2019年07月13日

手造りバック 妻のつぶやき


先日、義妹から手作りバックを貰いました。

IMG_2596.jpg

いいでしょう♪

これまでもこんな素敵なバックをいくつも貰っているのですよ。

IMG_2606.jpg

このパッチワークのバックを今使っているのですが、

みんなから「素適!!」「手作り?」「誰が作ったの?」「私のも頼んでもらえない?」と、

質問攻めにあいます。

IMG_2608.jpg

バックには本格的にこんな『タグ』だって付いていたりするのです。

IMG_2614.jpg

問題は、

こんなにいっぱい素敵なバックを貰っておきながら私は何のお礼もしていないことです。

やばいよね…。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年07月12日

情報の力、日経ホームビルダーさんに感謝です。


今日のブログはすこし自分の宣伝をちょっぴりさせてください。
このところ自分の開発した屋根遮熱材「通気遮熱FOボード」の問い合わせが日経ホームビルダーさんの記事を見て問い合わせが良く来ます。

昨日は長崎県、今日は愛知県、いずれも建設会社の実務者さんからです。

開発してもう12年が経ちました。

建築実務者向け専門全国誌日経ホームビルダーさんとは7年ほど前に記者の東京の荒川尚美さんから取材を受け、私のところに来られてからの、お付き合いです。

エコキュート、エアコン室外機の防音クレーム対策、換気のダクトからの結露水、換気ダクトの施工不良のクレーム、気密断熱の施工不良の結露、気密が漏れやすい箇所を探す気密のポイント、屋根断熱の通気層などその他にも何度も記事として書いていただきました。

IMG_7893.JPG

IMG_7894.JPG

最初は広告目的で来られたのかとお聞きすると、「純粋に取材です。広告目的ではありません」
と言われました。

どうして名もない田舎の私のところに来られたのかとお聞きすると、建築関係の実務者向けに役に立つ情報の取集で、全国に埋もれている建築に役立つ最新情報の記事を探しに全国を回って発信するためと言われました。

それ以来荒川様には大変お世話になっています。

広告も出さずに記事を書いていただいているので、一度でも広告を出させてほしいとお話したところ、「福田さん!お金がかかるし無理しなくてもよいですよ」と優しく言われたのですが、今年の5月号の後ろの見開きページに初めてFOボードの広告を出させてもらいました。

IMG_7895.JPG

広告をだしてから、5月中に日経広告社を通じて7件ほど問い合わせがありましたが、6月からはゼロでした。

IMG_7896.JPG

ところがここ最近記事をみて建設会社の監督さんや設計士さんの実務者の人から金額や、施工について具体的な問い合わせが来ています。

問い合わせの方に電話でお聞きすると、屋根の通気層確保の施工例など記事を読んでの問い合わせです。
軒先換気から屋根の通気層を通して棟換気に向け、いかに熱気や湿気を排出するには、どんな建材をどのような施工すればよいかを記事で知ったと言われました。

実は私は広告が終わればもう、問い合わせはないと思っていました。

まさか記事をよく読み今になって問い合わせが来るとは驚きました。

実務者だけにいろいろなクレームに対処されている立場ですから、真剣に記事を読まれた方々だと思います。

通気層の確保は絶対必要と考えている私のところに、真面目に記事を読んで、現場の実務者の人から問い合わせいただき共感を感じます。本当にうれしいです。

日経ホームビルダーの記事は建築関係の人には自分たちの気づかない宝物の情報がいっぱいあります。絶対に役に立ちます。ぜひよく読んでほしいですね。

日経ホームビルダーさんに感謝です。







posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遮熱材FOボード
2019年07月11日

庭の伸びきった松の剪定


自宅の庭の松の葉が伸び放題で見苦しいので、息子と剪定しました。

「おやじ、危ないから、自分がする」息子が脚立にぼり、ハサミでちょきちょき切り落とししてくれます。

IMG_7876.JPG

途中私も登りました。

IMG_7880.JPG

IMG_7882.JPG

切り落とした松の葉が袋いっぱいです。

IMG_7881.JPG

IMG_7885.JPG

息子がほら見てと腕を見ると松の葉の尖がった先に当たり、あら、痛々しい、赤いぷつぷつの斑点になっていました。

IMG_7887.JPG

剪定は長袖のちゃんとした作業服装のプロようにしないといけいないですね。

でも切り終わった後、すっきりした松の姿になりました。

IMG_7888.JPG


posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年07月10日

富山市経堂で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_3651.jpg

7月5日は、富山県富山市経堂で 潟Wュープラスさまの現場の
気密測定を行いました。
屋根の形状が矢印のようで、まるでお店の外観です。

IMG_3646.jpg

IMG_3649.jpg

室内は 吹き抜けと引き違いのサッシから
光が降り注ぐ、明るい現場でした。

IMG_3652.jpg

さて、外回りの配管の目張りを
チェックします。

IMG_3653.jpg

換気システムの配管でしょうか。
内側は目張りされていましたが
外側からも目張りさせて頂きました。

IMG_3654.jpg

忘れられやすいのがCD管(配線配管)の目張り。
両方しっかり目張りしました。

IMG_3657.jpg

室内の排水配管は MAGの気密テープで
しっかり目張りされていました。

IMG_3662.jpg

サッシは YKKのAPW330(樹脂ペアガラス)。

IMG_3663.jpg

サッシ周りは MAGの気密テープで
気密処理されていました。

IMG_3661.jpg

壁の断熱材は セルロースファイバー。
丁寧に貼られた調湿気密シート(イゾベール・バリオ)の中に
パンパンに充填されていました。

IMG_3665.jpg

屋根の断熱材は ジュピーとフェノバボードの
ダブル断熱仕様(付加断熱)。

ボード系断熱材のダブル断熱は とてもめずらしいです。
ウレタンと気密テープで丁寧に
気密処理されていました

IMG_3656.jpg

今回の気密測定はお施主様が
立ち合いされています。(ドキドキ)

はたして気密測定の
結果はいかに...。


IMG_3660.jpg


C値 = 0.14cm2/m2 の超高気密でした。

表示は四捨五入により 0.1cm2/m2。
IMG_3658.jpg

立ち合いされた、お施主様や監督さん、大工さんはとても喜び
結果を撮影されていました。

お施主様とお話したところ
「実は 私の興味はC値ではなく、気密測定器なのです。
 前職で多種の測定器を使っていましたので
 機械に興味があったのです。」とのこと。

技術者のお施主様と製造メーカーや校正、データの信頼性など
いろいろなお話させて頂きました。

一般のお施主様と違って測定器について
ディープな話ができて面白かったです。

IMG_3648.jpg

でも、一般的なお話もさせてください お施主様。

第一種の24時間換気の熱交換率は 気密(C値)と
とても密接な関わりがあります。(気密が良いほど 熱交換率が高い)
また当たり前のことですが、隙間が少ない家ほど(気密が良いほど)
冷暖房がしっかり効く家になるし、光熱費にも反映されます。

C値 = 0.1cm2/m2 のダブル断熱仕様の
この家はとても暖かい家になると思います。(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年07月09日

石川県白山市陽羽里で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_3542.jpg

6月27日は、石川県白山市陽羽里で 鰍bONCEPT建築設計さまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_3530.jpg

室内に入ると目に入ったのが
L字型の大きな土間。

IMG_3538.jpg

そういえば、薪ストーブを
採用した現場でした。

IMG_3540.jpg

さて、外回りの配管の目張りをチェックします。
外壁には付加断熱用のフェノバボードが
貼られていました。

IMG_3444.jpg

配管の目張りはバッチリ。
CONCEPT建築設計さまは内外のダブルで
きれいに目張りされているので
配管からの漏れがないのがすばらしい。

IMG_3590.jpg

薪ストーブの煙突ですね。
ここも内外から丁寧に目張りされていました。

IMG_3521.jpg

室内の排水配管の周りは
ウレタンによる気密処理。

IMG_3522.jpg

床の合板の繋ぎ、柱の立ち上がりは
気密テープで気密処理。
テープが圧着されているのがわかります。

IMG_3536.jpg

室内側は アイシネンのウレタン吹付断熱、
外側は フェノバボードのダブル断熱仕様(付加断熱)。

IMG_3532.jpg

サッシはYKKのAPW430(樹脂トリプルガラス)。
おっ!430の引き違いが採用されていますね。

IMG_3533.jpg

サッシ周りは気密テープによる
気密処理。

IMG_3543.jpg

さて、CONCEPT建築設計さまでは
ほぼ お施主様立ち合いのもと測定します。

気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_3527.jpg


C値 = 0.064cm2/m2 のウルトラ気密(0.1cm2/m2以下)でした。

表示は四捨五入により0.1cm2/m2。
IMG_3526.jpg

立ち合いされた監督さんはとても喜んで
結果を撮影されていました。
もちろんお施主様も大喜びです(^^♪

C値もすごいですが、
n値(隙間特性値 範囲1〜2)が 1.04とレベルが高い。

この超超々高気密で 薪ストーブを使うと
極寒の真冬でも汗が出るほど暖かくなります。

IMG_3588.jpg

写真の木材は 大工さんがお施主様に頼まれて
薪ストーブ用に見繕っているもの。
話を聞いたところ、現在のお住まいでも
薪ストーブを使われている模様。(ベテランさん)

やはり、薪の調達と管理が大変らしく
「室内の薪の保管はよくないよ。」と教えてもらいました。

『湿気などですか?』と伺ったところ

「春先から夏にかけて薪の中にいる
 カミキリ虫がふ化して 夜にブ〜ンと飛び回るの。
 しかも何種類も。とてもカラフルな...。」

ka.jpg


ひぇ〜〜〜 ( ゚Д゚)


とても興味深い話(すみません)を聞けました。
自分は クワガタなら何種類でも
飛び回ってほしいです。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年07月08日

石川県白山市河内町で気密測定


おはようございます
健太郎です。

IMG_3555.jpg

7月1日は、石川県白山市河内町で ほそ川建設鰍ウまの
現場の気密測定を行いました。

IMG_3587.jpg

河内町はスキー場にほど近く、
緑豊かな空気の美味しい町です。

IMG_3585.jpg

玄関はリクシルの引き戸でした。
なんでも S花伝PG障子という名前のようです。
気密には少し不利ですが、使い勝手が良く
和風の家に合うデザインの引き戸です。

IMG_3575.jpg

IMG_3576.jpg

IMG_3581.jpg

室内はとても広く、間口の大きい大開口のサッシから
光が差し込む明るい現場でした。

IMG_3580.jpg

サッシはリクシルのサーモスL。
サッシ周りは気密テープで気密処理されていました。

IMG_3578.jpg

断熱材は屋根、壁ともに
ウレタン吹付断熱。

IMG_3582.jpg

柱周りや配管周りはウレタンにより
気密処理されていました。

IMG_3577.jpg

おっと、筋交いには住友理工の
制震ダンパーが取り付けられていました。
調べたところダンパー上下の木材も商品の1部のようです。

最近、制震ダンパーを採用する会社が
増えてきましたね(^^♪

IMG_3565.jpg


さて、気になる気密測定の
結果はいかに...。


IMG_3567.jpg


C値 = 0.55cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により、0.6cm2/m2。
IMG_3570.jpg

あと少し(0.54cm2/m2以下)で
0.5cm2/m2に届きます。
それではC値改善(隙間埋め作業)をがんばりますか!!

気密測定器で減圧して隙間を探したところ
玄関サッシ枠の周りから少し気密漏れが...。
監督さんに気密テープで漏れを塞いで頂きました。

IMG_3568.jpg

ユニットバス側面の断熱材下部から気密漏れが...。
大工さんにウレタンで気密処理して頂きました。

さて、C値改善後の結果は...。

IMG_3573.jpg

C値 = 0.47cm2/m2 の高気密でした。

表示は四捨五入により、0.5cm2/m2。
IMG_3571.jpg

この結果に監督さんは、ほっとした様子。
測定結果を撮影されていました。

C値改善(隙間埋め作業)により
家全体の隙間(αA)は 99cm2 → 86cm2と
13cm2の隙間が埋まったことになります。

頑張った割にC値に表れないことも多々ありますが
気密測定の醍醐味はC値改善ですね(^^♪

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
2019年07月07日

住みよさランキング2019 妻のつぶやき


先日発表された『住みよさランキング2019』で私の街、白山市が全国で1位になりました。

IMG_2584.jpg

ネットで調べてみると色んなランキングがありますが、

『住みよさランキング2019』で入れると出てきます。

IMG_2590.jpg

今回は算出指数やランキング対象について大幅な変更を行った為、

やや意外とも思われる町の名が見られる結果となりました…とあり

主催者側も予想外の街がランキング1位になった…と、言っています。

IMG_2588.jpg

ランキングの10位までを見てみますと、北陸3県の町が7つも入っていて、

本当に全国ランキング??と、疑いたくなります。

IMG_2616.jpg

人口当たりの犯罪件数や交通事故件数、子どもの医療費助成の対象年齢、水道料金、

そして気候(夏暑くなく、冬は寒くなく、日照時間が長い)が加わったそうです。

IMG_2618.jpg

子どもの医療費助成と水道料の安さは実感しており、ゴミ袋はまだ有料にはなっていません。

このように見ていくと白山市も捨てたのもではないな〜と、思えてきました。

頑張れ白山市!!

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年07月06日

スイカ 妻のつぶやき


このところの旦那の朝ごはんです。

IMG_2554.jpg

旦那はスイカが大好きなので毎日のように食べています。

IMG_2553.jpg

私たちは2人暮らしですがスイカは丸々1個買い、

友だちに言ったら1個買いでも驚かれたのに、安かったら2個買ったりするのです。

IMG_2533.jpg

そして、6日で1個のペースで食べ続け今年はこれで5個目です。

IMG_2581.jpg

家には予備のスイカが常に転がっています。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年07月05日

伏見の清水


お陰様でこのところ気密測定が多く、2台の測定器で息子と私と別れて別々の現場の測定をしています。

息子は白山市、私は福井市と鯖江市の現場でした。

帰りはたまには高速を使わず、気分転換で一般道国道364号線の福井県の竹田町から山中温泉経由で帰りました。

IMG_7848.JPG

IMG_7851.JPG

この国道は大好きな火燈山や富士写ケ岳の登山道がすぐあり山の中の走る道路です。

国道沿いには楽しみの一つ、伏見の清水という水くみ場で水を飲むことができます。

冷たい自然の水おしい水に感謝です。

IMG_7850.JPG


IMG_7849.JPG

このすぐ近くの我谷ダムのから湖面を渡る赤いつり橋が富士写ケ岳の登山口です。

IMG_7863.JPG

IMG_7864.JPG

自然の景色をみてると心が癒されます。
posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2019年07月04日

福井県小浜で気密測定


2日は福井県小浜市で中間工事中の(有)上田建設様(設計、福井市、伊藤瑞貴建築設計様)の気密測定でした。

IMG_7862.JPG

IMG_7861.JPG

自宅から180km、現場までは往復400km近くあるので早朝出発です。

伊藤瑞貴設計様とはもう何年も前から気密測定をさせていただいていますが小浜市では初めてです。

事前にに上田建設の監督さんには私の「気密工事チエック写真集」をお渡ししていましたので窓回り、配管周りなど丁寧にコーキングされていました。

IMG_7859.JPG

IMG_7854.JPG

IMG_7855.JPG

IMG_7858.JPG

IMG_7860.JPG

現場では監督さん、工事関係者と伊藤瑞貴設計さんのベテランの女性設計士さんも立ち合いされました。
結果はとても良い気密でした。

IMG_7853.JPG

IMG_7852.JPG

このお家は一階土間床の広い部屋に暖炉がつく設計で暖炉の排気口のメガネ石もきれいに施工され気密処理も抜群でした。

IMG_7857.JPG

冬は暖炉の熱が土間床コンクリートに蓄熱され暖かいお家になると思います。

posted by 山男のつぶやき at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気密測定
最近のトラックバック