2020年09月12日

登録の更新 妻のつぶやき


私に『気密測定技能者』の登録更新の案内がきました。

IMG_5359.jpg

気密測定技能者になって3年になるのですが、

一人では一回も測定したことがありません。

IMG_5357.jpg

旦那は「お金を払わないで放っておくと自然消滅で免許はなくなるから…」と。

7,150円がもったいないのか、更新しなくてもいいのでは…とのたまいます。

IMG_2543.jpg

『気密測定技能者』の資格試験は

建築業界に携わっていない者にとって外国語で勉強するようなもので

単語からしてわからず、文章になると何回読んでもチンプンカンプンで理解できなく、

私自身、人生であれほど勉強したこともないくらい頑張って取った免許なので、

簡単に返納はできません。

IMG_2704.jpg

それに、もしこの先旦那に万が一のことがあった場合

次期社長は誰? 私??

そうなった場合、やっぱり資格はあった方がいいのでは??

更新します!!

【日記の最新記事】
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年09月11日

リクシルのトイレ 電源ランプの点滅リセット


おはようございます
健太郎です。

リクシルのトイレ(シャワートイレ)の
電源ランプが点滅しまくって
困ったという話です。

IMG_3071.jpg

ある日のこと
息子からトイレのランプが
点滅してる言われました。

IMG_3066.jpg

確認すると電源ランプを
かなりの早さで点滅状態。
嫌な予感しかしません。

マニュアルで調べたところ
リクシル(INAX製品)のトイレは
10年経つ?と定期点検のお知らせで
必ずランプが点滅するようです。

費用は約7000円。
安心代金として高くはないのですが
時限爆弾的な要素が納得できません。

しかも点検が完了するまで
ランプ点滅が消えないのが
ウザイ...。(1秒間に5回点滅)

IMG_3062.jpg

うちのトイレの型番は
DV−114AXU。

「リクシル」「トイレ」「点滅解除」 を
ネットで調べたところ

@ おしりボタン+ ビデボタンを
    同時に押しながら20秒待つ
A 電源ボタンを切る
B 電源コンセント抜く → 10秒待つ
C 電源コンセント入れる → 10秒待つ
D 電源ボタンを入れる

で復活するとのこと。(点滅が止まる)

IMG_3059.jpg

が... うちのトイレの点滅は
止まりませんでした。( ゚Д゚) ガーン

おしりボタン+ビデボタンの
同時押しを120秒押し続け
復活した人がいたのでやってみるがNG。
200秒以上押し続けるもNG。
その他ボタンの組み合わせも試すがNG。

やはり、サービスを呼ぶか...。
いやいや、もう1つのやりたくない
手を試してからにしよう。

IMG_3036.jpg

もう1つの手は
トイレ内部の基盤にある
抵抗をニッパーでカットする方法。

実はこれ、サービスの人が
点検後に行う作業らしい。
でも間違ってカットしたら壊れる?
その時は奥さんに直してもらおう。(職人なので)
絶対怒られるけど...。

IMG_3058.jpg

@ 電源ボタンを押して
  電源パネルをOFF。

IMG_3054.jpg

A 電源コンセントを
  抜く。

IMG_3046.jpg

B 左右2カ所(計4か所)の
 ネジキャップを外す。

IMG_3049.jpg

C 左右2カ所(計4か所)の
 ネジを外す。

IMG_30451.jpg

D 便座をズラして基盤に
  アクセスできるようにする。

 便座を10cmくらい持ち上げて
 配線に気をつけながら手前に
 置きます。(基盤が見えればOK)

IMG_3072.jpg

あとで気づきましたが
上記の作業は便座を立てて
やった方が安定して良いです。

今回は基盤のコネクターを抜かないやり方。(横着モノ)
コネクターを抜いて作業する
場合はしっかり覚えておきましょう。
自信がない場合、抜く前に写真を撮りましょう。

IMG_3037.jpg

E 基盤が見えたら抵抗を探す
 基盤にJP1と記されている抵抗がそれ。
 (写真はJP2ですが抵抗の陰に書かれている)
 基盤自体は樹脂でコーティングされてました。

IMG_3044.jpg

F 抵抗をニッパーでカットする
 JP1の抵抗をカットしたら
 カットした線同士が接触しないように
 隙間を少し開けましょう。

IMG_3045.jpg

あとは基に戻してください。

実はこの間にトイレの点検と
清掃を行いました。
さすがに点検を省いたら本末転倒なので...。

基盤の清掃、洗浄ノズルの清掃、
漏水チェック、ひび割れ確認などなど。

IMG_3059.jpg

さて、電源を入れてランプが
点滅しなければ成功です。

おお 〜 成功しました。

IMG_3061.jpg

だがしかし
ちゃんとオチがありました。

便座に座るが静かな感じ。(無音...。)
どうやら脱臭機能が働いてない模様!!

最初にやった おしりボタン+ビデボタンの
長押しが有効でなかったため
いろんな組み合わせでボタンを押しまくり
脱臭機能を止めてしまったようです。

IMG_3063.jpg

復活は 止ボタン+ビデボタンで
脱臭機能が復活しました。

いや〜 無事復活して良かったです。
でも、ネットでは2年後?に
また点滅すると言われています。
その時こそ おしりボタン+ビデボタンの
長押しで止まる模様。

もし真似されるならば 自己責任で
お願いします。(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年09月10日

1年ぶりに白山岩間道、露天風呂



この夏の猛暑で、しばらく好きな山登りもしていませんが、1年ぶりに白山岩間道登山口にある岩間露天風呂に行ってきました。

IMG_0911.JPG

岩間の山崎旅館の前からの岩間林道は一般車両は通行止めです。

ここから露天風呂まで1時間余りの林道歩きになります。

山と谷の中の川とが深く切り立ったV字谷を左に見ながらの歩きです。

IMG_0912.JPG

林道には花が咲いて、もう中には秋の花の萩も咲いていました。

IMG_0914.JPG

IMG_0916.JPG


IMG_0921.JPG

IMG_0923.JPG

登り道の林道を振り返ると、結構登ってきました。林道入り口方面に、山毛欅山がどんと見えます。


IMG_0920.JPG

林道脇の山から流れ落ちる水場は冷たくて最高でした。

IMG_0917.JPG


IMG_0918.JPG

IMG_0919.JPG

この水場で若い男の人に出会いました。

昨夜は日本秘湯の湯の山崎旅館の泊まったそうで、山崎旅館の温泉の元湯の岩間の源泉まで歩きたくて登ってきた人でした。初めて来たということ。

この林道は何年も前のがけ崩れのため、この日も工事車両が入っていました。

IMG_0924.JPG


IMG_0935.JPG

がけ崩れの箇所を上り下りして、谷底を覗くと美しい霞滝。落差70mもある滝、谷底から見上げればすごい滝でしようが、残念!ここからは谷底には行けません。

IMG_0926.JPG

IMG_0927.JPG

IMG_0925.JPG


削られてむき出しの山肌に中の川がいかに急峻な谷かわかります。

IMG_0928.JPG


約1時間ほどで岩間の源泉の湯けむりが見えてきます。

IMG_0931.JPG

IMG_0930.JPG

ここから山崎旅館や、延々10Kmほど遠い先の一里野温泉まで林道の下に配管を埋め込んで温泉を運んでいる岩間の元湯の源泉です。

この源泉のすぐ下に石を囲み熱い源泉を川の水で冷やした6帖くらいの露天風呂があります。

IMG_0929.JPG

林道工事関係者の人が仕事をした後、くつろぐためにつくった露天風呂です。

この日はすでに2人の人が早朝から来てお湯の調整をしていただいたので、すぐ入れました。

川の水の取り入れ口に葉っぱや小石などで詰まると、80℃近い熱湯になりとても入れません。

この露天風呂が好きな人がボランティアで掃除やお湯加減の調整をしていただき感謝です。

一緒に登ってきた若い人は温泉につかりながら、この大自然の初めての露天風呂に感動していました。

IMG_0933.JPG

温泉の後はすぐ近くの避難小屋で先に来ていたお2人と我々とで温泉談義の花が咲きました。

大自然に溶け込んだ温泉と林道歩きは何度来ても感動します。











posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年09月09日

石川県金沢市野田で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2566.jpg

8月18日は 石川県金沢市野田で
ほそ川建設鰍ウまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_2581.jpg

現場に入るとガラス張りの
中庭が目に入ってきました。

高さがあるサッシを
使われてますね。
上から光が差し込んでました。

IMG_2593.jpg
IMG_2591.jpg

2階に上がってはじめて
2階リビングであることに
気づきました。

大開口サッシが多用されて
いるため、室内がめちゃくちゃ
明るかったです。

IMG_2589.jpg

1階の中庭と繋がるように
設計された2階に中庭。

実際は少し下屋があるのですが
1〜2階まで連結された
イメージに感じます。

いや 〜 どこにいても
明るい現場です。

IMG_2567.jpg

それにしてもリビングの奥くにある
バルコニーからの景色が気になります。
そ 〜 っと覗いてみたら

IMG_2584.jpg

この景色...。
金沢の街並みがワイドに
見渡すことができます。

たぶん、夜景も素晴らしい
モノかと。

IMG_2588.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_2580.jpg

1階はインナーガレージに
なっており天井にウレタンが
吹かれていました。

縁の切れていない
インナーガレージは
気密的に少し心配。
伝い漏れなどありませんように。

IMG_2595.jpg

床は剛床の下の断熱ラインで
テープを貼られており、柱周りは
ウレタンと気密テープで気密処理。

IMG_2582.jpg

給湯・給水、排水配管の周りは
ウレタンによる気密処理。

IMG_2574.jpg

サッシはリクシルのサーモスL。
アルミ複合ペアガラス。

サッシ周りはコーキングにより
気密処理されていました。

IMG_2572.jpg
IMG_2570.jpg

測定前に漏気しそうな
怪しい箇所をウレタンで気密処理。

今回立ち合いされたほそ川さまの
社員さんは10人以上。
勉強会みたいになりました。

IMG_2577.jpg

さて、今回の気密測定は
撮影もされている模様。
最近、増えてきましたね(^^♪

IMG_2578.jpg


気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2568.jpg


C値 = 0.30cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_2569.jpg

監督さんは測定結果にほっとして
結果を撮影されていました。

気密が取りにくいインナーガレージ
に加え、コの字型の中庭。
大開口の引き違いサッシ多用で
0.30cm2/m2 大健闘かと。

IMG_2585.jpg

それにしても
2階リビングからの
この景色は 最高ですね(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月08日

石川県白山市石同新町で気密測定(完成)


おはようございます
健太郎です。

IMG_2542.jpg

8月17日は 石川県白山市石同新町で
相川建設鰍ウまの現場の
完成気密測定(引渡し前)を行いました。

IMG_2544.jpg
IMG_2547.jpg

この現場は2世帯住宅です。
1階が親世帯だと思われます。

壁に無垢の杉板が貼られており
いい香りがします。

IMG_2548.jpg

リビングの奥に
素敵な茶室がありました。

IMG_2550.jpg

炉が設置されています。
畳縁が炉の端と揃っており一体化。
本格的です。

IMG_2549.jpg

気密サッシですが
にじり口もしっかりあります。

にじり口(茶室の入り口)...。
にじり口を茶室に取り入れたのは千利休。
戦国時代は主従関係が強い時代でしたが
茶室の中ではすべての人が平等ということを
示すために入り口を低くしました。

どんなに身分が高い人でも、刀を外し
頭を下げなくては茶室に入ることができません。

IMG_2553.jpg

ここは2階リビング(子世帯)。
床の無垢フローリングが
サラッとして足に優しい感じ。

IMG_2554.jpg

バルコニーはかなり広め。
バーベキューがしっかり
出来そうなサイズです。

IMG_2560.jpg

まだ、少し工事中でしたが
防音室がありました。
シアタールームになるのかもしれません。

IMG_2552.jpg

子供部屋は天井高&
勾配天井でロフト付き。
なんだか楽しそう(^^♪

同じ間取りのものが
二部屋ありました。

IMG_2543.jpg


さて、気になる完成気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2559.jpg


C値 = 0.67cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により0.7cm2/m2。
IMG_2558.jpg

立ち合いされた相川社長は
ほっとされた様子。

快適な家づくりで家族の絆を
より一層深めることが
相川建設さまのモットー。

親世帯、子世帯の
夢が詰まった素敵な家になりました(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月07日

エアコンが効いてありがたい、完成の気密測定



9月2日は(有)アルクモリ様(石川県小松市)完成時の気密測定でした。

IMG_0903.JPG


夏の猛暑の気密測定は大変です。

現場に着くと室内はひんやり涼しくエアコンが稼働していました。

IMG_0909.JPG

早朝、森社長さんがエアコンのスイッチを入れていただいたようで、気配りに感謝です。

中間工事中も測定させて頂いた現場です。

測定結果は0.38cm2/m2(印刷は四捨五入0.4)と完成としては素晴らしい数値でした。

IMG_0905.JPG

森社長さんも数値を確認し安心されていました。

IMG_0904.JPG


IMG_0907.JPG

このお家はFP工法のFPの家のモデルハウスです。

森社長さんから、「外観も白を基調として若い世代の人向けのモデルハウスにしたんです」

と言われました。

白亜の素敵なお家でした。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
2020年09月06日

コーヒーメーカー 妻のつぶやき


私は『珈琲党』です。

IMG_4849.jpg

朝起きてすぐにたててマグカップで2杯飲み、昼過ぎにテレビを見ながら2杯飲みます。

そして夕方も飲みます。

IMG_4845.jpg

先日、10年以上お世話になった『コーヒーメーカー』が何の前ぶりもなく突然壊れました。

そこで新しい『コーヒーメーカー』を出したのですが、

これは去年の誕生日に息子から贈られた物を大切に取ってあったのです。

IMG_4847.jpg

先日、オーブントースターも新しくしたのですが、これも去年買ってもらった物です。

IMG_4884.jpg

もう歳なのだから「勿体ないからと取っておくのを止めたら」と息子に言われますが

貧乏性なのでなかなか止められません。

ちなみに古いオーブントースターは魚を焼くときに使うかな…ととってあるのですが…。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年09月05日

マドカズラ 妻のつぶやき


今年のお正月にオークションで買った『マドカズラ』です。

IMG_3827.jpg

形がよく穴の開いた葉っぱが面白くこれぞ私が求めていた観葉植物ではないか…と、

居間に置いていつも『ボー』と眺めています。

IMG_4901.jpg

大きめの鉢に植替えし、水分を好む植物…とありましたので

雨の日に外に出して雨に当てたところこんなにも大きくなりました。

IMG_5041.jpg

そこで、バランスも悪くなったのでちょっとカットしてみました。

カットするのは根の付いた葉の部分で、これを水に差して根が出てくるのを待ちます。

IMG_5042.jpg

ネットでは簡単に根っこが出る…とのことでしたが…。

IMG_5228.jpg

出ました、出ました、1ヶ月ほどでこんなにも根が出ました。

これを鉢に植え替えて増やしていきます♪

IMG_5229.jpg

近くのスーパーで小さな『マドカズラ』が

『モンステラ』として3,000円で売っていました。

IMG_5236.jpg

あわてて鉢に植え替えたのですが、これも売れますかね??

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2020年09月04日

石川県金沢市藤江北で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2455.jpg

8月8日は 石川県金沢市藤江北で
潟Rンセプト建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_2489.jpg
IMG_2456.jpg

明るい現場ですね。
コンセプト建築設計さまの設計は
吹き抜けの採用率が高いです。

空気の循環と採光、
開放感がある家づくりから
くるものだと思います。

IMG_2453.jpg

玄関周りで大工さんが気密測定前の
最終仕上げをされてました。

見えますか?
自作のヘラを使って
L字に気密テープを貼られています。

IMG_2472.jpg

ここは玄関ドア部分。
コンセプト建築設計さまでは
よく見る風景。

玄関ドア枠の部分は
コの字に浮きなく気密テープが
貼られていました。

狭い箇所を丁寧に気密処理する技術は
何気に凄いことなんです。

IMG_2477.jpg

大工さんに怒られそうですが
そのやり方をちょっと ご紹介。

ここは勝手口下端の気密処理。
手元が見えますか?
気密テープをヘラで半分に
折りながら、L字にテープを
仮貼りされています。

IMG_2475.jpg

1番はL字にテープを
密着させやすいこと。

でも大切なのは後でヘラを入れるより
テープに負担をかけにくいことと
テープの引きずりを防ぐことです。
引きずると接着力が落ちますので。

IMG_2480.jpg

仕上がりはエッジくっきりの
美しいモノ。

IMG_2461.jpg

写真は床の剛床の気密処理。
とてもきれいに貼られてますが
ここにも秘密が...。

経年劣化対策、
また作業中にテープの上を
工具など引きずっても
剥がれにくいように貼り順が
決まっているようです。

IMG_2484.jpg

テープの先端は浮きやすいモノ。
その先端を極力押さえるように
上からテープを貼られています。

貼り順さえ守れば無駄なく
テープが浮いてこないよう
先端が隠れように貼れるとのこと。

IMG_2463.jpg

もちろんここのテープも
ヘラで圧着して貼られています。

見えないところに
良い仕事が詰まっていますね。

IMG_2467.jpg


さて、大工さんも気にしている
気密測定の結果はいかに...。


IMG_2481.jpg

でました。
C値 = 0.0cm2/m2 !!! (0.05未満の気密)

正確には...
C値 = 0.048cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

IMG_2482.jpg

立ち合いされたお施主さまは
とても喜び、結果を撮影されてました。

αA(家全体の隙間面積)は
4×2cm の 8cm2。

IMG_2483.jpg

お施主さまも喜ばれていましたが
大工さんも笑顔で ほっとされた様子。

丁寧な仕事をしても
数値に反映されないことがあるからです。

毎回、書いていますが
コンセプト建築設計さまは 0.2cm2/m2以下の
気密性能を目指し 頑張っています(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2020年09月03日

石川県小松市吉竹町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_2212.jpg

7月28日は 石川県小松市吉竹町で
竃k製材所 ウィッシュホームさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_2215.jpg
IMG_2214.jpg

大開口のサッシが並ぶ
明るい現場。
みどりが眩しいですね。

IMG_2219.jpg

サッシはYKKのAPW330。
樹脂ペアガラス。

IMG_2245.jpg

この日はとても暑い日でしたが
窓から外を眺めると
竹林が目に優しく涼し気に
見えました。

IMG_2222.jpg

屋根の断熱材は
ウレタン吹付断熱。

IMG_2223.jpg

壁の断熱材はセルロースファイバー。
今回も断熱材を充填する前の
気密測定になります。

IMG_2224.jpg

柱にコーキングを入れてから
ボードを貼った
外で気密を取る仕様。

IMG_5199.jpg

測定後にスーパージェットファイバーを
室内側に貼り、セルロースファイバーを
充填する流れ。

IMG_2216.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_2232.jpg


C値 = 0.17cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_2227.jpg

それでは C値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

玄関まわりの基礎と土台の
取り合いはコーキングで
気密処理されたました。

IMG_2229.jpg

その近くのスタイロフォームと
基礎の隙間をウレタンで気密処理。

IMG_2230.jpg

玄関ドアの下端から
少し気密漏れ。
ここもウレタンを
吹きました。

IMG_2225.jpg

外部収納に繋がる扉の
まわりから気密漏れ。

IMG_2226.jpg

一度扉を外して丁寧に
気密処理しました。

IMG_2233.jpg

屋根のウレタンの
吹きにくい箇所から
軽微の気密漏れ。

IMG_2235.jpg

火打ちの隙間にも
少しありました。

たっぷりウレタンを
すきまに充填。

さてさて、C値改善後(隙間埋め後)の
測定結果はいかに...。

IMG_2237.jpg


C値 = 0.10cm2/m2 の超高気密でした。


IMG_2236.jpg

測定に立ち合いされたお施主様は
ほっとして詳細結果を
確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
24cm2 → 14cm2 と
10cm2 の隙間が埋まった結果です。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.68 → 1.24と大きく改善。
隙間風が入りにくい特性になりました。

レベルの高い状態から 10cm2改善は
なかなかの結果。
いつも書いていますが頑張っても
数字に反映されないことは結構あります。
今回は上出来といったところです。(^^♪





posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック