2020年08月03日

石川県金沢市神谷内町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_1408.jpg

6月24日は 石川県金沢市神谷内町で
潟Zブンワークスさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_1418.jpg
IMG_1419.jpg

現場はきれいに清掃されており
大開口サッシから光が差し込む
明るい室内でした。

IMG_1412.jpg

大工さんが玄関周りに
高性能気密テープ(ユラソール)を
貼られていました。

IMG_1447.jpg

ユラソールはコンクリートや
モルタルにも接着できるため
気密処理に重宝します。(お高いですが...。)

IMG_1421.jpg

サッシは YKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_1422.jpg

サッシ周りは気密テープにより
気密処理されていました。

IMG_1431.jpg

そういえば
この現場のお向かいに大樹があり
窓からその緑が見えていい感じです。

IMG_1423.jpg

剛床の繋ぎ、柱の立ち上がりは
ユラソールで気密処理。

IMG_1425.jpg

配管周りはコーキングで
気密処理。

IMG_1430.jpg

この現場の断熱材は 屋根・壁ともに
セルロースファイバー。
断熱材を充填する前の
気密測定になります。

IMG_1417.jpg

外壁はEPSの付加断熱。
通気層などの溝がないタイプ。

IMG_1434.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_1439.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_1415.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)
を開始します。

七山社長が電気配線、配管周りを
ウレタンで気密処理されていました。

IMG_1442.jpg

ホールダウン金物周りは
しっかりコーキングが入っており
気密漏れなし。

IMG_1435.jpg

スリーブ周りの気密処理を
ウレタンで強化。

う〜ん。
既に0.1cm2/m2の気密なので
なかなか気密漏れが見つかりません。

IMG_1440.jpg

かれこれ1時間くらい
経過したでしょうか。

大工さんが「そぉ〜言えば」と
玄関ドア枠まわりに手を突っ込んで
何かを探してます。

「あったあった。電子錠の配線穴」と
何やら穴を見つけたようです。

IMG_1441.jpg

それはドア枠の内側に開けられた
穴で目視で見つけられない箇所。

難しい角度でウレタンを
注入しました。

IMG_1450.jpg

穴のサイズは 直径2cmくらいの模様。
(まったく見えませんが...。)

伝い漏れなど嫌ってしっかり
ウレタンを吹き付けました。

さて、C値改善後(隙間埋め後)の
結果はいかに...。

IMG_1446.jpg


C値 = 0.10cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_1438.jpg

測定結果に七山社長は ほっとした様子。
結果をスマホで撮影されていました。

C値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
15cm2 → 12cm2 と
3cm2の隙間が埋まった結果です。

それは ほぼほぼ電子錠の
配線穴(1×1×3.14)サイズになりますね〜。

IMG_14340.jpg


さすが、超高気密用の
気密測定器。なかなかの精度です。


IMG_1444.jpg

立ち合いされたお施主さまの
家族は とても喜ばれていました。

この状態から室内側に
メッシュ状のシート(スーパージェットファイバー)を
貼ってセルロースファイバーを充填。
その上からタイベックスマート(調湿機能付き気密シート)を
貼るので...。やり過ぎ

完成が楽しみです(^^♪


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年08月02日

胡瓜のキュウちゃん 妻のつぶやき


弟から『胡瓜』を貰いました。

IMG_5097.jpg

太い胡瓜がこんなにいっぱい…どうやって食べようかとネットで調べたところ、

胡瓜の大量消費には『胡瓜のキュウちゃん』とありました。

IMG_5100.jpg

胡瓜1`を半分に切ってから細かく1pに切り塩をします。

鍋に醤油300t、砂糖200g、米酢50tを煮立たせその中に千切りした生姜1かけ、

塩を振った胡瓜を絞って鍋に入れて再び沸騰したら出来上がりです。

IMG_5103.jpg

友だちが毎年『作った!作った!』と自慢げに言うのですが、こんなに簡単だったのですね。

IMG_5101.jpg

美味しくできたのですが、調味液が多すぎたようなので醤油、砂糖は半分でいいかな…。

IMG_5105.jpg

大量に調味液が残ったので茄子を煮てみました。

しばらくはキリギリスのように胡瓜と茄子を食べ続けます。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年08月01日

同窓会 妻のつぶやき


去年、小学校の同窓会で「来年の幹事は私たちがします」と豪語したものの、

ものすごい勢いで再びコロナが蔓延している昨今…同窓会はできるの??

IMG_0299.jpg

もうそろそろ結論を出さなければ…と、一緒に幹事を引き受けた女友だちに相談したところ、

「わからないから男の人に聞いて」とのこと。男の誰に??

〇〇さん…と、言うので〇〇さんにお電話したところ「△△に聞いてくれ!」ですって。

で、△△さんにお電話したところ

「飲み仲間の▢▢とも話してたんだけど…」となかなか結論が出ません

IMG_5079.jpg

昨日、去年の参加者9人全員に『今年の同窓会はコロナで自粛します』とメールしました。

こんな10人前後の同窓会で『する、しない』を決めるのにもこんなにも降り廻され、

そして結論が出せない。

もうみんないい歳なんだから周りを見ずにスパッと決めてよ…との思いでいっぱいです。

IMG_5068.jpg

この人が▢▢さんです。

メールを見た▢▢さんから今日の朝電話があり、野菜をたくさんいただきました。

IMG_5077.jpg

はいただいた野菜をいっぱい使って作り、美味しくいただきましたにこにこ

IMG_5082.jpg

怒りも半減!!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年07月31日

石川県金沢市みずきで気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_1636.jpg

7月1日は 石川県金沢市みずきで
ほそ川建設鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_1637.jpg

IMG_1638.jpg

たしか瑞樹団地はカーポートの建設が
NGだったような。
ここは計3台、駐車可能な
ビルトインガレージが造られていました。

IMG_1642.jpg

中庭から抜群の採光が
ある室内。

IMG_1647.jpg

2階に上がっても
大開口サッシが どーん。
そのサッシから中庭を臨むことができます。

中庭に大きな木を植えると繋がりが出来
とても素敵になりそう。(手入れが大変ですが...。)

IMG_1650.jpg

サッシはリクシルのサーモスL。
アルミ複合ペアガラス。

IMG_1645.jpg

断熱材は 屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_1644.jpg


気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_1653.jpg


C値 = 0.52cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_1640.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

大工さんが柱周りの隙間を
コーキングで気密処理されていました。

IMG_1634.jpg

剛床のホゾ部分にコーキングを
打って気密処理。

IMG_1631.jpg

最近、床断熱の気密処理で
効果的だと感じるこの部分。
やってない方は、ぜひお試しください。

IMG_1676.jpg
IMG_1674.jpg

監督さんが玄関周り、勝手口周りを
ウレタンで気密処理。

IMG_1669.jpg

サッシ周りもウレタンで
気密処理。

IMG_1656.jpg

最近の気密漏れあるある。
屋根と桁の取り合い部分。(三角部分)

IMG_1657.jpg

この穴から風を感じます。
しっかりウレタンを充填しました。

IMG_1665.jpg

この現場は勾配天井で
下屋も多い設計。

木材の隙間から気密漏れを
感じました。

IMG_1667.jpg

処置する箇所が多かった。
ですが監督さんは根気強く
ウレタンを充填されていました。

さて、C値改善後(隙間埋め後)の
結果はいかに...。

IMG_1679.jpg


C値 = 0.42cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_1678.jpg

測定結果に 監督さんは
ほっとされた表情。

C値改善(隙間埋め作業)により
αA(家全体の隙間面積)が
91cm2 → 73cm2と
18cm2 の隙間が埋まった結果です。

IMG_1671.jpg

密閉した部屋でマスクを装備し
暑さと戦いながら汗ダクダクで
隙間埋めしましたが
改善できてよかったです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年07月30日

石川県金沢市千木町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_1863.jpg

7月8日は 石川県金沢市千木町で
叶ン計木花家さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_1867.jpg

室内は 吹抜 & 天井勾配の
開放感があるリビング。

IMG_1888.jpg
IMG_1868.jpg

梁が養生されてますね。
カッコいい梁見せの
大空間になりそうです。

IMG_1879.jpg

サッシは リクシルのエルスターX。
樹脂トリプルガラス。

サッシ周りはウレタンにより
気密処理されていました。

IMG_1881.jpg

実は 窓枠の下地を打ってから
再度、隙間にウレタンを充填。
ダブルの気密処理になってました。

これは窓から侵入する冷気防止に
かなり効きそうです(^^♪

IMG_1871.jpg

叶ン計木花家さまでは
気密測定時、サッシ屋さんに
サッシ調整をしてもらっています。

IMG_1872.jpg

特に 気密が漏れやすい
引き違いサッシは調整することにより
本来のパフォーマンスを発揮します。

IMG_1885.jpg

これはユニットバス下の写真。
通常、給湯給水配管は
基礎を貫く配管が多いですが
ここは配管を埋め込み処理されていました。

IMG_1883.jpg

そのユニットバス周りには
ロックウールが施工されていました。
何でも音の伝搬を嫌った処理
だそうです。

IMG_1886.jpg

いやいや、ちゃんと見るとロックルールは
1階の天井全体に施工されていました。

吹き抜けが大きいと音の伝わり方が
大きくなりがちです。
それをロックウールで吸音する
という仕様。

後にお話を聞いたところ、私の
お施主さまが読まれたようです。

天井全体に施工すると、めちゃ期待できそう。

IMG_1874.jpg

断熱材は 屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。
Ua値は 0.39のG2グレード。

IMG_1869.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_1875.jpg


C値 = 0.050cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_1877.jpg

その結果に 立ち合いされた
お施主さま夫婦は とても喜び
結果を撮影されていました。

αA(家全体の隙間面積)は
6cm2 (3×2cm)。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.13 と めちゃくちゃレベルの
高い気密スペック。

IMG_1890.jpg

測定器のC値=0.0cm2/m2 表示は
0.049cm2/m2以下からなので
木下社長は少し悔しがっていました。

いやいや注目するのは αAです。
家全体の隙間が 6cm2 というのは
滅多に出ない超絶気密スペックです。

完成の測定が楽しみですね(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年07月29日

え!なんでこんなところに!バナナの木


コロナ禍で石川県版GOTOトラベルの割引旅館の小松粟津温泉の高級旅館、法師に妻と妻の姉と泊まりました。

IMG_5034.JPG

小松の粟津は仕事でも行くところです。

以前時間があるとき、温泉から岳山(別名、粟津岳)の登山道のハイキングコースを歩き、岳山によく登りました。往復3時間余りかかるので、この日は旅館から歩けるところまで自分だけ、1時間余り散歩です。

以前よく歩いた道なのに何やら大きな葉っぱの木が目に入りました。

バナナの木に似ているので、もしやと思い、よく見るとバナナの小さい実がなっているのです。

IMG_5031.JPG

え!なんで、こんなところにバナナがあるの? 知らなかったなあ!

温室栽培だと育つのは分かるのですが、熱帯の果実のバナナが雪の多いこの地にそれも実をつけているのにはびっくりしました。

青々と大空に緑の葉っぱを広げ懸命に頑張っているバナナに木に生きる命を感じます。

IMG_5032.JPG


林道の脇には小川が流れ、道にはお地蔵さんが祈りをささげています。

IMG_5033.JPG


IMG_5028.JPG


IMG_5026.JPG


自然石にお地蔵さんを掘ったものがあります。

IMG_5027.JPG


しばらく歩くと、白山信仰を開山した越前の僧、泰澄の銅像があります。

IMG_5029.JPG


山が好きで白山には何十回も登っている私ですが、西暦717年、今から1303年前の昔に白山に登り、白山信仰の僧侶をながめると、何か心洗われました。

IMG_5030.JPG







続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年07月28日

福井県越前市粟田部町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_1586.jpg

6月30日は、福井県越前市粟田部町で
樺広地所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_1587.jpg

現場は南面に大きなサッシが
配置されていました。
窓から見える緑が目に優しい感じ。

IMG_1619.jpg


この現場はプレウォール工法。


IMG_1617.jpg

パネルのジョイント部分は
コーキングにより気密処理されていました。

IMG_1588.jpg

リビングの半分は勾配天井に
なっていて開放的。

屋根の断熱材は ネオマフォームに
ウレタン吹付した付加断熱仕様。

IMG_1590.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_1591.jpg

サッシ周りはコーキングにより
気密処理されていました。

IMG_1621.jpg

玄関ドア、勝手口周りも
コーキングにより気密処理。

IMG_1615.jpg

中広地所さまの気密測定では
ユニットバスの組み立て工事と
重なることが多いです。

IMG_1603.jpg

ユニットバスの排水口が
水で封水(蓋)されているか
確認しました。

これがポカだったとは...。

IMG_1582.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_1593.jpg


C値 = 0.23cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_1598.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

IMG_1605.jpg

大工さんがサッシ周りから
気密漏れがないか確認されていました。

IMG_1596.jpg

玄関ドアの電子ロック錠の
配線穴にコーキングを追加で
打ちました。

IMG_1609.jpg

この現場は基礎断熱
(床下が室内扱い)の現場。

基礎貫きのまとめ配管の隙間に
コーキングを詰め込んで気密処理。

IMG_1606.jpg

24時間換気の配管周りは
ウレタンで気密処理されていましたが
追加でコーキングを打ってもらいました。

IMG_1608.jpg

コーキングを打った後は
しっかりシール出来るように
指で押さえて隙間を埋めます。

IMG_1603.jpg

先ほどのユニットバスの排水口。
ここに水が溜まっていると
トラップになって下水溝と繋がらない仕組み。

しかし、よく見ると
いつもの形状ではない。
手を当てると溝の周りから
風を感じるし...。

IMG_1601.jpg

上の写真が正しい状態。
どうやらパーツが足らなかったようです。
今度こそ、ちゃんと封水(蓋)。

さて、気を取り直して
再測定の結果は...。

IMG_1610.jpg


C値 = 0.19cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_1613.jpg

この測定結果に 監督さんは
「0.1cm2/m2に届かなかった」と
悔しそうにされていました。

C値改善(隙間埋め作業)により
αA(家全体の隙間面積)が
39cm2 → 33cm2 と
6cm2 の隙間が埋まったことになります。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.51 → 1.36と大幅に改善。

IMG_1597.jpg

とてもいい気密なのですが
悔しそうにされていた
監督さんでした。

完成気密でリベンジできることを
期待しています(^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年07月27日

石川県白山市横江町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_1525.jpg

6月29日は 石川県白山市横江町で
潟tジタさまの現場の気密測定を
行いました。

IMG_1529.jpg
IMG_1527.jpg

採光がバッチリで明るい
とてもきれいな現場でした。

IMG_1539.jpg

今回の気密測定は
測定の様子をプロのカメラマンが
撮影することになっています。

最近、増えてきています(^^♪

IMG_1531.jpg

さて、いつものように
チェックしていきます。

サッシは リクシルのサーモスL。
アルミ複合ペアガラス。

IMG_1532.jpg

サッシ周りはコーキングにより
気密処理されていました。

IMG_1530.jpg

ここは床断熱の現場。
床の剛床の繋ぎは 気密テープで
貼り合わせ、柱周りはコーキングで
気密処理されていました。

IMG_1533.jpg

配管周りは
コーキングで気密処理。
おっと目張りのテープが
浮いていますね。(目張り目張り)

IMG_1526.jpg

断熱材は 屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_1536.jpg


C値 = 0.92cm2/m2 でした。

表示は四捨五入により0.9cm2/m2。
IMG_1541.jpg

え っ ...。まずい?

ここからC値改善(隙間埋め作業)で
挽回出来れば ビフォーアフターで
いい映像になるのかな。

気合が入ります(>_<)

IMG_1547.jpg

これは インターフォン用の配線。
気密処理されていませんでしたので
ウレタンで穴を埋めました。

IMG_1548.jpg

玄関周りの基礎と土台の
取り合いから気密漏れがあり
ウレタンで気密処理。

はみ出した部分はカットして
後に気密テープを貼ります。

IMG_1549.jpg

木材のジョイント(サッシ枠)
部分に気密テープを貼って気密処理。

ここまでやっても
0.8cm2/m2前後の気密。
絵的にピンチです。

IMG_1545.jpg

そう言えば、n値(隙間特性値)が
1.61 と大穴があることを指しています。
となると、下屋部分や桁と屋根の
取り合いがカギですね。

IMG_1546.jpg

ありました。
赤丸部分から結構な気密漏れ。

やはり桁と屋根との取り合い部分ですね。
ウレタンを思いっきり充填しました。

IMG_1537.jpg

あとは下屋部分です。
壁との取り合いにタイベックシートが
施工されています。
そこから結構な気密漏れが...。

漏れ具合からして、ここが大物っぽいです。

フジタの社員の方々、私も含め
ウレタンまみれになりながら
約3時間ほど 格闘しました。

さて、予定撮影時間を軽く
オーバーしています。
気になる再測定の結果は いかに...。


IMG_1543.jpg


C値 = 0.43cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_1542.jpg

その測定結果に 担当の監督さんは
ほっとされていました。

今回のC値改善(隙間埋め)により
αA(家全体の隙間面積)は
118cm2 → 56cm2 と
なんと 62cm2 の隙間が
埋まった結果でした。

いや 〜良い映像が取れましたかね。
なかなかのビフォーアフターだったと
思います(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年07月26日

こども服 妻のつぶやき


暑くなったので家で着る服を探しに『しまむら』に行きました。

IMG_5076.jpg

そこへ姉から電話がかかってきて「今どこ?」と聞くので「しまむらにいる」と言うと

「ゆずの服も買ってきて、サイズは95ね!」と…。

(私の姉ってこういう人です)

IMG_5049.jpg

探しに探して『サイズ100で綿100%』の子ども服…ようやく2枚見つけ買いました。

ちなみに、私の服が800円で、ゆずぴょんの服が2枚で1,200円です。

IMG_5072.jpg

ゆずぴょん本人はとっても喜んでくれ、早速着てくれました。

ちょっと悩ましいポーズですが、かわいいです。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年07月25日

割引宿泊券(2) 妻のつぶやき


石川県の割引宿泊券を使って『法師』に行って来ました。

IMG_5018.jpg

『法師』は高級旅館なのでなかなか利用することが出来なかったのですが、

『割引宿泊券』を使ってようやく泊まることができました。

でも『割宿泊券』のせいで忙しかったのせいでのか、中居さんの部屋までのご案内もなく

フロントで鍵を渡され、浴衣もフロントで自分で選びました。

これでは半額の15,000円で泊まっているのと一緒では??

IMG_5005.jpg

でもお部屋の方は3部屋もあってさすが30,000円の宿泊です。

こんなにいっぱいの部屋どう使う…、

実は、旦那も姉も『いびき』をかくので私は隣の部屋で寝ることができました。

IMG_5011.jpg

お料理の方も『のどぐろにアワビ、能登牛』と高級食材がいっぱい出て美味しく、

お腹がいっぱいになりました。

IMG_5009.jpg

そしてたまたま姉の誕生日が1週間内だったので記念品とお菓子をいただき、

ケーキの帽子を被り記念写真をパチリ!!

写真は次の日精算時に額に入れて渡してくれました。

IMG_5037.jpg

今回のように県内の温泉だと短時間で行けますが、帰りはすぐに家に着いてしまい

高級旅館に泊まった余韻に浸ることなく『昼ごはん』を作らなければなりません。

これってどうね…。

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック