審査官によっては、安全側計算としてU値一律計算では、同じサッシでも住宅の中の一番性能の劣るサイズのU値を入れないと認めない審査官もいます。

今回の住宅はリクシル樹脂サッシのエルスターX、トリプルアルゴンガス入りのサッシでしたので、窓サイズごとのそれぞれのU値で計算しました。

P1030132.jpg


 
P1030140.jpg


 
リビングアメニティーのウインドアイの公的なデーターの各サイズを調べ入力し計算し、実際の温熱性能の計算をしてみました。

P1030135.jpg

P1030133.jpg


 
しかしこれは大変な作業でとても時間がかかりました。

外皮UAの計算結果が0.34w/m2・Kでした。これを熱交換換気1種仕様でQ値計算すると1.3w/m2・Kとなります。

P1030130.jpg

P1030139.jpg


 
外皮UAは換気の熱損失は入っておらず、1次エネルギー消費量計算ですることになっております。

 
P1030136.jpg

P1030137.jpg

P1030138.jpg


 
どうしても以前からの温熱Q値計算でどのくらいの数値かとう設計士さんも多く、私も長年Q値計算していると、外皮UAよりも馴染みのQ値の数値を性能判断としてしまいます。

窓サイズごと温熱計算は大変な手間ですが、勉強になります。

posted by 山男のつぶやき at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱外皮UA値計算
2015年09月19日

外皮UA計の算審査官から、細かく指摘


このところ住宅会社、工務店さんより外皮UA計算の依頼が集中してきました。

ありがたいのですが、JIOの審査官から外壁と屋根断熱の取り合いの木材熱橋の外壁面積算入計算で、軒桁部分の断熱部と熱橋部の明細を書き再計算を指摘されました。

P1020837.jpg

P1020839.jpg


優秀な審査官ですね。うーむなるほどよくチェックしています。

指摘されたので手書きで詳細図を書きました。もう一度計算です。

P1020838.jpg

P1020842.jpg

P1020840.jpg

P1020841.jpg

 
私は温熱Q値、外皮UA計算で過去100件以上公的審査機関を通して適合証明を貰ってきましたが、今回はなかなか手ごわい審査官です。

審査官によって基準マニュアルの解釈の違いがあり、最終的には審査官の考えに従って修正しないと合格がもらえません。

多種多様な審査官の指摘された考え方に従い、ハンコを貰うのが私の仕事です。
posted by 山男のつぶやき at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱外皮UA値計算
2015年05月15日

外皮UA計算依頼がぞくぞく


5月連休前に1件、連休中に1件、連休後今1件立て続けに設計事務所、工務店、建材問屋さんから外皮U値計算の依頼がありました。

IMG_9661.jpg

IMG_9662.jpg

IMG_9663.jpg

IMG_9664.jpg

IMG_9665.jpg

IMG_9666.jpg

IMG_9667.JPG




中には1次エネルギー消費量計算まで頼むと言われました。2件は計算し送付済みです。さあがんばって3件目です。
posted by 山男のつぶやき at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温熱外皮UA値計算
最近のトラックバック