2019年08月02日

石川県金沢市押野で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_4091.jpg

7月30日は 石川県金沢市押野で
中村住宅開発鰍ウま の現場の気密測定を行いました。

IMG_4114.jpg

IMG_4105.jpg

IMG_4104.jpg

現場は 中村住宅開発さまのデザインが光る
2階リビングを主とした設計

大空間で勾配天井。採光が考えられたサッシの配置により
とても明るく開放的な室内でした。

IMG_4092.jpg

今回は お施主様立ち合いの上、
私自身は 中村住宅開発鰍ウまの測定が
はじめてなので気合が入ります。(うちの社長は測定しています)

まずは、いつものように
配管の目張り等をチェックします。

IMG_4093.jpg

大工さんが急遽、ガムテープでフードを
目張りしてくださいました。
測定後粘着を残さず、テープを外されていました。

222.jpg

室内側のダクトは目張りされていませんでしたので
しっかり目張りいたしました。
たかが目張りですが、ダブルで目張りした方が
当然漏気は少ないので...。

IMG_4112.jpg

排水配管の目張りは熱で浮き気味だったので
上からテープ押さえました。

IMG_4098.jpg

給湯、給水、排水配管の周りは
コーキングでしっかり気密施工されていました。

IMG_4108.jpg

断熱材は 屋根、壁ともに
ウレタン吹付断熱。
被膜を極力残した吹き方が上手でした。

IMG_4111.jpg

サッシは YKKのAPW330。(樹脂ペアガラス)
サッシ周りもコーキングにより気密施工。

IMG_4115.jpg

玄関ドアはYKKのコンコード。
引き戸はとても使いやすいですが、やはりヴェナート(開き戸)などに比べ
気密漏れが起こりやすいです。

IMG_4096.jpg

大工さんに玄関サッシ枠の取り合い部分に
ウレタンを充填して頂き 気密施工。

また、玄関下端のモルタル施工がまだだったため
気密テープでしっかり押さえて頂きました。

IMG_4097.jpg

それで、測定前に気密測定器で減圧させて
漏気がないかチェック。
気密漏れがあった場所はウレタンや気密テープで
気密処理しました。

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_4103.jpg


C値 = 0.31cm2/m2 の 高気密でした。


表示は四捨五入により、0.3cm2/m2。
IMG_4102.jpg

測定結果に立ち会われたお施主様は
とても喜び、結果を撮影されていました。
気密に不利な コンコード(玄関引き戸)採用で
0.31cm2/m2は かなり良い気密です。

実は お施主様は マイホームの設計段階から今日まで
ブログをまめに更新されておられる方。
当ブログも読んでおられるとのこと...。
とにかく家に対するこだわりがすごいです。↓↓↓





お施主様には ブログに書けないことまで、お話させて頂きましたが
勉強されていることがすぐに分かりました。

最後に、お施主さまも言われていましたが
消費税増税があることからも 
中村住宅開発鰍ウまのように デザイン+性能と
強みが2つ以上ほしいところです。


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年08月01日

石川県能美市五間堂で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_4009.jpg

7月23日は 石川県能美市五間堂で
鰍さひホームさまの現場の気密測定を行いました。

IMG_4018.jpg

IMG_4014.jpg

かなり広い現場でした。4寸柱が標準採用で
骨組みがガッチリしています。

IMG_4042.jpg

玄関から見た写真ですが、廊下の幅がとても広い。
ゆったりとした贅沢な仕様です。

IMG_4021.jpg

さて、いつものように
配管等の目張りをチェックします。

IMG_4023.jpg

配管用のテープが少し浮いていたので
テープで押さえるように目張りしました。

IMG_4024.jpg

24時間換気は 潟}ーベックスの澄家DC(床下設置の第1種換気)。
基礎に2カ所(給気、排気)のみ
ダクト穴を設けるので気密にとても有効です。

IMG_4041.jpg

ダクティングの途中でしたが
丁寧に施工されていました。

IMG_4016.jpg

断熱材は 屋根、壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_4019.jpg

サッシは YKKのAPW330。(樹脂ペアガラス)

IMG_4020.jpg

サッシ周りは 極太コーキングにより
気密施工されていました。

IMG_4029.jpg

玄関ドアは YKKの 冴U。
気密には不利ですが、引き戸は使い勝手がよく
和風の家に似合います。
調べたところ、ガラス部分はペアガラスになっているようです。

注意:テープは目張りに見えますが、目張りなしの養生のみ。
IMG_4010.jpg


さて、気になる
気密測定の結果はいかに...。


IMG_4025.jpg


C値 = 0.19cm2/m2 の超高気密でした。


表示は四捨五入により、0.2cm2/m2。
IMG_4028.jpg

立ち合いされた、お施主様はとても喜んで
結果を撮影されていました。
お話させて頂いたところ、10年以上前から
山男のつぶやきを読んで頂いている ヘビーユーザー様。(ありがとうございます)

あさひホームの社長さまとは 写真撮影が大好きという
共通の趣味あったようです。(ご縁ですね)

予想した通り、玄関引き戸から少し気密漏れがありましたが
それでいて 0.19cm2/m2とすばらしい数値。
n値(隙間特性値 範囲1〜2)も 1.17とレベルが高い。

いや〜 完成が待ち遠しいですね。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年07月31日

富山、魚津でオープンネットの施主様と契約会


27日は富山県魚津市の伊田直樹建築設計事務所様と施主様と業者との契約会でした。

昼の契約会場は魚津の中国料理店でした。

IMG_8010.JPG


伊田様は全国のオープンネットの富山県のネット会員の設計事務所さんです。

オープンネット(イエヒト)会員の設計事務所の施主様と協力業者が直接請け契約するシステムです。

設計事務所さんは設計費と現場管理費だけを請け負い、各業者の工事見積は直接、施主様と直契約なので、設計事務所、施主、業者の責任担当者と3者契約します。コミュニケ―ションをはかるため、契約会と食事会をしているところが多いです。

IMG_8009.JPG

IMG_8011.JPG


伊田様と取引したくて何度も通いやっと取引させていただき、はじめて契約会に参加せていただきました。

富山県魚津の業者さんなので初めての人ばかりでしたが、契約会後の食事会でいろいろコミュニケーションができました。

施主様は以前から私にメールをいただいた方です。お施主様の高気密高断熱の考えや、要望などやり取りして趣味などもメールで知っていましたので、随分前から知っているような感じで気さくな方でした。

やっと富山魚津で念願の設計事務所さんと取引ができました。

伊田様、ありがとうございました。



続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年07月30日

石川県小松市額見町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_3943.jpg

7月23日は 石川県小松市額見町で
竃k製材所 ウィッシュホームさまの現場の気密測定を行いました。

IMG_3948.jpg

IMG_3946.jpg

この日は8時前に現場に入りましたが
2連の引き違いサッシから眩しい光が差し込む
とても明るい室内でした。

IMG_3949.jpg

さて、いつものように
配管等の目張りをチェックします。

IMG_3950.jpg

電気を引き込む、CD管の目張りが
されていませんでした。

IMG_3951.jpg

レンジファンの配管の目張りが少し
浮いてましたのでしっかり押さえました。

IMG_3954.jpg

室内側の排水配管の目張りも浮いていましたので
上から目張りしました。

IMG_3984.jpg

サッシはリクシルのエルスターS。(樹脂ペアガラス)
サッシ周りはコーキングにより気密施工されてました。

IMG_3999.jpg

断熱材は 屋根がウレタン吹付断熱。

IMG_3996.jpg

壁の断熱は セルロースファイバー。
セルロースがパンパンに充填されており
柱より膨らんでいるのが見てわかります。

IMG_3945.jpg


気になる 気密測定の結果は...。


IMG_3956.jpg


C値 = 0.19cm2/m2 の超高気密でした。


表示は四捨五入により 0.2cm2/m2。
IMG_4007.jpg

0.19cm2/m2は とても良い気密ですが、
監督さんや大工さんは もう少し良い気密を出したい模様。
それでは 減圧してC値改善を行いますか!

IMG_3995.jpg

ユニットバスの給水給湯配管の引き込みから少し
気密漏れをありました。室内側、室外側の両方から
配管の隙間にウレタンを充填しました。

IMG_3982.jpg

玄関ドア周りからも少し漏れがありました。
大工さんにコーキングで気密処理した頂きました。

IMG_4001.jpg

基礎と土台の取り合いからも少しだけ
漏れがあった場所もコーキングにより気密施工。
約1時間ほど C値改善作業を行いました。

はたして、
C値改善後の結果はいかに...。

IMG_3960.jpg


C値 = 0.15cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により 0.2cm2/m2。
IMG_4005.jpg

この結果に 担当の長尾さんはグッドポーズ。
家全体の隙間面積(αA)が 25cm2 → 20cm2と
5cm2の隙間が埋まりました。

高気密であればあるほど、結果に表れにくい
C値改善(隙間埋め作業)ですが
少しでもお施主様の生活にプラスになればと
皆さん 汗ダクダク で頑張るのでした。(^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年07月29日

石川県野々市市郷で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_3939.jpg

7月22日は 石川県野々市市郷で 潟Zブンワークスさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_3918.jpg

玄関ドアを開けると土間が奥の方まで続いていました。
最近、土間部分を大きく取る設計が
増えてきていると感じます。(使いやすいですし)

IMG_3915.jpg

IMG_3917.jpg

おお〜 眩しい室内。
デュポンのタイベックスマート(調湿機能付き気密シート)が
室内に貼られていました。
セブンワークスさまの現場は ウレタン吹付断熱が多いですが
この現場の断熱はセルロースファイバーです。

IMG_3923.jpg

サッシは なんと最新のYKKのAPW430+ 。(樹脂トリプルガラス)
熱貫流率は 0.84W/(m2・K) と超トップクラス。(アルゴンガス)
YKKの方のお話では北陸で初採用の模様。

IMG_3935.jpg

ツーアクション窓としてCMが流れていますが
ハンドルの倒す方向で動きが違います。

ハンドルを 右方向に倒すと
『内倒し』となり “傾けて” 開きます。

IMG_3936.jpg

ハンドル を上方向に倒すと
『内開き』となり ヨコに “大きく” 開きます。

CMでは ふ〜ん という感じですが、
実際やってみるとマジックのようでした。(びっくりしました)

IMG_3924.jpg

気密の処理ですが、サッシ周りは
高性能気密テープ(ユラソール)で気密が取られていました。

IMG_3932.jpg

配管周りもユラソールで気密処理。
手間ですが 写真のようにひまわりみたいに
気密処理すると経年劣化にも強いです。

IMG_3921.jpg

剛床の繋ぎ、柱の立ち上がりも
ユラソールで気密処理。

IMG_3938.jpg

基礎と土台の取り合いもユラソールで気密処理。
「ユラソールはコンクリにもしっかり接着できるので助かる」と
七山社長は言われていました。

IMG_3933.jpg

柱と壁の取り合い、天井周りは気密テープで
気密処理。

IMG_3934.jpg

セルロースファイバーが パンパンに充填されている
タイベックスマート(調湿機能付き 気密シート)は
丁寧に気密テープで貼り合わせられていました。

しかも、気密シートを留めたタッカーの上には
すべて気密テープが貼られていました。(本当にお疲れ様です(>_<))

IMG_3926.jpg

さて、
この現場は セルロースファイバー+付加断熱仕様。
外皮UA値は 0.33(G2グレード)と高い断熱力。

気になる気密測定の結果は...。


IMG_3931.jpg


C値 = 0.14cm2/m2 の超高気密でした。


表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_3930.jpg

測定に立ち合いされたお施主様は
とても喜び結果を撮影されていました。

ウレタン吹付断熱と気密シート貼りのセルロースファイバーによる
断熱は工法的にかなり違います。
潟Zブンワークスさまでは、外側の耐力面材で 1度気密を取り
室内側の気密シートでも気密を取ったダブル仕様。

暖かい家になることはもちろんのこと
経年劣化に かなり強い断熱・気密となるでしょう。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年07月28日

ブラックベリー 妻のつぶやき


伸び放題のブラックベリーがいっぱい実を付けました。

IMG_2705.jpg

名前のごとく実が黒くなったら食べ頃で、こんなに取れました。

生でも食べられるのですがちょっと酸っぱみがありますので、ジャムにすることにしました。

IMG_2706.jpg

ブルーベリーの20%の砂糖を入れしばらく置き、汁が出たところで20〜30分火にかけ、

汁が無くなりかけたところでレモンの汁を入れ再び煮詰めます。

IMG_2707.jpg

汁が無くなり傾けても中身が流れなくなったら火を止め、そのまま冷まし瓶に入れます。

とっても簡単!!

冷蔵庫に入れて1週間保存が可能だそうです。

IMG_2713.jpg

早速食べてみたのですが、ごまくらいの大きさの種が気になります。

滑らかなジャムを作るには裏ごしをするべきだったのでしょうね。

IMG_2719.jpg

美味しい…ということは見えない苦労がいっぱい詰まっているのですね。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年07月27日

飛び火 妻のつぶやき


ワイドショーの『吉本興業問題』を毎日のように見ています。

IMG_2722.jpg

2人が涙の会見をしてからは、

問題は『闇営業』から吉本興業の上層部の対応のまずさに移っています。

IMG_3756.jpg

家でその話をしていてどういう流れでそうなったのかは忘れましたが、

飛び火し息子の不満(給料、休日出勤等)が一気に噴き出し止まりませんでした。

IMG_2726.jpg

夜に私と旦那が話し合い、

息子に代休を、そして休めない時は手当を出すことで折り合いを付けました。

今日(25日)がその代休日です。旦那様は朝から仕事で福井に行きました。

IMG_2723.jpg

13年間、がむしゃらに働いてきた旦那です。

息子とはいえ同じことを要求するのは無理で、適正な待遇を提供しなくてはいけません。

でも毎日喧嘩するくらい言い争っているのに、まだ言い足りない…ってどうゆうこと??

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年07月26日

大工さんの現場用エアコンと冷蔵庫ある現場の気密測定


23日は潟Wュープラス様(富山市)の中間工事中の気密測定でした。

IMG_8004.JPG


測定中は窓を閉め切るので真夏は灼熱地獄になることがあります。

この現場は中に入ると意外と涼しく、よく見ると現場用のエアコンと、コンパクトな冷蔵庫がありました。

IMG_8002.JPG


大工さんは「これがあるので夏は助かっているよ。なければ暑さで参るよ」と言っておられました。

外壁、セルロスファイバー、屋根フェノール、ダブル断熱、基礎XPS断熱、窓YKK APW330樹脂窓、換気床下熱交換換気システムでした。
測定結果は0.19cm2(印刷は四捨五入で0.2)と素晴らしい数値でした。

IMG_7993.JPG

IMG_7982.JPG


IMG_8001.JPG


IMG_7998.JPG

工さんと、会社の監督さんと女性社員さんの立ち合いで何度も測定し、測定後窓を閉め切った状態で気密断熱の情報交換など長い時間いましたが、お陰様で気密断熱、高性能窓おかげて汗が噴き出るほどの暑さにはならず、助かりました。

IMG_7984.JPG

IMG_7987.JPG

大工さんは断熱工事と窓をつけると、この小さな現場用エアコン1台でも断熱気密が効いていて、やはり涼しいと言っておられました。








posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年07月25日

石川県かほく市白尾で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_3855.jpg

7月19日は、石川県かほく市白尾で 安藤建築事務所さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_3857.jpg

IMG_3858.jpg

現場に入ってびっくり。
1階延床の半分以上?が土間でした。

安藤社長に伺ったところ、
お施主様は3匹の犬を飼われており
それもあって土間部分が多く占める設計になったようです。

IMG_3895.jpg

2階の吹き抜けから見た景色。
こんなに土間部分が大きい家ははじめて見ました。
南側の大開口サッシからまぶしいくらいに
光が差し込んでいました。

IMG_3863.jpg

さて、さて 目張りなどの
チェックを行います。

いつもながら、安藤建築事務所さまでは
高性能気密テープ(ユラソール)をふんだんに使って
気密処理がされていました。

IMG_3898.jpg

剛床の繋ぎ、柱の立ち上がりも
ユラソールで気密処理。

IMG_3901.jpg

サッシはYKKのAPW430。(樹脂トリプルガラス)
サッシ周りもユラソールで気密処理。

IMG_3887.jpg

断熱材は 旭ファイバーグラスの
高性能グラスウール アクリアα36kg 。

IMG_3889.jpg

調湿機能がある タイベックスマート(気密シート)を
丁寧にユラソールで貼り合わせて気密処理。

IMG_3903.jpg

柱と壁の取り合い、
天井周りもすべてユラソール気密処理。

IMG_3893.jpg

気密シートをタッカーで留めた場所は
上から気密テープで気密処理。
その数なんと、1万3千箇所以上!!(過去最高)。
凄いすぎますね。

IMG_3862.jpg


さて、気になる
気密測定の結果ですが...。


IMG_3859.jpg


C値 = 0.10cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_3860.jpg

測定結果に安藤社長は ほっとした様子で
結果を撮影されていました。

IMG_3865.jpg

今回、少し気になったのが
YKKのAPW430の引き違いサッシ。

IMG_3885.jpg

サッシ調整がまだされてないので仕方がありませんが
少し気密漏れがありました。

安藤建築事務所さまでは APW431の
大開口スライディングをほぼ標準で採用されており
「スライディングの方が高いだけあって気密が良い。」と
言われていました。

IMG_3891.jpg

それにしても下屋や勾配天井、土間部分多しで
0.1フラットのC値はすごいです。

さすが、1万3千本のタッカー止めに
気密テープを貼っただけありますね。
本当にお疲れさまでした(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年07月24日

石川県加賀市片山津温泉で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_3824.jpg

7月17日は、石川県加賀市片山津温泉で トラスト住建鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_3828.jpg

7月ですが、もう シオカラトンボが飛んでいました。
奥に見えるのは柴山潟ですね。
クルマはインプレッサ GDB WRX STIですかね。

IMG_3831.jpg

IMG_3830.jpg

現場はちょうど、
床暖房工事の真っ最中。

IMG_3832.jpg

大きな吹き抜けと中庭が見える大開口サッシから
光が降り注ぐ、明るい現場でした。

吹き抜けはトラスト住建さまらしく
台形の吹き抜け形状でした。(大工さん泣かせ...。)

IMG_3837.jpg

断熱材は 屋根、壁、床 共に
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_3834.jpg

サッシは YKKのAPW330。(樹脂ペアガラス)
サッシ周りはコーキングで
気密処理されていました。

IMG_3839.jpg

配管、配線周りもコーキングによる
気密処理。

IMG_3836.jpg

床の合板の繋ぎや柱の立ち上がりは
気密テープによる気密処理。

IMG_3845.jpg

今回は測定前に気密測定器で減圧させました。
それにより、家の隙間を通じて外から空気が入ってきます。
監督さんにコーキングで隙間を
徹底的に埋めてもらいました。(気密アップ!!)

IMG_3833.jpg


さて、気になる気密測定の
結果は...。


IMG_3848.jpg


C値 = 0.11cm2/m2 の超高気密でした。


表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_3844.jpg

測定結果に監督さんは大喜びして
結果を撮影されていました。

IMG_3838.jpg

残念だったのは 引き違いサッシの隙間から
少し気密漏れがありました。

いつもは気密測定時にサッシ屋さんに
調整して頂いてますが、今回は都合が悪かった模様。
網戸取り付け時に サッシ調整をお願いします。

あと少しでウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)
でした (^^♪



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック