2021年05月14日

石川県小松市島町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_8875.jpg

4月16日は 石川県小松市島町で
潟Vィー・プランニングさまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_8878.jpg

IMG_8877.jpg

現場は平屋の設計。
清掃が行き届いた
明るい室内。

IMG_8900.jpg

リビングは勾配天井になっており
解放感が抜群でした。

IMG_8890.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

リビング正面は
大開口スライディングの
APW511が入っていました。(お高い)

IMG_8893.jpg

サッシ周りはウレタンにより
気密処理されていました。

IMG_8897.jpg
IMG_8898.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。
目が細かい柔らかな断熱材です。

IMG_8899.jpg

ここは床断熱(床下が外扱い)の現場。
床の気密は
剛床のジョイント部ではなく
断熱ライン(大引間)で
気密処理されていました。

IMG_8888.jpg

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_8884.jpg


C値 = 0.15cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_8901.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。
ユニットバスがすでに
取り付けられてました。

IMG_8902.jpg

スタイロフォームの周り(お風呂周り)
はウレタンで気密処理。
隙間から手を入れて確認しましたが
漏れはありませんでした。

IMG_8883.jpg

玄関ドアの下端の
基礎と気密パッキンの
取り合いから漏気あり。

IMG_8896.jpg

隙間にコーキングを
充填して漏れを止めました。

IMG_8882.jpg

玄関土間まわりの
気密パッキンの入隅から気密漏れ。
ここもコーキングを入れました。

気密パッキンのジョイント部と
入隅は漏れやすいので注意が
必要です。

IMG_8889.jpg

換気のスリーブ(パイプ)周り
から微細な気密漏れ。

木材に固定している狭い隙間から
漏れやすいので注意です。
ここはウレタンで気密処理しました。

IMG_8890.jpg

あと冒頭の大開口サッシですが
サッシとパッキンが密着するように
何度か開け閉めしました。

特に大きいサッシはパッキンの
当たり方で気密が違ってきます。
そういうことから
サッシ調整は大切といえます。

さて、C値改善後の
結果は...。

IMG_8895.jpg


C値 = 0.13cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_8894.jpg

測定に立ち合いされたお施主さまは
とても喜び、結果を撮影されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
23cm2 → 20cm2 と
3cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
最高値の 1.00。
隙間風がとても入りにくいと
機械が表示しています。

IMG_8877.jpg

大きな平屋で良い気密。
サッシの断熱性能も高いので
真冬でも温度ムラのない
暖かい家で過ごせそうです(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年05月13日

赤いバラ、庭が花盛り


ガーデニングが趣味で花が大好きな妻の日頃の手入れで、今年も真っ赤なバラが咲きました。

IMG_2373.JPG


玄関前に植木鉢が所狭しと駐車場も一部占領していますが、庭が花盛りとなり1年でい一番良い季節です。

IMG_2342.JPG

IMG_2343.JPG


電信柱に登り詰めているバラは花のない季節は、殺風景ですが、ほのかな甘い香りの真っ赤なバラが咲くと何となく華やいで見えます。

IMG_2371.JPG

IMG_2374.JPG
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年05月12日

石川県金沢市大場町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_8564.jpg

3月30日は 石川県金沢市大場町で
叶ン計木花家さまの現場の
気密測定を行いました。

IMG_8570.jpg

IMG_8565.jpg

現場は家の正面に
大開口サッシを配置した
明るい室内。

IMG_8566.jpg

玄関土間が広く
薪ストーブ用の煙突の
穴がみえます。

IMG_8568.jpg

煙突は高温になるため
耐熱用にめがね石が
採用されていました。

設計木花家さまの家は
薪ストーブの採用率も高く
ノウハウがあるので安心です。

IMG_1879.jpg

サッシはリクシルのエルスターX。
樹脂トリプルガラス。

IMG_6478.jpg

サッシ周りはウレタンにより
気密処理されていました。

IMG_8571.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。
きめが細かく柔らかな断熱材です。

IMG_8572.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_8578.jpg


C値 = 0.16cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.2cm2/m2。
IMG_8573.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)
を開始します。
今回、木下社長から煙幕装置
を使う提案がありました。

気密測定器で減圧すると
隙間(気密漏れ)があれば
外から空気が入ってきます。

気密漏れがあれば
煙に動きが出るという可視化です。

IMG_8574.jpg

2階から煙を充填開始。
この煙幕装置は火を使わないので
とても安心です。
2階では煙に動きがありませんでした。

IMG_8575.jpg

続いて1階に煙を充填。
なかなかハイパワーな機械で
ものの10分くらいで真っ白に。

IMG_8576.jpg

う 〜 ん。
煙が動くような漏気箇所が
見つかりません。
部屋全体が白過ぎると探すのも
なかなか大変です。

IMG_8582.jpg

そんな中、木下社長が
ポスト口からの漏気を発見。
玄関ポストは外で目貼りして
あったのですが...

IMG_8583.jpg

その目貼りを搔い潜った(タイベックの内側から)
伝い漏れがあったようです。
そのため室内側もテープで
ガチガチに目貼りしました。

さてさて、再測定します。
測定結果は...。

IMG_8579.jpg


C値 = 0.14cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_8581.jpg

測定結果に木下社長は
ほっと一安心。
詳細結果を撮影されていました。

IMG_8575.jpg

C値 = 0.1cm2/m2 の気密だと
煙幕に反応する漏気でない
(超微細な漏気)かもしれません。

稀に蚊取り線香を使い
気密漏れを探す方もいらっしゃいます。
私は指の産毛をセンサーに
漏気を感知しています。

それにしても、いろんなことに
挑戦する木下社長は素敵です(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年05月11日

富山県高岡市立野美鳥町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_9073.jpg

4月23日は 富山県高岡市立野美鳥町で
轄造さまの現場の気密測定を
行いました。

IMG_9070.jpg
IMG_9068.jpg

現場はきれいに清掃された
明るい室内。

IMG_9072.jpg

玄関土間が広い。

おろろ...。
玄関ドアの下端から
外の光が見えますね。

IMG_9079.jpg

隙間に木端を詰めて
内外から隙間にウレタンを
吹いてもらいました。

ここは後でモルタルを
詰めます。

IMG_9078.jpg

玄関ドアの電子錠の穴にも
ウレタンを吹きました。

IMG_9082.jpg
IMG_9077.jpg

ここは床断熱の現場。(床下が外扱い)
配管回りにウレタンを
充填して気密処理。

IMG_9069.jpg

サッシはリクシルのサーモスL
アルミ複合ペアガラス。

IMG_9074.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_9107.jpg

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_9086.jpg


C値 = 0.68cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により 0.7cm2/m2。
IMG_9085.jpg

それではC値改善(隙間埋め作業)を
開始します。

1段下がった大引と剛床の
取り合い部分に気密テープを
貼って気密処理。

IMG_9080.jpg

柱周りの隙間にウレタンを
充填して気密処理。

IMG_9084.jpg

玄関かまちの取り合い部分に
気密テープを貼って気密処理。

IMG_9088.jpg

基礎と土台の取り合い
部分にも気密テープを貼り
気密処理。

IMG_9093.jpg

床と柱の取り合い部分には
ウレタンを充填。

IMG_9099.jpg
IMG_9097.jpg

間柱、サッシ周りなど
木材のジョイント部に
気密テープを貼って気密処理。

IMG_9101.jpg

かれこれ2時間以上作業しました...。
さて、C値改善後(隙間埋め後)の
結果はいかに...。

IMG_9108.jpg


C値 = 0.49cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により 0.5cm2/m2。
IMG_9106.jpg

気密処理を頑張った監督さんは
詳細結果を確認されていました。

今回のC値改善により
αA(家全体の隙間面積)は
109cm2 → 78cm2 と
31cm2 の隙間が埋まりました。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.46 → 1.22と大幅に改善。

IMG_9099.jpg

作造さまではサッシ周りの気密処理は
ボード施工時に行われます。
完成気密がどうなるか?
楽しみです(^^♪

続きを読む
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年05月10日

福井、大野市、牛ヶ原のシバサクラ


この連休に福井県大野市のシバサクラがきれいよと、聞いて行ってきました。

場所は大野市の牛ヶ原のたんぼのあぜ道です。

目の覚めるような赤いシバサクラが今が満開でした。

IMG_2361.JPG

IMG_2366.JPG


何でも農家の人達が田んぼのあぜ道に自主的に植えたそうで、観光目的ではありません。

IMG_2357.JPG

IMG_2362.JPG


丁度、田んぼでは農家の人が田植作業が始まっていました。

IMG_2348.JPG


薫る5月に、花と田んぼと山の風景にやすらぎと、のんびりとした時間を過ごすことができました。

IMG_2347.JPG


山好きな自分には大野盆地から眺める山が大好きです。

日本百名山の荒島岳、登り4時間あまりの結構きついけど、いい山です。


IMG_2363.JPG


こちらは勝山の法恩寺山(左)、そして経ケ岳、何度も登った山はまだ残雪が残っています。
この頂上直下の谷の急峻なカールが美しい山です。

IMG_2364.JPG


こちら飯降山も登りましたが、飯降山のすそ野がまさかこのシバサクラの里とは知りませんでした。

IMG_2356.JPG


IMG_2354.JPG

好きな山を眺め美しいシバサクラを見せていただき、いつまで眺めておりたい素敵なところです。


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2021年05月09日

母の日 妻のつぶやき


二男から母の日のプレゼントが送られてきました。

IMG_6603.jpg

『アンスリューム』という花です。

この真っ赤に見えるのは花ではなく『仏炎苞』というものらしく、

中米のコロンビアが原産の観葉植物です。

花がハートの形にみえる…とか??

IMG_6625.jpg

長男からは「プレゼントは何がいい?」と聞いてきたので

「土!」と答えました。

友だちが「米より高い土に薔薇を植え替えたら蕾がいっぱい出てきた♪」

と言って喜んでいたのを思い出したからです。

IMG_6608.jpg

米より高くはないのですが、家の植物はこれで十分です。

IMG_6601.jpg

それにおまけも付いていました。

母の日バンザイ\(^o^)/です♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年05月08日

じんのびの湯 妻のつぶやき


先日、門前のじんのびの湯の『ビュー・サンセット』に宿泊しました。

IMG_6481.jpg

この温泉施設は海に面した丘に建てられていて

雪割草を見に来た時に食事をして美味しかったのでここを選びました。

IMG_6470.jpg

私たちが宿泊した日は

強風が吹いていてとても寒く、海も荒れて白浪もたっていました。

IMG_6475.jpg

早めにお風呂に入り部屋に戻ると、

部屋の外のベランダに『鳩』が寒さに震えて丸くなっていました。

IMG_6478.jpg

1時間はそうしていたでしょうか、かわいそうですが手を出せません。

みんなで気にかけていたのですが、いつの間にかいなくなっていました。

IMG_6468.jpg

部屋は暖かかったのですが、

お風呂やレストランに行く廊下の半分が外なのでとっても寒かったです。

IMG_6469.jpg

夏は快適だろうと思いますが、

冬はどうなるの??


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2021年05月07日

加賀、陶石山 今年も石楠花の海でした


去年の5月の連休に加賀高倉山〜小大日山〜女郎滝の登山道コースを途中から道を間違い、11時間も山をさまよい歩いて、偶然見つけて下山した陶石山のシャクナゲの花が忘れられず、今年もこの陶石山に登りました。

IMG_2285.JPG

いつもの山仲間を誘って加賀、山中県民の森の駐車場からスタートです。

登山口まで林道を約1時間歩きます。

IMG_2273.JPG

流れ落ちる小さな滝の音、自然の優しい音色がいいですね。

IMG_2275.JPG

林道の行き止まりの川を渡り、いよいよい陶石山のきつい登りが始まりました。

陶石山には案内板などありません。目印の赤いテープが頼りです。

IMG_2277.JPG

IMG_2278.JPG


ロープ、ロープの連続でまさしく這い上がる登山道です。

IMG_2281.JPG


去年は道を間違い、日暮れになって急いでこの道を下りたあの道でした。

IMG_2280.JPG


初めて登る友だちと「いやあ!きつい山やなー」と、言いながら登りました。

しばらく登ると、シャクナゲの大群生が待っていました。

IMG_2283.JPG

友だちは
「すごい、すごい、半端じゃないシャクナゲや、火燈山、富士写ケ岳の何倍もある大群生や」
と、驚きの声をあげていました。

IMG_2297.JPG


まさしく石楠花の海でした。

これほどの石楠花は私の知る限りではここだけです。北陸で一番だと思います。

陶石山のこのコースは山のガイドブックなどには載っておらず、
まさしく知る人ぞ知る石楠花の道です。

IMG_2308.JPG


友だちはさかんにシャクナゲにカメラを向けていました。

IMG_2287.JPG


このコースから登るのは我々2人と、年配の方と3人だけでした。

IMG_2317.JPG

IMG_2314.JPG


でも、きつい登りを登りきると陶石山(889m)の頂上で、そこには大勢の人がいました。

IMG_2318.JPG

IMG_2320.JPG


その方たちは、違う緩やかなコースから登ってきた人たちでした。

頂上から見える大日山、小大日山には雪が残っています。

IMG_2319.JPG

IMG_2324.JPG

IMG_2323.JPG


下山はその人達の登ってきた緩やかなコースを行きます。

新緑のブナの緑がきれいです。

IMG_2328.JPG

桧の大木

IMG_2330.JPG


自然の力でまるで竜のような幹が変形したまさしくドラゴンですね。

IMG_2338.JPG


途中の御光山から県民の森に下山しました。

IMG_2339.JPG

IMG_2340.JPG

6時間余りの大自然の山歩きでした。



posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) |
2021年05月06日

石川県能美市仏大寺町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_8429.jpg

3月27日は 石川県能美市仏大寺町で
潟Rンセプト建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_8435.jpg

玄関ドアは YKKのイノベストD50。
高断熱玄関ドアで
色は 男の艶消しブラック。(^^♪

IMG_8436.jpg

おっと...。
大工さんが大きな庇を
取り付けている最中。
めちゃ重い商品だったので
取り付けを手伝いました。

IMG_8444.jpg

リビングは明るく
窓から緑が見えます。

IMG_8446.jpg

2階に上がると吹き抜けが
あることに気が付きました。
(足場が組まれています)

IMG_8447.jpg

正面の大開口サッシは
まさにピクチャーウインドウ。
葉脈のような大樹が見えました。

IMG_8450.jpg

サッシはYKKのAPW430。
樹脂トリプルガラス。

IMG_8451.jpg

サッシ周りは気密テープに
より気密処理。

IMG_8455.jpg

ここは床断熱の現場。(床下が外扱い)
剛床のジョイントも
気密テープによる気密処理。

IMG_8457.jpg

柱周り、ホールダウン金物
まわりはウレタンによる
気密処理。

IMG_8452.jpg

断熱材は屋根・壁ともに
アイシネンのウレタン吹付断熱。

IMG_8439.jpg

外壁にフェノバボードが
貼られた付加断熱仕様。

IMG_8461.jpg

ウレタンの状態を
チェックして気が付きました。

2階の床と梁の取り合い部分に
ウレタンがしっかり吹かれています。
梁が見えなくなるくらいに...。
これは気密にも効きそうです。

IMG_8466.jpg

それともう一つ。
配管回りのチェックで
気が付きました。
わかりますか?

IMG_8468.jpg

壁と床の取り合い部分に
ウレタンが吹かれていました。

チェックしたところ
ぐるッと室内を1周吹かれていました。
これも効きそうです。

IMG_8434.jpg

さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。

IMG_8433.jpg

でました。
C値 = 0.0cm2/m2 !!! (0.05cm2/m2未満)

正確には...
C値 = 0.034cm2/m2 のウルトラ気密でした。

IMG_8430.jpg

測定に立ち合いされた
お施主さまはとても喜ばれていました。

αA(家全体の隙間面積)は
5cm2(2×2.5cm)。

n値(隙間特性値 範囲1〜2)は
1.06ととてもレベルが高い。

n値は 隙間の質を表し
1に近づくほど隙間風が入りにくい
と言われています。

IMG_8459.jpg

やっぱり、2階の床と梁の
取り合い部分が効いていますね。

梁が見えなくなるほど
ウレタンが吹かれていたので
気密はもちろん、断熱も
期待できます。(木材熱橋の対策)

完成が楽しみですね(^^♪


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2021年05月05日

はじめましてのつぶやき


はじめまして、福田 稜です。
このたび新しく、この『山男のつぶやき』を
つぶやく一員となりました。

おもしろみのあるつぶやき
を目指していきますので、
どうぞよろしくおねがいします。



さて、わたしにとって初めてのつぶやき。
正直なところどんなことを書き綴れば
いいのかわからず、早速悩む。

悩んでばかりでは仕方ないと、
とりあえず何か探すべく
外へ出てみました。

少し歩いていると、ピンク色の小さな花が
沢山咲いていました。
少し気になったので調べてみると、
どうやら オキザリス という花のようですね。
ちんまりしていてかわいらしいお花です。

写真 2021-04-27 16 05 21.jpg


写真 2021-04-27 16 05 35.jpg

また少し歩くと、
そこではクローバーの群生地を発見。
わたしが小学生の頃には、
よく四葉のクローバーを
探したりしていたのを思い出しました。

写真 2021-04-27 16 13 22.jpg

懐かしい思いになって
探し始めること5分ぐらい、

写真 2021-04-27 16 12 52.jpg

ありました。四葉のクローバー。
葉っぱの大きさのバランスが悪く、
少し不格好なかたちでしたが、
なんだかちょっと、幸せな気分になれました。

書いてみて改めて思ったけれど、
ブログを書くのって案外むずかしい。
それでも、こんな拙いつぶやきを
見てくださる方がいる思うと、
ぼうっと、やる気が湧いてきます。

今回はこれでおわりとさせて頂きます。
また、よろしくおねがいします。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
最近のトラックバック
プロデュース