2019年02月06日

日経ホームビルダー記者が通気遮熱FOボードの現場に取材


4日は設計事務所、工務店、住宅会社向け専門の建築情報全国誌の日経ホームビルダー荒川尚美記者より私の屋根裏、通気遮熱FOボードの現場の取材を受けました。

IMG_7012.JPG

IMG_7008.JPG


鰍さひホーム様(小松市)の金沢の工事中の現場です。

荒川さんとは過去何度も防音、換気、結露、気密など取材でこられ大変お世話になっております。

今回は住宅の天井断熱と屋根断熱のシリーズで3月20日発売の4月号に載せる記事の取材でした。

あさひホーム様の現場が丁度、大工さんが屋根下の通気遮熱FOボードを取り付けたところです。

あさひホームの営業の田中様が屋根断熱などあさひホームの会社として取り組んでいる断熱施工や温熱環境の話をされていました。

IMG_7006.JPG

又、中西大工さんにも取材,屋根断熱や天井断熱の施工のポイントや苦労話など聞かれていました。

IMG_7009.JPG

午前中いっぱい現場取材で、午後は私の事務所で取材でした。

荒川様からは遮熱と断熱、通気層のことでかなり細かい点まで質問攻めでした。

屋根の通気層については屋根タルキ間にはめる通気スペーサーなど各社あるが、屋根の野地板との間の通気層がせいぜいとれて25mm〜30mmmmしかとれないので排熱効果がそんなに期待できない。又、排熱側の棟換気が棟全面についている条件の想定なので、ところどころの棟換気の場合、棟換気がついていないところの屋根タルキ間の熱は排熱しない。

私の通気遮熱FOボードは母屋の間にいれ、屋根タルキの下でステップルで止めるので屋根タルキ(45〜75mm)すべてが通気層になり排熱効果が高いと説明しました。

もし棟換気が全面についておらず、ところどころの場合でも、下母屋にFOボードを内折り目に取り付けるので,FOボードと屋根タルキと下母屋に三角の空間ができるので横方向(妻側方向)にも空気が流れ、棟換気に向けて排熱できるよう考え、各母屋にはすべて横方向に空気の流れをつくっているとお話しました。

この取り付け位置はたんなる思い付きではなくて、屋根の通気層と遮熱実験の九州の大学の研究データー論文から母屋間遮熱材施工を考えて作ったとお話しました。

荒川さんは建築関係取材の超ベテランの記者です。

防風層、通気層の厚み、軒先の給気入り口の通気開口率、棟換気の排気側出口の開口率、結露、通気遮熱FOボードの透湿比抵抗、通気遮熱FOボードの特許出願関係裏付け書類、自然対流の温度差換気など専門的な質問と検証データーを求められます。

IMG_6340-37300.jpg

息子にも質問攻めです。

IMG_7014.JPG

非常に建築関係が詳しく必ず裏付けをもとめられるので、受ける側としても確たる証拠写真や、詳しいデーターを用意しなければなりません。正しい情報発信を記事にされるため頑張っておられました。

夕方5時近くまで取材でした。

全国の工務店、住宅会社、設計事務所さんや関連メーカーの天井、屋根断熱の記事の一部に私の記事も載せていただけるとうことで光栄です。





【遮熱材FOボードの最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遮熱材FOボード
2019年02月05日

耐震金物、サイクロンフードと気密測定


2月2日は潟^ケウチ工務店様(福井県坂井市)の福井市の中間工事中の気密測定でした。

現場に入る前に外観をよく見ると、外部給気フードがサイクロンフードでした。

IMG_6996.JPG

IMG_6995.JPG


このお家はドイツのスティーベルのLWZの顕熱熱交換換気システムを採用され、給気フードに虫などが入りにくいサイクロンフードが使われています。

IMG_7002.JPG

メーカーの通常のフードだと給気口から虫が入り、給気フィルターの手前や、フィルターにびっしり虫がつきます。お施主様が住んでからあとの掃除が大変で手間がかかります。

このことをよく知っておられ、さすが換気を熟知されている竹内社長です。

現場の中に入ると今度は耐震建築金物が目に入りました。耐震性をもっと強化されてすごいですね。

IMG_7001.JPG

サッシは樹脂窓YKK APW330でした。

IMG_7000.JPG

気密C値は0.11cm2/m2とこれまた超高気密でした。隙間特性n値が1.09なのでこれまた素晴らしいですね。

IMG_7005.JPG

IMG_7003.JPG


竹内社長と、測定に立会いされたお施主様は喜んでおられました。






posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 換気
2019年02月04日

石川県小松市林町で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0854.jpg

寒い日が続きますね。
皆さま、風邪やインフルエンザにご注意ください。

IMG_0855.jpg

1月31日は、石川県小松市林町で (有)西脇建築 インフィルホームさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_0859.jpg

室内に入ると1階がとても広く、

IMG_0881.jpg

勾配天井によりとても開放感がある現場でした。

IMG_0864.jpg

さて、外回りの配管目張りのチェックを行います。

IMG_0866.jpg

おお〜。配管の周りにコーキングすると共に
目張りが浮かないように目張りの上にもコーキング。
新しいですね。

IMG_0867.jpg

目張りが忘れられやすい
配線配管もしっかりと目張りされていました。

IMG_0863.jpg

室内側の配管周りもコーキングで気密処理。
目張りは気密テープで3重に行ったとのこと。

IMG_0876.jpg

まとめて配線すると気密漏れしやすい配線は
1本1本間隔を取ってコーキングで気密処理。
流石です。

IMG_0872.jpg

サッシは三共アルミのマディオJ。

IMG_0873.jpg

サッシ周りはウレタンとコーキングによって
気密処理。

IMG_0882.jpg

床の合板の繋ぎと柱周りも
コーキングで気密処理。

IMG_0860.jpg

断熱は西脇社長が自社開発された
断熱耐震パネル「Nパワーヒートウォール」。

IMG_0874.jpg

パネル周り、柱周りはしっかりと
コーキングで気密処理されていました。

IMG_0869.jpg

測定結果はとても良い気密でした。

次回は他の工務店さんですが
西脇社長の「Nパワーヒートウォール」が採用された
75坪の現場を測定させて頂くことに。

とても楽しみです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年02月03日

節分 妻のつぶやき


ふじかげ幼稚園に『鬼』が来ました。

IMG_1383.jpg

鬼はお父さんが扮しているのですが、鬼になり切って子どもたちに襲い掛かっていくので

子どもたちはヒメーをあげながら教室の隅に固まって恐れおののいていました。

IMG_1386.jpg

各教室を廻った後、鬼と子どもたちはホールに集って『こま回し』で勝負をしたり、

歌を歌ったりと楽しく過ごしました。

IMG_1388.jpg

最後は豆まきです。

大きな声で「鬼は外、福は内」と言いながら子どもたちは鬼に豆を投げ、

鬼は逃げ回っていました。

IMG_1398.jpg

終わってから子どもたちに感想を聞いたところ、

「今年の鬼はとっても恐かった!」と…。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年02月02日

ふわとろオムレツ 妻のつぶやき


ふわふわとろとろのオムレツを作ったことがありますか?

IMG_1374.jpg

お店でしか食べられない…と思っていたのですが、

ネットに作り方が出ていたのでちょっと挑戦してみました。

出来上がりはいびつになったのですが、ふわふわトロトロのオムレツができました。

IMG_1373.jpg

作り方は、先ずはケチャップご飯を作ります。

IMG_1367.jpg

次に卵を焼くのですが、

なるべく小さめのフライパンで焼くといいそうなので、思い切って買ってきました!

IMG_1375.jpg

出来上がりは、ふわふわとろとろの美味しいオムレツになったのですが、

一皿800円くらいについたような…。

お店で食べたほうがもっと美味しく安くできた…。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年02月01日

金沢輸入車ショウ


おはようございます、健太郎です。

1月27日は、石川県産業展示館4号館で行われた
金沢輸入車ショウにいってきました。

IMG_0666.jpg

私はクルマ好きなので、なんだかんだと
毎年見に行っています。
もちろんクルマは買えませんので、指をくわえてガン見します...。

IMG_0736.jpg

会場は結構な賑わい。
皆さん、輸入車がお好きなのですね。

私のチョイスですが
目にとまったクルマを軽くご紹介します。

IMG_0668.jpg

ルノーのメガーヌ R.S.。
ホンダのシビックTYPE−Rと同様4ドアホットハッチ。
ドイツのニュルブルクリンク鍛えられたクルマ

IMG_0705.jpg

ルノー トゥインゴGT。
とてもキュートなスタイル。
軽量でRRのターボ。
このキャラクターで面白くない訳ありません。

IMG_0673.jpg

ポルシェ911 カレラ。
大人のシブいガンメタ。

IMG_0674.jpg

正直、ポルシェはお高いイメージで苦手でした。
ただ、運転席に座ってみてとびっくり。
ホールド感、質感、ドアを閉めたときの剛性感がとてもよかったです。

IMG_0676.jpg

BMW M2 コンペティション。
3リッター ツインターボ。410ps 56.1kgm。
BMWとしては小さいクルマですが、物凄くマッチョで速いです。

IMG_0685.jpg

メルセデスベンツ A−Class。
「ハイ、メルセデス」と、クルマと会話するCMでおなじみ。
前モデルよりワイド&ローのスタイルに生まれ変わったNewモデル。
会場ではとても人気がありました。

IMG_0686.jpg

MINI ジョンクーパーワークス。
人気のMINI 最強のホットハッチモデル。
SOLD OUTでした。(会場で売れたのかな?)

IMG_0688.jpg

メルセデスベンツ AMG G63。
クロカンの最高峰。このクルマに後ろをつかれたら譲るしかありません。
プライスタグが2100万円以上でしたが これもまた SOLD OUTでした。
いま人気のスズキ ジムニーは、このG-Classのデザインに
寄せてきていると感じます。

IMG_0695.jpg

マセラティ グラントゥーリズモ。
モデル末期ですが、デザインがとても美しい。
イタリア製自然吸気V8エンジンがすばらしいエンジン音を奏でるようです。

IMG_0699.jpg

シボレー カマロ。
アメリカカン マッスルカーの象徴。
映画トランスフォーマーのバンブルビーでおなじみ。
物凄くごっついクルマでロボットにトランスフォーム(変形)しそうでした。

IMG_0704.jpg

プジョー308 GTi。
写真ではわかりずらいですが、フロント(赤)とリア(黒)が塗り分けされています。
1.8リッター 270ps。展示車は6速マニュアルでした。

IMG_0710.jpg

ジャガー E−PACE。
やはりジャガーも人気のSUVモデルを
出さない訳にいきません。

IMG_0719.jpg

ランドローバー レンジローバー ヴェラール。
最近のランドローバーはイヴォークで大ブレークしたと思います。
このデザインにはイギリス車独特の知性を感じます。

IMG_0723.jpg

今回の目玉カー@。
アストンマーチン ヴァンテージ。
どう猛な肉食獣をイメージしたスタイリング。

IMG_0735.jpg

リアの造形がかなり複雑。
個人的には、DB11のデザイン方が好みです。

IMG_0725.jpg

今回の目玉カーA。
マクラーレン 720S。
馬力が720ps 770Nmと、とても速いクルマなのに
乗り心地がものすごく良いと言われています。

IMG_0726.jpg

ドアと一体成型のサイドダクトの形状が新しいです。(どうなっているのか?)
シャーシはカーボンファイバー製。
とても伸びやかなルーフラインでした。

IMG_0727.jpg

リアウイングはブレーキや速度に連動する可変ウイング。
マフラーがありえない位置についています。(背面マフラー)

よだれを垂らしながらマクラーレンを見ていると
娘から「迎えに来て」と LINEが...。
来年はどんなクルマがくるのか楽しみです(^^♪

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
2019年01月31日

完成時の気密測定と換気風量測定、流量調整


福田康紀建築計画様(金沢市)、施工、褐囂様の住宅完成時の気密測定と換気風量測定、換気流量調整をさせていただきました。

IMG_6961.JPG

屋根はウレタン吹き付け、壁は高密度GW、床は押し出しポリスチレンB−3種の断熱材、窓はYKK APW330と、430、玄関高性能木製ドアのかなりハイグレードの仕様でした。

IMG_6965.JPG

IMG_6963.JPG

中間工事中の気密C値は0.3cm2です。完成で0.5cm2でした。とてもい完成気密C値です。

IMG_6958.JPG

IMG_6957.JPG


換気はジェイベック、グリーンファンです。

換気計画配管経路については福田康紀社長のデザイン上のこだわりがあり、玄関側の外壁には換気のフードは見せない要望で、出窓の窓と窓の間に外部化粧ルーバーをつけその中に給気口を設けて、とてもすっきりした外観です。

IMG_6959.JPG

IMG_6960.JPG


外部給気口、室内排気口の位置、配管経路を何度も社長と打ち合わせをして決定したお家です。

かなり難しい配管経路でしたが、抜群によく空気が回っていました。

工事をした電気工事の職人さんは他社では工事した後、換気風量測定、流量調整も自分達で測りちゃんと空気が回っているか確認して、責任を持った換気工事をさせられる厳しい会社の仕事もしている人だと知りました。

さすが換気に熟知したプロの換気職人さんですね。

完成時の気密測定、換気風量測定、流量調整の結果を立ち合いされた福田康紀社長も安心されていました。






続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年01月30日

石川県小松市月美丘で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0547.jpg

1月24日は 石川県小松市月美丘でトラスト住建鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_0549.jpg

リビングは大開口サッシからまぶしいくらいに採光できる
明るい現場でした。

IMG_0551.jpg

しばらくするとサッシ屋さんが現れました。
そういえば以前に「サッシ調整は気密測定時に行うといいですよ。
実際に気密漏れがあるサッシを調整してもらえますので。」と
お話させて頂いたのを思い出しました。
早速、実行されるとは流石です トラスト住建さま。(サッシ屋さんありがとう)

IMG_0556.jpg

いつものように外回りの配管の
目張りをチェックしました。

IMG_0559.jpg

気密テープが浮いていました。
これだけでも気密測定時に空気が抜けますので注意です。

IMG_0562.jpg

電気の引き込み配管が目張りされていませんでした。

IMG_0563.jpg

まとめ配管なので線と線の間から気密が漏れやすいです。
1本ずつ覆うように目張りすると漏れにくいです。

IMG_0565.jpg

室内の排水配管はコーキングで気密処理されていました。
目張りが浮いていましたのでしっかりと押さえました。

IMG_0555.jpg

サッシはリクシルのエルスターS(樹脂ダブル)。
エルスターSはあまり見たことが
なかったのでちょっとうれしい。

IMG_0569.jpg

断熱材はアイシンネンのウレタン断熱。

IMG_0567.jpg

ゆるく気密測定器で圧をかけて気密漏れを探し、
玄関周りを気密施工している様子。(大工さん)

IMG_0550.jpg

気になる気密測定の結果ですが...。

IMG_0573.jpg

C値 = 0.31cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.3cm2/m2)

IMG_0571.jpg

この結果に監督さんはほっと安心して写真を撮られていました。
会社から 「C値を 0.3cm2/m2以下にするように」と
言われているようです。

今回からサッシ屋さんも加わって気密測定を行いましたが
サッシ調整の甲斐もあって C値が0.4 → 0.3cm2/m2と
気密が良くなりました。

良いサッシで性能を発揮できないと
もったいないですもんね。



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年01月29日

金沢市みどりで気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0588.jpg

1月24日は、金沢市みどりで 鰍bONCEPT建築設計さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_0598.jpg


2階は勾配天井なっており
開放的な空間がある素敵な現場でした。


IMG_0578.jpg

さていつも通り、
外回りの配管の目張りをチェックします。

IMG_0579.jpg

IMG_0580.jpg

目張りはきれい貼られており、まったく浮いていませんでした。
想定ですが、配管は目張りしてから取り付けられていると思います。
そうすることで内外きっちり目張りできます。

IMG_0582.jpg

室内の排水配管のまわりはウレタンで気密処理。
目張りはとてもきれいに貼られていました。

IMG_0583.jpg

床の合板の繋ぎ、柱の立ち上がりは
手作りのヘラで気密テープを圧着させた気密施工。

普通にテープを貼った施工と比べると
接着力、気密力がまったく違うと大工さんからお聞きしました。
なんでも、貼ったテープを剥がす際には
テープに木がくっついてくるほどとか。

IMG_0594.jpg

サッシはリクシルのエルスターX。(樹脂トリプル)

IMG_0595.jpg

気密が漏れやすいサッシ周りも
気密テープを圧着して気密施工されていました。

IMG_0601.jpg

気密漏れやすさナンバー1の玄関まわりは
土台と木部の取り合いを気密テープで圧着施工。
気密パッキンが見えない状態ですね。

IMG_0602.jpg

この現場は玄関が引き戸でした。
気密住宅の大工さんは引き戸を嫌います。

私の経験上、玄関が引き戸だと 約0.1〜0.2cm2/m2くらい
C値が悪く出ています。
引き戸はとても使いやすいですが
構造上、気密漏れが多いのです。

IMG_0577.jpg


さて、玄関引き戸が気になりますが
気密測定の結果は...。


IMG_0581.jpg

C値 = 0.099cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。
表示は四捨五入により 0.1cm2/m2。

IMG_0585.jpg

立ち会われたお施主様は、結果を確認して
とても喜ばれていました。

大工さんはもっといい気密を想定されていたらしく
納得いかない様子でしたが、
私の経験上、玄関が引き戸で ウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)は
はじめてのことです。

やるな、エルムーブ。
少し玄関引き戸を見直しました(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年01月28日

金沢市粟崎町で気密測定


おはようございます、健太郎です。

IMG_0516.jpg

1月23日は、石川県金沢市粟崎町で ハンズスタイル鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_0538.jpg

2階リビングということで、階段を上がってみてビックリ。
白山はもちろん、県庁までしっかりと眺望できるパノラマビューでした。

さすがハンズスタイルさま。
2階リビングの良さを最大限に引き出します。

IMG_0542.jpg

大工さんがきれい好きのためか
とてもきれいで気持ちの良い現場でした。

IMG_0523.jpg

さて、いつものように外回りの
配管の目張りをチェックします。

IMG_0526.jpg

目張りの気密テープが浮いていました。
貼り方にもよりますが、数時間でテープが浮いてしまうこともあります。

IMG_0527.jpg

配管周りはテープで1周させて内側に折り込みました。
こうすれば気密漏れを防げます。

IMG_0528.jpg

IMG_0524.jpg

お〜っと、目張りが無い。
これだとC値が 1.2cm2/m2くらいになってしまいます。
しっかりと目張りしました。

IMG_0530.jpg

室内の排水配管はキャップで目張り。
配管周りはコーキングで気密施工。

IMG_0535.jpg

柱の立ち上がりはウレタンで気密施工。

IMG_0521.jpg

サッシはYKKのAPW330(樹脂ダブル)。
サッシ周りは気密テープで気密施工されていました。

IMG_0531.jpg

断熱材はパワーマックス。

IMG_0532.jpg

デュポンのタイベックスマート(気密シート)で
きれいに気密施工されていました。

IMG_0522.jpg


気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_0536.jpg


C値 = 0.21cm2/m2 の超高気密でした。(表示は四捨五入により 0.2cm2/m2)


IMG_0540.jpg

監督さんは測定結果を指さしで
確認されていました。(最近はやっている?)

気密シート貼りの断熱施工で0.2cm2/m2は かなりレベルが高いです。
監督の浅加さんは さらなる気密を目指して研究されています。

完成後の2階リビングからの絶景が楽しみです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック