2022年06月04日

可愛い子 妻のつぶやき


私の周りの『可愛い子ちゃん』を紹介します。

IMG_8847.jpg

先ずは、ブログでおなじみの『ゆずぴょん』です。

4歳になりました。

IMG_8846.jpg

ゆずぴょんの弟の『はやと君』です。

お父さんが黒子になっています。

IMG_8844.jpg

次は、お目目くりくりの『あずさちゃん』、

お父さん、お母さんはすらっとした美男美女なんですよ。

将来は美人になることま違いなし!!

IMG_3302.jpg

同じく美男美女のお父さん、お母さんを持つ『みゆぅちゃん』。

IMG_3216.jpg

食べることが大好きで人見知りもしないので

とにかく可愛いのです。

IMG_3339.jpg

疲れたとき、落ち込んだとき、

『みゆぅちゃん』の写真で癒されています。

IMG_3400.jpg

皆さんに『癒し』のお裾分け♪

【日記の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
2022年06月03日

福井県福井市寮町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_7951.jpg

4月26日は 福井県福井市寮町で
樺広地所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_7955.jpg

リビングは
勾配天井&天井高の仕様。

IMG_7952.jpg

大開口サッシの奥に
眩しい緑が見えました。

IMG_7959.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

めちゃ清々しい天気。

IMG_7960.jpg

サッシ周り、
窓台、窓まぐさ(窓枠まわり)は
コーキングで気密処理。

IMG_7957.jpg

ここはパネル工法。(プレウォール方法)
断熱材はネオマフォーム。

IMG_7958.jpg

パネルと柱の取り合いは
コーキングによる気密処理。(室内側)

外壁側は気密テープによる
気密処理が施されています。

IMG_7956.jpg

天井の断熱は ネオマフォームに
ウレタンを吹き付けした付加断熱仕様。

IMG_7977.jpg

通常、ネオマフォームだけだと
気密処理がかなり大変。

ここはネオマフォームに
ウレタンが吹付られているので
気密が担保しやすい。

IMG_7961.jpg

お風呂の断熱はミラーフォーム。
気密テープとウレタンにより
気密を取られてました。

IMG_7962.jpg

ホールダウン金物は
ウレタンで覆うように気密処理。
結露防止のヒートブリッジ対策です。

IMG_7965.jpg

外回りをチェック。
基礎を貫く給湯給水の
配管まわりはコーキングで気密処理。

右側に見える水抜きの穴は
ウレタンで埋めました。

IMG_7968.jpg

床の柱周りを見ると
取り合いの隙間にウレタンが
きれいに吹かれています。

ここは基礎断熱なので
床の隙間は気密漏れに直結しません。

ですが...
床下に設置する換気システムを
考えての処理でしょうか。

床の隙間が無い方が
床下の空気が回りやすい。

IMG_7964.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_7972.jpg


C値 = 0.10cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_7971.jpg

測定結果に監督さんは
ほっと一安心。
結果を撮影されていました。

αA(家全体の隙間面積)は 13cm2。
n値(隙間特性値 範囲1〜2)は 1.18と
共にレベルが高い。

IMG_7976.jpg

測定が終わるといきなりの豪雨。
いや〜助かった。

雨で測りにくくなることは
滅多にないですが
低気圧過ぎると内外圧力差が
安定しないこともありいけません。

IMG_7955.jpg

断熱も気密もしっかりした現場なので
豪雨でも静かなのがよかったです。

機材の運搬でビショビショに
なりましたが...(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年06月02日

石川県小松市吉竹町で気密測定(完成)


稜です。

写真 2022-05-13 12 54 16.jpg

5月13日は石川県小松市吉竹町で
晦XSデザインさまの現場の
気密測定(完成)を行いました。

写真 2022-05-13 12 54 00.jpg

素敵な玄関から、
中に上がります。

写真 2022-05-13 12 43 42.jpg

中に入ってビックリ。
玄関土間と玄関ホールに段差が無い
とても優しい設計になっています。

写真 2022-05-13 12 49 33.jpg

LDKは掃き出し窓から
明るい光が差し込む、
暖かみを感じる空間となっています。

写真 2022-05-13 12 46 31.jpg

他のお部屋を覗いてみると、
収納扉が並んでいました。
開けてみると...

写真 2022-05-13 12 45 39.jpg

写真 2022-05-13 12 47 23.jpg

とっても開放的な空間に。
どうやら隣のお部屋と、
収納が繋がっているようですね。

写真 2022-05-13 12 45 09.jpg

こちらはサンルームでしょうか。
サッシからの採光が十分で
日当たりが良いので、
洗濯物も乾きやすそうですね。

写真 2022-05-13 11 12 14.jpg

それでは測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-05-13 12 28 57.jpg

C値=0.38cm2/m2の高気密です。
表示は四捨五入により0.4cm2/m2。

写真 2022-05-13 12 28 07.jpg

この結果に、
立ち合いされたお施主様は
満足しているご様子でした。

中間気密測定の時点と比べて、

αA (家全体の隙間面積)が
50cm2 → 61cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.57 → 1.59

と少し落ちてはいるものの、
落ち幅をここまで抑えられたのは
とても素晴らしいと思います。
これも現場に携わった
監督さんや業者さん方が
努力された結果ですね。

お施主様の住むお家を
良いものにしたいという
気持ちが伝わってくる、
晦XSデザインさまの仕事ぶり。
尊敬してしまいます。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年06月01日

富山県小矢部市泉町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_7557.jpg

4月7日は 富山県小矢部市泉町で
潟Rンセプト建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_7566.jpg

柱、筋交いが
めちゃ入った現場。

IMG_7560.jpg

リビングには大きな
吹き抜けがある仕様。

2階の窓から光が
差し込んでいました。

IMG_7572.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_7558.jpg

外壁はフェノバボードを
貼った付加断熱仕様。

コンセプトさまでは
断熱もこだわるお施主さまが多く
付加断熱仕様を選択されます。

IMG_7563.jpg

サッシ屋さんがサッシ本来の
気密性能を引き出すために
調整されています。

突き詰めた気密施工をしていくと
窓からの微細な漏気が
気になります。

IMG_7562.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

サッシ周りは気密テープで
気密処理。

IMG_7567.jpg

ここは床断熱の仕様(床下が外扱い)。
剛床の取り合い、柱の立ち上がりを
気密テープにより気密処理。

IMG_7583.jpg

伝い漏れする可能性がある
柱・間柱と床の取り合いは
気密テープを施工。

よく見ると壁と床の取り合いに
ウレタンが吹かれていました。
しかも、家1周の施工(^^♪

IMG_7581.jpg

床を貫く給湯給水の配管
まわりはコーキングで気密処理。

配管って少し動かすと
コーキングが切れやすい。
追いコーキングでヘラを使い
隙間を埋められてました。

IMG_7585.jpg

ユニットバス下の
給湯給水の配管。
漏れやすいのは配管の下。

漏気チェックしたら漏れがあったため
ウレタンを注入してもらいました。

IMG_7578.jpg

どこの取り合いが
分かりますか?

IMG_7579.jpg

ここは下屋部分。
梁にかかる面材との取り合いです。

マニアックな気密箇所ですが
伝い漏れする可能性があるので
吹いてもらいました。

IMG_7590.jpg

親方が頑張ってます。
窓周り?

ちょっとここも
マニアックな箇所です。

IMG_7591.jpg

たしかに窓周りですが
柱と間柱の取り合い部分。

木と木の取り合いは
疑った方がよいです。

IMG_7587.jpg

最後に梁と梁の
接合部に気密テープを
貼りました。

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_7601.jpg

でました。
C値 = 0.0cm2/m2 !!! (0.05cm2/m2未満)

正確には...
C値 = 0.038cm2/m2 のウルトラ気密でした。

IMG_7598.jpg

測定に立ち合いされた
お施主さま夫婦はとても喜び
結果を指さし確認。

αA(家全体の隙間面積)は
6cm2(3×2cm)。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.06 と隙間風がとても入り難い値。

IMG_7592.jpg

いつも感じることですが
良い気密を生み出すのは
やはり人ですね。

家づくりに対する
並々ならぬ拘りを感じた
現場でした(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年05月31日

里山集落歩き、白山、神子清水、相滝、川に巨岩が・・


このところ、里山のまだ歩いたことがない未知の集落歩きをしています。

山登りでこの近くの道路を車で通ったことがありますが、この日は白山市の神子清水と相滝を歩いてきました。

鳥越の道路から白い白山を眺めながら、神子清水に到着です。

IMG_4360.JPG

IMG_4359.JPG

まずは、神子清水の赤い橋からスタートしました。

IMG_4358.JPG

橋の上から清流を眺め集落歩きをすると、神社がありました。

IMG_4318.JPG

IMG_4322.JPG

IMG_4324.JPG

きれいなシャガの花が咲いています。

IMG_4325.JPG

どんどん集落を歩くと、相滝の集落です。

IMG_4327.JPG

IMG_4321.JPG


広い道路には白いクローバ―の花の道でした。

IMG_4329.JPG

IMG_4330.JPG


今度は道路から左の田んぼ道から川沿いに歩きます。

IMG_4331.JPG

IMG_4332.JPG

IMG_4335.JPG

手取水系の大日川には電力会社のダムがありました。

IMG_4338.JPG


IMG_4336.JPG

IMG_4337.JPG

IMG_4339.JPG

それから下の大日川を眺めると、川の中に巨大な岩が立ちはだかっているのにはびっくりです。

IMG_4344.JPG

川の大洪水で流された白山の白峰の百万貫岩の岩は有名ですが、それにも負けないくらい巨大な岩、もともとここにあったのか、それとも洪水で流されて来たのでしようか?
洪水だと転がって岩の先が丸くなるので、岩の先が鋭利な刃物ように尖がっているので、もともとここにある岩のような感じがしますね。

IMG_4349.JPG

紫の桐の花が咲き、集落の道には白い花吹雪が舞い落ちていました。

IMG_4353.JPG

IMG_4346.JPG

IMG_4352.JPG

IMG_4351.JPG

蔦のつるが巻きついた、天を突くような大きな大木に自然の逞しさを感じ、出発した場所の車に戻り時計を見ると、1時間30分余りの里山集落歩きでした。

IMG_4354.JPG

歩いたことがない里山集落の大自然を満喫できました。




posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2022年05月30日

石川県金沢市千木町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_7924.jpg

4月26日は 石川県金沢市千木町で
叶ン計木花家さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_7929.jpg

2階は ボードの
施工待ちの状態。

IMG_7925.jpg

1階も作業が進んでいました。

IMG_7939.jpg

大工さんが最後の天井下地を
作成していました。

IMG_7927.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_7931.jpg

4寸柱の仕様なので壁の
ウレタンの厚みは120ミリ。

IMG_7932.jpg

サッシはリクシルのEW。
樹脂トリプルガラス。

IMG_7933.jpg

サッシ周りは もちろん
枠となる木材のジョイントにも
コーキングが入っていました。

IMG_7942.jpg

玄関下端はきれいに
モルタルが施工されていました。

一般的にはこのタイミングで
モルタルが施工されている
ことは少ないです。
(気密測定のために施工されている)

IMG_7943.jpg

玄関ドアのまわりはもちろん
基礎と土台の取り合いにも
しっかりコーキングが入っていました。

IMG_7948.jpg

ゴツイ筋交いのキワに
ダクトの集まってます。

第一種換気のマーベックスの
ダクトスペースですね。

IMG_7928.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_7945.jpg

おっとその前に...。
ユニットバスがちょうど工事中で
このままだと排水口から気密漏れ
しちゃいます。

下水に繋がっているので
トラップに水を入れて
封水してもらいました。

それでは気を取り直して測定開始。
気になる気密測定の結果は...。

IMG_7935.jpg


C値 = 0.087cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_7937.jpg

測定結果に立ち合いされた
お施主さまはとても喜ばれていました。

αA(家全体の隙間面積)は
11cm2。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.26。
と両方ともレベルが高い。

この気密を維持するため
極力、隙間を作らないよう工事し
完成気密を迎えたいですね(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2022年05月29日

ケロンの小さな村 妻のつぶやき


『ケロンの小さな村』に行ってきました。

IMG_8727.jpg

「ここで買ったパンが美味しかったからもう一度買いたい」

と姉が言うので記憶を頼りに探しました。

IMG_8729.jpg

能登空港から珠洲市の方に30分程車で走った左側に看板がありました。

IMG_8737.jpg

お天気が良かったのでたくさんの親子連れが来ていました。

ブランコや水遊び…と自然の中でのびのびと子どもたちが遊んでいました。

IMG_8736.jpg

さてさて肝心のパンは…、

IMG_8732.jpg

ありました、ありました。

ちょっとお高めなのですがとっても美味しい…と姉は言います。

IMG_8738.jpg

ここでは焼きたての『ピザ』だって食べられるんです。

だから、手ぶらで来ても大丈夫!

IMG_8733.jpg

ちなみに『ケロンの小さな村』の営業日は

土、日と祭日だけで〜す。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
2022年05月28日

着付けの練習 妻のつぶやき


「着付けをもう1度練習してみたい…」と

姪が旦那と子どもその他もろもろ総勢8人を引き連れて、我が家に来ました。

IMG_8641.jpg

先ずは、歓迎の意味を込めて旦那が三味線を披露??

IMG_8640.jpg

子どもたちは見たこともない楽器と知らない歌でこんな顔に…

IMG_8638.jpg

姪の旦那様だけが興味を示してくれ、良かったです。

IMG_8642.jpg

三味線もほどほどに終ったところで

子どもたちは近くの公園に遊びに行きました。

私たちは『着付け』の練習です。

IMG_8643.jpg

切り刻んで簡単…になったとはいえ、

アメリカに帰ったら1人で着なくてはならないので大変です。

IMG_8646.jpg

1工程ごとにスマホで写真を撮っていたので

1時間近くかかってようやく着せることができました。

アメリカではスマホを見ながら着るそうです。

頑張れ!!


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
2022年05月27日

花街道、手取川歩き


以前、冬の終わりの春の初めに、白山を源流とするまだ残雪のある手取川の堤防歩きをしましたが、また歩きたくて、歩いてきました。

IMG_4267.JPG


川北町の川北大橋から上流の白山市鶴来町の天狗橋を渡り川北大橋に戻る周遊約8kmの歩きです。

残雪の時季と違い、堤防の川の土手は花、花で花のオンパレードです。

IMG_4270.JPG

IMG_4278.JPG


まさに、花街道でした。 

IMG_4280.JPG


IMG_4283.JPG

IMG_4284.JPG

IMG_4276.JPG


この時季に手取川にこんなに多くの花が咲いているとは驚きです。

IMG_4286.JPG

IMG_4288.JPG

IMG_4293.JPG

IMG_4294.JPG

IMG_4297.JPG


IMG_4301.JPG


上流の天狗橋が見えてきました。

IMG_4307.JPG


IMG_4311.JPG


IMG_4309.JPG

IMG_4314.JPG

心地よい風に吹かれ、大自然と川の流れと、花を見ながらの2時間半ほどのウオーキングを楽しんできました。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2022年05月26日

福井県福井市丸山で気密測定


稜です。

写真 2022-05-07 7 47 00.jpg

5月7日は福井県福井市丸山で
潟cWュールホームさまの現場の
気密測定を行いました。

写真 2022-05-07 7 52 22.jpg

写真 2022-05-07 7 54 10.jpg

中に上がります。

写真 2022-05-07 7 53 10.jpg

写真 2022-05-07 7 52 07.jpg

屋根・壁の断熱は、
ウレタン吹き付け断熱と
なっています。

写真 2022-05-07 7 51 58.jpg

サッシはYKK APW430。
樹脂トリプルガラスです。

写真 2022-05-07 7 53 31.jpg

チェックしていきます。
サッシ周りは、
ウレタンで気密処理
されています。

写真 2022-05-07 8 30 06.jpg

水抜きの穴が空いたままの
状態になっています。

写真 2022-05-07 8 36 11.jpg

基礎断熱の場合、
水抜きの穴は何かしらで
塞いでおかないと、
正しい気密を測定することが
出来ません。
ウレタンを吹いて埋めてしまいます。

写真 2022-05-07 8 35 24.jpg

写真 2022-05-07 8 37 22.jpg

基礎のダンパー周りも
隙間がありましたので、
ウレタンで埋めてしまいます。

それでは測定を...と、
測定器で室内を減圧しますが
圧力のかかり具合がおかしい...

写真 2022-05-07 9 54 17.jpg

調べてみると、
先程のダンパーが開いたままの
状態になっていました。
周りの隙間に気を取られて
ダンパー本体の開閉具合を
確認しそびれていたようです...。

写真 2022-05-07 8 44 23.jpg

しっかりとダンパーを閉めて
改めて測定を始めます。
気になる結果は...

写真 2022-05-07 9 14 55.jpg

C値=0.11cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

写真 2022-05-07 9 01 15.jpg

既にとても良い気密ですが、
C値改善作業(隙間埋め)
を始めます。
屋根の隅の部分、
ウレタンに怪しい隙間が。

写真 2022-05-07 9 07 47.jpg

手を近づけてみると
漏気がありましたので、
ウレタンを使って
隙間を埋めました。

写真 2022-05-07 9 27 03.jpg

玄関ドアの周りを
気密テープを貼って
気密処理していきます。
サッシや玄関ドアの取り合いは
気密処理しておきたいですね。

それでは再度測定を始めます。
結果は...

写真 2022-05-07 9 35 11.jpg

C値=0.097cm2/m2の超高気密です。
表示は四捨五入により0.1cm2/m2。

αA (家全体の隙間面積)が
17cm2 → 15cm2

n値 (隙間特性値 範囲1〜2)が
1.31 → 1.18
となっています。

写真 2022-05-07 9 34 43.jpg

この結果に、
立ち合いされたお施主様は
喜んでいるご様子でした。

ダンパーが開いたままの状態で
測定してしまったときには
少しビックリしましたが、
実際の気密はとても素晴らしいもので
本当に安心しました。
きっと快適で暮らしやすい、
素敵なお家になるでしょうね。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック