2020年10月02日

富山県射水市稲積で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2741.jpg

8月25日は 富山県射水市稲積で
轄造さまの現場の気密測定を
行いました。

IMG_2739.jpg
IMG_2738.jpg

現場は大きな中庭から
光が差し込む明るい室内。

IMG_2751.jpg

中庭の大型サッシの高さに
合わせ 勾配天井になっていました。

断熱材は 屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_2750.jpg

サッシはYKKのエピソード。
アルミ複合ペアガラス。

IMG_2744.jpg


さて、外回りをチェックします。


IMG_2746.jpg

電線引き込みのPF管の
目貼りがされていませんでした。

ここは中間気密で目貼り。
完成気密ではコーキング等を
入れて気密処理する箇所です。

IMG_2748.jpg

上げ下げ窓ですね。
風を通すなど使い勝手が良い
窓ですが 気密はすこし心配。

IMG_2749.jpg

構造上、引き違い部分を
このゴムで気密を取っています。

減圧してチェックしましたが
この窓は比較的優秀でした。

IMG_2743.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2747.jpg


C値 = 0.36cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_2760.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

作造さまでは 窓周りの気密処理は
ボード施工時に施工します。
ですが、漏れが確認されたところは
ウレタンを注入しました。

IMG_2762.jpg

ちょこちょこ
窓周りから気密漏れがありました。

通常 ...
窓周りの気密処理が 外側のみの場合
(室内側を処理していない場合)は
0.1cm2/m2前後、気密が落ち込む
感じです。

IMG_2758.jpg

定番の玄関ドアの下端から
気密漏れがありました。
ここもウレタンで気密処理。

IMG_2756.jpg

ウレタンの吹きムラが
少しあり気になったので気密処理。

IMG_2764.jpg

漏れてはいませんが断熱欠損など
を気にした処置です。
また、木材の収縮による
経年劣化にも有効と考えます。

さてさて、C値改善後(隙間埋め後)の
結果はいかに...。

IMG_2755.jpg


C値 = 0.34cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_2754.jpg

測定結果に監督さんは ほっと
された様子。

C値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
55cm2 → 52cm2 と
3cm2 の隙間が埋まりました。

汗だくだくで 結構頑張ってみましたが
3cm2 ...。

なかなか目に見えて
改善することは難しいですね。
気密処理的にはプラスに
働いていると思います。(^^♪


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年10月01日

石川県金沢市古府で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2708.jpg

8月25日は 石川県金沢市古府で
ほそ川建設鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_2709.jpg

IMG_2711.jpg

おお 〜 眩しい。
中庭に面した大開口サッシから
明るい光が差し込んでいました。

IMG_2727.jpg

サッシはリクシルのサーモスL。
アルミ複合ペアガラス。

IMG_2728.jpg

サッシ周りはコーキングにより
きれいに気密処理されていました。

IMG_2720.jpg

そこからさらに窓枠の
組みの部分にコーキングを入れ
上から押さえました。
コーキングは押さえてナンボです。

IMG_2717.jpg

続いて
柱周りにもコーキングを
入れて気密処理しました。

IMG_2714.jpg

床断熱では これが効きますよ〜。
剛床と壁側の柱の取り合い部分。

床をガチガチにやっていても
こういう取り合いから漏気する
可能性があります。

IMG_2721.jpg

断熱材は 屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_2729.jpg


C値 = 0.30cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_2722.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

ユニットバスの断熱材と床の
取り合いをウレタンで気密処理。

IMG_2731.jpg

玄関土間周りの基礎と土台、
基礎とスタイロフォームの取り合いを
ウレタンで気密処理。

後に余計なウレタンはカットして
気密処理します。

IMG_2724.jpg

窓枠の気密処理していない部分に
気密テープを貼って気密処理。

IMG_2726.jpg

ボードと断熱材のクリアランスが
大きい箇所にウレタンを注入。
伝い漏れなどを防ぎたい一心です。

IMG_2725.jpg

火打ちの上の怪しい空洞にも
ウレタンを注入。

さてさて、C値改善後(隙間埋め後)の
結果はいかに...。

IMG_2737.jpg


C値 = 0.29cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_2735.jpg

測定結果に大工さんは少し悔しそうな様子。
監督さんと詳細を確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
46cm2 → 45cm2 と
1cm2改善しました。 

私も悔しかったので何度か
再測定しましたが結果は
全く変わらず 0.29cm2/m2。

たった1cm2の改善でしたが
経年劣化に強くなったはずと
自分達に言い聞かせる3人なのでした(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月30日

石川県小松市沖町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2506.jpg

8月11日は 石川県小松市沖町で
潟Rンセプト建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_2499.jpg
IMG_2497.jpg

現場は採光が抜群の
とても明るい室内でした。

IMG_2511.jpg

サッシはYKKの
APW430(樹脂トリプルガラス)。

サッシ周りは気密テープに
よる気密処理。

サッシ周りどころか木材の
組んである部分にも気密テープが
貼ってありました

IMG_2515.jpg

コンセプト建築設計さまの
現場でよく見る気密処理。
断熱材の隅を押さえるように
気密テープが貼られています。

これは 隅っこから気密漏れ、
伝い漏れをカバーした
気密処理になります。

IMG_2522.jpg

床の剛床のジョイント、
柱の立ち上がりを気密テープで
気密処理。

IMG_2523.jpg

先ほどと同様に気密処理
されています。違いは筋交いや
金物が施工されていること。

写真を見るとわかりますが
まず、剛床、柱周りをしっかり
気密処理して、その上から
筋交いや金物が取り付けられています。

ちょっとした手順の差ですが
これがなかなかできていない現実です。

IMG_2500.jpg

ここは玄関まわり。
通常、気密パッキンやスタイロフォームが
見えるのですが、気密処理やモルタル施工
により見えません。

スタイロ1.jpg

通常ならこんな感じ。
気密がしっかり取れていそうで
隙間から漏気する可能性があります。

IMG_2502.jpg

ここまでやると玄関周りが
かなり冷えにくくなると
思われます。

IMG_2507.jpg

よく気密測定でサッシ調整の
シーンが出てきますが玄関ドアの
調整も本ドアでやって頂いています。

IMG_2509.jpg

通常の中間気密では仮のドアが多いです。
傷つきやすいので...。

コンセプト建築設計さまでは
本ドアで調整して気密を出します。
意外にも玄関ドアからの漏気は
多いモノなので...。

IMG_2508.jpg

ただ、これはガチガチにし過ぎると
電子ロックが掛かりにくくなるので
見極めも必要になります。

IMG_2494.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_2516.jpg

出ました!!
C値 = 0.0cm2/m2。

正確には ...
C値 = 0.038cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

IMG_2517.jpg

立ち合いされた お施主さまは
とても喜び、詳細結果を確認されていました。

αA(家全体の隙間面積)= 5cm2(2.5×2cm)
n値(隙間特性値)= 1.03
規格外の気密力です。

IMG_2520.jpg

担当の大工さんも大喜び。
奥さまからのお守り(モデル人形)で
喜びを表現されていました。

いや 〜 超超高気密
素晴らしいですね。
最近、新しい時代に突入したな 〜 と
感じるのでした(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月29日

石川県かほく市七窪で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_3002.jpg

9月6日は 石川県かほく市七窪で
畿-HOUSEさまの現場の
完成気密測定を行いました。

IMG_3035.jpg

玄関は広めの土間仕様。
上空にリビング階段が
掛かっていました。

床のフローリングはノーマルだったり
へリンボーン(ジグザグ)だったりと
随所に貼り方が違っています。

IMG_3010.jpg

キッチンからの眺め。
さまざまなマテリアルが
使われておりカフェのような
雰囲気があります。

IMG_3019.jpg

テレビボードの背面は
古材を貼り合わせたモノ。

IMG_3015.jpg

ダイニング側の壁は
アンティーク調のタイル仕上げ。

IMG_3013.jpg

キッチンカウンターは
モルタル仕上げ。

IMG_3012.jpg

アーチ型の開口が
かわいいですね。

IMG_3017.jpg

白い壁には粗目の漆喰が
塗られていました。

IMG_3026.jpg

扉は既製品のようですが
E−HOUSEさまで部屋のトーンに
合わせ塗装しています。

IMG_3028.jpg

2階のホールからの景色。
アイアンの手すりに
ゆっくり回る シーリングファン。

IMG_3003.jpg


さてさて、気になる完成気密の
結果はいかに...。


IMG_3008.jpg


C値 = 0.17cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_3004.jpg

立ち合いされた監督さんは
とても喜び、結果を撮影されていました。

完成気密 0.17cm2/m2 はかなり
レベルが高いです。

IMG_3034.jpg

畿-HOUSEさまの現場は
ビンテージとナチュラルが
うまくミックスされていました。

次回の気密測定も楽しみです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月28日

石川県小松市上牧町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2418.jpg

8月7日は 石川県小松市上牧町で
竃k製材所 ウィッシュホームさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_2420.jpg
IMG_2419.jpg

視線が気になる壁面は
高い位置に窓を配置。
視線が気にならない
壁面には大開口サッシ。
採光がバッチリです。

IMG_2421.jpg

見上げると大きな吹き抜け用の
足場が組まれていました。
ウィッシュホームさまの設計では
極力吹き抜けを設けています。

IMG_2435.jpg

今回の気密測定は断熱材の
充填前の測定になります。(壁)

測定後にメッシュ状のシートを貼り
セルロースファイバーを充填する段取り。

IMG_2434.jpg


屋根はウレタン吹付断熱。


IMG_2424.jpg

さて、測定前のチェックを
監督さんと行います。

基礎の水抜き穴をテープで
塞ぎました。(基礎断熱です)

IMG_2429.jpg

玄関ドアの下端をウレタンで
気密処理。定番ですが押さえる
必要があるポイントです。

IMG_2432.jpg

玄関周りの基礎とスタイロフォームの
隙間をウレタンで気密処理。
室内側ですが伝い漏れする
可能性が高い箇所です。

IMG_2426.jpg

基礎と土台の隙間。
間に気密パッキンが入っていますが
これまた伝い漏れする可能性があります。
コーキングを入れました。

IMG_2422.jpg

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_2433.jpg


C値 = 0.10cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_2436.jpg

それでは C値改善(隙間埋め作業)
を開始します。

IMG_2437.jpg

外部収納のサッシ周りを
ウレタンで気密処理しました。
いくらサッシの気密性・断熱性が高くても
サッシ枠に少しでも隙間があれば
まったく意味がありません。

しっかりと取り付けて気密施工し
はじめて性能を発揮します。

IMG_2439.jpg

屋根と桁の三角部分の隙間。
ここも定番ですが 伝い漏れする
可能性が高い箇所です。

IMG_2438.jpg

気密測定器で軽く減圧すると
空気が入ってきてました。

このまま埋めずに完成すると
レンジフードを動かした時に
間違いなくこの隙間から空気が入ってきます。
冬ならば冷気が...。

IMG_2440.jpg

電気の引き込み線ですね。
電気屋さん?の調整で
線の周りが広がっていました。
ココもウレタンでしっかり埋めました。

さて、C値改善後(隙間埋め後)
の結果はいかに...。


IMG_2446.jpg


C値 = 0.094cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_2444.jpg

立ち合いされた お施主様家族は
とても喜ばれていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
17cm2 → 15cm2 と
2cm2の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.37 → 1.16と隙間風が
入りにくい特性に変化。

この超高気密の暖かい家で
立ち会って頂いた赤ちゃんは
すくすくと元気に育つことと
思います(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月27日

赤倉のホテル 妻のつぶやき


先週は長野に行ったのですが『GoTo』の申し込みが1週間前と遅かったので

赤倉のスキー場のホテル『高原ホテル対山』しか取れませんでした。

IMG_0996.jpg

ホテルにはあまり期待をしていなかったのですがチェックインすると

『マスク、エコバック、フェイスシールド、アルコール70%の消毒液とスプレーボトル』を

新潟県からいただき、いっきにホテルが新潟県が好きになりましたハート

IMG_5437.jpg

そしてまだあるんです。

妙高市の観光局からは『4,000円分のクーポン券』をいただきました。

IMG_5438.jpg

このクーポン券は妙高市しか使えないのですが、

何を買おうか、何を食べようか…と考えているだけでも楽しくなります。

IMG_0998.jpg

もちろん考えているだけでなく、クーポン券は使いました♪

妙高には旦那の好きな『とまと』という直売店があるのです。

小さいお店で品数も少ないのですが、何故か旦那が好きなのです。

IMG_1002.jpg

朝一番に『とまと』に行き、手当たり次第にいちじく、じゃが芋、栗、白菜買っていると…、

横で旦那が『とまと400円、野沢菜漬390円、ドレッシング450円』を

ポンポン籠の中へ入れてきます。

IMG_5461.jpg

クーポン券がなかったらこんな高い商品は絶対に買わないのですが、

今回は買いました!!

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年09月26日

買い物ツアー 妻のつぶやき


先日の連休は長野に『買い物ツアー』に行って来ました。

IMG_5416.jpg

農協の直売店『オランチェ』の開店時間9時に合わせて家を出てきたのに、

車を停めるのに30分、店内に入るのにもこの行列!!

入店までに更に40分も掛かりました。

IMG_5419.jpg

そして、店内はものすごい人混みでお目当ての『シャインマスカット』はどこどこ?

見つけるやバンバン売れていきます。

IMG_5423.jpg

もう一店『小布施の道の駅』にも行ったのですが、ここもまたなかなか駐車ができません。

その上このレジの列の長さ、うんざりして商品を買わずに帰ってきました。

IMG_5431.jpg

それでもこんなに買いました。

買い過ぎかな〜と思っていると姉から電話があり「半分っこしよう」と、のたまいます。

交通費は???

IMG_5426.jpg

4連休は軽井沢も大変な人出だった…と、ニュースで言っていましたが、

『長野の1人勝ち』だったような…。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年09月25日

福井県福井市上野本町で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_2876.jpg

8月31日は 福井県福井市上野本町で
拠嶋工務店さまの現場の完成気密測定
を行いました。

IMG_2899.jpg

玄関アプローチが長いですね。
深い軒に格子が素敵です。

IMG_2881.jpg

この現場の壁は塗り壁の模様。
玄関周りは毛の長い漆喰でした。

IMG_2911.jpg

居室の壁は珪藻土。
面白い使い分けです。

IMG_2906.jpg

IMG_2902.jpg

リビングは どーん と広く
天井・床ともに無垢フローリング。
いやいや素敵ですね。

IMG_2907.jpg

アイアンの足のダイニングテーブルは
中嶋工務店さまの作られたもの。

アイアンフェチの私は
ヨダレが出ました。('Д')

IMG_2904.jpg

木製建具、H形のすりガラスも
中嶋工務店さまの作品。
センス良く作られてます。

IMG_2908.jpg

壁掛けテレビの背面には...。

IMG_2910.jpg

けっこう広いカウンターと書棚。
勉強机や仕事机として使えます。

IMG_2919.jpg

長い廊下が贅沢。
製作建具が素敵ですね。

IMG_2918.jpg

水回りもオシャレさん
でした。

おっと脱線脱線
さてさて、完成気密の
結果はいかに...。

IMG_2886.jpg


C値 = 0.63cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.6cm2/m2。
IMG_2889.jpg

通常なら完成気密は直しが
出来ないのがほとんど。
でも今回はチャレンジしますよ。
C値改善(隙間埋め作用)。

太陽光発電のごくぶと配管に
コーキング入れて気密処理。

IMG_2892.jpg

大概、1系統に2本の配管。
それを2セット気密処理。

IMG_2894.jpg

あと、局所換気の気密処理を
中嶋専務に伝授。

おっと ... ここはシークレット。
完成気密を測るときに
ご要望があれば伝授いたします(>_<)

IMG_2884.jpg

さて、気になるC値改善後(隙間埋め後)
の結果はいかに...。

IMG_2896.jpg


C値 = 0.42cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_2897.jpg

改善後の結果に中嶋専務は
ほっとされた様子。

完成気密ですがC値改善により
αA(家全体の隙間面積)が
96cm2 → 64cm2と
32cm2 の隙間が埋まりました。

いや 〜 あり得ないですね
完成で32cm2の気密アップって。

気密処理のやり方を分かって
しまえば大したことはないです。
ただ、中間気密と違った
気密処理が完成に?あることを
知ってほしいです(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月24日

京都府綾部市大島町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2807.jpg

8月27日は 京都府綾部市大島町で
レクサスホームさま(大立工業梶jの
現場の気密測定を行いました。

IMG_2810.jpg
IMG_2845.jpg

かなり大きい平屋の家です。
大開口サッシから日差しが
差し込む明るい室内でした。

IMG_2811.jpg

家の中央に長い長い
廊下がある設計。

IMG_2826.jpg

廊下が明るいので見上げると
天窓が収まってました。
天井高で開口が大きい天窓。
とても贅沢な廊下です(^^♪

IMG_2824.jpg

さて、チェックしていきます。
断熱材は屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_2840.jpg

サッシはリクシルの
サーモスUH(アルミ複合ペアガラス)。

サッシ周りにはグラスウールが
詰め込んでありました。

IMG_2831.jpg

床の剛床の繋ぎは気密テープ、
柱周りはコーキングで気密処理。

IMG_2823.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2835.jpg


C値 = 0.58cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.6cm2/m2。
IMG_2816.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

玄関の基礎とスタイロフォームの
取り合いをウレタンで気密処理。

IMG_2820.jpg

同じく勝手口まわりも
ウレタンで気密処理。

IMG_2828.jpg

電子錠の配線の穴を
ウレタンで気密処理。

IMG_2830.jpg

天窓周りから少し気密漏れが
ありました。気密テープと
ウレタンでしっかり気密処理。

IMG_2834.jpg

気密測定器で少し圧をかけ
漏気がないかしっかり確認します。
細かな部分にはウレタンを
注入しました。

さて、C値改善後(隙間埋め後)の
結果はいかに...。

IMG_2839.jpg


C値 = 0.52cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_2836.jpg

立ち合いされたお施主さまは
測定結果を撮影されていました。

後にお話しさせてもらったところ
当社のブログを読んで頂いている
ことが分かりました。

また、気密・断熱はもちろん
換気についてもかなり勉強されている
お施主さまでした。

家は高い買い物です。
今回のお施主さまのように
気密・断熱・換気・耐震など、いろいろ勉強して
後悔のない家づくりをしてもらいたいです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月23日

長野、小布施のフローラルガーデン


この連休は好きな山には行かず、

9月21日は長野県の小布施町のフローラルガーデンに行ってきました。

IMG_1027.JPG

自宅から車で約220km走ると、そこは山裾に近い大きな花の公園でした。

IMG_1021.JPG


後ろが山で深い緑と色とりどりの花の公園は素敵なところです。


IMG_1028.JPG

IMG_1025.JPG

IMG_1026.JPG


人工の滝がありすぐそばに燃えるような真っ赤な花

IMG_1030.JPG

IMG_1029.JPG

赤や、ピンク、青、黄色の花に癒されます。

IMG_1032.JPG

IMG_1033.JPG

IMG_1034.JPG

IMG_1035.JPG

IMG_1036.JPG

IMG_1038.JPG

IMG_1040.JPG

観光で訪れる人も少なく、コロナの3密の心配もなく充分花を楽しむことができました。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック