2020年09月22日

石川県河北郡津幡町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2765.jpg

8月26日は石川県河北郡津幡町で
安藤建築事務所さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_2767.jpg

IMG_2768.jpg

現場は大開口サッシが多く
採用されているため
かなり明るい室内でした。

IMG_2779.jpg

すこし驚いたのが
ユニットバスの設置場所。
2階に設置されていたのですが

IMG_2780.jpg

ユニットバスのまわりが
ほぼ吹き抜け空間。
すごい設計です。

※ 写真は吹き抜けの足場が組まれています。
IMG_2776.jpg

網越しの写真ですみません。

立地が角地で少し高台で
あったため2階からの
景色は抜群でした。

IMG_2773.jpg

さて、チェックしていきます。

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_2774.jpg

サッシ周りは高性能気密テープ
のユラソールで気密処理。

IMG_2784.jpg

断熱材は 旭ファイバーグラスの
高性能グラスウール アクリアα36kg 。

IMG_2805.jpg

そのグラスウールを 調湿機能付きの
タイベックスマート(気密シート)内に
充填して ユラソールで気密処理。

IMG_2777.jpg

24時間換気の
スリーブまわりも
ユラソールで気密処理。

IMG_2791.jpg

剛床(床材)の繋ぎ
柱の立ち上がりも
ユラソールで気密処理。

IMG_2790.jpg

玄関ドア周り、玄関土間
まわりもユラソールで気密処理。

ユラソールは接着力が強いのはもちろん
ブチル系テープのように経年劣化に強く
少し伸びるので施工性も良い。
人気があるのがわかります。
もう少し安ければ...。

IMG_2804.jpg

測定前に気密測定器で
軽く圧をかけて
気密漏れがないか確認してます。

IMG_2800.jpg

気密シートのジョイントで
テープの貼り忘れ部分が少しあり
ユラソールを貼られていました。

IMG_2771.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2796.jpg


C値 = 0.10cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_2797.jpg

測定結果に対し、監督さんは
少し悔しそうにして撮影されていました。

ここ最近の安藤さまは0.1cm2/m2以下を
連発していたので気持ちはわかりますが
気密シート貼りの施工で
0.10cm2/m2 はめちゃめちゃ良いですよ。

ちなみに
気密測定ではデータの信頼性を
図るために数回測定しており
このときはすべて0.1フラットでした。

毎度おなじみのタッカーの使用本数を
伺ったところ 約6000本とのこと。
もちろん、その上から気密テープを貼られてます。
次回の測定が楽しみです(^^♪


【気密測定の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月21日

石川県小松市矢田野町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2600.jpg

8月19日は 石川県小松市矢田野町で
(有)アルクモリさまの現場の気密測定を
行いました。

IMG_2604.jpg
IMG_2605.jpg

現場は大きな
平屋風な建物。

IMG_2606.jpg

リビングは天井高で
梁見せ構造。
かなり大きな空間です。

IMG_2616.jpg

2階は広めの一部屋。
書斎になるのでしょうか。

IMG_2607.jpg

この現場はFP工法。
断熱材は 屋根・壁・床ともに
FPパネルの硬質ウレタン。

FPパネルは気密テープで
気密処理されていました。

IMG_2620.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_2621.jpg

サッシ周りはコーキングと
気密テープにより気密処理。

コーキングがきれいに
入ってました。

IMG_2609.jpg

断熱材を貫くスリーブ周りと
サッシ周りは 極太コーキングによる
気密処理されていました。

IMG_2602.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2610.jpg


C値 = 0.25cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.3cm2/m2。
IMG_2611.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

ユニットバス下の給湯給水
配管まわりから少し気密漏れ。
ウレタンで気密強化。

IMG_2619.jpg

梁の上の電気配線。
コーキングで気密処理。

IMG_2603.jpg

玄関が広いっすね。
玄関戸は気密的に不利な
引き戸タイプ。

IMG_2614.jpg

扉枠下端から少し気密漏れ。
気密テープで押さえました。

IMG_2623.jpg

玄関周りの気密パッキンと
土台の角の部分。
ここにも気密処理。

気密パッキンを使うと
このような角の部分と
気密パッキンのジョイント部分から
気密漏れが発生しやすいので
しっかり押さえておきましょう。

IMG_2618.jpg

勝手口の下端からも
少し気密漏れ。
同様に気密テープで気密処理。

IMG_2626.jpg

ここは床断熱(床下が外扱い)の現場。
部屋の外周部は気密テープで
気密処理されていました。

IMG_2625.jpg

床下の断熱ラインで気密処理
されていましたが剛床の
柱周りは気密処理されていません。

気密漏れの体感はありませんが
大工さんに無理言って柱周りを
気密処理して頂きました。

IMG_2615.jpg

床が1段下がる箇所も
怪しいのでコーキングを
打って頂きました。

IMG_2631.jpg

コーキングは押さえてナンボ。
最後に大工さんが軍手をはめて
丁寧に押さえて回りました。


さて、C値改善後(隙間埋め後)の
測定結果はいかに...。


IMG_2627.jpg


C値 = 0.21cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_2629.jpg

測定結果に立ち合いされた
森社長は ほっとされた様子。

今回のC値改善により
40cm2 → 35cm2 と
5cm2 の隙間が埋まりました。

IMG_2624.jpg

たかが5cm2 ですが
大工さん的にはガチガチに
気密処理してからの 5cm2改善。
「いまのでこんなに改善するんだ〜」と
喜んでいた様子。

特に柱周りの気密処理は
柱が少し痩せたり、動いたりしても
気密漏れしにくいので経年劣化の対応として
やって良かったと満足されていました。(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月20日

蜂の巣 妻のつぶやき


6月頃ベランダで『蜂の巣』を見つけました。

IMG_4852.jpg

息子に言ったところ「まだ小さいからしばらく育てよう」と。

あれから4ヶ月『蜂の巣』もだいぶ大きくなって鉢が10匹くらい常にいます。

IMG_5293.jpg

もうそろそろ取ってくれてもいいのではないか…と思っていたところ

新たな『蜂の巣』を見つけました。

IMG_5292.jpg

それは何と玄関フードの中のフラワースタンドに作られていたのです。

何匹かの蜂がフラワースタンドの下の方に歩いて行くので

不思議に思い目で追って見つけました。

IMG_5298.jpg

暑いので手入れも全然していないので伸び放題でボウボウの観葉植物ですが、

この中に巣が作られていました。

IMG_5295.jpg

旦那に蜂の巣を2つとも駆除してもらいました。

こんな時だけはめっちゃ頼ります♪

posted by 山男のつぶやき at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年09月19日

シャインマスカット 妻のつぶやき


たまたま運送屋さんに行ったとき『葡萄』を作っている方に出会いました。

IMG_5311.jpg

その方は自分で作った『葡萄』を送るために来ていて、

自慢げに『シャインマスカット』など色んな葡萄が入った箱を開けて私たちに見せて

「欲しいか?」と聞いてきたので「欲しい」と言うと畑にまで採りに行ってくれました。

IMG_5312.jpg

生産者の方から直接買うのだからお店よりは安いだろう…と思って

「2房か4房か?」と聞かれたので「4房!」と言ったのですが…

これがなんと『7,000円!』高!!

IMG_5310.jpg

自分たちだけで食べるには高すぎるし、

『お使い物』にしようか…と、ずーっと『シャインマスカット』が頭から離れません。

結果、息子たちに1房ずつ配り、2房は私たちが食べました。

ルビーロマン.jpg

とっても美味しく “しあわせ〜”な味♪

たまの贅沢、悩むことなんて全然ありませんでした。

でもでも『ルビーロマン』でなくてよかった!!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年09月18日

全館空調のお家の気密測定


9月10日は鰍ミまわりほーむ、富山支社様の完成時の気密測定でした。

お施主様ご夫婦の立ち合いで中間工事中も測定し、完成でも測定です。

IMG_0968.JPG


基礎断熱、壁、セルロース+XPS、天井セルロース、サッシはYKK樹脂窓 APW430トリプルガラス、外皮UA値は0.32wとかなり高性能でした。

ローヤル電機の換気とダイキンのエアコンがコラボの全館空調のお家です。

IMG_0973.JPG

IMG_0972.JPG

IMG_0975.JPG


IMG_0976.JPG

中間工事中の数値は0.7cm2、今回の完成でも0.7cm2でしたので、大工さんの木工事の後工程の電気、設備、サッシ工事の職人さんがいかに丁寧な仕事をしたかわかります。

通常は中間より完成のほうが気密が落ちるのがほとんどです。

中間より数値が落ちていなかったので、施主様は大変喜んでおられました。

IMG_0963.JPG


IMG_0965.JPG

IMG_0971.JPG

IMG_0970.JPG

IMG_0969.JPG

LDKに無垢板のテーブルがすでに置かれており、お施主様が特別に頼んで造ってもらったいうこと。

杉板目の木目が美しくきれいですね。

床は檜の無垢板,LDKの天井も檜の無垢羽目板、人工的なものと違って、やはり自然の本物の無垢板は癒されます。







posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月17日

GWと美しい気密シート貼りの家の気密測定


9月7日午後はキナリノ建築工房、多田社長様(富山県高岡市)の気密測定でした。

高密度の赤いグラスウールのSUNに気密シートの貼り方がとても丁寧な施工で芸術的でした。

IMG_0949.JPG

IMG_0959.JPG


IMG_0948.JPG


気密コンセントボックスと気密シート取り合いもしっかり施工されています。

IMG_0955.JPG


窓はYKK APW330 玄関ドアは木製の断熱気密ドア(写真を撮り忘れ)です。

IMG_0958.JPG


窓まわりもしっかりコーキングされていました。

イン暖房は床下エアコンでした。それに薪ストーブの暖炉も設置されています。

測定結果は0.2cm2とGWの気密シート貼りとしてはとてもよいC値でした。

多田社長さんも確認されて安心されていました。

IMG_0951.JPG


IMG_0985.JPG

このお家は多田社長さんの事務所兼自宅で、完成後、真冬の体験が楽しみですね。


続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月16日

完成時の気密測定と、換気風量測定、流量調整


9月7日は伊田直樹建築設計事務所様(富山県魚津市)富山市の住宅完成引き渡し前の気密測定と換気の風量測定と換気の流量調整で施主様立ち合いです。

IMG_0947.JPG

伊田設計様はもちろん中間工事中も気密測定し、完成もされます。

気密C値は完成で0.3cm2/m2と素晴らしい数値です。

IMG_0936.JPG

換気の風量測定と流量調整もします。

伊田社長さん自ら排気口の調整と風量測定をされ、よく空気が回っているのを確認し、お施主様も安心されていました。

IMG_0940.JPG


IMG_0941.JPG

LDKにはすでにテーブルと椅子が設置され、素敵なキッチンですね。

IMG_0944.JPG


階段踊り場にはちょっと一服本を読みくつろげるカウンターと本たてがあり、良いですね

IMG_0945.JPG


この日も暑い日でしたが、LDKのエアコンがよく効いて涼しく、測定もスムーズにでき助かりました。

IMG_0946.JPG
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月15日

富山県高岡市下麻生伸町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2633.jpg

8月20日は 富山県高岡市下麻生伸町で
轄造さまの現場の気密測定を
行いました。

IMG_2638.jpg
IMG_2637.jpg

現場はきれいに清掃されており
角に配置された中庭から
光が差し込む明るい室内でした。

IMG_2640.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_2647.jpg

この現場はプレウォール工法。
屋根の断熱材はウレタン吹付断熱。

IMG_2646.jpg

確かここは基礎断熱
(床下が室内扱い)の仕様。
床を見ると合板の継ぎ目に
気密テープが貼られています。

大工さんが真面目に床断熱と
同様に気密処理されていました。

IMG_2651.jpg

さて、監督さんと一緒に
確認します。

基礎貫きの給湯、給水配管の
気密処理をウレタンで強化。

IMG_2652.jpg

エアコンの先行配管の
周りの気密処理もウレタンで強化。
両方とも室内側で気密処理されています。

IMG_2645.jpg

おっと、スリーブの目貼りが
浮いていので気密テープで目貼り。

IMG_2657.jpg

玄関ドアの電子錠の配線穴を
ウレタンで塞ぎました。

IMG_2642.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2660.jpg


C値 = 0.48cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.5cm2/m2。
IMG_2656.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

定番の玄関ドアの下端からの
気密漏れをウレタンで埋めました。

IMG_2653.jpg

ガレージに繋がる扉の
下端にもウレタンを充填。

IMG_2662.jpg

基礎断熱ですが排水配管まわりの
穴も丁寧に気密処理。

IMG_2665.jpg

ホールダウン金物まわりも
ウレタンで気密処理強化。

IMG_2661.jpg

高い所に断熱材を貫く
給湯、給水配管がありました。
その周りもウレタンで気密処理。

IMG_2659.jpg

今回の一番の大モノ?!
先ほどと同様な箇所で排水配管周りの
気密処理の無い箇所を発見。

入り組んだやりづらい場所
でしたが監督さんが頑張って
ウレタンを充填。

はたして、C値改善後(隙間埋め後)の
結果はいかに...。

IMG_2669.jpg


C値 = 0.39cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_2667.jpg

測定結果に監督さんは
ほっとひと安心。

今回のC値改善(隙間埋め作業)により
αA(家全体の隙間面積)は
98cm2 → 81cm2 と
17cm2 の隙間が埋まりました。

作造さまでは完成気密も
測らせて頂いていますが
中間気密から完成気密の落ち幅が
少ない印象があります。

IMG_2639.jpg

話を聞いたところ作造さまの
サッシ周りの気密処理は
この中間気密の後のボード貼り時に
行うことが多いらしく
そこも一因かもしれません。

自分的にはサッシ周りの室内側の
気密処理は経験上、絶対必要だと
感じています。(外側だけだと伝い漏れし易いから)

気密処理は各社やり易いタイミングで
行えばよいかと思います。(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月14日

福井県福井市加茂緑苑町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2673.jpg

8月24日は 福井県福井市加茂緑苑町で
去l季ハウスさまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_2687.jpg
IMG_2675.jpg

かなり大きい現場でした。
サッシの配置が適切なためか
どこにいても明るい室内でした。

IMG_2679.jpg

大きな平屋にも見えるのですが
2階は 2部屋ある設計。
大工さんが天井下地の工事をされてました。

IMG_2689.jpg

それでは、外回りから
点検します。

IMG_2692.jpg

基礎の貫通穴に目貼りがない?
と思いきや透明なシートで
目貼りされていました。

床下換気システムの
マーベックス 澄家の
スリーブですね。

IMG_2690.jpg

折り返した先に
またもや換気のスリーブ?!

後に伺ったところ
マーベックスの澄家 を2セット
設置する現場でした。

澄家を2セット設置する
現場ははじめてです。
かなり大きい現場です。

IMG_2682.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

大工さんがサッシ周りを
気密テープで気密処理されていました。

IMG_2676.jpg

壁の断熱材は太田木材鰍フ
テクノウォール。

ネオマフォームの周りに
コーキングが入っており
気密性能にも特化しています。

IMG_2677.jpg

屋根の断熱は
ウレタン吹付断熱。

この組み合わせは
屋根の断熱材をネオマフォームに
するより気密が出やすいですね。

IMG_2678.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2680.jpg


C値 = 0.44cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.4cm2/m2。
IMG_2701.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

隙間特性値(範囲1〜2)が
1.75なので比較的大きな穴が
存在していると機械が言っています。

怪しいのが2階の屋根部分。
ネオマフォームと屋根の取り合い
部分にウレタンを吹いてもらいました。

IMG_2681.jpg

天井勾配でこのような箇所が
ある場合は気密漏れし易いので
注意です。

この木材の裏(屋根側)にも
ウレタンが充填されているのですが
この隙間を通じて伝い漏れが
発生し易いのです。

IMG_2686.jpg

ウレタンで良いので
この手の隙間には たっぷり
充填してください。

IMG_2700.jpg

気密漏れあるあるの
屋根と桁の取り合いの三角部分。
漏気する隙間が出来やすいです。

ココにもウレタンをたっぷり
吹いてもらいました。

IMG_2698.jpg

壁にボードが貼られた部分から
少し気密漏れ。ボードの隙間から
ウレタンを充填し、ボードと柱の取り合いも
シールするように気密処理。

さて、C値改善後(隙間埋め後)の
測定結果はいかに...。


IMG_2704.jpg


C値 = 0.30cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_2703.jpg

汗だくで気密処理された
大工さんは ほっとひと安心。
詳細結果を確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面性)は
115cm2 → 78cm2 と
37cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値)は
1.75 → 1.35 と大きく改善。

屋根の取り合い部分の
気密漏れが大きかったと言えます。
これぞC値改善と言ったところでしょうか。

実は (有)四季ハウスさまは
はじめての気密測定。
とてもいい数値からスタート
出来たと思います(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月13日

パワー 妻のつぶやき


ホームセンターの『パワー』が白山市に12日オープンしました。

IMG_5365.jpg

近かったので夕方5時過ぎに空いているだろうと旦那と行って来ました。

IMG_5380.jpg

広い広い店内、あらゆる商品が溢れんばかりに置いてありました。

先ずは大好きなお花、観葉植物のコーナーへ、

他ではわからないのですが園芸商品はよく見ているので価格のチェックができます。

IMG_5369.jpg

それからお店全体を見て廻ったのですが、

1番にお客さんが集まっていたのは『ペットコーナー』で、たくさんの親子が来ていました。

それに引き換え、ガラスの向こうでは子猫が不安そうにこちらを見ています。

IMG_5372.jpg

変わったところでは『レンタル』がありました。

耕運機、除雪機、芝刈り機、チェンソウ、高圧洗浄機など色々あって、

高価な商品ですので『レンタル』で試すことができるのが良いですよね。

IMG_5378.jpg
IMG_5387.jpg

とにかく広すぎて、何処に何があるのかわからずうろうろと50分近く見て廻り、

旦那の『クッション』598円を1つ買って帰って来ました。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック